クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

  • KUPUKUPU*お知らせ
    アロマテラピー&フラワーエッセンスの施術、セミナー情報をお届けします。
  • KUPUKUPU*オリジナルメニュー
    疲れを癒し、悩みがとろける。 経験豊かな一流のセラピストによる、ここでしか体験できない極上メニュー。
  • NaO自然療法機構
    自然療法をもっと身近に! 自然療法は、健康と哲学のアートです。 あらゆるジャンルの自然療法家を結ぶ一般社団法人。
  • S.バナジー博士来日セミナー
    インドで五代続くホメオパシー家系のエッセンスを学べるプロ向け本格ホメオパシーセミナー
  • 「隠された情報」シリーズ
    自然療法は、ご先祖さまがひきついてきた叡知。 誰かのものでもなく、人類共通の財産ものです。
  • なでしこバイブル
    布ナプキン、月経血コントロール、自然療法など女性の月経人生を変える集積本!
  • はからめカレンダー
    びわ湖淀川水系のヨシから作られたヨシ紙の手作りカレンダー&手帳。 月の満ち欠けや、暦の秘密、太陰暦、宇宙の運行付き。人生をスムースにするのを手伝ってくれるカレンダー。
  • アロマテラピー&ハーブ
    植物の香りに包まれて、身も心もとろける癒しの王道。治療の補佐にも役立ちます。
  • ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)読書会
    癒しの根源である自分を赦す本「奇跡のコース」を読む時間
  • アースディin調布
    調布の手作りアースディ
  • オープンディ
    毎週火曜日10時~17時は、クプクプのオープンディ。どなたでも気軽に自然療法のメニューをお受け頂けます。
  • シンギングリン&虚空
    聖なる音が心と体を解放し、虚空へと誘います。
  • ドクターハウシュカとバイオダイナミック農法
    ドイツ・オーガニックコスメNO1。心身を解放し、肌のきめを整える本当のスキンケア。大地を癒すバイオダイナミック農法でDr.ハウシュカ化粧品に使われる原料の90%以上は、オーガニック認証を受けたまたは  Demeter基準の認定を受けた栽培農家から調達されています。
  • ナチュロ9カフェ
    日本でも、自然療法の恩恵を医療として自由に選べますように。自然療法の民主化のために、日本国憲法や政治を学んだり、他国の自然療法の情報を交換したりと、自由に語り合うカフェです。
  • フラワーエッセンス
    野辺に咲く美しい花で心を癒す究極のセラピー。子育て、介護、人間関係の悩みを優しく癒します。
  • ホリスティック・レッスン
    からだ・こころ・たましい。そして、家族、親類、同志、恩師、植物、動物、鉱物とつながるレッスンです。
  • マインドフルネス実践会(多摩川サンガ)
    ベトナムの禅僧ティクナットハン師が提唱した瞑想や気付きを供にする時間を過ごします。
  • ローフード・グルメロースィーツ
    ローフード(生のフルーツと野菜)を味わい尽くしましょう。
  • ヴィーナス・カフェ
  • 上映会
    赦し・愛・絆・真実・土壌を癒す農法など、自然治癒力が高まる作品を上映しています。
  • 世界ホメオパシー周知週間
    4月10日は、ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンのお誕生日。毎年、世界中の自然療法家が、ハーネマン先生のお誕生日を祝い、1週間の周知週間に取組んでいます。
  • 今ここに在ること
    時空を超えた癒し
  • 介護
    実体験をもとに、認知症や介護に役立つ自然療法ネタを綴ります。
  • 各種自然療法
    自然治癒力を高め、本当の自分を生きることがをサポートするのが自然療法dです。
  • 女神塾
    ロミロミセラピスト「矢田薫」さんによる、ハワイの女神のお話しとフラ・ハワイ語で、女性性を育むヒーリング塾。
  • 妊娠(マタニティ)・出産・産婦
    ママも子供も、優しいのが大好き♪ 優しい香りに包まれて、産前産後を迎えましょう♪
  • 手作りリース・スワッグ
  • 書籍・雑誌
  • 月経美心
    月経血コントロール、布ナプキン、ナプキンフリー、女性に嬉しい情報満載
  • 犬と猫のための自然療法
    愛しい動物たちと、健やかに楽しく暮らせますように。素直な彼らには、相性抜群です。
  • 環境
    健全な環境でなければ、健やかな暮らしは営めません。私たちの健康と直結している環境とどう関わるかは自然療法の最優先事項。
  • 福島鏡石マグノリア農園
    311後、南相馬を中心にアロマテラピーやフラワーエッセンスなどの自然療法を共有しました。2018年~鏡石町のマグノリア農園「バイオダイナミック農法~農業は地球を癒す」活動に参加し、ご紹介しています。
  • 自然療法アーティクル
    2002年から、自然療法・自然農に関する取材&執筆を続けています。何かのお役に立てば幸いです。
  • 自然療法民主化!
    自然療法は人類の宝。 日本でも、国家予算に、予防医学と自然療法を取り入れたい! 小池ゆり子塾「希望の党」1期生。 政治に働きかけるより、現場でコツコツが肌に合っているようで、コツコツと自然療法の実践と発信に努めます。
  • 蕎麦処SAMIRAI
    手打ち蕎麦とこだわりの出汁をどうぞ。元添乗員が出会った日本各地の生酒の品揃えが豊富♪
  • 衣・ころも・草木染
    常に私たちの体をつつむ衣。癒しの衣は、大地と皮膚の呼吸をあわせ、自律神経のバランス回復を助けます。
  • 農業と錬金術
    母なる地球の大地は、わたしたちの自然治癒力に直接関係しています。調和と慈愛に満ちた農業と錬金術は、わたしたちの魂を癒し、喜びと希望をもたらします。
  • 骨盤調整
    クプクプの人気NO1メニュー。体の土台になっている骨盤。骨盤大好きなベテランセラピスト「中山あゆみ」担当のメニューです。
  • 麻(HEMP、精麻)
    縄文のルーツは、麻にあり。 古今東西、衣食住、あらゆる面で、人類の命を支えてきてくれた偉大な植物。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« バッチフラワーエッセンスの可能性~他療法からのアプローチ | トップページ | 東京スピコン22回レポート2006年 »

