クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

職業としてのアロマテラピスト

77 アロマテラピー専門誌「アロマトピア NO77」が発売されました☆

前回の号はストーン特集で、ロバート先生や大槻先生が執筆されていましたが、今回の特集は、「職業としてのアロマテラピストを考える」

今回は、執筆ではなく、「アロマテラピスト取得資格をめぐって」という座談会に参加してまいりました。

アロマテラピストというと、皆さんはどういうイメージをもたれるでしょうか?

一流ホテルで働くアロマテラピスト、クリニックで働くアロマテラピスト、地域密着型の個人サロン、講師、ボランティア、趣味、、、いろいろ思い浮かばれることと思います。

今回の座談会には、私と、ストリングスホテル東京のアロマセラピールーム「ルナチュア」マネージャーの西尾麻里さんと、同じく「ルナチュア」でセラピストをしながらクリニックでも活躍している平野智子さんと、編集長を交えて3人で国内外の資格について約2時間ほどお話しました。

西尾さんは、英国にて「スピリットとアロマテラピー」の著書である、ガブリエル・モジェイ氏の下で学び、IFPAの資格を取得し、ロンドンでセラピスト活動を行った後、日本に帰国されて現職にいたる方。ふんわりして明るい雰囲気の中に、凛とした強さがある(フィギアの荒川さん系かな?)のが印象的でした。

日本に帰国してからは、アロマテラピストとして職を探したり、情報を収集するのにまず苦労したそうです。

確かに、日本で資格を取得した私も、雑誌や新聞からの紙面で得られる情報も大事ですが、学校関係の方など、直接的につながりのある方々の情報の方が、自分にとっては結局は新鮮な情報が多く、役に立った気がします。

英国ではアロマテラピストの資格、というのはある程度一定のレベルまで仕上がっているのが当たり前です。なので、日本のように、サロン勤務してから研修という制度にも戸惑いがあったとのことでした。

プロとしてロンドンで実績を積んできているのに、どんな人にどんなことを教わるのだろう・・と、アロマテラピストという概念は、日本ではばらばらで、結局はサロンごとに統一させていかなければいけないというが現状なのでしょうか。

平野さんは、子育てとアロマテラピストの仕事を両立させていらっしゃいます。
ホテルでアロマテラピストとして勤務する一方、平野さんのキャリアが活かされるクリニックでの勤務や、地域に根ざした講師活動が実を結び、長い間アロマテラピストとして活躍されています。

その道中には、もっと上の資格をめざしたいという思いもあったそうですが、実際に続けていると、資格よりも、自分がどうして行きたいのかが大事なことに気がついたそうです。こんなママだったらいいな~と思わせる、明るくて柔らかいキュートなイメージが印象的でした。

さて、私は、というと、アロマテラピストとして、一人で食べていくだけの収入があるかというとそうではありません。私の場合は、結婚していてまだ子どももいないので、働いた分を自分のことに使えますが、一人暮らしをして収入を得なくてはならないとなると、企業勤めをしながら、週末にアロマテラピストとして働く、という方法をとると思います。実際、私も最初はそうでしたし、現実に両立されている方々もたくさんいます。

アロマテラピストの仕事は、大好きですが、「絶対にこれじゃなきゃやだ」というよりは、「出来る限りこの仕事に携わっていたいと」強く願いながら働いています。

切実な話、生活費が得られなければ、派遣社員に一時的に戻ることも辞さないと考えながら働いています。「やっぱりお金ね」といわれてしまうかもしれませんが、理想ばかりも言っていられないと思うのです。アロマテラピストとしてひとり立ちして働くのは、難しいことではありませんが、他の業種同様、独立するのと同じですから、それなりの努力と覚悟がいります。
そして、一番大変ですが、実りがあるは、続けていく、ことだと思います。

また、これは性格的なものもありますが、私の場合、毎日アロマテラピストとして勤務するのに抵抗があった理由のなかには、一つの場所に縛られてしまうのが嫌だったのと毎日施術することに自信がなかったこともあります。

自由に外に出て、ホリスティックに物事を考えるための情報収集や営業活動もしたかったので、結局、週の半分をアロマテラピストとしてサロンで勤務し、残りをアロマテラピストとしてライター活動にあてることになりました。(このことは別のタイトルで紹介しようと思います)

というわけで、きっかけもフィールドも資格も違う3人の座談会は、時折テーマからそれた色々な苦労話や笑い話を交えながら、あっという間に過ぎてしまいました。

アロマテラピーやアロマテラピストの資格にご興味のある方は、ご覧くださいね☆

↓おすすめ本。アロマテラピーを東洋医学と関連付けてあります。
スピリチャルな理解も一層深まります。

2006年7月 9日 (日)

アロマテラピストのハーブスタイル

Thera26 BAB出版「セラピスト」の8月号が発売されました★

今回は、セラピストのハーブスタイル特集で、
現在IACH2期生の同期&LSAでアロマテラピーを一緒に学んだ朋友「田中理歩」さんを取材しました。

彼女は、私より三つ下の、燐としてしっかりした聡明な女性。ハーブで例えると、バジルのような人かな--。
(勝手にバジルといって・・後でチェックが入るかもしれません・・笑w笑
もうひとついいたかったのが、荒川静さん似の美女)

現場で働いていると、「いいハーブショップ知ってる」?とお客さんに相談されることがあります。
お住まいが町田の近くの場合は、必ず彼女のいる町田の「カリス成城」をご紹介しています。何しろ、知識が豊富だし、親身なってお客さんの問題を一緒に考えてくれる、素敵なアロマテラピスト。店内の雰囲気も明るく、他のスタッフの方々も明るくて、素敵な感じの「行きつけにしたいお店」なんです。お近くの方は、是非立ち寄ってみてくださいね。

町田圏内ではない場合も、「カリス成城」は全国にショップがあるので、出かけてみてくださいね。田中さんのようにハーブが大好きな、素敵なスタッフがいるハーブショップです★

今回の取材では、「セラピストのハーバルライフ」ということで、
ハーブやアロマテラピーを仕事にする人が、普段どのようにハーブを使ってる?
というテーマで記事をまとめました。

最近は、ホメオパシーの話と恋愛の話(笑w笑)が多いので、取材中は、普段聞くこともなかった、彼女のハーブ生活をきいてわくわくしちゃいました。その引き出しの多さにも、びっくり!!

生のハーブと戯れたり、魔女も焦る自宅での実験の数など、、さすが、と思えるお話をたっぷり伺いました!楽しくて貴重な時間を作ってくれて有難う★★

今回は、メインのハーブスタイル特集の他、バーグ先生(LSA校長)の寄稿があったり、「愛される個人サロンをつくろう」の連載があったり、毎度参考にさせていただいております。BAB出版の方々、ありがとうございました。

そして、最後に、お詫びのご報告です。

前回の、セラピスト6月号の、「ホメオパシーってなに」?で書いた文書の中に、誤植がありました。
情熱と愛情と時間をかけて、書いたのに・・。本当にごめんなさい。

8月号の、P169にもありますが、
6月号の、P117にある、
表1、「ホメオパシーとアロマテラピーの違い」で、
「医学の中心法則」の内容が逆になっていました。

正しくは、
ホメオパシーは、「類似の法則」「極微量の法則」「治癒の法則」
アロパシーは、「主に、解剖学」
です。←→をつけて、赤字で訂正しておいてください。
本当に、申し訳ないですm(_ _)m

正:ホメオパシーとアロパシーの違い(参考文献:ホメオパシー医学への招待)

上段:ホメオパシー(H)
下段:アロパシー(A)

★臨床★
 H:1~2時間、生活習慣や症状についての問診
 A:10分前後の問診

★検査方針★
 H:医療機器を用いた検査はあくまで補助
 A:ハイテク医療機器を用いた検査が中心

★医学の中心法則★
 H:「類似の法則」「極微量の法則」「治癒の法則」等
 A:主に解剖学

★医学哲学★
 H:ヴァイタルフォース(生命力)
 A:機械論

★治療対象★
 H:個人全体
 A:局部的症状

★薬の投与量★
 H:極少量
 A:多量

★薬効効果の検証方法★
 H:健康な人のプルービング
 A:動物・人体実験

執筆の内容に関する、ご意見やご質問、そして、ご要望など、気軽に後連絡くださいね。
今回ご指摘いただいたみなさま、温かいご指導ありがとうございました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »