クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

福寿2011年

Teresa 光陰、矢のごとく。

過ぎ去った2010年。

皆様にとっても、実り多き時の積み重ねだったことと思います。

そしていよいよ2011年を迎えることになりました!

アセンションは2012年と言われています。

「どれだけ正直に生きるか」は、地球に住む私たちの一人ひとりのお役目となる一年になりますね★

このブログを観てくださっている方々とは何らかのご縁があるはずで、直接お会いできたり、つながったりできることの喜びを共有できる一年となりました。

改めて、サイトを訪れてくださる皆様に、心からお礼を申しあげます。

これからも、自然療法関連の情報が役に立つよう、少しずつですが更新して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そして、このブログは、皆様の経験談や体験に基づいて成り立っていることに関しても改めて感謝申し上げます。

2010年は、私にとって、国産アロマセラピーに取組んでいる方々を始め、自然農法の福岡正信さんやなずなの会の赤嶺さんの本、そして、腸管造血説や生命弁証法を唱えた、日本の偉大な学者・千島喜久男先生の研究をまとめた書との出会いに強く影響を受けた一年となりました。

2011年のテーマに続く、今年出逢った、心打たれた文字、皆差は既にご存じとは思いますが、改めて、マザー・テレサの生活問答24か条をお伝え申し上げます。

この言葉を、左脳で考えるのではなく、心に刻み、日々を生きて行けたなら・・。

私は、マザー・テレサの1滴の滴にも及ばない人生を歩んでいますが、1滴を作る何かの要因になれれば、と願う年頃になりました。

マザー・テレサの爪の垢にもなれないことも自覚していますが、この生活問答24か条なら、一日1つ~24つなら、誰でもクリアできることだと思います♪

「マザー・テレサの生活問答24か条」

1.最も素晴らしい日は? 今日

2.最も大きな障害は?  恐れ

3.最も易しいことは?   間違い

4.最も大きな誤りは?   自暴自棄

5.すべての悪の根源は?  エゴイズム

6.最も麗しい気晴らしは? 仕事

7.最悪の敗北は?     落胆

8.最善の教師は?     こども

9.一番必要なことは?    コミュ二ケーション

10.最も幸せなことは?   役立つこと

11.最も偉大な神秘は?   死

12.最悪の欠点は?     不機嫌

13.最も危険な人物は?  嘘つき

14.破局を招く感情は?   恨み

15.最も嬉しい贈り物    赦し

16.なくてはならないもの  家庭

17.一番の早道       間違いのない道のり

18.最も好ましい心     内的平安

19.最も有効な防御    微笑み

20.最善の手段       楽観主義

21.最大の満足       義務の完遂

22.この世での最強の力   信仰

23.最も必要な人       両親

24.この世で最も美しいもの   愛

以上。

私たちは、いかに、「魂が喜ぶことに従って生きること」よりも、「世の中が決める幸せ」を基準にしているかを、気付かされる信条でもありますね!

24個のどれも、私の魂を揺さぶりますが、今、感じる3つを選ぶとするならば、

8.最善の教師は?     こども

16.なくてはならないもの  家庭

23.最も必要な人       両親

となりました。

皆さんは、3つだけ選ぶなら、どれですか?

来年には全く違う「ベスト3」を選んでいると思います。

それが成長であり、変化であり、自然なこと。変化と成長がいかに尊いことかを、改めて、気がつくことができる一年にもなりました。

最後に恒例の、「水星の逆行」の日付をお知らせします。

2011年 3月31日05:42~4月23日18:59

2011年 8月3日12:46~7月27日06:57

2011年 11月24日16:13~12月14日10:36

アストロアジェンダの手帳を基にご紹介しています。

みなさまの2011年が、2010年に引き続き、飛躍の年でありますよう、心からお祈り申し上げます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年12月17日 (金)

「第11回日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)コングレス in つくば」のご報告

Maisen2010年は、「ホメオパシー」が日本の新聞に登場したり、アロマテラピーがTVで積極的に紹介されたり、自然療法を取り巻く状況が活性化(良くも悪くも・・)したように見受けられましたネ。

さて、ご報告が遅くなりましたが、今年は9月末につくばで開催された「日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)」(由井寅子会長)主催のコングレスに参加する機会をいただきました。

私自身は、クラシカルホメオパシーと呼ばれる方法論で、ホメオパシーへの理解を深めていったので、処方の仕方が異なる協会とのご縁は、なかなかないままでおりました。

今回参加して思ったのは、どのような方法でも、「クライアントの健康をサポートする」ことが一番大事で、ホメオパシーの流派の違いを尊重し、理解しあうことが大事だと実感しました。

由井先生の「難治疾患 小児におけるホメオパシーの治癒事例」では、薬の影響を強く受けて症状が発症しているケースで、てき面に治癒効果を上げる3次元メソッドを知りました。
89%という高い改善率とのことですから、学ぶ価値の高いメソッドです。

印象的だったのは、油井先生は、とにかく、ハーネマンとホメオパシー医学が大好きという方であること。

自然治癒力を信頼し、クライアントの症状の改善率を上げたい、という強い思いを持ちながらホメオパシーに取り組んでいらっしゃいます。

慢性病論オルガノンを、古典ドイツ語から日本語にし、(訳者:澤元亙氏)、それを読みつくして辿りついた、という由井先生による3次元メソッドは、海外からも注目されています。

2011年は、ICH(The International Council for Homeopathy:ホメオパシー国際評議会)とともに、筑波で「第1回ホメオパシー国際カンファレンス記念大会 in Japan」が開催される予定だそうです。(2011年10月8日、9日、10日)

テーマは、「世界のホメオパシーが一つにつながる日」、ご興味のある方はチェックしてみてください。
http://www.jphma.org/topics/topics_20100930.html

コングレンスの様子はこちらに。

オルガノンについてはこちらから。

来年は、久しぶりにハーネマン・フォーラムを2月と3月に開催予定です!
皆様のご参加お待ちしています★

写真は、マイセンのハーネマン薬局。
ハーネマンが居すぎ・・(笑w笑)♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年12月 9日 (木)

山谷の「きぼうのいえ」施設長 山本雅基さんのお話

Yamamoto 毎月第二水曜日の夕方に開催されている日赤緩和ケア研究会

2010年12月は、山谷にある「きぼうのいえ」施設長 山本雅基さんのお話でした。

学生のころから哲学に関心を持ち、人生や自分がどこから来たのか?を求め続けた山本さん。

そんな中、25年前の日航機墜落のニュースで、恋人を亡くし泣き崩れる男性の画像を観たときに、自分のよりどころだった哲学が壊れてしまったという。

その時、心の底から「生きる」ことの使命を強く感じ、文字で哲学を学ぶのはやめよう、と決意。

その後、ソウルメイトとも言える最愛の人と出会い、山谷で、倒れかけているおじさま方に、「お風呂入りたい人はいませんか?」と声をかける日が始まったといいます。

山谷という単語を聞く度に、自分の中に強い磁力を感じたという山本さん。

自身のミッションに、ゆるぎない自信があればこそ、言葉の響きで、自分と関連性があることを感じとることができるのでしょう。

資産家でも何でもない一庶民が、「きぼうのいえ」という在宅ホスピスケア団体を立ち上げ、ボランティアと寄付に支えながら活動をしているのです。

これは、これから老いて死に向かう、生きとし生きる者すべての心の支えになりますね!

まさに、希望の家です。

他に、印象に残った言葉を紹介します。

●「命の和解を完成させるのがホスピスケア」

●「自分たちの命を巡って、毎日を楽しく生きる」

●「ひとはある種のその人だけの人生のドリルを持っていて、それが理解できると人生に対する執着から離れられる」

●「誕生と死は、人生の一部。切り離してかが得られるものではない」

●「公平・公正・平等であることがボランティアではない」

などなど、、本当に描ききれないほどの心に響くメッセージをたくさんいただきました★

きぼうのいえの取り組みは、私たちがいかに人間くさく、いかに人におせっかいをしたい生き物かを思い出させてくれます。

きぼうのいえのウイッシュリストには、私たちの家に余って眠っている品物もありそうですから、随時チェックしてみてくださいね!

なお、13日【月】の番組プロフェッショナル(10時~)で、ホスピス看護主任・山本美恵さんがご紹介されるそうです!要チェックですね★

次回の日赤緩和ケア研究会は1月12日の予定だそうです。

さて、話は変わりますが、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏(39)がロンドン警視庁に自首し、逮捕されたようですネ。

もはや、何も隠せない透明な時代が近づいているというのに、ばれたくない過去を持つ組織は、隠すのに必死ですね。

とはいえ、言論の自由を奪われることにもつながりかねない今回の事件には、人間のマイナス面を学ぶことができます。

個人的には、ジュリアン・アサンジ氏に心からエールを送りたいと思います。
(自首した角が真実であればそれはきちんと清算し、今の妨害を乗り越える方だと信じています)

そして、私もいろいろと反省すべき過去は持っていますから(笑w笑)、「和解」をキーワードに楽しみながら手放していきたいと思います★

参考サイト:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00000301-giz-ent

※WikiLeaksとは、
「我々の主目的は、アジア、旧ソビエト連邦、アフリカのサハラ砂漠以南、そして、中東の圧制を強いている政権を白日のもとに晒すことであり、また、世界の全ての地域で、政府や企業によって行われている非倫理的な行為を暴露したいと考えている人たちを支援していきたい」
と主張している組織です。
WikiWikiは、ハワイ語で「速い」という意味だそうです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2010年12月 2日 (木)

飛騨高山生まれ★国産アロマYUICAがTVに登場します!

Tree_s

日本産のアロマテラピーが、とっても面白い時代になりました!

本格的に数種類の森の精油に取り組んだ先駆者である、飛騨高山の森のメッセンジャーブランド「YUICA」が、来る12月6日(月)放送のNHK総合テレビ「あさイチ」(AM8:15~)に登場するそうです★

12月6日の番組では、「アロマ特集」約50分を予定とのこと。

下記、YUICAの正プラスさんからのご案内を引用します。

12月6日の番組では、「アロマ特集」約50分を予定。

「和のアロマ」として、日本の森から生まれたアロマ「yuica(ゆいか)」とオークヴィレッジが製作しているアロマ関連グッズ(香りのビット、香りのカードなど)が紹介される予定です。

また、同時に「yuicaゆいか」の原材料の紹介、材料の準備風景、抽出場の紹介、抽出器具の説明など普段ご覧いただけない「yuicaゆいか」の製造過程が丁寧に説明される予定です。

とのこと。

とっても嬉しいニュースですね!

それに伴い、新宿の紀伊国屋書店新宿本店では、12月6日~12月9日の10時~21時まで、

香る森のクリスマス」チャリティイベントが開催されます。

本物の「モミの木」が手に入るクリスマス環境貢献イベントですので、日本の森づくりに貢献するチャンスです。ドングリの会の植樹への貢献にもなりますので、足を運んでみてくださいね!

私も今年出会った国産のアロマテラピー。

使い始めて早10ヶ月になりますが、お客様や友人の多くが、「懐かしい記憶が蘇る」感覚を持つようです。

立ち上る香りに一瞬言葉を失い、その後、何も考えずに香りに包まれているだけで幸せ♪というように。

ただし、サルチル酸メチルの含有量が99%の水目桜は、シップ臭なので、また違う反応です。この反応をみるのも、楽しみの一つとなっておりますが・・(笑w笑)

いずれにしても、森林の香りは競争や比較とは縁のない、過去や未来にとらわれず、今をただ、感謝とともに生きるという、私たちの本能が望んでいる心地良さを感じるようです。

国産アロマテラピーがもっともっと多くの人の手に届き、心をほぐしますように!

NHK総合テレビ「あさイチ」をみ観るのがとっても楽しみですね。

ご報告が遅れましたが、雑誌セラピストvol.52 にても

「飛騨高山産・森のエッセンシャルオイルの魅力を追う
日本の森生まれのアロマオイル「yuica」のふるさとを訪ねて」

というタイトルでカラー5ページでyuicaをご紹介させていただきました。

取材に関して、ご協力いただいた正プラスのスタッフの皆様、BABジャパンの皆様、道中を含め、前後にお世話になった皆様方、本当に有り難うございました。

上の写真は、メイスガーデンスパにディスプレイされているオークビレッジのハンドメイドの木のクリスマスツリーです!!本当にかわいくて、スパでも人気があります。
オルゴールの音が、心をなごましてくれるので、手に取ってみてくださいね★

下は、9月にオークビレッジ&正プラスの代表の稲本代表と本の記念イベントにて。
&推定樹齢900年の彦左衛門と、自然療法仲間の魔女たちと。

あの頃はまだ、暑かったなぁ。終わらないと思っていたほどの暑さも、過ぎてしまえば本当に懐かしいものです。

今年もあと1カ月、みなさまの毎日が楽しい時間の積み重ねでありますように★

Inamoto

Oakvillage_154_2

クプクプの「冬のキャンペーン(12月6日~2月末)」では、YUICAバスセット、またはDr.Hauschkaのハンドクリームが付いているポカポカ&すべすべのコースをご用意しています。どうぞこの機会にご利用くださいネ!

   ★アロマテラピー ボディ90分
    &冬のギフト3000円分 12000円 → 10000円

   ★アロマテラピー フェイシャル&バック120分
    &冬のギフト3000円分 17000円 → 13000円

   ~冬のギフトは下記のいずれかをお選びください~
      A. 飛騨高山産アロマYUICAバスセット
      B. Dr.ハウシュカハンドクリームセット

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »