クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« ヒプノセラピー体験談 PART3(2) | トップページ | 2008年サンカラン氏Japanセミナー☆ »

2007年11月25日 (日)

ヒプノセラピー体験談 PART3(3)

Iach0617_085 さて、今回ヒプノセラピーを受けたそもそものテーマは、「自分の中の陰や凶暴性と向き合うこと」でしたが、1回目のセッションを終えて2週間ほど経ち2回目を受けるときには、テーマはもっと具体的になってきました。

それは、「自分の中の女性性を受け入れること」でした。

今思い返してみると、小学生くらいのときからでしょうか、「自分は男だ」と思っているところがありました。例えば、小学生の頃はスカートが嫌いでずっとズボンをはいていたり。

「女の子なんだからこうしなさい」とか「おんなのくせに」という言葉にはいちいち刃向かっていました。映画やニュースなどでも、女性が対等に扱われていないことに怒りを感じたり。

私はいつもどこか無意識に、「自分は男だ」という思いこみがあったのです。

この思い込みに関して、特に悩んだりした記憶はないのですが、妙に女好き(笑w笑)だったり、女性がすることを見守ったり支援したいという強い正義感や、仕事や精神面で男性には絶対に負けたくない、という思いが強かったのは、特有な感性だったかもしれません。

もちろん、現実には女性なので、花柄の服を好んだり、素敵な男性に恋をしたり、普通に女としての人生も謳歌してきました。

けれど、いつも左側ばかりに症状や怪我が出ることが多く(体の左側は女性性、右側は男性性を現すといわれています)、それが実は女性性の否定につながっている、ということに目を向ける時期が来た感じでした。

というわけで、自分の中の女性性を受け入れるための前世へとアクセス・・

けれども、、なかなかハッキリとした感覚がつかめぬまま、どんどん時間が経っていく。
「今日もだめかな~」と半ば思いかけてた頃、ヒプノテラピストのすみかさんが

「あなたが嫌いな女性像はどんな感じですか?」

とナビゲート。

「自分勝手で自分のことばかり大事にして他人に愛を育まないヒト、、」というようなことを答えました。

次に、「その女性はどんな感じですか?」という質問が・・。

すると、不思議と、全身で感じていた窮屈感は、着物を着ている感覚からきていることがわかりました。

一人身の女性で、近所の人たちと助け合いながらそれなりに楽しく生きている女性。
時代はわからないのですが、男女は割と対等な感じではありますが、女性であることで色々と自由ではないと感じているようです。

そして、その前世から受け取ったメッセージは、以下の4つ。

「状況や環境にかかわらず、稟とした女性性を大事にすること」

「女性ならでは引き継がれてきた素晴しい仕事(編物や絵をかくこと…)などの才能や能力を誇りに感じ、その素晴らしさを表現する事に魂が反応する」

「その女性の美しさを、バックアップする仕事をしたい」

「女性らしさの定義は様々存在するが、バランスのとれた女性らしさを、自分なりに追求してゆきたい」

こんな言葉が、自分自身の口から出てくるだなんて。

「男とか女とかこだわらなくっていいんだ・・」素晴しいメッセージを受けとった気がします。

そして、この前世を知ることで、今までの私の思い込みや行動が全てつながり、それを自分なりに理解し、許したり手放すことが出来るのです。

ちなみに、ヒプノセラピストのすみかさんや、レイキマスターの友人は、修行中にさまざまな前世を体験し、それを浄化していくそうです。

輪廻転生があるとして、例え自分の前世だっとしても、その分も浄化していくなんて、まるでタイムマシンに乗って、過去の人の人生を助けにいっているみたいじゃありませんか?!
この人生だけでも色々とあるというのに・・。

うーーん、ヒプノセラピー、、奥が深いです。

素晴しい技術をいつも身につけて施術にとりくんでくれるすみかさんにも感謝☆
ありがとうございました。
今のところ、変な想念はすっかり陰を潜めています♪

« ヒプノセラピー体験談 PART3(2) | トップページ | 2008年サンカラン氏Japanセミナー☆ »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、10/24にフランス式マッサージを施術していただきましたmukudoriです。あの日、私が肩こりで編物はあきらめたという話をした時、shinobuさんは「お好きなら、あきらめないで、ぜひ編物なさってください」と強くおっしゃいました。あのとき思わずこぼれた涙と感動が、今でも私を貫きます。この日記を拝見して、あの言葉は、shinobuさんの魂から出た言葉だったから、あんなに響いたのだと知りました。本当にありがとうございます。

mukudoriさま

もったいないくらいのお言葉、ありがとうございました。
私にとっても、あのときのシーンはとても印象に残っている出来事です。
そして、私の方こそmukudoriさんの編み物を含むさまざまな取り組みに触れることができて、癒されているのです。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
またお会いできるのを楽しみにしています。

お久しぶり~~~!
ヒプノ受けたんだね。それでシンクロしているのが女性性。
わたしも9月頃から女性性が大きなテーマになっているのだよ。
やはりわたしも「自分は女性らしくない」という思い込み?が非常に強くて、だからか男性の前に出ると、必要以上に強い自分を演じてしまうのね。それも無意識に。
女性性の解放とでも言いましょうか、きちんと向き合うことが今必要なんだなって思ったら、とても軽くなったよ。
そんでもって久美子さんの絵、すてき~~~!
わたしも観にいきたかったなぁ、こないだ・・・。

なちょすさん

コメント有り難うございました☆
なるほどーー、私たちの世代は、「自分が女性である」という確信を持っている方が少ないかもしれないよネ。

今友人に紹介してもらった「あるヨギの自叙伝」という本を読んでいるんだけど、それも大いなる母性愛がテーマにあるらしく、私にとっての女性観が変わりつつあるところです。

KUMIKOさんを始めとする素敵なお手本が身近にいるのだから、素直に女性性を融合させて成長していきたいね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒプノセラピー体験談 PART3(2) | トップページ | 2008年サンカラン氏Japanセミナー☆ »