クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« アロマテラピーサロン「クプクプ」が本OPENしました | トップページ | チームhonokaより無添加コスメ「ナチュアロ」誕生!!! »

2009年9月 7日 (月)

シュタイナー医学と皮膚

Anremedy 先日、ルドルフ・シュタイナーに関するセミナーや情報発信などに取り組んでいる、「フォーラム・スリー」さんのセミナーに参加してまいりました。

テーマは、

リューダー・ヤッヘンス医師一般向講演会
「皮膚を通して子どもの健康を考える」
── 教育、医療、企業の共同作業に向けて ──

アトピー性皮膚炎と花粉症のお話を主に伺うことができました。

シュタイナー医学は、アントロポゾフィー医学と呼ばれていて、その奥の深さゆえ、私も文面でひとことで紹介することができませんが、ドイツをはじめとしたEU諸国では、薬局などで誰でもが普通に購入することができます。

それらの医薬品を作っている会社は、WALA社(Dr.Hauschkaの製造元)やWELEDA社です。

日本では、お化粧品しか購入することができないのですが、本国ドイツでは、これらの会社は、アントロポゾフィーやメディカルハーブの製薬会社としても知られています。もちろん、ホメオパシーやハーブと同様、自然治癒力の働きを助け、症状を改善することのできる薬です。

さて、セミナーの内容で印象に残った内容を要約してお伝えします。

「内にたまった感情をうまく吐き出せないとき、皮膚を通して蕁麻疹や湿疹が出ることがある」

「肌は、月と同じリズムで再生し、光を吸収する役割を果たしている」

「アトピー性皮膚炎にかかりやすい人々の傾向として、神経系が過敏であり、外の影響に目覚めている人が多い(外部の情報に敏感であらゆる情報をキャッチしやすい、という意味で私は理解しました)」

皮膚は、脳、神経と同じで、自立して情報処理を行い、外部に的確に対応できる賢い臓器なのです。

出ている症状を、無理に抑えたりすることは、できる限り避けたいものですね。

皮膚という臓器がどれだけすごい器官なのかを理解するためにお勧めの本はこちらです。出たばかりです、ぜひ手に取ってくださいね!

賢い皮膚―思考する最大の“臓器” (ちくま新書) (新書)

友人の薬剤師さんいわく、「皮膚はとてもデリケートで反応も出やすいため、製薬会社も手を出してこない」とのこと。

なるほど、目に見える反応が出るので、クレームになりやすいのでしょう。内臓や脳に作用する薬は、目に見えない分、何でもアリ・・と考えるのは、私だけでしょうか?

肌は、とても敏感に反応しやすいのです。現代人は、皮膚疾患にさらされていますが、肌の本当の解毒力と機能を私たちが理解することができれば、症状を上手に皮膚から外に出すことができるかもしれません。

皮膚・・・アロマテラピストとしても、ホメオパシーとDr.Hauschkaに惚れ込んだ者としても、取り組んで参りたいテーマです。
皆様の体験談なども、ぜひお聞かせくださいネ。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« アロマテラピーサロン「クプクプ」が本OPENしました | トップページ | チームhonokaより無添加コスメ「ナチュアロ」誕生!!! »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

初めまして。四国の竹下哲生と申します。不躾ですがリンクをつなげてくれると嬉しいです:http://www.shikokuanthroposophiekreis.com/2013/08/blog-post_13.html

コメント有り難うございました。
http://www.shikokuanthroposophiekreis.com/2013/08/blog-post_13.html
拝見しました、素晴らしい活動ですね。
10月は麻のシンポジウムで徳島に伺う予定があります。その前に本を取り寄せてご紹介したいです。

アトピーとのお付き合いも10年をこえた私としては、
この記事におけるshinobuさんの見解、判るような気がします。
今度ゆっくり聞かせて下さい。

コメントありがとうございました。
アトピーや過敏症は、メッセンジャーでもありますよね。
人によって症状も変わるし、直接お話しできる日を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アロマテラピーサロン「クプクプ」が本OPENしました | トップページ | チームhonokaより無添加コスメ「ナチュアロ」誕生!!! »