« ハンモックセラピーと骨盤底筋群 | トップページ | moi-meme アロマのお話しとシャンソンで過ごす金曜日の夜 »

2009年9月25日 (金)

大槻真一郎先生 「錬金術を語る」2009

Image おかげさまで、10月は第八回目となるハーネマン・フォーラムとなりました。

今年も、大槻真一郎先生にお願いできることになりました!これも皆様のおかげです、本当にありがとうございます

今年のテーマは、「パラケルスス、ハーネマンの哲学」でお願いしています。(写真は上がパラケルスス、したがハーネマンとの念願の(笑w笑)ツーショットです。

(,,,あの、このブログを観てくださった方だけへのネタになりますが、友人から、どうしてそんなに、おじさんとばっかりのショットなのにいつも楽しそうなの?という質問を、割と頻繁に同性からいただきます。一般的に、理解していただくのは難しい答えになるのですが、それは、私も、おやじ系だからであり、女性を支援する仕事に携わることが、天命だからなのですが、、、わかってもらえそうになければ、当日語説召します(笑w笑))

若輩者の私が述べるのは恐れ多くもありますが、この世に生まれてきた使命を持つ大槻先生の講演を、(その経歴においては、私など足元にも、、、爪垢にも及びませんが)、古典ラテン語、古典ドイツ語の造詣が深い大槻先生。

テーマに縛られず、自由に語る先生の姿が予期できるのは、私だけではないはず。
大槻先生の奥深いお話が今から楽しみですネ!

そして、とても嬉しいニュースをいただきました!!

ハーネマンの名著であるオルガノン第二版 が出版されました。

まだまだ一般には知られていないホメオパシー医学ですが、このオルガノンは約170年前にしたためられた文献で、医学、医師の心得、患者の心得についても述べられています。

ハーネマンは、

「薬の効果とそれを使った患者がどのように治癒したのかについて問診し、記録をし始めた初めての医師でもあります」

と、夏に訪れたロベルトボッシュ財団の講義でも教えてもらいました。

そういう意味では、西洋の医学史においても役割が大きいのですが、それがあまりに知られていないのは不思議ですね。
医療殺戮」や「竜であり蛇であるわれらが神々」の読者なら、違和感がないかもしれませんが・・、。

ちなみに、石油王系の財をなしたロベルト・ボッシュ氏も、ホメオパシーのような素晴らしい医学がなぜマイノリティなのかを疑問に思い、財団で医学歴史研究所を設立したということでした。
ホメオパシー医学の情報共有に貢献しているような施設が、ホメオパシーのマイノリティ度を認めている事実を確認できただけでも、私には感激の出来事だったのですが・・。

さて、今年の大槻真一郎先生の 「錬金術を語る」2009は、交流会の時間もあらかじめ用意しました。お時間の許す方は、ぜひ横のつながりの時間にもご活用くださいね!

大槻真一郎先生 ←関連の書物はこちらからCHECK!

先生が携わった本を拝見すると、つくづく素晴らしいお仕事に取り組んでいらっしゃっていると尊敬の念がやみません。大槻先生は、これらの魂の錬金術の仕事を引き継いでくれる次世代を応援してくれています。
私たち一人一人に与えられた使命を見つめなおす機会にもなれば幸いです。

日時:10/15(木)

 第一部 14:00~17:00
   「パラケルスス、ハーネマンの哲学」 (定員30名)
   参加費2000円(当日3000円)

 第二部 交流会17:30~ 
   交流会参加費5000円 (定員20名)

場所:

 第一部: アットジビネスセンター池袋駅前
   東京都豊島区東池袋1‐3‐5 伊藤ビル10F(1FはHSBC銀行)
   池袋駅34番出口を出て目の前。

 第二部: 会員制居場所DaDa倶楽部
   (第一部会場から徒歩約10分、参加者の方にお知らせします)

申込方法:

 どちらの参加が希望かを記載の上、下記のメールにお申し込みください。
 メール:kupukupu@@air.nifty.jp※@を一つ外してメールください

※メールまたは電話でお申込みいただいた後、当日の参加費を下記の口座に入金頂いてお席の確保となります。

※必ずご連絡くださいませ

■振込先:みずほ銀行 成城支店 普通 1108129

 口座名義:クプクプ 樋渡志のぶ

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

9/16、ひもろぎ庵・下山田吉成さんのご協力のもと開催された第七回ハーネマン・フォーラムは無事終了いたしました。ご参加&ご協力いただいた皆様、有り難うございました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

|

« ハンモックセラピーと骨盤底筋群 | トップページ | moi-meme アロマのお話しとシャンソンで過ごす金曜日の夜 »

コメント

http://sites.google.com/site/harutaclinic/
に「錬金術と色彩」というタイトルの
ファイルを掲載しました。
(一年前に作成したものです。)
大槻先生にいただいている宿題
「色彩と錬金術」には程遠いです。

あれから、随分と色彩については
研究し、臨床の現場で検証も重ねて
きました。

 それでも、惑星を関連付けてゆくのは
無理があるのではないかと思います。
解決のためには無機物に対する理解を
もっと深める必要があるのだと思いますが
道のりは長いようです。

しかし、この試行錯誤のおかげで
私の提唱する「自然律療法」は随分
刺激を受け、進化しました。
いつか、惑星にたどり着くときが
来るのかもしれません。

投稿: 風楽 | 2009年10月 6日 (火) 22:10

風楽さま

コメント有り難うございました。
すごいボリュームですね!!

来週のハーネマン・フォーラムで、印刷したものを皆さんに閲覧できるよう、用意しておきます!!

アロマテラピーの考察など、奥が深くて、読み込むのに時間がかかってしまいそうですが、拝見させていただきます。

私は、錬金術の難しいテーマに触れて文書を書くのは困難とあきらめ、魂の黄金に出会うことをテーマに、書き進めていくことにします!!ともに試行錯誤しながら進んでいけたら幸いです。

とても参考になりそうな貴重な資料のUPDATEを有り難うございました★

投稿: SHINOBU | 2009年10月 7日 (水) 14:06

色彩と錬金術についてですが、
http://nalcure.blog77.fc2.com/blog-entry-67.html
に掲載した「Color compass と ミクロコスモス」
が現時点での答えです。
アーユルヴェーダと陰陽五行の両者の
要素を踏まえ、臨床のデータ、症状から
得られた、一つの結論です。
それぞれの8つの要素は真ん中の
Color compass の8つの色と対応します。
よろしければ、一度、ご覧ください。

投稿: 風楽 | 2010年3月 1日 (月) 22:18

風楽さん

コメント有り難うございました!!
執筆捗っているようで羨ましいです。私は他の書籍を手掛け始め、自分のは全く止まっております。

サイト拝見させていただきました、わかりやすくまとまっていると思います。ただ私は勉強不足で、直接解説を伺えたらより立体的に理解できるのに、、と思いました★

さて、おりしもタイミング良く、「花と錬金術」を出されている東昭史さまから、情報をいただきました。関連がありそうなのでご紹介させていただきますね!


思想史家の平井浩博士による
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/9866/
論文集『ミクロコスモス』出版のご案内です。

この本には、ルネサンスの錬金術や神秘思想、宇宙論など、
平井博士を含め、若き気鋭の研究者たちによる、
興味深い論文が多数収録されています。
おそらく目次を見ただけで、思わず手に取りたくなるのではないでしょうか。
http://getsuyosha.jp/kikan/microcosmos01.html

その他、詳細につきましては、専用ブログも合わせてご覧ください。
http://d.hatena.ne.jp/microcosmos2010/

Amazon では予約注文が殺到したこともあって、
だいぶ発送が遅れているようです。
近くの大型書店をお探しになった方が、
あるいは早く入手できるかもしれません。

以上です。
お役にたたればうれしいです。

投稿: SHINOBU | 2010年3月 3日 (水) 08:53

いつも貴重な情報ありがとうございます。
さっそく手に入れてみます。
私の書籍のほうは、自費出版なので
結構たいへんです。(出費のほうが)
でも、そのうち世間に認知していた
だけるものに、進化してゆければ
と思っています。

投稿: 風楽 | 2010年3月 3日 (水) 20:09

風楽さん

コメント有り難うございました。
自費出版だからこその貴重な本も世の中にはたくさんあると思います。
次の代も、またその次の代も大事にしてくれる本になるのではないでしょうか
情報がお役にたてれば幸いです。

投稿: SHINOBU | 2010年3月 3日 (水) 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンモックセラピーと骨盤底筋群 | トップページ | moi-meme アロマのお話しとシャンソンで過ごす金曜日の夜 »