2006年10月 6日 (金)

Dr.バッチのフラワーエッセンス

Imp 「Dr.バッチフラワーエッセンス」のご紹介です。

Dr.バッチフラワーエッセンスについて

Dr.バッチフラワーエッセンスとは、エドワード・バッチ博士(英国人医師Edward Bach:1886~1936)が、セルフヒーリングの目的で開発した精神や心のバランスを整えるフラワーエッセンス(フラワーレメディともいう)のことです。

Dr.バッチは、医師・細菌学者・ホメオパシー医という職業を通し、「病気を診るのではなく、人を診る治療」を追及しました。

その結果、本当に健康であるためには、何よりもまず、「自分自身の心が癒され満たされてなければいけない」という結論に至ります。

それなしには、ホリスティックな意味での健康な身体は存在しないとし、心理面・肉体面・精神面・人生の使命・生き方の選択に及ぶ全てを癒し統合するエッセンスの開発に着手。

そして、数多くの臨床経験から、ホリスティックな健康を妨げる原因である、人間が陥りやすいネガティブな心のパターンを分類。「誰もが安心して自分のために使える処方薬」として38種類のエッセンスが誕生しました。

既に1920年代に、QOL(人生の質)の高い健全な心身に導く治療を行っていた偉大な医師が創造したエッセンスは、現在世界中で用いられています。

ヨーロッパ、アメリカでは、医療現場での臨床ケースを含む多くの実績がその効果を裏付けています。日本でも近年急速に知名度が上がり、アロマテラピーと同様、健康管理を意識する人々のツールとしてニーズが高まっている自然療法です。

バッチ博士は、この38種類のフラワーエッセンスを、人間の普遍的な感情として開発しました。これは、老若男女、時代、国を超えてつかえることを意味しており、何よりもまず

「自分自身が満たされ癒された状態であること」

に重きを持ちました。

また、フラワーエッセンスの中でも、バッチフラワーのシリーズは、38本で完結していること、とても穏やかに作用すること、が特徴です。

自分の中にある「否定的な感情」を受け入れる準備ができるまでは、効かないといってもいいくらいです。その人の歩み合わせて、ゆっくりと作用します。

本にもあるように、「寒ければカーディガンを羽織る」、というように、「ちょっと疲れたからホーンビーン(慢性的な疲労にも使われるエッセンス)を摂る」ように、自分を癒す目的て用いられるのが理想だと思います。

ただ、38種類のフラワーエッセンスを覚えるのは大変です。そういう場合は、フラワーエッセンスのプロフェッショナル、通常はフラワーエッセンス・プラクティショナーと呼ばれる職業の方に選んでもらうといいでしょう。

また、たまに、本物はこのブランド、という風に表現されていることがありますが、私自身は作り方さえ間違っていなければ、効果に関係ないと思っています。

バッチ博士は、「大自然の中に癒しがあり、自分の中に癒す力がある」ことを伝えています。自分が開発したエッセンスを、一人でも多くの人に使ってほしいと願っていたと思います。

私自身は、セラピストとして、「感情に働きかける」ツールとしてセラピーに取り入れています。

また、バッチフラワーレメディの38種類の心理状態を学び、人が持つ感情を、ひと言で表したり理解することは難しいと知りました。

例えば、「憎しみ」について考えてみた時、その感情の根本的な理由は、「憎いから憎む」という表面的なことは稀で、実はその裏に、

「自分は他人より恵まれていないように感じる」
「大事な家族が不幸に会うという衝撃的な悲しみが憎しみに変わった」

など、他の感情が根底にあるケースもあります。

ネガティブな感情は、人間なら誰でも持っています。この誰でもが持つ否定的な感情を自分で感じ、受け入れることで、人の痛みがわかったり、人間的な成長をする、と私は考えています。

私自身も、満たされ癒された状態であるように、フラワーエッセンスを皆様とともに使ってまいりたいと思います。

« バッチフラワーエッセンスの可能性~他療法からのアプローチ | トップページ | 東京スピコン22回レポート2006年 »

フラワーエッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バッチフラワーエッセンスの可能性~他療法からのアプローチ | トップページ | 東京スピコン22回レポート2006年 »