« 「セラピスト」Vol.35 ホメオパシー健康フォーラムレポート | トップページ | 「セラピスト」Vol.35 ヘンプオイル »

2008年1月15日 (火)

「セラピスト」Vol.35 五感を通じて心に響くスピリチャル・セラピー

092 前回に引続き、雑誌「セラピスト」(BABジャパン)の最新号(2月)Vol.35にて、取材させていただいた記事をご紹介します。

第二特集「スピリチャルサロン&グッヅ」の”五感を通じて心に響くスピリチャル・セラピー”(P82)では、ファムドゥスリール:中山久留美さんを取材させていただきました。

本文は、BABジャパンさんの「セラピスト」にてお楽しみくださいネ☆
以下は、本文以外のご紹介です。

中山さんは、アロマセラピーを始め、オーラソーマ、フラワーエッセンス、ホメオパシーなど、スピリチャルヒーリングの王道ともいえるセラピーを組みあせて提案しています。

外見はほっそりしていて美しい妖精のようなイメージですが、私の通うホメオパシーの学校の日本校の副代表を勤めていらっしゃることからもわかるように、芯のある素敵な女性です。

さて、今回の取材では、中山さんのサロンで人気の高いパーソナルコンサルテーションをプチ体験させていただきました。

パーソナルコンサルテーションは、オーラソーマを中心に、フラワーエッセンス、数秘術、ネィティブアメリカンの教えを組み合わせた、ここでしか体験できないオリジナルメニュー。

カラーボトルを直感で選んでもらった後、コンサルテーションを行いながら、クライアントの希望や問題を明確にしていき、必要なセラピーをその時の状態に合わせて提案してくれます。

オーラソーマは、眺めているだけで吸い込まれそうになるほどに美しいボトルを4本選び出します。考えるとすごく悩んでしまうので、直感で選ぶのがポイント☆

ボトルの色は上下2色に分かれていて、それぞれが固有の名前と意味を持ち、私たちにメッセージを教えてくれるのですが、オーラソーマのプラクティショナーはもちろんその100種類以上もあるボトルの色と個性を覚えています。

直感で選んだ4本のボトルは、それぞれ順番に意味があります。

1本目=「魂のボトル」
2本目=「チャレンジとギフトのボトル」
3本目=「現在のボトル」
4本目=「未来のボトル」

クライアントがオーラソーマを受けた時点での、過去から未来というように、その人の人生として捉えることもできますし、短いスパン(例えば1~6ヶ月毎)にオーラソーマで自分の状態を確認することもできます。

さて、このときのプチ体験で私が選んだボトルは、

1本目:ボトルNO.092:コーラル/オリーブグリーン

     ボトルの名前:Gretel(as in Hansel and Gretel)(グレーテル) 

2本目:ボトルNO.054:クリアー/クリアー
     ボトルの名前:Serapis Bey (セラピス・ベイ)

3本目:ボトルNO.049:エメラルドグリーン/ペールグリーン 

     ボトルの名前:New Messenger (新たなる伝達者) 

4本目:ボトルNO.092:コーラル/オリーブグリーン

     ボトルの名前:Djwal Khul & Hilarion(ジュワルクール&ヒラリオン)

でした。

中山さんの解説の中に、思い当たる節々が沢山あり、オーラソーマもやっぱりすごいとつくづく思いました☆

ちなみに、取材したのは11月の終わり。

今もう一度選んでみると、違うボトルを選ぶ自分がいて、また新たなテーマを感じています。このように、客観的に自分の状態を見るツールとしても、オーラソーマはおすすめです。新たな扉を開いてくれるセラピーであるとも思います。

オーラリーディングの体験ができるVOICEのサイトもおすすめです☆

次回は他のヘンプオイルについてご紹介してまいります。

自然療法のオススメ本
 
→セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

アンジェのホリスティックセラピールーム
 ↑SHINOBUの施術はこちらでお受けいただけます

|

« 「セラピスト」Vol.35 ホメオパシー健康フォーラムレポート | トップページ | 「セラピスト」Vol.35 ヘンプオイル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「セラピスト」Vol.35 五感を通じて心に響くスピリチャル・セラピー:

« 「セラピスト」Vol.35 ホメオパシー健康フォーラムレポート | トップページ | 「セラピスト」Vol.35 ヘンプオイル »