« 第五回ハーネマン・フォーラム「岩田明子さんに聞くバッチのフラワーエッセンス」 | トップページ | ジャック・ブラックバーン氏のThe Power of Touch »

2009年5月18日 (月)

「春秋」2009年5月号にご紹介いただきました

360483 音楽の楽譜をはじめ、仏陀やヨガ、その他ホメオパシーや自然療法などの普遍的価値の高い本を出版されている春秋社

その春秋社さんのPR誌「春秋」2009年5月号に、
「自然療法、興味から確信へ ~ホメオパシー体験を通して」
と題した文書をご紹介いただきました。

錚錚たる作家さんや学者さんが並ぶ「春秋」の月刊誌。そこに並んだだけでも恐れ多いことでしたが、貴重な体験となりました。いろいろとご指導&ご協力いただいた編集担当の方々、本当に有り難うございました。

今回は、久しぶりの専門誌外への投稿依頼ということもあり、書き直すこと10回以上。
私にとっては、文書作りがこんなに大変だと、改めて学ぶちょっと苦い文書作りとなりました。

すでに読んでいただいた方には、色々な感想をいただき、有り難うございました。
大きな書店には、まだ置いてあるかもしれないので、まだの方にも手に取ってもらえるとありがたいです。

さて、春秋社さんのご紹介ですが、
アンドルーワイル博士 の「ナチュラル・メディスン」をはじめ、
ブッダの瞑想法野口整体 病むことは力アーユルヴェーダ健康法ヨーガ・セラピーなどなど、ホリスティック医療関連のベストセラーが並ぶだけでなく、帯津良一先生やホメオパシー関連の本も出ています。

私の手元にも、執筆に必要な貴重な情報が詰まっている本として揃っていますが、最近ハマったのが、アロマテラピストであり、ハーバルアストロロジー研究家の岸さんに紹介してもらった「からだは星でできている 」。

「137億年前に始まった宇宙の光が、私たち一人ひとりの中に、今も輝いている・・」

ああ、だから、私たちは宇宙や恐竜といった過去の潜在的な記憶に心がときめくのだと、妙に納得しました(w)。

もうひとつ、まだ読破できていないのですが、「土壌の神秘 」は、シュタイナーやシュタイナー農法のほか、トウモロコシに歌いかけるホピの古老、有機農法、ソニック・ブルーム、宇宙栽培、生命力動農法有機栽培の詳しい、しかもわくわくするような記述が盛りだくさん。大槻慎一郎先生も、何度も読み直したとおっしゃっておりました。

「植物をもっと身近に感じたい!」という欲求を満たしてくれる読みどころ満載の作品です。

本というものは、一度読めば終わりではなく、代代にわたって読み継がれてこそが本。

読み返す度に、違うメッセージをもって常に優しく語りかけてくれる本にも、心から感謝します。みなさまも不朽の名作にぜひ出会ったらぜひ教えてくださいね!

SHINOBUのホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピーは体・心・魂を癒す自然療法のひとつです
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力のUPを促す
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。  

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

|

« 第五回ハーネマン・フォーラム「岩田明子さんに聞くバッチのフラワーエッセンス」 | トップページ | ジャック・ブラックバーン氏のThe Power of Touch »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「からだは星から出来ている」
とても、面白かったです。ブログにも
この本の感想を載せました。きっと、なんども
振り返り、読む本の一つになると思います。
本当にいい本をご紹介いただきありがとうござ
いました。やっと、思考の限界が大気圏を突破
できました。

そして、今、シュタイナーの本にはまっています。以前から、シュタイナーのことは知っていた
のですが、「からだは星から出来ている」を
読んでから、素直な気持ちで読めるようになり
ました。今、とても楽しいです。
今読んでいるのは「星と人間」です。

 自然律療法を提唱し、確立しようと、一生懸命
トンネルを掘っていたら、反対側からシュタイナーがトンネルを掘って迎えにきてくれた。
そんな心境です。

 以前の私なら、シュタイナーの本を1ページ
読んだだけで、閉じていたと思います。今は
染み入るように、頭に入ってきます。とても
よくわかります。しばらく、シュタイナーの旅
を続けようと思います。これが終われば
きっと、大槻先生に吉報をご報告できると
思います。

 

投稿: 風楽 | 2009年5月20日 (水) 20:54

風楽さん

コメント有り難うございました!

シュタイナーの本ですか、素晴らしいですね。

私も、夏にDr.Hauschkaの向上に行くにあたり、シュタイナー農法の本を読んでいますが、本当に、以前の私なら、ページをめくる度にすやすやと(笑w笑)していたことと思います。
とはいえ、今もぐっと眠くなってしまうこともありますが。
それにしても、心がときめく本に出会えるのは幸せですね♪
またいろいろと情報交換をお願いします。

投稿: SHINOBU | 2009年6月 2日 (火) 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第五回ハーネマン・フォーラム「岩田明子さんに聞くバッチのフラワーエッセンス」 | トップページ | ジャック・ブラックバーン氏のThe Power of Touch »