« 中国医学からみるバッチフラワー(3) | トップページ | オーラソーマ体験&取材レポート »

2006年11月 9日 (木)

セラピスト12月号に紹介していただきました

Angers_therapist28BAB出版から出ている雑誌「セラピスト」12月号(no.28)に、サロン(アンジェ)を紹介していただきました★

今号の「セラピスト」の第一特集は、『サロンメニューに加えたい注目の自然療法』

特集では、鍼灸、フェイシャル、オーラソーマ、レイキ、ラストーン、と他の療法との組合せが紹介されていました♪

その中で、「バッチフラワーエッセンスとの組合せ」を提供しているサロンとして、アンジェをご紹介いただいたのです。
(BAB編集部の皆さま、有難うございましたm(_ _)m)

私自身もアロマテラピストになってから、どうしてもアロマテラピーは当たり前すぎて物足りなくなってしまったのが、現在ホメオパシーを本格的に学ぶに至るきっかけでした。

これは、悪い意味ではなくて、アロマテラピーは素晴しいので、もうそれは、私にとってはあって当たり前になってしまったのです。

この職業についてからも、山あり谷ありではあるけれど、アロマテラピストとして働くことに関しては何の違和感もない。それで、プラスアルファのテクニックということになったのです☆

アロマテラピストとしてレイキやフラワーエッセンスを学び、そして今は念願のホメオパシーを学んでいる、という流れです。

ちなみにホメオパシーの次は、アロマテラピスト、ホメオパスとして活躍し続けたいと思っており、違う分野を学ぶ予定は今のところ考えられません。

考えてみると、私の周りのアロマテラピスト仲間も、方向性は違うものの、何かを習得していくのが決まりかのよう。

親しい友人たちの新たなテクニックを紹介すると、、

・フェイシャルテクニック
・レイキ
・アーユルヴェーダ(ヨガ含む)
・ロミロミ
・オーラリーディング
・占星術
・オーラソーマ
・マクロビオテック
・シュタイナー

などなど、アロマテラピーを土台として各々ステップアップしているヒーラー揃い。この多様な方向性は、一人の人間にはできないこと。
私にとっては、頼りになる尊敬する仲間たちです。

雑誌セラピストの第二特集は、
マタニティトリートメント&ベビーマッサージ」。

アンジェも最近、妊婦さんのニーズがあるので、とっても参考になりました♪
ベビーマッサージは、特に施す側、つまり大人が癒されるという素晴しい体験です。

雑誌セラピストはこちらからご購入できます。

次回は同じくセラピストで取材した「オーラソーマ」をご紹介します。

ブログランキング→クリックしてもらえるととっても嬉しいです☆

アンジェのホリスティックセラピールームはこちらからどうぞ♪

|

« 中国医学からみるバッチフラワー(3) | トップページ | オーラソーマ体験&取材レポート »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国医学からみるバッチフラワー(3) | トップページ | オーラソーマ体験&取材レポート »