« 11/23 「バースアロマスプレー&授乳に役立つアロマテラピー」 | トップページ | COP10で話題になったハーブ »

2010年11月11日 (木)

セラピストvol.52「メディカルアストロロジー」

Kishi アロマテラピストであり、ハーバルアストロロジーの専門家である岸延江さんの紹介(星が導き出すハーバルアストロロジーの著者)で、この度、セラピストvol.52(BABジャパン)のパティオ記事にて、「メディカルアストロロジー(医療占星術)でクライアントへの理解を深める」のワンデー・セミナーをレポートさせていただきました。

2010年9月、著名なアロマセラピストであり、占星術家の第一人者として活躍されているワンダ・セラー女史がIFAの25周年記念で来日。

ワンダ・セラー女史は、イギリス各地でアロマテラピーについての講演活動・教育活動に取組み、アロマテラピーの著書「アロマテラピーのための84の精油 (フレグランスジャーナル社)」は、精油の効能や成分だけではなく、植物の歴史や神話、惑星との関連が記されて、今や世界中のアロマセラピストのバイブル本となっています。ちなみに、この業界ではロングベストセラーの1冊です。

ワンダさんの初来日に伴い、ワンダさんと鏡リュウジさんを講師に迎え、「メディカルアストロロジー入門―身体と心の健康を占星術で読み解く 」のワンデ―セミナーが、占術スクールカイロンの主催で行われました。

日本ではあまり馴染みのない医療占星術ですが、西洋では古~い歴史があります。

西洋の著名な医師たち(ヒポクラテス、ディオスコリデス、ガレノス、等々)は皆、医学だけではなく、占星術に関しても専門家な深い造詣を持っていました。

現代のような化学的な成分分析の技術がなかった中世。科学者たちは、惑星を使って、植物の効用を説明していました。

当時の理論では、天空で起ることは地上の人を始め動植物に影響するという『AS ABOVE SO BELOW(上なるものの如く、下もかくあり)』という観念で、病理や健康との繋がりを考えていたのです。 

例えば太陽は酸っぱくて少し苦い鋭い香りで、ローズマリーが代表的ですが、頭部や消化器に働くと考えられていました。化学成分で効用が明確になる以前から、ローズマリーの働き方を描写していたのです。

医療占星術では、魂と自我の二つのパートがあると考えます。魂は、高次の自分、つまり利己的ではなく無私であり、決定する時には人の気持ちに赴きます。一方、自我は低次の自分、肉体に作用され、利己的な欲望によって行動します。これは生きるための本能によるものであり、良い、悪いという見方をするものではありません。

この二つのバランスが崩れた時、例えば、過度に物質的な側面に囚われてしまう状態になると、それが病気の原因になると考えます。占星術では、デカンビチュアと呼ばれる、患者が病に伏せった時間でチャートを作り、バランスが崩れている惑星を見つけます。そして、その惑星をサポートするハーブや精油を選ぶことで、より効率的に回復を促すよう支援します。

「医療占星術はクライアントをサポートするひとつのツールです。クライアントを占星術の側面から考察することで、違う側面が見えてくるので、より幅広いサポートが可能になります。ホロスコープを見れば、その方の様々な情報を得ることは出来ますが、それを基に、人をジャッジしたり、医療の専門家ではない限り、診断して治療方針を決めることは決してしません。クライアントの心理的な負担に焦点を当て、患者を前向きにサポートするのがセラピストの仕事であり、これは、アロマセラピストであっても、占星術家でもあっても同じことです。そして、発言する一言一句に、最善の注意を払う必要があります」とワンダさん。

クライアントへの思いやりの言葉が端々に表れるのは長年の臨床の経験を持つからこそ。
ワンダさんは、精油を嗅いだり使った時、どんな印象を受けるか? という感性も大事にしています。

古代の人々たちが培ってきた占星術を上手に活用して、人間の情緒や存在意義の理解を深めるメディカルアストロロジーの奥深さを垣間見ることができました★

セラピストvol.52もぜひ手に取ってくださいね!
取材協力をいただいた皆様、ありがとうございました!
岸さんやワンダさんのセミナーをご覧いただけるサイトは下記に。

●占術スクール Chiron(カイロン)
  http://www.chiron-school.com/

●インターネット配信講座
  http://service.telsys.jp/chiron/

●ナチュラリス
  http://www.naturalis.jp/

●BAB出版
  http://therapylife.jp/for/therapist/index.html

●フレグランスジャーナル社
  http://www.fragrance-j.co.jp/

最後にお知らせです。

12月、緩和ケア研究会の内容が決まりました。
2010年12月8日(水) 17:30~
テーマ:きぼうのいえ施設長 山本雅基さんにきく
これはとっても貴重です。
日程がある方はご参加くださいね★詳細

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

|

« 11/23 「バースアロマスプレー&授乳に役立つアロマテラピー」 | トップページ | COP10で話題になったハーブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11/23 「バースアロマスプレー&授乳に役立つアロマテラピー」 | トップページ | COP10で話題になったハーブ »