クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

バッチ博士の誕生日会

Pict0080 9月24日はフラワーレメディの生みの親、エドワードバッチ博士の誕生日。

バッチ博士が1886年9月24日に英国のバーミンガム近くで誕生してから、時と場所を越えた2007年、私は自由が丘にある薬局「スピリファ」さんで、バッチ博士のお誕生日会に参加してきました。

主宰を企画してくれたのは、スピリファの薬剤師さんである青戸さん、山田さん、田中さん。(素敵なイベントを企画していただき、本当にありがとうございます!)

スピリファさんの取り組みは、自然療法を学ぶ私たちにとって心強い支えでもあります。

さて、始まりの挨拶では青戸さんが、

「このパーティを開催するために、バッチ博士だったらどうしたか?を一生懸命考えました」とおっしゃっていました。

そして、「バッチ博士なら、自分のために祝ってくれることを喜ぶのではなく、一人一人が輝いているのをみることを喜ぶだろうと思いました」と。

その言葉のとおり、参加者一人一人がイキイキとした楽しいパーティになりました。

まずはバッチ博士のために「HAPPY BIRTHDAY」の歌を皆で歌うことから。
ここでも、さすが青戸さん、バッチ博士の思いを汲んでいます。

Happy Birthday to Dr.Bach♪
Happy Birthday to me♪
Happy Birthday to you♪
Happy Birthday to Dr.Bach♪♪♪

バッチ博士の誕生日会に、自分とみんなのお祝いも入るなんて、思いもよらないことでした。

テーブルの上には、手作りの心のこもったケーキやスモークチーズ、そしてパスタなどが賑やかに迎えてくれていました。

そして、楽しく団欒しながら、次々とバッチ博士の誕生日会は進行していきます。

*集まったメンバーが一人一人が自己紹介
*次は、「わくわく」することを、一人一人披露

・・・もちろん、誰一人そんな準備はしてきてません。

最近、「わくわく」すること、してますか??
毎日がワクワクするためには、一日一日がとっても大事ですよね★

*瞑想しながら一人一人アファメーション
*最後は皆で輪になってメディテーション

あっという間に3時間が経ってしまいました。

文字にすると、なんだか怪しいことをしていたと思われてしまいますが、それは皆さまの想像力にお任せしますネ(笑w笑)。

なんにしても、2007年の私たちは、日本にいながら、バッチ博士が開発してくれたフラワーレメディを学び、自由に使うことができます。有り難いのひと言です。

「自らを癒す」ことが、ひとりひとりの魂を磨くことを、改めて体感した素晴しい誕生日会でした。

バッチ博士、スピリファの皆さん、時間を共有してくださった皆さま、本当に有り難うございました★

(写真は、お料理が上手なしのぶさんの手作りケーキ♪美味しかったです、カフェにも遊びに行きますよ~)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2007年9月14日 (金)

セラピストVol.33に紹介していただきました(2)

Pict0040 セラピスト(BAB出版)について、ひき続きご紹介させていただきます。

セラピストは、アロマテラピストやリフレクソロジスト、カウンセラー、そして美や健康に携わる人々に役立つ内容が盛りだくさんの専門誌。

今回、2007年10月号(Vol.33)では、私、SHINOBUを第一特集に紹介していただきましたが、普段はライターとしても登場させてもらっています★

同じ業界で働く方々を取材させてもらえるのは、本当に勉強になるので、いつも楽しみなのです♪

今号では、下記の取材をさせていただきました。
(ご協力いただいた皆様、有り難うございました)

・メイスガーデンスパの牛山さん(p26)
 (※写真は、メイさんと一緒にパチリ、美容家として見習いたい大先生です)
・ネリーグロジャン博士のビィオセンシィエール(p98)
・セラピスト業界かわら版「IACH日本校校長のロバート先生」(p176)

ちなみにこの号では、新著の紹介で、中村裕恵先生の 「ホメオパシーバイブル」(新星出版社)も紹介してくださっています。

つくづく思うのですが、この本「セラピスト」、そして以前紹介させていただいた「アロマトピア」は、セラピストの方々必見です。今のサービスや施術にプラスになる情報が詰まっているはずです♪

そして、私もホメオパシーバイブルの時に取材させていただいた、女性の薬剤師さんが薬の相談にのってくれる薬局「スピリファ」さんも紹介されていました(p158)★

次号12月号は、「サロンミュージック」、「メディカルハーブ」、「セラピストのためのウォーキング」、そして、「ホテルスパの英会話」、、、などなど充実しているようで、今から楽しみですネ♪

自然療法のオススメ本
 
→セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

2007年9月 9日 (日)

セラピストVol.33に紹介していただきました(1)

Book_top33 セラピスト2007年10月号(Vol.33、BAB出版)にて、私、SHINOBUを環境問題に取り組む一人のアロマテラピストとして紹介していただきました。

紹介していただいた特集のタイトルは、「地球に優しいサロンをつくるセラピストになる」です。

正直言うと、この企画のお話をいただいたとき、私ごときのレベルで執筆をお手伝いするのはどうかと編集長に相談したひ弱な私・・。

実際、私の周りには、完全なるベジタリアンや、ベーガンといわれるベジタリアンの中でも、条件の厳しい食事をする方々で、肉や魚だけではなく、卵・牛乳・クリーム・チーズなど乳製品となどの動物性食品を一切採らない方々もいます。
他にも、自給自足を行うために、生活を180度変えた方々もいます。

今回の特集は、そこまでこだわっていなくても大丈夫ということで、僭越ながら取り組ませていただきました。(編集部や関連の皆さま、本当に有り難うございました★)

執筆させていただく中で、自分でも色々とサロンワークに対する何気ないこだわりを明確にし、見直すきっかけにもなり、とても有意義で楽しい作業になりました。

そして、この特集、、他の多くのエコロジーの意識の高いセラピストが勢揃い。どの記事も新しい発見と共感をえることができました。

アロマテラピーやホメオパシーなどの自然療法は、そのアプローチは違っても、自然の法則のもとに生きることに重きを置いています。

その中で、私たちが住んでいるたった一つの地球環境に目を向けることは、セラピストの使命。まだまだ未熟でありますが、これからも、多くの方々と情報交換をしていき、できることから取り組み続けていきます。

皆さまの取り組みも、ぜひぜひ教えてくださいね!

次回も、セラピストについてご紹介します。

自然療法のオススメ本
 
→セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »