クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月30日 (日)

玄牝(げんぴん) ~生まれてきてくれてありがとう!!!!!

Genpin 幸せなお産が日本を変える!

の著書、吉村正先生のドキュメンタリー映画、素晴らしいですね★

「出産」を経験する人生を選ぶならば、こういう「命の誕生を迎える現場」があることを、女性であれ男性であれ、知ることはできるのは、映像がもたらした恩恵だと思います。

とはいえ、吉村先生のおっしゃる通り、命への取り組みは、憧れだけでは実現しません。

自然療法に関わる私にとっても、この、かつては当たり前であっただろう、日本の自然なお産を実際に行うことは、本当に難しいことだと実感します。

そして、どのような出産であっても、命の尊さは変わらない。

命と向き合って生きている分だけ、幸せも身近に感じることができる、という事実だけは、普遍的な自然の法則なのだと、改めて感じることのできるドキュメンタリー映画でした。

ぜひ皆様も、ドキュメンタリー映画「玄牝をご覧になって、感想をお聞かせくださいね!

下記、飛騨高山の国産精油yuicaさんの学者肌のスタッフさんが送ってくださったコメントを紹介します。

「げんぴん」とは、なんだか不思議な響きだとおもっていましたが、
ありがた~い、お言葉なのですね。

谷神不死 是謂玄牝
玄牝之門 是謂天地根
緜緜若存 用之不勤

…谷神(こくしん)は死せず。これを玄牝(げんぴん)と謂(い)う。
玄牝の門、これを天地の根(こん)と謂う。
緜緜(めんめん)として存(そん)する若(ごと)く、これを用いて勤(つ)きず。

老子の言葉。道教ですね。
受験勉強で訳も分からず覚えさせられた記憶がよみがえってきました。

人間はどんなに文明社会を発展させても、生物であり、自然の一部である。。。
人間のプリミティブな部分をもっと大切にして生きるべきであると、かねがね思っております。

っが、、、

生き物としての肉欲的な人間、一方の、崇高な精神を持つ存在としての人間。
この正反対の価値観の相克に苦しむのも、やっぱり人間。。。

道教の思想に興味が出てきましたので、早速、amazonで「老子入門」を注文してしまいました。

玄牝から、自然なお産を志す方もいれば、老子に目覚める方もいる!

これぞ、人生ですね。

私は、ますます、出産という命をつなぐ役割を持つ女性性に、更なる畏敬の念を強めるのでありました。

yuicaさんの、日常ブログも、私たち都会人にとっては、感激のページばかりです。
http://www.sei-plus.com/blog/

去年、イエスキリストさまの誕生日という同じ日に、一緒に見に行ったミキョンさんのブログもお薦めです★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年1月27日 (木)

ホメオパシーのイベントのお知らせと木星の動き

Teru_sinoyama 23日に、木星が牡羊座に入りましたね!

この頃を境に、否応なしに、今までのやり方を手放す、という機会を得たという話を多々聞きます。

柔軟性が求められる時期なので、ここはひとつ、今までのやり方にこだわらずに、今、わたしの目の前で起きていることを全て信じる戦略をとってみてはいかがでしょうか?

この、木星が牡羊座に移動したという天体の動きの真実は、新しいことに取組むいい時期であることを教えてくれています。

古いものには執着せずに、手放す時期とも言えますネ★

ユピテルさんのブログ「木星の牡羊座移行」はとっても参考になると思います。

新たな天体の動きが、皆様にとってさらなる幸せへの扉であることを心より祈っています!

さて、今回は改めて違う視点から、ホメオパシー絡みのお知らせを下記に。

★★ハーネマン・フォーラムからのお知らせ★★

ホメオパシーの必須本「オルガノン」と「慢性病論」に関する勉強会を開催します。
案内人には、古典ドイツ語からこれらの本を翻訳された澤元亙さんをお迎えしています★

原典を翻訳するというのは、本当に気の遠くなるような作業です。単語一つをとっても、
どの日本語を使うかは当時の背景、文化の違いなどなどさまざまなことを調べて、咀嚼していく必要があります。

澤元さんは、錬金術、博物学、民間療法の古典の翻訳紹介に従事。パラケルススやプリニウスの翻訳にも取り組んでいらっしゃいます。

大槻真一郎先生のお弟子さんとだけあって、真面目な人柄もとっても魅力的です。
是非この機会に、翻訳者からの豊富な情報を直接受け取ってくださいネ!

