« インフルエンザの対応策 | トップページ | アロマトピア第97号 ロベルト・ボッシュ財団医学史研究所(シュトゥットガルト)を訪ねて »

2009年12月29日 (火)

新型インフルエンザ、ヨーロッパの動向

新型インフルエンザワクチン情報に関して、皆様のご意見有り難うございました。

いただいた情報をご紹介させていただきます。

ドイツの植物療法士のペーターゲルマン先生の言葉が現実に反映されています。
他国に売却する計画・・。どこの国にいくのでしょうか?

公には、こういう私たちの健康(精神的にも肉体的にも)を左右する情報が流れていないことを明記しておきます。

以下、47NEWSより引用

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121501000445.html引用おわり。

 

伊、ワクチン接種率低く廃棄も 新型インフル

 【ローマ共同】

イタリアで、新型インフルエンザのワクチン接種対象となっている妊婦や医療関係者の接種率が極めて低いためワクチンが大量に余り、今後一般の人への接種が始まっても使われずに廃棄される可能性が高いことが分かった。14日付レプブリカ紙などが伝えた。

ワクチンの副作用への不安や、季節性インフルよりも死亡率がはるかに低いなど「世界保健機関(WHO)は騒ぎすぎ」との認識が広まったことから接種希望者が少ないためで、同様の問題はオランダ、オーストラリア、ドイツなどでも発生。一部の国ではワクチンを他国に売却する計画も進んでいる。

イタリアでは既に約743万本のワクチンを各自治体に配布。医療関係者や消防士、警察官のほか妊婦、糖尿病など基礎疾患(持病)のある人を対象に接種が行われているが、8日時点での接種者はわずか約68万9千人。医療関係者で全体の約14%、妊婦では約10%しか接種を受けていない。 2009/12/15 16:20   【共同通信】

引用終わり

他にも、アロマテラピーでの対策方法などの情報をいたただきました。
年末のご多用の中、貴重な情報を有り難うございました!!

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

|

« インフルエンザの対応策 | トップページ | アロマトピア第97号 ロベルト・ボッシュ財団医学史研究所(シュトゥットガルト)を訪ねて »

【自然療法】が好き♪民主化を願って書いてる記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インフルエンザの対応策 | トップページ | アロマトピア第97号 ロベルト・ボッシュ財団医学史研究所(シュトゥットガルト)を訪ねて »