クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 幸せなお産が日本を変える | トップページ | ドイツにおける植物療法2008 in 東京(調布) »

2008年7月18日 (金)

夏はやっぱり「麻」!

Koeh026 今年から、食事や衣、お仕事などいろいろな面でお世話になっている麻。

今回は、麻の素材を使って化粧品を作っているシャンプルさんが、今秋9月末、新規にオープンする予定のサロン、シャンブル・オリエンタルフィトセラピーサロンでセラピストさんを募集中とのことで、ご案内します。

・場所は、「吉祥寺駅 徒歩5分 (パルコ近く)」
・コンセプトは、「東洋の美」

といっても、決して「和・アジアン・バリ」風ではなく、西洋と東洋が融合した空間で、日本やアジアの商材をメインに使用しますが、一般的な精油やハーブももちろん使用します。

フルタイムで入れるチーフセラピストを募集中とのことです。
興味のある方は、シャンプルさんに直接連絡をとってみてくださいませ。

私事ですが、先日、お風呂用のちょっとごわごわした100%麻素材のボディタオルを見つけたので、早速購入してみました。

オーガニックコットンと同じように、シャンプーなしでもいけるかな?
と思い、この麻のリネンだけで頭皮も洗ってみました。

綿のようなしっとりとした洗い上がりにはならなかったのですが、頭皮がすっきりして爽やかに仕上がりました★もちろん、痒くならないです。皆さんもお試しあれ。

さて、麻についてですが、

先日発売された「セラピスト」(BABジャパン)の6月号(Vol.37)にて、
「古くて新しい注目の植物 麻をセラピーに取り入れよう!」(P156)
で紹介していただきました。

読んでいただいた方、感想お待ちしています♪
さて、本文では日本では、縄文時代から活用されていたことがわかっているのに、国産を見かけることがほとんどなくなってしまったのはなぜか・・。についても触れています。

この記事、個人的に読んでほしい方がいて(麻をはじめいつもいろいろなメッセージをくれる方なんです)、渾身の力をふりしぼって(毎度のことではありますが・・)書いたのですが、実際には、思いは届かなかったよう・・。

まだまだ左脳が強く出ていると鋭いアドバイスをいただき、執筆能力の改善がまだまだ必要!と肝を命じた次第です(><)。

ところで、麻のつく漢字って、麻雀、麻疹、麻酔、麻痺、麻夏、、いろいろありますね(一個だけ造語がありますよ・w・)。
なぜ、麻がつくのかを考察するのも楽しい「古の植物への旅」になるかもしれません★

写真は、wikipediaのサイトからお借りしました。

自然療法のオススメ本
 →セラピスト必読のオススメ本を紹介しています☆

アンジェのホリスティックセラピールーム
 ↑SHINOBUの施術はこちらでお受けいただけます

« 幸せなお産が日本を変える | トップページ | ドイツにおける植物療法2008 in 東京(調布) »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せなお産が日本を変える | トップページ | ドイツにおける植物療法2008 in 東京(調布) »