« 「隠された情報」シリーズ | トップページ | 隠情1-2)タンポンの危険性 »

2006年9月 2日 (土)

隠情1-1)オーガニックコットンの生理用ナプキン

Pict0009

「隠された情報」シリーズの第一弾として、 「オーガニックコットンの生理用ナプキン」をご紹介します。

2年ほど前に、アーユルヴェーダを勉強しているアロマテラピストの先輩に教えてもらいました。

今では、環境意識の高い雑誌や、オーガニックEXPO、自然良品屋さんで気軽に購入することができるようになりましたが、私自身、友人に教えてもらうまでは、ほとんどその問題を意識したことはありませんでした。

さて、生理用ナプキンというと、「男性には関係ない」ととられてしまうかもしれませんが、私は切実な問題だと考えます。

なぜなら、家庭でも、職場でも、女性の機嫌悪いというのは、雰囲気を悪くしますし、出来れば避けたいもの。女性には、いつも朗らかに笑っていてほしいです。

月経前の生理的現象として、機嫌が悪くなる、イライラするというのは、個人差はありますが、古代から女性を悩ます特有の症状でもあります。

そして、もしその不快感が、使っている生理用ナプキンで引き起こされるとしたら?

そんな無駄なエネルギーを使う必要は全くない!!と思うのです。

今使っている生理用ナプキンは、あなたの体に不快感を与えていないでしょうか?

広告の文言や自分の知っている常識を疑ってみてください。
本当に自分の体にあっているものを見つけることができるかもしれません。

市場に出回っている商品は、ポリマーという液体を固まらせる成分が含まれています。
ポリマーとは、自らの重さの500~1000倍の水分を吸収できる高分子吸収体です。

このポリマー、何でできているかご存知ですか?

もともとは、トウモロコシでんぶんの有効利用として米国で研究・開発されたものです。

このような性質を持つ高分子吸収体は寒天やでんぶんなど、自然界にもたくさん存在しますが、市販で出回っている生理用ナプキンのほとんどが、石油から作られる化学合成品で出来ています。

友人のアーユルヴェーダの先生の話によると、この石油系ポリマー入りの生理用ナプキンが出回るようになってから、子宮筋腫や子宮系の疾患が比例するように多くなったといいます。もちろん、若い女性にも。

乳がんもそうですが、30年前にはほとんど名前も知られていない病気が増えているのは何故なんでしょうか?

話を戻すと、人間の生殖器は、目や鼻と同じで、粘膜で覆われています。
つまり、常に粘液を分泌し、皮膚の乾燥を防ぎ、組織を保護する役割があります。

例えば、ウィルスや花粉は、鼻や口の粘膜を通し体内に侵入してきます。
その際、体に抵抗力があれば、クシャミや鼻水とともに、体外に出され、抵抗力がないと、炎症を起こしたり体内に入ってきて、不快な症状を引き起こします。

いってみれば、粘膜は、体内と体外の境界を守っているのです。
生殖器も同じで、ウィルスや揮発性成分は入りやすい構造になっています。

それを、石油系ポリマーの生理用ナプキンで考えてみましょう。

ナプキンをつければそれだけ蒸れやすくもなります。
汗と一緒に、血を固まらすことのできるポリマーが揮発して膣に入ったら?

血を固まらせて子宮筋腫を作ることは簡単に想像できます。

私も、当時は決して健康的な生理ライフとはいえなかったので、オーガニックナプキンを早速試してみました。当時は、レバー状の、血の塊が気になっていたのです。

「婦人家系の病気」というタイトルの本を数冊購入して、これが病気なのか確認したくていろいろ調べた記憶もあります。

丁度、雑誌でも、「子宮筋腫」「婦人家系」疾患の増加というテーマの本が多く出回り、身近な知人にも、手術をするケースを耳にすることが多くなった頃でした。

さて、使ってみてどうだったかというと、すぐに、そのよさを実感しました。

友人が教えてくれたように、本当に、血が赤くてきれいな「鮮血」なんです。
まるで、たった今、怪我をして出血したかのような鮮やかな赤色。
「月経血はそもそも血」。鉄分のにおいもします。

使い始めて1年くらい経ったころには、もう普通のナプキンを使うのが怖いくらいになってしまいました。

嫌な蒸れ方をしないので、さらに不快な匂いもしなくなります。

そして、一番面倒に感じる「洗濯」ですが、すぐに水につければ血は、スムースに落ちていきます。それでも落ちない時は、「重曹」を漂白代わりに使います。

もちろん、「子宮筋腫」の原因は、このナプキンのせいだけではないでしょう。

ただ、ネット上では、「子宮筋腫」で検索しても、その増加の原因のひとつに、高ポリマーでつくられたナプキンの可能性があると書かれている医療情報のサイトをすぐに見つけることができませんでした。(これが、「隠された情報」に感じる所以です)

ゴミも減る、かぶれも減る、不快感も減る、と多くの女性が実感している、コットンの生理用ナプキンが正当な医療機関で紹介されないのは何故なのか・・?

本当に、子宮筋腫を予防したいなら、生理用ナプキンの可能性を疑うのもひとつの選択肢のはずなのに。

まずは、自分で出来ることから取り組んでみる、というのは予防医学、自然療法の鉄則です。

病気の原因を知るのは大事なことですが、そればっかり探っていても仕方がないです。

病気になる時はなるのです。

なってしまったら、病気を治癒させることの方が大事ですから、今の生活を見直して、改善できることから取り組むことです。

生活習慣や使用している物が原因であれば、体は徐々に回復していきます。

私自身は、当時、自分が使ったナプキンをゴミとして捨てるのが、もすごく嫌に感じていました。なぜなら、ゴミも増えるし、自分の体から出るものが生ゴミと一緒に捨てることに嫌悪感を感じていたのです。

ですが、使い捨てではない布ナプキンなら、ゴミも減ります。
レバー状の血も、気にならなくなり、私自身、教えてもらってとても感謝しています。

購入方法は、インターネットでなら簡単に入手できます。

中には、仕事が忙しく、「洗ったり、何枚も持ち運べないから、布ナプキンは無理」、と言う方もいらっしゃると思います。

そんな方には、生活クラブ生協から出ているナプキンがおすすめ。
植物系ポリマーの使い捨てナプキンです。
私自身、立ち仕事や外出の時はお世話になっています。

この商品は、生活クラブ生協に加入が必要なようですが、いくつかショップもあるようなので問い合わせてみてください。
http://www.seikatsuclub.coop/hinmoku/zakka.html

次回は、これに引き続き、タンポンの危険性と月経血のコントロールを紹介します。

|

« 「隠された情報」シリーズ | トップページ | 隠情1-2)タンポンの危険性 »

【自然療法】が好き♪民主化を願って書いてる記事」カテゴリの記事

コメント

「そう、そう、そう...!」と頷きながら読ませていただきました。そして改めて、もうケミカルナプキンには戻れないと感じました。私が知ったきっかけは、エコロジーの雑誌でした。その後、生理痛に悩んでいる私に友人が勧めてくれて、使用するようになりました。私なりに調べたら、ダイオキシンが検出されたとか子宮内膜症との関係だとか指摘されていて、怖くなりました(>_<)生理痛がなくなることはないのですが、安心感があるというのが布ナプキンを使用している一番の理由です。
生理は毎月くるもので、生理痛などの不快から嫌々やり過ごす感じだったのですが、今では自分で洗う際に経血の色や量をみたり、自分の体と向き合うきっかけになったと思っています。生理への意識が変わった気がします。可愛い柄のを集めるのも楽しいですしね♪次のタンポンについても楽しみにしています〜(^-^)

投稿: ひまわり | 2006年9月 4日 (月) 18:55

ひまわりさん

コメントありがとうございます。
文字ばかりになりがちな私の長いブログにコメントをいただき、本当に嬉しいです。

ダイオキシンや婦人家系疾患の可能性があると知った以上は、使いたくないですよね♪

次回のタンポンも、がんばりまーす。

投稿: SHINOBU | 2006年9月 4日 (月) 19:23

☆はじめまして~♪
布ナプキンのよさは今あちらこちらで目にいたします。
私は、もう随分前に必要ではなくなったのですが。これからの女性に是非使って頂きたいなぁと思います。

