クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月26日 (土)

スラヴィックマッサージ

Top_img 今回は、雑誌「アロマトピア」のno.87にて取材させていただいたスラヴィックマッサージをご紹介します。

スラヴィックマッサージは、アロマテラピーの伝道師であるヤン・クズミレク氏が、現代スパのメニューとして再構築した技術。氏は、フレグラントアース社創始者、薬草療法士、アロマセラピスト、調香師として世界中で活躍しています。

私は、この取材を通して、ただただ純粋に、「アロマテラピートリートメントの素晴しさ」を再認識させてもらいました。

ヤン氏が構築した「五感+α」のスラヴィックマッサージは、「身体の状態」を知覚できるのはもちろんのこと、「感情の開放」や「気付きを促す」要素がたっぷり詰まっています。

このスラヴィックマッサージ、以外にもへのトリートメントが始まりだったといいます。
そのため、頭部からつま先まで(馬の場合はタテガミから蹄まで)のロングストロークが特徴。

人間と馬がどれだけ密接な生活を送っていたか、私には想像もつきませんが、人間と動物は、いかに協力してお互いを尊重しあっていたかという概念に触れることができました。

本来、トリートメントは、言葉を超えたコミュニケーションであり、ボディタッチを通して、施し手と受け手を結ぶ役割も果たしています。つまり、言葉という手段のコミュニケーションに頼らなくても、心が通じ合うことは可能であることを示唆しています。

現代の物質社会は、言葉の表現や意味にこだわる傾向がありますが、本当は、言葉はとてもあいまいなものです。

もちろん言った本人は嘘をついたつもりではありません。
ただ、一晩寝て、魂が成長すれば、過去に自分の口からでた言葉やメールの内容が間違っていたことに気付いたり、言い足りなかった、とか、逆に言い過ぎた、とか思うものなのです。(病んでいる状態では正しい判断ができないかもしれないので、注意が必要ですが)

アロマテラピーに限らずあらゆるボディトリートメントは、そういう言葉の影響を解き放ち、本来の自分と向き合う手助けをしてくれます。

身体とエネルギー(気や魂とも言うかもしれません)は、私たちが思う以上に、とっても素直ですから、どうぞ自分と向き合う時間を、自分のために定期的に時間を作ってあげてくださいネ☆

ココナッツのブレンドオイルを温めて、ロングストロークを思う存分楽しめるこのスラヴィックマッサージは、スパならでなの至福の時間を過ごせるコース。

一度体験してみると、また違ったアロマテラピートリートメントが見えてくることと思います。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2008年4月22日 (火)

「セラピスト」Vol.36 Dr.hauschka

Hauschka 更新がすっかり遅くなってしまいました☆
桜も散って新緑のまぶしい季節ですがいかがお過ごしですか??

春は、木の芽と同じように、人間の身体にも出物腫れ物が多い時期。

そんなときは、慌ててお薬を塗って症状を変えたり押し込んだりするのではなく、肌の状態を客観的に観察して、できるだけ「出す」ことです。速やかに出し切ってあげることで体内の毒素は、お肌を通して出ていきます☆

解毒という肌の大事な役割を、もっともっと上手に活かしてあげて下さいネ!
吹き出物が消えた後は、より美人に見えますよ(笑w笑)
肌は、私たちが知っている以上に、さまざまな情報を処理してくれる器官ですから、大事に大事に扱いましょうshine

さて、ひき続き、雑誌「セラピスト」(BABジャパン)の4月号(Vol.36)からのご紹介です。

今回は、連載シリーズ「セラピストが選ぶ自然派コスメ」にて、Dr.hauschka(ドクターハウシュカ)を使っているサロンとして、SHINOBUの勤務しているサロンを取材をしていただきました。

Dr.hauschkaについて、セラピストの立場からの思いが綴られているので、どうぞ本文でお楽しみくださいね!

私の場合、Dr.hauschkaとの出会いは、ヨーロッパでの旅行。

ドイツでテスターの商品を購入したのですが、ドイツ語の文字がわかるはずもなく、ただ何となくいいなーという印象でした。(自然派コスメの中でも高級で、テスターしか買えなかったんです。。)

帰国してから、日本にも取り扱いがあることを知り、Dr.hauschkaについて知れば知るほど、好きになり、ホメオパシーに継ぐ「惚れたheart04弱みcatface」を感じるアイテムとなりました。

原料となる植物は、オーガニックやバイオダイナミックで育てられているだけでなく、錬金術&ホメオパシーの恩恵が満載の商品☆

Dr.hauschkaを作っているWALA社は、ドイツの南Eckwaldenにあるそうなので、いつか訪れてみたいな~。

最後に、この「自然派コスメ」シリーズは、いつもは取材&執筆する側なので、今回は取材していただいてちょっと不思議な感じ&とっても嬉しかったです☆
関係者のみなみなさま、本当に有り難うございました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

