クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月25日 (木)

国際有機農業映画祭 2010年11月27日

国際有機農業映画祭2010 開催情報

会  場 国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟大ホール
  期  日 2010年11月27日(土)
  開催時間 9:30~20:20(9:00開場)
  参 加 費 一般 2,000円、若者 1,500円(25歳以下の証明書が必要)
  事前に会員登録が必要です。
  主  催 国際有機農業映画祭運営委員会
  協  力 NPO法人日本有機農業研究会東京ピースフィルム倶楽部NPO法人アジア太平洋資料センター

徳島に住むホメオパシー仲間より、国際有機農業映画祭なるものを教えていただきました!

すごい濃い内容・・急なので今年は無理という方も、来年を楽しみにチェックしてみてくださいね。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年11月18日 (木)

COP10で話題になったハーブ

Pelargoniuma 名古屋で開催されていたCOP10「生物多様性条約第10回締約国会議」 のドキュメンタリー番組で、今注目されているハーブに関する興味深い内容が紹介されていたので、私なりにブログにUPします。

今回の会議で、最も注目されていた議題は、新薬を巡る利益配分。

ここでは、ゼラニウムと同じ科のペラルゴニウム・シドイデス(Pelargonium Sidoides )を紹介します。

ペラルゴニウム・シドイデスは、昨今急激に売り上げを伸ばしている風邪薬ウンカロアボの原料。

その植物は、南アフリカ・東ケープ州に自生していましたが、乱獲により急激にその姿を消したといいます。

どこにでもあった植物が、新薬のために急激に姿を消したのです。

収穫した植物を高値で買い取ってもらえるので、仕事がなく日々の生活に困っていた人々の生活が楽になったと報道にはありました。

これもとに風邪薬ウンカロアボ(Umckaloabo)を製造しているドイツの大手製薬会社S社は、その?倍もの利益を得ているそうですが・・。

一方、故郷の象徴でもあったペラルゴニウム・シドイデスが急に姿を消したことに戸惑いを感じる住民や、警告をあげる学者もいます。

余談になりますが、風邪くらい、誰でもひきます。

そのときは、あったかくして、熱燗(子供の場合はショウガ葛湯)を飲んで寝るに限ります。

風邪の効用 (ちくま文庫)など読むと、風邪をひきたくなっちゃうくらいです(笑w笑)。

風邪をひくほどに頑張った自分へのご褒美として、2~3日休養をとって、家族や恋人や友人に甘えるのが一番の薬。

さて、「風邪対策ハーブ」といえば、身近にもいっぱいあります。

しょうが、にんにく、たまねぎ、エキナシアなどなど。
あれれ? 風邪引きそうだなと思ったら、早めに飲みましょう。

どうしても、ペラルゴニウム・シドイデスを試してみたいという場合には、ホメオパシーのレメディも見つけたので紹介します。金額が安くて本当にありがたいと思ってしまいますが、飲まないで済むのが一番ありがたいことです。

また、日本でも育つようなので、栽培してみるのもいいですね!
ガーデニング・園芸ナビさんから写真を拝借させていただきました。

最近思うのは、ひと株の植物を原料にして、何万人もの人々に分配できる薬を作れてしまうホメオパシー医学が、今の体制のままの社会に広まってしまったら、路頭に迷う人も増えてしまうこと。第一、白い砂糖粒が人間の気に働きかけるなんて、普通の頭で考えたら信じられるわけがないですものね。

でも、お薬代にお金がかからなくなる分、心の豊かさに時間を作ることができるかも?!

いずれにしても風邪は万病のもととも言われますから、暖かくして過ごしましょう♪
予防に勝る治療なし、です。

参考サイト:

COP10支援実行委員会:COP10PR映像

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年11月11日 (木)

セラピストvol.52「メディカルアストロロジー」

Kishi アロマテラピストであり、ハーバルアストロロジーの専門家である岸延江さんの紹介(星が導き出すハーバルアストロロジーの著者)で、この度、セラピストvol.52(BABジャパン)のパティオ記事にて、「メディカルアストロロジー(医療占星術)でクライアントへの理解を深める」のワンデー・セミナーをレポートさせていただきました。

2010年9月、著名なアロマセラピストであり、占星術家の第一人者として活躍されているワンダ・セラー女史がIFAの25周年記念で来日。

ワンダ・セラー女史は、イギリス各地でアロマテラピーについての講演活動・教育活動に取組み、アロマテラピーの著書「アロマテラピーのための84の精油 (フレグランスジャーナル社)」は、精油の効能や成分だけではなく、植物の歴史や神話、惑星との関連が記されて、今や世界中のアロマセラピストのバイブル本となっています。ちなみに、この業界ではロングベストセラーの1冊です。

ワンダさんの初来日に伴い、ワンダさんと鏡リュウジさんを講師に迎え、「メディカルアストロロジー入門―身体と心の健康を占星術で読み解く 」のワンデ―セミナーが、占術スクールカイロンの主催で行われました。

日本ではあまり馴染みのない医療占星術ですが、西洋では古~い歴史があります。

西洋の著名な医師たち(ヒポクラテス、ディオスコリデス、ガレノス、等々)は皆、医学だけではなく、占星術に関しても専門家な深い造詣を持っていました。

現代のような化学的な成分分析の技術がなかった中世。科学者たちは、惑星を使って、植物の効用を説明していました。

当時の理論では、天空で起ることは地上の人を始め動植物に影響するという『AS ABOVE SO BELOW(上なるものの如く、下もかくあり)』という観念で、病理や健康との繋がりを考えていたのです。 

例えば太陽は酸っぱくて少し苦い鋭い香りで、ローズマリーが代表的ですが、頭部や消化器に働くと考えられていました。化学成分で効用が明確になる以前から、ローズマリーの働き方を描写していたのです。

医療占星術では、魂と自我の二つのパートがあると考えます。魂は、高次の自分、つまり利己的ではなく無私であり、決定する時には人の気持ちに赴きます。一方、自我は低次の自分、肉体に作用され、利己的な欲望によって行動します。これは生きるための本能によるものであり、良い、悪いという見方をするものではありません。

この二つのバランスが崩れた時、例えば、過度に物質的な側面に囚われてしまう状態になると、それが病気の原因になると考えます。占星術では、デカンビチュアと呼ばれる、患者が病に伏せった時間でチャートを作り、バランスが崩れている惑星を見つけます。そして、その惑星をサポートするハーブや精油を選ぶことで、より効率的に回復を促すよう支援します。

「医療占星術はクライアントをサポートするひとつのツールです。クライアントを占星術の側面から考察することで、違う側面が見えてくるので、より幅広いサポートが可能になります。ホロスコープを見れば、その方の様々な情報を得ることは出来ますが、それを基に、人をジャッジしたり、医療の専門家ではない限り、診断して治療方針を決めることは決してしません。クライアントの心理的な負担に焦点を当て、患者を前向きにサポートするのがセラピストの仕事であり、これは、アロマセラピストであっても、占星術家でもあっても同じことです。そして、発言する一言一句に、最善の注意を払う必要があります」とワンダさん。

クライアントへの思いやりの言葉が端々に表れるのは長年の臨床の経験を持つからこそ。
ワンダさんは、精油を嗅いだり使った時、どんな印象を受けるか? という感性も大事にしています。

古代の人々たちが培ってきた占星術を上手に活用して、人間の情緒や存在意義の理解を深めるメディカルアストロロジーの奥深さを垣間見ることができました★

セラピストvol.52もぜひ手に取ってくださいね!
取材協力をいただいた皆様、ありがとうございました!
岸さんやワンダさんのセミナーをご覧いただけるサイトは下記に。

●占術スクール Chiron(カイロン)
  http://www.chiron-school.com/

●インターネット配信講座
  http://service.telsys.jp/chiron/

●ナチュラリス
  http://www.naturalis.jp/

●BAB出版
  http://therapylife.jp/for/therapist/index.html

●フレグランスジャーナル社
  http://www.fragrance-j.co.jp/

最後にお知らせです。

12月、緩和ケア研究会の内容が決まりました。
2010年12月8日(水) 17:30~
テーマ:きぼうのいえ施設長 山本雅基さんにきく
これはとっても貴重です。
日程がある方はご参加くださいね★詳細

