クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • S.バナジー博士来日セミナー
    インドで五代続くホメオパシー家系のエッセンスを学べるプロ向け本格ホメオパシーセミナー
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    植物の香りに包まれて、身も心もとろける癒しの王道。治療の補佐にも役立ちます。
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • オープンディ
    毎週火曜日10時~17時は、クプクプのオープンディ。どなたでも気軽に自然療法のメニューをお受け頂けます。
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音が心と体を解放し、虚空へと誘います。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツ・オーガニックコスメNO1。心身を解放し、肌のきめを整える本当のスキンケア。大地を癒すバイオダイナミック農法でDr.ハウシュカ化粧品に使われる原料の90%以上は、オーガニック認証を受けたまたは  Demeter基準の認定を受けた栽培農家から調達されています。
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法の恩恵を医療として自由に選べますように。自然療法の民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、他国の自然療法の情報を交換したりと、自由に語り合うカフェです。
  • フラワーエッセンス
    野辺に咲く美しい花で心を癒す究極のセラピー。子育て、介護、人間関係の悩みを優しく癒します。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ローフード・グルメロースィーツ
    ローフード(生のフルーツと野菜)を味わい尽くしましょう。
  • ヴィーナス・カフェ
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 今ここに在ること
    時空を超えた癒し
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然治癒力を高め、本当の自分を生きることがをサポートするのが自然療法dです。
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 手作りリース・スワッグ
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を共有しました。2018年~鏡石町のマグノリア農園「バイオダイナミック農法~農業は地球を癒す」活動に参加し、ご紹介しています。
  • 自然療法アーティクル
    2002年から、自然療法・自然農に関する取材&執筆を続けています。何かのお役に立てば幸いです。
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 蕎麦処SAMIRAI
    手打ち蕎麦とこだわりの出汁をどうぞ。元添乗員が出会った日本各地の生酒の品揃えが豊富♪
  • 衣・ころも・草木染
    常に私たちの体をつつむ衣。癒しの衣は、大地と皮膚の呼吸をあわせ、自律神経のバランス回復を助けます。
  • 農業と錬金術
    母なる地球の大地は、わたしたちの自然治癒力に直接関係しています。調和と慈愛に満ちた農業と錬金術は、わたしたちの魂を癒し、喜びと希望をもたらします。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 東京スピコン22回レポート2006年 | トップページ | 中国医学からみるバッチフラワー(2) »

2006年10月13日 (金)

中国医学からみるバッチフラワー(1)

Yinyang  ~ 陰陽五行からエッセンスを選ぶ ~

70年前に誕生したフラワーエッセンスは、瞬く間世界中に広がり、フラワーエッセンスのプラクティショナーによって、その国独自の伝統医学と結びついて使われている。

今回は、中国医学と結び付けて考えてみるが、中国医学からエッセンスを理解するメリットは、

① 伝統的な自然療法として日本人に馴染が深く、哲理概念を理解しやすい
② 感情、心理が体のどの臓器に影響しやすいかが陰陽五行説の分類によってわかるのでセルフヒーリングの幅が広がる
③ 持病や慢性疾患から、陥りやすい否定的な感情について理解を深めるヒントになる

とうことがあげられる。

私も、鍼灸師でもある下山田先生の中国医学の深い造詣と、バッチフラワーレメディの知識を結びけた概念で、大変理解しやすかったので、以下に紹介したいと思います。

今回は、陰陽について説明します。

陰陽とは、切り離すことの出来ない対極の意。

全く逆の相反する性質を持ちながら、互いに補い合う相互作用する関係で、宇宙の万物は全てその中に陰と陽を含み、そのバランスを保つと考える。

陰陽というと、陰は月や女性、陽は太陽や男性を表すことが一般的だが、これらはあくまでも相対的なものである。比較対象のない一人の女性だけをみた場合、その個体内の陰陽バランスによって極性が決定される。

また、家庭における男女の役割は状況や立場によって変わるので、必ずしも男性が常に陽ではない。簡単に言うならネクラな夫と陽気な妻の組合せは、男性が陰、女性が陽である。

エッセンスも同様で、ひとつのエッセンスが陰陽の要素を持つ。

従って、このエッセンスは陰である、または陽であるという固定的分類は出来ない。しかし、先に述べたように対極するエッセンスの組合せは存在する。

例えば、セントーリー(テーマ:自発的決定能力、自己実現)とチコリー(テーマ:母性本能、無私の愛)の関係は、お互いの性質によって良くも悪くも強調され、ふたつのエッセンスを比較した場合に限り、陰的・陽的な役割を持つことになる。

参考:一般的に知られている相互の影響を持つエッセンスの組合せ

ミムラス

セントーリー

セラトー

ヴァーベイン

チコリー

ヘザー

バイン

 「経験上、これらの組合わせが親子や夫婦という、とても身近で密接な人間関係に見られることが多い」。と下山田先生はいう。

つまりチコリータイプの母親がエゴイスティックで所有欲の強いマイナス状態のとき、セントーリータイプの子供は反抗出来ない。

さらに、親を喜ばせたいという気持ちと意志の弱さが、一層チコリー(母親)のマイナス状態を助長する。

あるケースのセッションでは、子供に質問しているにもかかわらず、「この子はとてもいい子なんですけど、意思表示がなくて、疲れやすくって・・・」と母親が自分の解釈で口をはさむことが多いという。

治療方針としては、子供だけがセントーリーを摂るよりも、母子でセントーリーとチコリーの組合せを飲むことが望ましい。

何故なら、子供がセントーリーのプラス状態になり自発的決定能力を活かせるようになっても、母親が自立していく子供の変化を受け入れられないからだ。

「そんな子に育てた覚えはない」、「そんな生意気を言うならもう知らない」と、再び利己的な親子関係に戻そうと躍起になってしまう。つまり、母親もセントーリーのプラス状態を理解し、チコリーの持つ無私の愛が喚起されなければ親子関係の変化は訪れにくいのである。

これが陰陽のエッセンスの関係である。

マイナス状態にあるセントーリーの人の周囲にそれを利用しているチコリーやバイン的存在がいないか?

または、マイナス状態のチコリーの人を刺激し助長するセントーリー、ミムラス的存在が側にいないか?

などの視点を持つことは問題解決に有益な示唆を与える。注意したいのが、特定のエッセンスが持つプラスとマイナスのテーマは陰陽を意味するものではないことだ。

対極にあるふたつのエッセンスの間に陰陽の関係が成立し、一方、或はふたつ共にマイナス状態のときにエッセンスが有効であると考えられる。

次回は、五行説について掲載します。

参考:アロマトピアNO.71

« 東京スピコン22回レポート2006年 | トップページ | 中国医学からみるバッチフラワー(2) »

フラワーエッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京スピコン22回レポート2006年 | トップページ | 中国医学からみるバッチフラワー(2) »