クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 春の玄米菜食mikyung cafe【2011/3/26】 | トップページ | ゼロカーボン社会は可能なのか »

2011年2月11日 (金)

チベット医学絵解き講座 全六回 at 狛江&小諸

Dsc02399 去年ホメオパシー仲間と訪れた小諸での出会いから、不思議なご縁をいただいている小川アムチさん。

この春から、狛江のクプクプにて、チベット医学絵解き講座(全六回)を開催していただける運びとなりました★

下記案内です

チベット医学絵解き講座(狛江市&小諸) 全六回

八世紀、神秘の国チベットで編纂されたというチベット医学聖典・四部医典は17世紀に80枚の絵解き図として表わされ、民衆にとってより分かりやすく親しみやすいものになりました。

本講座では絵解き図をテキストに用いて四部医典を一通り学ぶとともに、仏教、歌、風習など多様なチベット文化の世界にみなさまをご案内します。

講師: アムチ小川 (アムチとはチベット語で、お医者さんという意味です)

富山県出身。1970年生まれ。東北大学薬学部卒。薬剤師。
2009年3月、10年間に及ぶ現地での修業を終え正式なチベット医・アムチとして認められる。帰国後、薬草が豊かな小諸に魅せられてアムチ薬房を開設。

会場: 狛江市 クプクプ ホリスティックアロマセラピーサロン
時間: 19時~21時
料金: 4000円×6回(単発4500円) 定員5名迄
     ※小諸での宿泊研修では、交通費・宿泊費・野草観察会が別途かかります

講座予定:

※状況により前後に変更になる可能性もあります、ご了承ください

4月1日(金) 第一回 チベット医学の基礎概念
4月22日(金)第二回 チベット医学の病理と診断
5月13日(金)第三回 チベット医学の治療法
6月3日(金)第四回 チベット医学の養生法。(日常の心得。食事。占星術)
7月1(金)~2日(土)小諸にて宿泊研修(日本の野草観察会)
第五回 チベット・ヒマラヤの薬草
第六回 チベットの精神医学・倫理学

案内終わり。

今回は、レイキとフラワーエッセンスで深いつながりを持つ、ソウルメイトのような友人の強いリクエストと、アムチさんのおっしゃるように、この時代に残された奇跡のような「チベット医学」に好奇心をそそられ、実現する運びとなりました。

余談になりますが、ホメオパシーの勉強を通して、良くも悪くも(笑w笑)、大きく成長した私は、今まで学んできたものを還元すべく、新しい勉強会は控えようと思っていたので、つくづくご縁とは、ありがたく不思議なものです。

「チベット医学って、昔ながらなのに、今の医学で忘れられてしまった大切なものが詰まっていそう」

「チベット医学に、何かヒントがある氣がする☆」

とは、友人の言葉。私もその通りだと思います★

ご興味のある方はお早めにどうぞ。
☆申込方法:クプクプkupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

自然療法を、もっと身近に感じるお手伝いができれば幸いです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 春の玄米菜食mikyung cafe【2011/3/26】 | トップページ | ゼロカーボン社会は可能なのか »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の玄米菜食mikyung cafe【2011/3/26】 | トップページ | ゼロカーボン社会は可能なのか »