クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

トップページ | 2006年5月 »

2006年2月 3日 (金)

フラワーエッセンスとホメオパシーの違い

フラワーエッセンスとホメオパシーの違いについても、よく聞かれることがあります。

これは、ホメオパスやフラワーエッセンスプラクティショナーによって、見解が異なることが多いようです。

この二つのヒーリングツールは、各々歴史と実績があり、独自の世界があるように見えますが、フラワーエッセンスはホメオパシーから生まれたようです。

ハーネマンが、最初にホメオパシーの論文を書いたのが1796年
エドワードバッチが、フラワーエッセンスを発見したのが1928年

そして、バッチ博士はホメオパシー医でもあったことからです。

ただ、実際には、ホメオパシーとは目的も効果もやや異なるので、無理やりホメオパシーの枠に入れる必要もない、と思います。

ご活躍の先生方によって考えは違うことと思います。

2006年のリサーチによると、ドイツでは、ホメオパシーのレメディもバッチのフラワーエッセンスは、医師が処方し、薬局で保険も適用されるそうです。

フラワーエッセンスは、普段から、セルフヒーリングの道具として、お風呂に入る同じように、気分の変化に応じて必要なものを摂ることができます。(もちろん、安定していて必要のない時は摂る必要はない)

ホメオパシーを摂取している最中は、アグラベーションや気分の浮き沈みに合わせて、適切なフラワーエッセンスを選んで飲むのといいでしょう。

クラシカルホメオパシーは、一時にたくさんの種類や量を飲むものではなく、一度投与したら、しばらくの間、反応や様子を見て、そのレメディが適切かどうかを観察する(待つ)必要があります。

プラクティカルホメオパシーの場合は、何種類かを渡されますが、もちろんそれも、続けて評価する必要があります。

ホメオパシーの場合、時としてアグラベーションが強かったり、レメディが間違っていると、不快な思いをすることもあるので、フラワーエッセンスやアロマテラピーなど、クライアントの助けになるヒーリングを併せて使うといいケースもあります。

私個人の意見になりますが、ホメオパシー医学も素晴らしいですが、セルフヒールという意味では、フラワーレメディは一歩進んでいて、誰でも気軽に使えるという点でも、おすすめです。

トップページ | 2006年5月 »