« 毛皮はいらない運動 | トップページ | オーガニックコットンのタオル「ふら」 »

2013年11月16日 (土)

小鳥の餌付け

Bird数日前に、文鳥を飼いました。まだ6週間で、あと2週間ほど餌付けが必要なかわいい小鳥です。

調布駅にある小鳥の専門店で購入したのですが、そこの店主さんのアドバイスはいつも的確。

簡単に要約しますと、

1)餌付けは、スローフードで与えること

  まだ自分で食べることができないので、餌を1日に三回ほど直接あげるのですが、粟を1時間以上水に浸水したものを、必ず湯煎で温めることが大事です(お米と同じです)。お湯を注いでふやかしたものを与えることは、ファーストフードと同じで、消化するのに負担がかかるそう。野生の環境ならば、親がとってきた餌を与えるわけですから、親の口腔の温度と同じ程度にして与えるのが一番いいようです。店主さんは、「本当なら口移しでもいい」とおっしゃっていました。
  「三つ子の魂百まで」は人間と同じで、成長に一番大事な時期に、「何を食べるか」?で、小鳥の寿命も変わってくるそうです。

2)寝床は、毎日変えないこと

  毎日変えると、小鳥が神経質になるそうです。4,5日置きに取り替えるのが普通だということでした。

3)しつけをきちんとすること

  人間と共存するわけですから、ある程度の人間のルールを教えてあげるのも大事ということでしょうか。わがままに育てられているかどうかは、すぐにわかるそうです。

このルール、どれをとっても人間に当てはまることだと思います。

こんなに簡単なことなんですが、当たり前すぎて普段意識しないというか・・。
食べることの意味、小鳥への愛情の深さをとっても、素敵な店主さんに思わず感服してしまいました。

最後に、餌付けをしていると、小鳥たちは一定の量を超えると餌を求めなくなります。
自分の適量をきちんとわかっているからなのでしょう。

「食べ過ぎて具合が悪くなるのは人間だけなんだなぁ」という店主さんの言葉は印象的でした。

私はお酒も食べることも好きで、たまに飲みすぎてしまうんですが、反省する出来事となりました)。

鳥は、食べた果物や穀物を、遠くへ運んでくれます。空を飛ぶ使命を果たすために、いつも身軽にしています。人間も、自分の使命に気が付いたら、無駄なものが省けるのかな。小鳥に学ぶことも多いです。

2006/1/20記

« 毛皮はいらない運動 | トップページ | オーガニックコットンのタオル「ふら」 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

フォト
無料ブログはココログ

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。