« ホメオパス森本千佳さんとかんなびと九重さん | トップページ | 月経美心 in ホロトロピック・ネットワーク 札幌  »

2009年5月 3日 (日)

第22回 2009アースデイin調布(5/9)

Lps01 第22回 2009アースデイin調布

2009年のテーマは、 

続・『食の未来』 -たいせつにしよう。私と生きものと地球-

日時: 5月9日(土) 10時~16時
場所: 調布市庁舎前広場


食の問題は、「生きること」に直結しています。

私たちの血となり骨となり肉となる草花や動物を育んでくれる地球のことを考え、食の安全を、もう一度足元から見直してみませんか?

今年の上映予定作品は「ぶんぶん通信vol1」。鎌仲ひとみ監督のトークもあるそうです、楽しみですね★

「ぶんぶん通信vol1」、多くの方に観てほしい内容です。

山口県祝島に1000年も続く神舞。そこに、原発建設予定がある一方、脱石油を実現しているスウエーデンでは、ナチュラルステップの取組が行われており、原発がいかに古い思想であり、一部の権力者のためだけの発想である事実を明白にさらします。

ドキュメンタリーを拝見して、印象に残ったシーンを要約して紹介します。

・1000年間、神舞を守り続けた日本文化の尊さは、農業、漁業が生業として存続し続けたからこそ。自然の恵みに心から感謝して、4年に一度、供物を備えるため、また、島民の心を一つにするために、伝統が守られてきたのです。

・神舞では、誰かがやらせるのでも、無理やりやるのでもなく、自然に育まれて毎日を営む者すべてが、自らの意思で、自らの役割を認識し、事にあたります。

・そこに、現れた問題が、原発建設に伴う環境破壊の危機。

・原発建設が実現したとして、いったい誰が喜ぶのか?
島民はもちろんのこと、その海域の恵みを受けているすべての生き物が危機にさらされるだけではなく、私たちのご先祖様が預かってきた土地の生命を奪うことになります。

・電力会社を選ぶ自由が未だ日本にはない現実があります。自分たちだけの利権の通りに、コントロールする体制は、銀行、保険、石油に限られていません。この利権者は、もはや陰謀説でも都市伝説でもなく、毎日メディアに流れている、戦争を仕掛けたい人たちや、社員のことはお構いなしに自分たちだけは利益を得ることが当然だと教えられているいわゆるエリートといわれる人たちのことです。

(彼らは彼らの悲しき運命の中で、「自分たちの利権を守るよう」、育てられたのでしょう。庶民の立場に立って、自然と共に生きる生活を体験し、一緒に情緒を共感し合える機会があれば、きっと彼らも血の通った人間になると私は信じていますが、甘いでしょうか・・)

※私たちは、公の大義名分の下、教育・メディアにいかにコントロールされているかを理解することも大事だと思います。「ないよりはあった方がいい」、そうとばかりも言えない問題が浮上してきています。(時代劇で露呈する問題を、私たちも変わらることなく持っているこの事実を、諦めたり馬鹿にすることなく、直視しなきゃいけないのです)。
ゴッドファーザーの生みの親、黒澤監督の「悪い奴ほどよく眠る」は脈々と続く体制です。
以下は参考文献です。

誰も知らない 世界と日本のまちがい 自由と国家と資本主義 (春秋社)
医療殺戮(歴史修正学会)
竜であり蛇であるわれらが神々(デイビット・アイク著)(徳間書店)

・スウェーデンでは、市民が、配給先の電力会社を利用者の意思で選択できる仕組みが整っています。

・また、スウェーデンでスタートした「ナチュラルステップ」は、科学の法則を基にした「持続可能な社会の条件」(4つのシステム条件)を明確に定義。 持続可能な社会においては、

1. 自然の中で地殻から掘り出した物質の濃度が増え続けない。
2. 自然の中で人間社会が作り出した物質の濃度が増え続けない。
3. 自然が物理的な方法で劣化しない。
4. 人々が自からの基本的ニーズを満たそうとする行動を妨げる状況を作り出してはならない

という4つのビジョンを掲げ、より効率的な対策を立案するための取組を行っています。

紹介が長くなってしまいましたが、私たち日本人は、江戸時代、完全に近い循環社会を実現していました。

それが今や、遠く離れたスウェーデンの取組を参考にしなければならないのです。江戸時代の記憶がまだそう遠くない、昭和の私たちが、日本古来の文化を現代風に蘇らせる役割を担う必要があるのかもしれません。

「日本をもう一度江戸時代に戻そう!」
または、江戸しぐさ関連の本も大変勉強になります。
それと、時代劇関連の小道具や建物は、本当に素晴らしい知恵が満載です。
でも、、最近のはだめですね、きれいすぎます。ちょっと前の世代の小道具にもこだわりの強い監督さんたちの作品をお勧めします。

さて、私たちは、5/9はアロマハンドトリートメント、ハーブコーディアルの試飲、布ナプキン、自然派化粧品「Dr.Hauschka」、オーガニックコットンタオル「ふらそら」をご紹介する予定です。

他にも、おいしい屋台やミュージシャンの楽しいライブもあるので、お散歩がてらお気軽にいらして下さいね。

「地球を考える日」として、当日はお皿・カップ・お箸などを持ってきてくださいな。出来ることからひとつづつ,みんなで何かをはじめましょう! そして毎日があなたにとってのアースデイになりますように。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

|

« ホメオパス森本千佳さんとかんなびと九重さん | トップページ | 月経美心 in ホロトロピック・ネットワーク 札幌  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホメオパス森本千佳さんとかんなびと九重さん | トップページ | 月経美心 in ホロトロピック・ネットワーク 札幌  »