●●●ドイツ人医師「ハーネマン」入門 PART1●●●
 ~ 歴史的に読み解く「オルガノン」

日時:2月19日(土) 14時~16時
場所:京王線国領駅 調布市民プラザあくろす研修室2
案内人:澤元亙さん(オルガノン原文訳者)
参加費:3千円

●●●ドイツ人医師「ハーネマン」入門 PART2●●●
 ~ 痒みは全ての原因?「慢性病論」誕生の背景

日時:3月6日(日) 14時~16時
場所:京王線国領駅 調布市民プラザあくろす会議室2
案内人:澤元亙さん(オルガノン原文訳者)
参加費:3千円

★参加者の方への本の割引特典★

澤元さんのご厚意で、当日ご本を下記の
価格でお譲りしていただけることになりました!
ご入用の方は、その旨もご連絡くださいネ。
(3月6日のご連絡までの適応です)

●医術のオルガノン第六版(サミュエル・ハーネマン著)
  定価4,515円 → 4,000円
●慢性病論 第2版 (サミュエル・ハーネマン著)
  定価4,200円 → 3,500円
●ホメオパシック・ラブストーリー(リマ・ハンドリー著)
  定価3,675円 → 3,000円
●医師の迷宮(パラケルスス著)
  定価3,990円 → 3,000円

本の紹介は追って、UPします♪お楽しみに!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★★Quintessence Homeopathyからのお知らせ★★

ルーマニア出身で、医学博士、ホメオパスとして
ご活躍のミハエラさんからのお知らせです。

「ホメオパシー茶話会@HOLY SHOP月船」

~ホメオパシーとヒーリング~
開催日 2011年2月5日(土)
時間  13:00~15:30
参加費 2000円(講座代+お茶付き)
お申し込み・お問い合わせ先
  quintessence.homeopathy@gmail.com
詳細:


ミハエラ先生のヨーロッパ流ホメオパシー哲学と、赤石先生の優しく実践的なホメオパシーを両方楽しめます。

来場者の皆さんのニーズに合わせた話を織り交ぜながらの2時間半です。ご期待ください。

女性の先生を囲んでの会。
気さくに参加できるので、ホメオパシーにご興味のある方や活動を考えている方のヒントになると思います♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

株式会社Satvik・小川アムチ薬房主宰のドキュメンタリーフィルム「素顔のチベット医学」を観て参りました。

その歴史の長さもさることながら、チベット医学のバイブル「四部医典(ギューシ)」を暗誦することや、菩提心を持ってあたる治療を基本としているという話は感動しました。

ホメオパシーには、オルガノンという基本の哲学と理論がありますが、アロマテラピーにはないなぁと、歴史の違いに比例するかのような自由な療法の在り方に改めて感じいるところもありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★★日赤緩和ケア研究会からのお知らせ★★

2011年2月9日(水) 17:30~

場所「日本赤十字社医療センター 病棟3F」
テーマ:悪い知らせの伝え方
お話手:高橋尚子先生(日本赤十字社医療センター緩和ケア科医師)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上です。

写真は、まさに時代の流れに乗っている生き方を実践されている方からの、京都篠山からの雪のワンショットです★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年1月17日 (月)

ハーネマン・フォーラム「ハーネマン入門」

お待たせしました!
久しぶりにハーネマン・フォーラムを主宰させていただきます。

★★★ハーネマン・フォーラムのお知らせ★★★

ホメオパシーの必須本であるオルガノン慢性病論に関する勉強会を開催予定です。

案内人には、古典ドイツ語からこれらの本を翻訳された澤元亙さんをお迎えしています。

当時の学校医学をおさめながらも、「真の治癒」に生涯をささげたホメオパシーの祖「サミュエル・ハーネマン」という偉人の思想に触れる内容は、自然療法に関わりのある方にも役に立ちます。

ホメオパシーを既に学んでいる方はもとより、ハーネマン入門としても楽しめる内容です。気軽にご参加くださいね!

●●ドイツ人医師「ハーネマン」入門 PART1●●
 ~ 歴史的に読み解く「オルガノン」

日時:2月19日(土) 14時~16時
場所:京王線国領駅 調布市民プラザアクロス 研修室2
http://www.chofu-across.jp/index.html
案内人:澤元亙さん(オルガノン原文訳者)
参加費:3千円

ホメオパシー医学の基礎となる書「オルガノン」。
オルガノンの第一章は、
「治療者のただひとつの目的は、病気を治癒させること」
から始まります。

今回は、ハーネマンが生きた時代(約200年前)の医学背景を踏まえながら、当時の医学書にいかに影響を受けながらホメオパシーの基礎を築いていったのか?に迫ります。

ハーネマンの多様性、柔軟性、神秘性など、科学者としての新たな一面を原文訳者の澤元さんの案内で読み解きます。

●●ドイツ人医師「ハーネマン」入門 PART2●●

 ~ 痒みは全ての原因?「慢性病論」誕生の背景

日時:3月6日(日) 14時~16時
場所:京王線調布駅   調布たづくり 601号室
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=6368
案内人:澤元亙さん(慢性病論原文訳者)
参加費:3千円

もう一つのホメオパシー基本の書「慢性病論」。
現代に出回っている慢性病論は、ハーネマンが記述した書をまとめて編集したもの。原文は文書だけで、小見出しなどは後の世代が読みやすくするためにまとめられました。

ハーネマンがパラケルススやヒポクラテスなどの古代の医師だけではなく、共感できる同世代の医学を自身の理論に取り込んでいた背景やその柔軟性を、「慢性病論」の書から読み取ります。

以上です。お申し込みは、ハーネマン・フォーラムkupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

皆様のご参加お待ち申し上げます。

ホメオパシーに興味のある方であれば、どんな方でもお楽しみいただけるかと思います♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年1月14日 (金)

2011年のテーマ&冬のセミナーのご案内

Dscf5078 毎日澄んだ青空が広がる一方、寒さと乾燥が激しいです、どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね!

世界中で様々な自然災害が広がる中、何事もない一日を過ごせること自体、本当に奇跡の様な事。そのことに感謝しつつ、被災地の復興を心よりお祈りしています。

さて、2011年の1月もすっかり中盤となってしまいましたが、今年はどんな年になりそうですか?

私の今年のテーマは、「絆」と「整理整頓」です。

お友達には、小学生のよう、とほめられ(?!)ました(笑w笑)。
みなさまのテーマも、ぜひ、教えてくださいね!

そして、今年はハーネマン・フォーラムをはじめ、本業であるアロマテラピーのイベントも企画しています。皆様のご参加を心よりお待ちしています!

まずは、私の主宰ではありませんが、貴重なイベントをご紹介します。

去年秋に、自然療法仲間にご紹介していただいたチベット医アムチである小川康さん。小川さんは、1999年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組んで、その後10年現地にてチベット医学を学びます。

そして、外国人としてはじめてダライラマに認められたアムチ(チベット伝統医学医師)の資格を持つ日本人。

やっぱり、どこか変で、普通ではありません(笑w笑)←もちろん悪い意味ではないですよ~★

深い洞察と人間愛にあふれた思想が身についていて、私も小川さんとの出会いによって、一皮脱皮できた気がします。

皆様にも、ぜひ「小川アムチ」ワールドを体験してみてほしいので、足を運んでみてくださいね。新たな世界が、きっと広がります。

★★★小川アムチさん関連のイベント★★★

1)チベット医学の日常を綴る
  ドキュメンタリーフィルム上映会「素顔のチベット医学」

 ~インドにアーユルヴェーダがあるように、チベットにも伝統医学がある

Film

 日時:2011年1月22日19時~21時
 場所:調布たづくり 映像シアター(8階)
 参加費:3800円 ※要事前予約前金制
 主宰:株式会社Satvik・小川アムチ薬房

 詳細:素顔のチベット医学

 自然療法に興味のある方にとっては、かなり貴重な会だと思います。

2)日赤アロマテラピー研究会 1月

 テーマ:チベット医学のアロマセラピーとハーブ

 日時:2011年1月26日(水)18:00~19:30
 場所: 日赤医療センター 第3講堂
 参加費:1000円

 講師  小川 アムチ 氏
 本名:小川 康(おがわ やすし)
 東北大学薬学部卒、薬剤師、チベット医、長野在住

 詳細:日赤アロマテラピー研究会

Ogawa

小川さんは、普段小諸にお住まいなので、東京でいろいろとお話を聞ける貴重な機会です!小川さんのサイトはこちらから

★★★月経美心関連★★★

Moone 今年も定期的に取り組んでまいります。
まだ、という方はどうぞご参加ください。
また、リピートの方は、狛江のサロンでの開催に限り、半額でお受けいただけます。

2月21(月) 13:00~14:30

   月経美心 ハーブとアロマテラピーのケア
   at 生活の木(表参道)

今年は、春以降に、「月経美心」公認パートナー講師 養成プログラムにも取り組む予定です。

自然療法、自然治癒力、経皮毒など、月経美心の木を知識を学びます。
地味な活動ではありますが、一緒に情報発信をしてくれる方にご参加いただければ幸いです。

お申し込みは、kupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

★★★アロマテラピー関連★★★

Img_4854small

1)にしがわ大学の授業を担当させていただきます♪

「ホリスティック・アロマテラピー」~心と身体にバランスを

期日 :2011年2月12日(土) 10:30〜13:30
教室 :調布市民プラザ「あくろす」2F 会議室1
場所 :東京都調布市国領町2-5-15 コクティー 京王
線国領駅より徒歩1分程度
LINK :http://www.chofu-across.jp/

定員 : 15名 (応募者多数の場合抽選、2月2日(水)
申込締切予定)
癒され代:500円(会場・材料代)
 ※参加者はバスタオルとフェイスタオルを持参
協賛 :yuica(アロマオイル)
先生 :樋渡志のぶ (ひわたりしのぶ)
授業コーディネーター : 天野 洋嗣

■テーマ
日本人に馴染みのある香りを使った癒しの授業。身体 だけでなく心とのバランスを引き出すことが自分にとっての「癒し」への入口になります。ホリスティック・アロマ&ハーブを理解して自分らしい癒される時間を見つけましょう。

■対象者
ホリスティック・アロマテラピーにご興味のある方、 癒されたい方

2)お産当日リラックスオイル&アロマテラピーで花粉対策

日時:1月25日(火)10時~11時半

金子レディースクリニック(東京都調布市)さんで、毎月第四火曜日の10時~、妊婦さん&産婦さん向けのアロマテラピー講習会を開催しています。

詳細はこちら

3)高山林太郎の世界 「ラベンダーのすべて」

日時:2月24日(木)11時~14時
参加費:3000円(ランチお弁当代込)
場所:クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(狛江市)
人数:4名迄

84 アロマテラピー業界の翻訳の巨匠、高山林太郎先生。

人生・アロマテラピーの大先輩である高山林太郎先生に、アロマテラピーの基礎を含め、違う視点で、アロマテラピーを学ぶ術を教えていただきます。

今回は、アロマテラピーにおいて大いなる貢献をしているラベンダーについて学びます。

人生の経験豊かな辛口先生を囲んでのフリートークランチタイム付。
お申し込みは、kupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

皆様のご参加をお待ちしています!

ハーネマン・フォーラムは、素晴らしい案内人をお迎えしての会になります。
また別途ご案内します★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »