クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 愛しの「風呂敷王子」 | トップページ | 7月ハーネマン・フォーラムのお知らせ「作家・伴梨香さんとの茶話会」 »

2009年6月22日 (月)

寄居のエキナセア祭(2009/7/11~12)

080815echinaceaflag2 エキナセア、といえば、メディカルハーブの王様とも言える、免疫力を高めるNo.1ハーブ。

このエキナセアの効果を体感して、ハーブの世界に入る人はたくさんいます。
私も、最近毎度のことですが(笑w笑)例にもれずの一人です♪

さて、このエキナセア、なんと!埼玉県大里郡寄居で、10年も前から栽培に取り組んでいる方がいらっしゃったのです。商品として手に入る、エキナセアのお茶も、とってもおいしかったです。お茶にも似た香りは単品でも十分おいしいですが、フレッシュミントと合わせると、また違った爽やかなお味になりました☆

そして、この夏は、第三回目となる「寄居 エキナセア祭」が2009/7/11~12に開催されます!

参考URL

エキナセアには、個人的にも風邪をひきそうな時、免疫が下がっている時にたくさん助けてもらったので、こんなに身近に逞しく育っていることに感激しました。

もともとは、先日、埼玉の秩父ミューズパーク薬用植物園「2009初夏の薬用植物に親しむ会」にお招きいただいた際の御縁。関係者の皆様方にも心よりお礼申し上げます。

寄居エキナセアの育ての親は、健康活性農場の渡辺秀之さん。
この道40年という大ベテランの渡辺さんは、現在、ミルクシスルやネトルなどハーブの代表ともいえる植物も育てています。

エキナセアの育つ大地は、もともと、養蚕で盛んだった寄居の桑畑を利用したもの。
桑の木は、お蚕様がいただく葉っぱなので、農薬が使えず、(お蚕様は農薬に弱いのですぐに死んでしまうそうです)、土壌は汚染されていない状態で維持されていました。

キク科のエキナセアは、生命力も強く、完全無農薬で栽培することができたそうです。


植物は土壌条件に適合しなければ、有効成分を得ることは
できません。私ども、健康活性農場では、エキナセア以外の
野菜や果物についてもビタミン、ミネラル、抗酸化物質など
含有量の多い活性作物を研究開発中です。

と渡辺さん。

道具や薬に頼るばかりではなく、植物の持つ力を最大限に引き出すことが、農業の仕事なのですね。

まだ読破していないのに紹介するのもおこがましですが、トウモロコシに歌いかけるホピの古老、シュタイナー農法、生命力動農法…。異例のエコロジー思想が具体的農業実践の中で力強く生き抜かれている「土壌と人間の現場」に迫る「土壌の神秘―ガイアを癒す人びと 」も宇宙の神秘と農業の素晴らしさを体感できる1冊です。

エキナセア祭り、、私は今年は予定があって参加できそうにないのですが、行ける方はぜひ足を運んでくださいね。渡辺さんのお話も聞ける機会があるそうです♪

そして、幸運にも足を運べた方はぜひ、写真をみせてください(/ ^^)/

SHINOBUのホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピーは体・心・魂を癒す自然療法のひとつです
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力のUPを促す
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。  

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 愛しの「風呂敷王子」 | トップページ | 7月ハーネマン・フォーラムのお知らせ「作家・伴梨香さんとの茶話会」 »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛しの「風呂敷王子」 | トップページ | 7月ハーネマン・フォーラムのお知らせ「作家・伴梨香さんとの茶話会」 »