次の記事も楽しみです♪

投稿: ☆perfume☆ | 2006年9月 4日 (月) 23:41

☆perfume☆さま

はじめまして、コメントありがとうございます。
ブログ拝見しました、兵庫県でご活躍なんですね!!
ひとり7~8役とはすごいパワーを感じます♪

ナプキンにしても、洗剤にしても、いつからこんなに当たり前になっちゃったんだろうと危惧しています。
これからも色々と情報交換させて下さい♪

投稿: SHINOBU | 2006年9月 5日 (火) 10:30

ケミカルな害のことなど、丁寧に説明されてて
わかり易いです~♪
次回も楽しみにしてます。

布ナプキン、しばらく前から知ってはいたけど
まだ使ったことがありません。
たぶん、一度使ってみれば良さがわかるのだと
思うのだけれど、
使い捨てではないから洗うことを考えたりすると・・・。
いわゆる未知のものに対する恐れ、ですね。。
そろそろ勇気を出して買ってみようかな。

投稿: aco | 2006年9月 6日 (水) 15:58

acoさん

コメント、有り難うございます!
なかなか合えずにいますが、いかがおすごしですか??
北欧旅行のお話も伺いたいです☆(もう随分前??)

うんうん、使ってないと抵抗感というか、恐れみたいのありますよね☆
ぜひぜひ一度、試しに使ってみて下さいませ。
本当に、快適&ゴミもでない&3日でぴたっと終わるのです。
そして〜〜〜使い心地のレポートお待ちしています♪

最近は、専ら京王線ばかりで、小田急線を使っていないのですが、成城の駅ビルもようやく完成するみたいで探索したいので、そのときはどうぞ、お付き合いくださーい。

投稿: SHINOBU | 2006年9月 6日 (水) 17:24

そうなんです!そのアーユルベーダーの友人である私は、おかげで53歳と2ヶ月ですっきりとお役目終わりました。今のところ大きなトラブルもなくよく聞く終わる頃に大量出血が突然起こるとか、数ヶ月無くなったと思ったらまた始まったとか、まったくそういう事何もなく・・・きっと子宮もきれいな状態でお役目終えたのでしょう。

更年期は個人差があるでしょうが、必ず来るその時を快適に迎えるためには自分の体を良く知ることがとても大事で、自分が出来ることで無理のない程度に精一杯自分の体を大事に思いやることだと思うのです。で、私はアロマテラピーと出会った事を本当に感謝してます。

お若い方々、私たち女性は体の中心に子宮、卵巣があります。それらはいずれお役目を終える臓器です。だからこそそのことをよく知ってください。是非是非理解してください。そうすると更年期の自分の変化もよく理解でき、対処できます。するとトラブル(更年期障害)はありません。

shinobuさんのホームページはそういう意味ですよいですねぇ。
がんばってください。

投稿: くー | 2006年9月23日 (土) 00:13

くーさん

コメント有り難うございました〜★
予後のことも書いてあって、すごく納得です。

体のどの臓器も、お役めを担っているんですよね!
おかげさまで、月経血のコントロールや排卵日はわかるようになってきました。あとは、寝ている時が課題かな。

そうえば、私は昔に比べると、自分が女性であることを受け入れ、楽しもうという気になってきました。
ホーント、いつも貴重な情報を有り難うございます♪

投稿: SHINOBU | 2006年9月23日 (土) 11:22

はじめまして、いつも楽しく拝読しています。
この記事で布ナプキンの存在を知り、使い始めました。あまりにも肌触りや付け心地がいいので、もう使い捨てナプキンには戻りたくありません。
私のブログ(愛犬のHPに埋もれています^^;)にも布ナプキンを紹介したのですが、さらに参考情報として、こちらの記事にリンクさせていただいてもいいですか?

投稿: プーママ | 2006年12月 8日 (金) 11:02

プーママさま

コメントありがとうございました、リンクのご連絡もありがとうございます。

プーちゃんとミルちゃん、癒されますね~~。
愛情タップリで、すくすく育っている様子が伺えました♪

投稿: SHINOBU | 2006年12月 9日 (土) 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「隠された情報」シリーズ | トップページ | 隠情1-2)タンポンの危険性 »