« 「ホメオパシーバイブル」(新星出版社) | トップページ | ホメオパシーバイブル秘話 ~セルフケア2~ »

2015年9月 1日 (火)

ホメオパシーバイブル秘話 ~セルフケア1~

Ainsworth005 さて、「ホメオパシーバイブル」(中村裕恵先生著:新星出版社)を開くと、まずは日本のホメオパシーが紹介されています♪

2003年にバイブルの前作である「ホメオパシーセルフケアブック」には、中村裕恵先生監修のもと、海外のホメオパシーとして、イギリス・ドイツ・フランスのホメオパシーが紹介されています。

2007年の今、日本でも「日本のホメオパシー」の現状を巻頭でお伝えできるほど、広がってきした。既にホメオパスとしてご活躍の中村裕恵先生としては、紙面に紹介させていただいたホメオパシー関連以外にも、たくさんご紹介したい先があったそうです。それだけ、日本でも知名度が上がり、レベルも高くなってきたのでしょう。

ホメオパシーが、「本物」かどうか、誤解を受けやすいので、私個人の意見を下記に。

本物かどうかを決めるのは、あなた自身です。
大多数が言うから、科学的に認められていないから、知らないから効かない。
もしそう思うならそれが正しいです。

でも、そう思わない方には、効きます。
少数派が言うからでもなく、科学的に認められているからでもなく、知っているから、でもありません。

私たちには目に見えないエネルギーが流れていて、それに作用するから、ホメオパシーはきくのです。

でも、ホメオパシーをある特定の「病気に効くんです」ということは、できません。
※伝染病、急性症など一部の症状をのぞく

ホメオパシー医学には、基本原則がありますが、個人・個性があってこその医学なので、例え同じ病気でも違うアプローチ、違うレメディが必要になります。

ホメオパシーの審議を問うなら、外の情報に惑わされず、実際に実践してみて、その効果やメリットやデメリットについて、ご確認ください。

単なる推測による評論は無意味です。

私も今回、ホメオパシーの本をお手伝いさせていただいて、この、超個人向けの医学:ホメオパシーを理解してもらうために、どうお伝えすればいいのか悩みました。結果として、本人が決める、が答えとなりました。ジャーナリストとしてできること、飾ることでも、誇張することでもなく、真実を伝えるだけです。

ホメオパシーでのセルフケアにおいては、今回の取材先の方々のお話をまとめると、「日本での知名度は高まってきたものの、まだまだ誤解されている」のが現状のようです。

<写真は、ロンドンのAinsworth社にあった、ホメオパシーのレメディを管理する棚>

2007/07/05 06:03

« 「ホメオパシーバイブル」(新星出版社) | トップページ | ホメオパシーバイブル秘話 ~セルフケア2~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ホメオパシーバイブル」(新星出版社) | トップページ | ホメオパシーバイブル秘話 ~セルフケア2~ »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

フォト
無料ブログはココログ

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。