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年11月 8日 (月)

11/23 「バースアロマスプレー&授乳に役立つアロマテラピー」

Img_hotels 11月アロマテラピー講習会のご案内

バースアロマスプレー&授乳に役立つアロマテラピー

日時:11月23日(火 祝日*勤労感謝の日)10時~11時30分
   ※アロマテラピーの講習会は2010年8月より第4火曜日に変更になりました

参加費:2500円(材料費込)

実り多き秋の充実した日々の中、冬の気配も近づいてきましたね。

11月は、分娩時に役立つバースアロマスプレーを作ります。
お産当日はなるべくリラックスして過ごすことが大切。
植物の香りで緊張や不安を取り除き、自らの産む力を最大限に引き出しましょう!

その他、出産後のおっぱいケアに役立つアロマやおばあちゃんの知恵もご紹介!

赤ちゃんにとっては一番の癒しとなるママのミルク。ママが痛みや辛さを感じていては、赤ちゃんにとっても辛いのです。

この機会に、産後に備えるアロマテラピーライフを身につけちゃいましょう★

お友達作りも兼ねて、どうぞ気軽にご参加下さい。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています♪

場所:金子レディースクリニック 3階多目的ホール
持ち物: タオル、筆記用具
講師: IFA認定 アロマセラピスト 樋渡志のぶ

ご予約は担当アロマセラピストが直接承っております。
090-8582-9292または、kupukupu@air.nifty.jpまでお問い合わせ下さい。

  ※完全予約制。定員10名様

次回:12月28日(火)

  冷え性さんのバスソルト&アロマテラピーで風邪対策  (産前・産後)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年11月 1日 (月)

11月のイベントのお知らせ

Oakvillage_80_2 ★2010年11月7日(日) 11:00~19:00

 小さな小さなドイツフェア デアマルクトターグ

 →タオアシス(クプクプで扱っている精油のメーカー)さんからのお知らせ。
 今年のテーマは「ドイツの森」。ドイツの森には、たくさんの恵みと物語があります。
 魔女、香り、ビール・・!とお楽しみがいっぱいです!

★2010年11月7日(日)

  月経美心 at スマイルファミリー

  今回のテーマは「月」!新月の翌日に月の秘密を知りましょう♪
  残席は残りわずか!お早めにご連絡ください★

★2010年11月14日(日)

  ホリスティック医学シンポジウム2010

  「ホリスティックガイヤ」生かされるいのちの響き

  →ホリスティック医学界のそうそうたる顔ぶれ!
  既に満員御礼です、どうしてもという方は、私にご連絡を・・

2010年11月14日(日)

 赤峰勝人東京講演会(ナズナの会)

 →自然循環農法の百姓赤嶺さんの東京講演です★

★2010年11月23日(火) 10:00~11:30

  バースアロマスプレー&おっぱいケアに役立つアロマテラピー
  場所:金子レディースクリニック 3階多目的ホール
  講師:樋渡志のぶ

2010年11月29日(月) 10:00~12:00

   月経美心 with ヤスミン
   今回のテーマは「月」!
   12/6の新月に向けて月のを見方につけましょう♪
 

2010年11月30日(火) 13:00~15:00

   セルフメディケーションのためのメディカルハーブを学ぶ2010
   講師:杉山晴彦さん(ニードインターナショナルジャパン代表)
   参加費:1500円(ハーブティ付)

   欧州では、医薬品として認可されているハーブ。
   セフルケアでの基本的な知識を学びます。

2010年12月3日(金) 13:00~14:30

   月経美心 at 生活の木(表参道)
   テーマは「骨盤底筋群」と「ハーブ&アロマテラピー」
   おかげさまで定番の講座も9回目の開催となります。

どれもおススメの会です、タイミングが合えばぜひご参加お待ちしています!
お申し込み【kupukupu■air.nifty.jp】←■を@に換えてメールにてどうぞ。

他にも沢山ご紹介したいことが山積みなのですが、11月末の試験に備えてしばらくブログが停滞気味になります。

皆様にとっての実り多き秋を心からお祈り申し上げます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »