クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

ドクター落語家「立川らく朝」さん

Rakutyo 「健康落語」、という新たなジャンルで落語会に新風を巻き起こしている落語家「立川らく朝」さん。

アロマテラピーの専門学校に通っていたときからお世話になっている浅井隆彦先生に教えていただきました。

昨晩、私は2回目となりますが、約2時間の舞台の間、ずっとお一人で寄席ばかりでなく、お芝居もされて、本当にすごい!

トーク中に、健康に関するメッセージが込められているのですが、その端々に患者、あるいは病人への思いやりというものを感じます。

昨晩もたくさんの名言がありましたが、よい医者の見分け方を下記に紹介します。

いい医者は、患者の目を観る。

悪い医者は、患者の足元を観る。

うーん、わかりやすいですね(笑w笑)!

ご近所の成城ホールで定期的に寄席を開催しているので、お近くの方はぜひ一度足を運んでみてくださいね!

笑いは、健康の三本柱(睡眠・食事・運動)と同様に大事ですね♪

横隔膜を動かすほど豪快に笑うのが最も体にい笑い方だそうですよ★

最後に、浅井先生は、アロマテラピーの伝道師として全国行脚されています。

そして、その講演会で、いかに参加者におもしろ楽しく伝えるか!と、考えたとき、寄席に興味を持ったとか。本当に、まさしく、素晴らしいアイディアだと思います★ブラボー寄席w!

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年6月23日 (水)

キネシオテーピングの公開講座

さくら堂』から、「キネシオテーピング創始者会長講演&公開ワークショップ」のお知らせです。

さくら堂』さんでは、スポーツアロマリンパ整体養成講座・氣流れセラピスト養成講座・遠赤外線温熱療法講座・キネシオテーピング講座などのスクールを行う他、氣流れセラピー(日本式リフレクソロジー)・スポーツアロマリンパ整体とキネシオテーピングの施術を提供しています。

私は、氣流れセラピーでお世話になってからのご縁です♪

キネシオテーピングは、腱鞘炎・肩こり・膝痛・捻挫・腰痛等の筋肉の症状をテープでサポートする優れモノ。特にスポーツに取り組んでいらっしゃる方にはなじみが深いものですが、日常生活にも起こりがちな筋肉のトラブルを防ぐのにも役立ちます。

今回は、「はじめてキネシオテーピングにアロマテラピーを取り入れて講座を行います」。とのご案内です。

どんな分野とでもコラボレーションできるアロマテラピーのお話を聞けるのも楽しみですね!

以下、案内を引用

「キネシオテーピング協会関東支部主催

キネシオテーピング創始者会長講演&公開ワークショップ

2010年7月3日土曜日

場所:東京海洋大学 越中島キャンパス(東京都江東区越中島2-1-6)

開催時間:10:00~11:00 会長講演「先端医学とキネシオテーピング」
       11:15~13:00 ワークショップ
                 ・柔道整復師・鍼灸師によるキネシオテーピング
                 ・整体師によるキネシオテーピング
                 ・スポーツキネシオテーピング
                 ・介護・障害者の為のキネシオテーピング
                 ・アンチエイチングキネシオテーピング
                 ・アロマキネシオテーピング

定員数 200名(定員になり次第締め切ります)
参加費 一般:¥3.000
申込み j-kato@@agate.plala.or.jp(@を一つはずしてください)
TEL&FAX 0285-63-5178

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年6月21日 (月)

蛍の光と月経美心のお知らせ

P6120251 いよいよ梅雨入・・。紫陽花などの瑞々しさを好む植物は、ちょっと嬉しそうに見えますね!

私は先日、みちやまハンモック君のお誘いで調布の里山でハンモック作り体験とホタル狩りに参加しました。

調布深大寺の裏手、中央高速のすぐそばに位置する里山ですが、新月の夜だったこともあり、足元はまっくら・・。
通常、夜は酒場以外は出歩かない私(笑w笑)には、東京の里山の暗闇が新鮮でした。

湿度が程良く高く、満月前後を除いた夜はホタルの光がよく見えるそうです。
すぐそばの調布の里山で野生のホタルが飛び回っているのを知り、本当に感動しました!

次世代の子供たちのためにも、貴重な自然を残したいな、とつくづく思います★
都会にも、まだまだ緑との出会いと発見はたくさんありそうですね♪

ハンモックといえば、私たちの体の中のハンモックであります骨盤底筋群。
この筋肉を鍛えて大事にすれば、毎にいがもっともっと楽しくなりますよ♪

下記は、月経美心のご案内と、月経美心×ユホンジ波動測定器の協力者さんの募集案内です。

★月経美心ワークショップ★

月経血コントロールと布ナプキンの使い方を身につけて、より健やかで美しい毎日を!

〇6 /27(日)14:00~16:00
 テーマ「骨盤底筋群」
 (参加費3000円、1度参加したことのある方は半額)
  月経美心 at クプクプ

  参加ご希望のお申込先はこちらにメールお願いします

★月経美心×ユホンジ波動測定器の協力者さんを募集中★

 月経美心で提唱している「布ナプキン」。

 ユホンジ波動測定器の方の協力をいただき、
 体にどれだけ影響しているがを、経絡のエネルギーで客観的に図ります。

 詳細↓
 http://holy-sky.cocolog-nifty.com/monthlybeauty/2010/06/2010678-3b71.html

 ※ご興味のある方は、直接、樋渡にメールをください

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年6月11日 (金)

「パラケルススの『医師の迷宮』」と「ホメオパシー哲学講義」

今回は、ホメオパシー&自然療法関連の本をご紹介します。

「オルガノン」、「慢性病論」、「バイタリズム」などの翻訳を手掛けた澤元亙さんが翻訳された、ホメオパシー古典シリーズ「パラケルススの『医師の迷宮 』」と「ホメオパシー哲学講義 」です。

どちらもボリュームがありますが、内容の奥深さには、胸が響きます。

そして、いずれも古典の本、つまりは、何十年前、何百年前に活躍していた人物の著書であることにも深い感慨を覚えます。

医師の迷宮 (ホメオパシー古典シリーズ) は、錬金術師として有名なパラケルススの著。

パラケルススは、1490年代のお生まれなので、今から約500年前としても、何世代遡ることができるか、、、気が遠くなりそうですね。

いずれにしても、戦火を生き延びた古典になりますが、医学とは、こんなに幅が広かったのか、と思わずにはいられません。

現代西洋医学の在り方に不満を感じている方、さらなる発展を加味したい方、医学の歴史に興味のある方全てに、手に取ってほしい一冊です。

パラケルススは、貴族だけではなく、庶民の健康を考え、実践した人でもあります。

そして、もう一冊が、1世紀前にアメリカで活躍したジェイムス・タイラー・ケント氏の「ホメオパシー哲学講義」の翻訳本です。

ケント氏がアメリカのホメオパシー大学大学院で行った講義をまとめたこの本は、ハーネマンの「オルガノン」の解説本として、ホメオパシーを勉強する私たちにとっての必読本の一つです。

海外の文献を訳す時には、その文化や歴史の違いというものを理解しなければいい翻訳本はできないことは、察することができます。

さらに、古典となると、言語の違いに加え、もはや文献でしか残っていない情報から憶測して、単語を理解しなくてはならないそうです。

翻訳の際には、関連する本の情報、その情報がどのようにして生まれたかの背景についても、綿密に調べてなくてはならず、気が遠くなるような作業を重ねたうえに生まれたのが、今回の2冊です。

このケントの本で面白いのが、1900年のアメリカでは、ホメオパシー医学が盛んであった事実を垣間見れることです。

驚くべきことは、当時行われていた医学の頼りなさを、ところどころで読み取れることです。

いずれも、斜め読みはできない本なので、この夏に、ゆっくりと時間をかけて読み進めてはいかがでしょう?

私も読破していないので、皆様の感想文もお聞かせいただければ幸いです。

最後に、ご紹介させていただいた本を含め、ホメオパシーや自然療法関連の図書の多くを手掛けているホメオパシージャパン。その関連協会である日本ホメオパシー医学協会からのお知らせです。

2010年9月25日(土)、26日(日)、の二日間にわたって、JPHMAコングレス in つくばが開催されます。

内容は、

「人はなぜ病気になるのか? -その原因と―
人はなぜ治るのか! -ホメオパシーでの治癒例―
自閉症の子どもたちに救いを」

海外からケースを含む約200のホメオパシー統合医療での改善ケースを発表予定、とのことです。内容がとても濃そうな二日間になりそうですね。

より豊かな生活をサポートしてくれるホメオパシーの発展を、心からお祈り申し上げます★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年6月 1日 (火)

Dr.ハウシュカの歯磨粉が新登場!

Med20100309

ホメオパシーの製薬会社でもあり、Dr.Hauschkaの製造元であるドイツ・WALA社から、口腔・敏感肌に対応した「Dr.ハウシュカ MED シリーズ」が発売されました!