自然療法のオススメ本
 
→セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

アンジェのホリスティックセラピールーム
 ↑SHINOBUの施術はこちらでお受けいただけます

2008年4月 8日 (火)

「セラピスト」Vol.36 セラピスト交流会

Fd3f86efs ひき続き、雑誌「セラピスト」(BABジャパン)の4月号(Vol.36)にて、取材させていただいた記事の関連情報をご紹介します。

今号では、現役セラピストが体験した「セラピスト交流会」の取材記事を担当させていただきました。

働くサロンや形態にもよりますが、セラピストという仕事は、クライアントと一対一で過ごし、特に個人サロンともなると孤独なことも多いものです。

今回は、個人サロンを営むセラピストやフリーのセラピストが集まる二つの交流会に取材として参加させていただきました☆

現役で活躍しているセラピスト関連の仕事をしている方々との情報交換は、サロン現場での悩みや問題も含め、普段は人に相談できないことを本音で語り合うことのできる貴重な会。

取材とはいえ、交流会を通して共有した時間は、多くの刺激と勇気をいただけるかけがえのない時間になりました。(詳しくは本文でお楽しみくださいね♪)

このような交流会は、セラピストのニーズが高まるにつれ、増えてきました☆

他にも沢山あるかと思いますが、私が参加したことのある交流会をご紹介します。

●毎月、現役セラピスト同士の有意義な情報交換が交わされるWellBeing主宰のJOINUS勉強会

●セラピストでもありマインド・ビューティー・パートナーとしても多方面でご活躍の梅川春香さん主宰のセラピスト交流会(写真はアリエッタさんのブログからお借りしました)

セラピストとエステティシャンのためのさまざまなジャンルで有意義な勉強会兼交流会を主宰してくれるエセラ

●経営や集客を中心に、セラピストが主体的に参加する交流会や勉強会を主宰してくれるセラピスト倶楽部

などなど。

今まで、交流会に参加したことは度々あるものの、今回記事にすることで、改めて最新の情報や旬の情報は、自らが参加して得られるものだとつくづく実感しました。

どうぞ、皆さまも自分のために&クライアントのために、交流会に参加しましょう!

皆さまに会えるのが今からとっても楽しみです☆

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2008年4月 2日 (水)

「セラピスト」Vol.36 バリエステ

Zou 雑誌「セラピスト」(BABジャパン)の4月号(Vol.36)にて、取材させていただいた記事の関連情報をご紹介します。

今回の第一特集は「生かせる!学べる!アジアの伝統療法」。
ここでは、バリエステの第一人者である川口かおりさんに取材をさせていただきました☆

川口さんは以前にもご縁があって取材させていただいたことがあるのですが、立居振る舞い、話し方、考え方、雰囲気含め、お手本にしたいセラピストさんの一人です。

エステティシャンとしてこの業界に入ったということでキャリアも長く、プロフェッショナル意識も高い。

そして、マンションの一室とは思えない、バリ島的に演出されたインテリアは、インドネシアから取り寄せたというこだわりよう。訪れたのは二回目でしたが、本当にバリ島にいるような気分にもなるし、「バリに行きたい~~」と心から切なくなってしまうような空間なんです。

自身の勉強のために訪れたバリ島で受けた施術に感動し、日本に戻ってきてから辞書一冊を片手にインドネシアに留学したというエピソードは、お話を聞いるこっちがワクワクしちゃいました。

バリエステは、川口さんの造語で、バリの伝統技術を中心にアジアの伝統療法とエステティックの技術を融合させた技術。川口さんは、そのバリエステをサロンで提供する他、スクールを開いています。

スクールは先生選びが大切だと思いますが、川口さんはセラピストとしても現場に携わり、高い目的と使命感を持って取り組んでいらっしゃる、おすすめしたい先生です☆

「自らが肌を美しく保ち健康的であることを実践すること」
「女性が生まれつき持っている奉仕の心や気遣いを活かせるのがセラピストの仕事」
「伝統療法は、技術だけではなく、その国の文化や精神も併せて身につける必要がある」

などなど、、本文には川口さんの経験や参考になる情報が満載です。

私自身、川口さんのお話を伺う度に、いろいろと刺激を受けました。
川口さん、貴重なお話をありがとうございましたm(_ _)m

ちなみに、サロンの予約は早めの方がよさそうですよ~☆
私も通いたいおすすめのサロンです♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »