« ヒプノセラピー体験談 PART3(3) | トップページ | インフルエンザ・ワクチンは打たないで »

2007年12月 1日 (土)

2008年サンカラン氏Japanセミナー☆

Indica_card_jatadhari インド人ホメオパス「ラジャン・サンカラン(Rajan Sankaran) 2008 Japan セミナー」のご案内をいただいたので紹介します☆

インドのRajanと開場をスカイプでつないだライブセミナーです。

前回にも紹介しましたが、インドにいって、直接サンカラン氏のセミナーを受けたいものですが、渡航にかかる時間や費用、そして言葉の壁を考えると日本で受けることができるのは有り難いことです。

それにしても、現代人はテクノロジーの力を借りれば、インドにいながら日本に現れることも可能なんですね(笑w笑)★

以下、案内です。

日時: 2008年1/17(木)~20日(日)【全4日間】

全日9:30~17:30(受付9:00開始)

会場: 新宿パークホテル 2階 第2会議室

参加費: 23,000円/1日、85,000円/全4日間(税込み)

講師: Dr. Rajan Sankaran  M.D. Homeopath

申込期限: 2007年12月28日(金)まで

申込方法:メール・お電話・FAXにて

ホメオパシー私塾((有)ヴォイスオブドリーム)

〒581-0802 大阪府八尾市北本町1丁目3-5
TEL/FAX:072-925-9141
Email:hayato12@violin.ocn.ne.jp

今回のセミナーでは、次のようなことを学ぶそうです。

1)メソッドに、より磨きをかけるテクニック
2)ありえる落とし穴とその乗り越え方
3)テクニック・キングダムをより深いレベルで表すケース
4)周期律表の、行と列
5)動物の綱

ホメオパシー初心者には、Rajanの臨床例を見ることで、今まで単に患者の症状を取り出しそれに合ったレメディーを見つけると言う表面的なケーステイキングから、「患者のエネルギーに沿っていく」、まるで二人で瞑想をするような流れるケーステイキングという、全く違った視点のケーステイキングを体験するでしょう。レメディーの捉え方・学び方についても同様です。

もし全くRajanのバックグランドをご存じなければ、まずは日本語版の「ホメオパシーの神髄」、そして次に「ホメオパシーの魂」(共にRajan Sankaran著、渡辺奈津訳)を一読されておくと、よりセミナーの理解が深まると思います。

また、実際に臨床をしている方は自分の失敗、行き詰まりをどう解決していけばよいかが明確に見えるでしょう。自分のどういった点により、フォーカスを当てれば次にどのようにケーステイキングしていけばよいかが明確に示唆されるでしょう。そして上級者の方はぜひ「スキーマ」(Rajan Sankaran著、渡辺奈津訳)をご持参ください。

以上です。

現代においても、聖者に出会うことができると噂されるインド。
奉仕の心や慈しみの精神を持つ国の人の魂に触れることもできると思うと、今からワクワクしちゃいますネ★

余談ですが、最近になって、「インドの聖地:ベラナシに呼ばれたいなー」と思うようになってきました。

|

« ヒプノセラピー体験談 PART3(3) | トップページ | インフルエンザ・ワクチンは打たないで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒプノセラピー体験談 PART3(3) | トップページ | インフルエンザ・ワクチンは打たないで »