今回、日本でもこのDr.Hauschkaのオーラル(口腔)ケアアイテムが発売されるとあり、これを皆さんに紹介できる喜びで、かなり興奮気味の期間を送ることができました★

リーフレットにある、

「大切な毎日のために、美しい笑顔のために」

このキャッチコピーが、このMEDシリーズを試す利用者のメリットを、的確に表していると思います。

●フォルテミントトゥースペースト(歯みがき) 75ml 税込987円
●ジェントル マリスアクア トゥースペースト(歯みがき) 75ml 税込987円
●チルドレン ジェントルオレンジトゥースジェル(子ども用歯みがき) 50ml 税込945円
●セージマウスウォッシュ(洗口液) 300ml  税込1,995円

私たちの健康は、衣食住と密接なつながりを持っていることを体感している皆様ならご存知の通り、「歯の健康」=「自らの健康」 と、密接なつながりを持っていることは、ご存じのとおりです。

食べる・飲む・味わう・伝える・おしゃべりする・表現する・キスする・笑う!!!

その全てを体験し、生きる活力として機能している歯&口&舌&喉&粘膜。

その口腔内に何を使うかは、死活にかかわるといっても、オーバーではないほど、大事なことだと私は考えています。

Dr.Hauschka MEDシリーズのプレス発表会にて、お話をいただいたヒロ歯科クリニック(三鷹市)の中牟田先生のコメントをご紹介させていただきます★

特に印象に残った言葉を下記に。

化学合成物質は、人間が使ってもすぐに害は現れにくいですが、小さい体を持つ動物にはすぐに影響が出る場合があります。

地球に住む一員として、安全なものを使用することを考えてみるといいのではないかと思います。

とても、やさしくて明確な提案だと思います。
そのほかは、簡単に箇条書きでまとめさせていただきました。

・一昔前は、朝起きたら一番に、塩や重曹などで歯磨きをしていた

・今は、歯磨き粉に含まれる成分の関係で、食後が主流になってしまったが、本来は、本来は歯垢(バイ菌)が一番多い寝起きに磨き、きれいな状態で朝食をとることが大切

・夜の寝ている間が一番バイ菌が増えるので、その直前にあたる就寝前に磨くと良い(虫歯、歯周病の予防にも効果的)

・殺菌成分を含む製品を使用した場合、口の中の菌叢のバランスを崩してしまう可能性がある

・フッ素はその効果が無いという意見も出ており、欧州ではその毒性のため使用を禁止している国もある

・近年は、情報が多すぎて、何が本当かを判断するのが難しいが、人間は、自然から離れて生活してしまっているので、これを踏まえて商品を選ぶといい

・子供の歯磨き粉は、楽しく使用出来るように、色付けにタール色素が使用されていたり、香料が入っていたりと、大人のものよりも合成成分が多く入っていたりする場合が多いので注意が必要

中牟田先生は、

「安心して使用出来る歯磨き粉」を歯科医院で患者さんに おすすめしたのをきっかけに、自らもオーガニック製品の使用や食生活の改善、環境改善に取り組むように。

その後、全身をトータルに考えるならば歯磨き粉だけではだめだということで、化粧品も始め、その時にたくさん調べてたどり着いたのがDr.ハウシュカという、ホリスティックな視点で患者さんを診る若き歯科医。

去年、訪れたDr.Hauschkaツアーにてご一緒する機会があり、色々と歯科情報を教えていただきました。
http://www.goodhope.co.jp/2009/09/wala-1.html

大事なことは、まず朝起きたらすぐに、MEDシリーズのような良質な歯磨き粉で磨くこと。

間違っても、お食事の味が変わるような素材が入っている歯磨き粉は使わないでくださいね♪

私も、去年、このWALA社の本社があるドイツに工場視察をさせていただきましたが、とにかく素朴で嘘がないこと、を感じることができました。

主にホメオパシー情報を発信している、ハーネマン・フォーラムでも、ちょうど友人の子育てを機に、フッ素について記事を紹介しているので、ご興味のある方は、ぜひお読みくださいネ。

ちなみに、製造元であるWALA社は、ホメオパシー・メディカルハーブ・自然療法・シュタイナー・バイオダイナミック農法・オーガニック等々、Dr.ハウシュカの背景には自然療法愛好家にとっては、計り知れない歴史と事情(?!)があり、自然療法愛好家である私にとっても、Dr.ハウシュカは、知れば知るほど惚れてしまうアイテム&企業理念を持つ会社です。

Dr.Hauschkaシリーズは、間違いなく、「自らの調和」を支援してくれるアイテムがそろっています。

もちろん、クプクプサロンでも取り扱いがありますので、気になる方は、気軽に遊びに来てくださいネ!

最後に、このように、毎日使っていて嬉しい、ハーバルアイテムを生みだしてくれた関係者&ユーザーの皆様、&有益な情報と商品を日本に運んできてくださる関係者の皆様、本当に有り難うございます★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »