« セラピスト6月号が発売されました! | トップページ | アロマテラピストのハーブスタイル »

2006年5月26日 (金)

アロマトピア76号が発売されました

Aromatopia76 ここ半月、ちっともホメオパシーのネタをアップしていませんが、やっとこさ「ホメオパスへの道」カテゴリーのネタがUPできます♪♪♪

アロマトピアという、アロマテラピーの専門誌。私もいつも定期購読し、楽しみにしていますが、待っていました!今回の特集は、「ストーン」です。

そして、さすがアロマトピア!登場人物が豪華でワクワクしちゃいます。

しかも、今回はホメオパシーに、とってもゆかりのある方々のご登場も。

&&&!
私自身も2月に開催された「ホメオパシーってなに?」の取材を担当させていただきました。編集長の計らいで、ホメオパシーネタを載せてもらえることになり、本当に感謝しています。

そう、あの素敵なジャーナリストの伴梨香さんと、アンドルーワイル博士の翻訳を手がけている上野圭一さんCAMUNet副代表)の対談の取材です。
(その節は、関係者の方々には大変お世話になりました、有り難うございました☆)

さて、ホメオパシーが、いかにストーンとかかわりが深いかが楽しめる内容となっていますが、この豪華メンバーをご覧ください!!!

ホメオパシー大事典の監修などを務める大槻真一郎先生
バッチフラワーレメディの岩田明子さん中沢あつ子さん

などなど、、アロマテラピーに、「自然」、「植物」、「水」、「治癒」のキーワードがあるとすれば、ホメオパシーも全く持って同じキーワードをカバーします。

そして、自然、植物、水に欠かせないもののひとつが、「ストーン」。

日本語にすると、「石」。そう、、もしかしたらただの「石ころ」?

いえ、違います。

石は「いし」。日本語で同音の言葉には、「意志」「遺志」「医師」「意思」など、日本語の「いし」は、人の証ともいえる意味を持つのです。

私たち生物は、水、植物と同じように、石がなければ、この地上では成り立たない存在。

ホメオパシーでも、多くの鉱物を使わせていただいています。

ロバート先生の記事を紹介するならば、カルシウムであるカルカレア・カルボニカやシリカなどの紹介がありました。

それにしても、ロバート先生の記事、エキサィティングな感じが素敵なんだけど、、授業中のロバート先生とはちょっと違う感じがするのです・・。皆はどう思う??ぜひぜひ機会があったら読んでコメント(またはメール)頂戴ね☆

フレグランスジャーナル社が発行するアロマトピアは隔月発売で、内容がとっても充実しています。自然療法に興味のある方にもオススメですよ♪

|

« セラピスト6月号が発売されました! | トップページ | アロマテラピストのハーブスタイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セラピスト6月号が発売されました! | トップページ | アロマテラピストのハーブスタイル »