クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« インフルエンザワクチン | トップページ | 新型インフルエンザ、ヨーロッパの動向 »

2009年12月28日 (月)

インフルエンザの対応策

前回に続き、インフルエンザワクチンの情報で、マスコミには流しにくい内容を分かりやすくまとめてある本をご紹介します。

タイトルは、わかりやすくはっきりと「新型インフルエンザ ワクチン・タミフルは危ない!!」。

「今年のインフルエンザ流行の前から、ハイリスクの人ほどタミフルが危険であることが分かっていました」とありました。統計学のマジックですね、、、。

私たちが入手できるいわゆる無料の情報は、必ず誰かが何かの目的で流しています。
それが悪いという意味ではありません。情報を流す立場の方も、その人たちの信念に基づいて、労力を使っているまでです。そして、都合の悪いデータは見せないに限るのでしょう、私も前回のブログで、うっかりした事を書いてしまいました。

摂るかとらないか、迷っている方には、薬害タミフル脳症被害者の会の情報も役立つと思います。

「タミフル他の薬剤も使用せずにゆっくり栄養、水分を取って休み、しっかり治せました」という情報は心強いですネ。

新型Fluの大多数が軽症で自然に回復するものであることは、厚生労働省のHPにも出ているようです。

以下、引用

「新型インフルエンザに感染すると重症になるのですか?」

いいえ、ほとんどの方が軽症で回復しています。

それなのになぜ、ワクチン確保、タミフルすごい!の情報ばかりが目立つのでしょうね。

今回ご紹介している本を編集されているワクチントーク全国の活動がなければ、こういう情報は入手できないのかと思うと、複雑な思いです。

インフルエンザの対応策には、良質な食事と、睡眠をとり、適度な運動に取り組み、ストレスを軽減させて免疫力を高めるしかありません。

食事:天然の抗生物質であるニンニクやショウガ、玉ねぎ、免疫強化食物シイタケやエノキダケなど(アンドルーワイル博士の著作にもあります)

ハーブ:エキナシアやエルダー(アレルギーには注意して下さい)

アロマテラピー:殺菌効果の高いティトリーやゲットウ、ユーカリプタス

大いに普段の生活に役立ててくださいね。

「予防に勝る治療なし」です。どうぞ温かくしてお過ごしください★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« インフルエンザワクチン | トップページ | 新型インフルエンザ、ヨーロッパの動向 »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザワクチン | トップページ | 新型インフルエンザ、ヨーロッパの動向 »