クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« スタートライン最終話のご報告&【募集】 あなたのサロンをプロがコーディネイト! | トップページ | にしがわ大学開校式★ »

2010年10月 6日 (水)

経絡の存在するところ

Interactive_ph1 この夏、先日ユホンジの巫さんの紹介で北京大学日本校の解剖学の授業に参加して参りました。

中国医学的理解なのかと思って参加したのですが、いわゆる一般的な西洋医学の解剖学の総まとめでした。

使われていう教材は、3次元で解剖学を理解する映像。多分、インターラクティブシリーズといわれているDVDだと記憶しているのですが、平面より、立体的にみえるDVDは、より分かりやすい内容でした。本物の体を使っているということですから、さぞ新鮮な体を入手しているのでしょう・・。

さて、今回は、講師の李先生の発言が興味深かったので紹介します。


現在は、中国でも経絡を解剖学の見地から
一生懸命研究しています。

でも、私の持論になりますが、経絡は解剖学の
視点からいえば、骨と腱の隙間、腱と筋肉の隙間、
筋肉と筋肉の隙間、筋肉と皮膚の隙間にあるのでは
ないかと臨床を重ねていると思うようになりました。

つまり、お金をかけてどんなに研究をしようとも、
見えないものは見えないのです。

だから、経絡に沿って治療したら、こういう効果が出た、
というデータをきちんと蓄積し、それを分析していくことが
大事だと思います

とおっしゃっていました。

興味深いと思いませんか?

骨と腱の隙間、腱と筋肉の隙間、筋肉と筋肉の隙間、、、。

皮膚と衣服の間・・。

私たちは、隙間という目に見えない「膜」といくつもいくつも関わっています。

折しも、今年は、「炭素の膜」を取り出し、その性質を測定することができたガイム教授とノボセロフ教授にノーベル賞が贈られると発表された、と、新聞に出ていました。

自然食でも、皮や種の部分はとても栄養が詰まっていると考えます。

隙間と膜・・これからのキーワードになりそうですね。

ちなみに中国では、鍼灸治療と、現代西洋医学は同等で、患者が自分の意思で自由に、選ぶことができるそうです。

ホメオパシーや他の代替療法も同じで、どのように効いたかを明確にしていき、逆に効かなかった場合の要因を研究することが、望ましいのではないでしょうか。

心がどこにあるのかは、解剖学ではわかりません。
いくら脳や心臓を調べても、心という物質が出てくるわけでないことは、誰でも知っていることです。

理解出来ないからと言って、お互いを否定するのではなく、本来の最終目的地である、使う人、施す人の真の利益を求め続ければ、解決策はきっと、見つかります。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« スタートライン最終話のご報告&【募集】 あなたのサロンをプロがコーディネイト! | トップページ | にしがわ大学開校式★ »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタートライン最終話のご報告&【募集】 あなたのサロンをプロがコーディネイト! | トップページ | にしがわ大学開校式★ »