クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月24日 (木)

第1回 コペルニクフォーラムのお知らせ

いつもお世話になっている六本木ヒルズの「メイスガーデンスパ」さんからのお知らせです。

私事ですが、今年1月に、タンザニアでAIDSの人たちに対し、ホメオパシーの活動をしているジェレミーさんのお話を聞いて以来、世界の広さと狭さを感じる不思議な感じに陥っております。

このイベントは、日本人として何ができるのか、改めて考えるいい機会になりそうです。

私も参加する予定なので、ご興味のある方は、ぜひご一緒しましょう★

━◆◆◆ 第1回 コペルニクフォーラム ◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━
 「途上国における国際開発とイノベーション」のご案内
  3月11日(金)19:00開催! 
 お申込みフォーム⇒http://bit.ly/hU4uPV
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、米国NPOコペルニクでは、「コペルニクフォーラム」と称したシリーズイベントを開催することとなりました。これは、「テクノロジー」「途上国支援」「イノベーション」などコペルニクが取り組むキーワードについて、第一線で活躍されている様々な分野の方をお招きし、パネルディスカッションを通じて課題への取り組みやアプローチ、トレンドなどを共有することを目的としてい
ます。

第1回のテーマは、「途上国における国際開発とイノベーション」。代表の中村とパネラーが途上国の現場での経験を通じ、イノベーション・挑戦・私たちにできることなど語ります。皆様のご参加をお待ちしております。

                記
【日時】 2011年3月11日(金)19:00~21:30
【場所】 六本木ヒルズ ハリウッドビューティプラザ4F May's Club Room
  東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズ
  交通アクセス:http://www.roppongihills.com/guide/

【主催】 米国NPO法人コペルニク
【プログラム】
18:30 開場・受付開始
19:00~19:10 オープニング~コペルニク紹介
19:10~19:15 See-d Contest紹介
19:15~20:05 パネルディスカッション
 パネリスト: 中村俊裕 米国NPOコペルニク 共同創設者・CEO
        荒川博人 国際協力機構(JICA) 上級審議役
        功能聡子 ARUN, LLC. 代表
 モデレーター:塩田真弓 *ワールドビジネスサテライトを担当されて
        いたテレビ東京報道局の塩田さんが、友情出演として進
        行役をお引き受けくださいます
20:05~20:10 パートナー企業紹介
20:10~20:15 クロージング
20:15~21:30 懇親会

【参加費】 4,000円
※参加費には、懇親会費とコペルニクへの寄付が含まれます。

【お申込み】
下記サイトより、お申込みフォームにご記入のうえ、お申込みください。
http://bit.ly/hU4uPV ※定員100名(先着順)

【パネリストご紹介】

中村俊裕 米国NPOコペルニク 共同創設者・CEO
http://www.thekopernik.jp/
国際開発援助で10年の経験をもつ。 東ティモール、インドネシア、シエラ
レオネ、ニューヨーク、ジュネーブを拠点とし、主に国連開発計画で働く。
主にガバナンス改革、平和構築、自然災害後の復興(スマトラ沖地震など)、
国連改革などに従事。その経験からコペルニクを立ち上げた。2010年、
クリントン・グローバル・イニシアティブ参加。前職はマッキンゼー東京支社
で経営コンサルタント。
京都大学法学部卒業。英国ロンドン経済政治学院で政治学修士号取得。

荒川博人 国際協力機構(JICA) 上級審議役
http://www.jica.go.jp/
一橋大卒業後、海外経済協力基金に採用。これまでフィリピン、インドの事務所
勤務を経て、1990年には業務2部第3課長(バングラデシュ・スリランカ担当)、
1992年に総務部業務課長、1994年に業務第3部第1課長(東欧 ・旧ソ連諸国
等担当)となる。2001年からはワシントンに駐在。帰国後、国際協力銀行開発
第2部次長(中国、インドほか南アジア担当)。その後、NGO・地方公共団体連
携担当審議役、開発第1部長(ASEAN諸国等担当)、開発業務部長、専任審議役、
開発金融研究所所長を歴任。2008年10月、新JICA発足後は上級審議役(国際
連携等を担当)に就任し、現在に至る。
上記以外には、1996年から99年までコロンビア大PEPM(経済政策・管理プロ
グラムの修士コース)の外部評価委員、最近では2001年よりWorld Economic
Forum(ダボス会議)のGlobal Agenda Council委員、2010年世銀GDLN理事、
2010年Growth Dialogue評議委員に就任。

功能聡子 ARUN, LLC. 代表
http://www.arunllc.com/
10代の頃、ネパールの山村で医療活動を行う日本人医師夫妻、エクアドルの
高地で宣教師として働く女性の話を聞き、異国の地で現地の人と共に生活する
姿に憧れを抱く。国際基督教大学(ICU)卒業後、民間会社勤務を経て、念願の国
際協力の世界へ。アジア学院(栃木県)でアジア・アフリカの草の根ワーカー
のリーダー育成に従事。1995年より10年間カンボジアに在住し、NGO/JICA/
世界銀行などの業務を通して、カンボジアの復興・開発支援に携わる。カンボジ
ア人の社会起業家との出会いからソーシャル・ファイナンスに目を開かれ、その
必要性と可能性を確信しARUNを設立。寄付でなく、従来の投資でもない、社会
的投資により、途上国の人々のエンパワーメントと持続的な発展につながる新し
い開発協力のスキームを構築したいと考えている。
主催団体)米国NPOコペルニクについて:
コペルニクは、オンライン・マーケットプレースを通じて、テクノロジーを
所有する企業や大学、途上国の市民団体、そして一般市民の3者をつなげ、
革新的な技術・製品を、発展途上国へと届けます。

詳しくはコチラ http://www.thekopernik.jp/

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年2月21日 (月)

にしがわ大学

Nishiyuica2

2月12日(土)に、調布にて開催されたにしがわ大学の授業。

今回は、

「ホリスティック・アロマテラピー」~心と身体にバランスを

というお題で、先生役をお勤めさせていただきました。

雪の降る中、お集まりいただいた皆様、また会を主宰してくださったにしがわ大学のボラティアの皆様、本当に有り難うございました。

今回は、授業コーディネーターの天野さんの提案で、
私自身も出逢ってからすっかり大ファン♪の飛騨高山生まれの「yuica」をご紹介させていただきました!

ひのきやミズメザクラ、黒文字をつかったハンドトリートメントは大絶賛!

「実際に、飛騨高山の森に訪れてみたい!」

「家族や同僚に気軽にやってみたい!」

「もうすでに何の精油を買おうか迷っている!」

「海外の香りが好きだと思っていたけど、国産香りを知って、思い込んでいただけだときづいた」

などなど、皆様の多彩な感想をお伺いすることもできて、私も時間を共有させていただいて、とっても嬉しかったです。

本当に有り難うございました。

精油は、yuicaの公式ページから購入できます★

オークビレッジや、カリス成城などでもお取り扱いがあるので、本物の香りに触れて、「日本の森」を楽しんでくださいね!

にしがわ大学の裏にわ大学yuicaさんのブログでも、下記の様にレポートしていただきました。

Nishiyuica

そして感動的なのがこの演出!!

2~3メートルも積もっている飛騨高山から、

ひのき、すぎ、みずめざくら、あすなろ、もみ、くろもじ、においこぶし

のブーケが届きました。感動です。有り難うございました★

さらに、中央にあるのが、においこぶしの葉っぱのお茶。

さわやかな風味が、お茶って、葉っぱなんだ!!という当たり前のことを思い出してくれると同時に、日本の豊かな森を体験できる素晴らしい機会になりました。

ぜひみなさまも、気軽にアロマテラピーを楽しんでくださいね♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年2月14日 (月)

ゼロカーボン社会は可能なのか

Nicover438 広告に依存せず、読者の購読によって支えられている雑誌ニュー・インターナショナリスト・ジャパン

【2010年12月号 No123】は、自然環境と私たち人間の破壊の現実に悩む方々には必見の内容です。

***

自然療法の愛好家として活動していると、私の食べているもの、生き方に至るまで、すごくこだわっているという印象を持って下さっているということを実感する今日この頃・・。

自然療法をどれだけ実践していても、現実の私は、お酒好き&遊び好き&人好きの、単なる一庶民であることは変わらず、その期待をどれだけ裏切っているのかと反省を感じこともしばしばあります。

出来る限りの無駄を省こうと思ってはいても、電気と石油に頼って生活が成り立っている都市現代人であることは変わりありません。

そこには、必ず奪っている者だけが気がつかないからくりがあることを頭では理解していても、便利な生活を手放せない自分がいるのです。

今回のニューインターナショナリストの記事も、そんなことを改めて思う記事でした。

けれども、そういう都会の便利からの脱出を試みて生活している人々の記事も紹介されており、新たな視点を教えてくれる内容でした★

私たちの人生を変えるのは、私たち自身。どうぞ、新たな視点をもたらしてくれるNIを手に取ってみてくださいね。

***

以下、雑誌ニュー・インターナショナリスト・ジャパンさんのメルマガから一部引用。

【2-1】NI最新号<2010年12月号>
 ゼロカーボン社会は可能なのか
 Zero carbon world - Can it be done?
------------------------------------------------
過去とは違う未来。

それは、どのような未来を描くかにかかわらず、私たちが追い求めてきた社会のあり方ではないでしょうか。
今回チュニジアから始まり、エジプトで起こった劇的な変化も、人々がそれを求めて、それに向けて行動した結果の出来事だったと言えるでしょう。

この12月号で追い求めているのは、化石燃料を使わない持続可能なエネルギー源と暮らし方。

そのような社会の実験場となっている英国の「代替技術センター(CAT)」の様子や、CATが発表した意欲的な報告書『Zero Carbon Britain 2030』の紹介から、私たちが炭素不使用社会に向けてすべきことのポイントや、すでにそんな未来に向けて取り組みを始めている「ユートピア的コミュニティー」の紹介まで、未来の入口に立つための動き探っています。

http://www.ni-japan.com/webold/jbody438.htm

日本版では、適正な技術による問題解決ついて考えるため、「適正技術でアジアをつなぐ」をモットーに活動する特定非営利法人APEXに話を聞きました。地球温暖化は技術が解決してくれると思いがちですが、きちんとした検証なしに(怪しげな)新技術を導入すれば、効果が不明なだけでなく、新たな問題を引き起こしてそれが後戻りできないほどの環境問題につながる可能性もあるのです。

http://www.apex-ngo.org月号のオンラインリポート
「ゼロカーボン社会への道 ─ その現実と課題」
http://www.ni-japan.com/report/onlineRep/topic438.htm

●12

------------------------------------------------
【2-2】次号<2011年1/2月合併号>
 企業ロビー活動の実態
 Corporate lobbying
------------------------------------------------
ビジネスでの利益を損なう動きに対して手を回す企業。
例えば石油メジャーのエクソンモービルは、炭素排出量規制を弱めるため、地球温暖化の現実に疑問を投げかけるさまざまな活動に1,900万ドルを投じた。ゴールドマン・サックス率いる銀行グループは、デリバティブ取引規制を弱めるため、やはりエクソンモービルと似たような活動を行う。次号では、このような企業ロビー活動の現状を報告し、彼らと闘うために何がで
きるのかを探る。

http://www.ni-japan.com/report/nextMonth/jnext439.htm

……定期購読者の方への発送は2月26日の予定です。

------------------------------------------------
【3-1】デモクラシー・ナウ! 連続イベント
------------------------------------------------
この2つのイベントの詳細と申し込みはこちら
http://www.democracynow.jp/event

●映画上映&シンポジウム
日時:2011年3月6日(日)12:30-17:30
会場:東京外国語大学(多磨キャンパス)
   研究講義棟1階 115教室
(予約不要・入場無料)

「君はオーロラを見たか-アイスランドの天国と地獄」
第1部 極北のオーロラ:上映とトーク
映画『溶けてしまった氷の国は・・・』
 Gunnar Sigurdsson(映画監督)
 桜井 均(元NHKプロデューサー・立正大学、立命
  館大学教員・映像ドキュメント代表)
 中山智香子(東京外国語大学) 
第2部 泡と灰と霧: シンポジウム
 伊藤 盡 (信州大学人文学部・日本アイスランド学会員)
 中野真紀子(デモクラシー・ナウ!ジャパン代表)
 西谷 修(東京外国語大学)
 司会:中山智香子(東京外国語大学)

主催:科学研究費基盤研究(B) 生命統治時代の〈オイコス〉再考とポスト・グローバル世界像の研究(研究代表者:西谷修)グローバルスタディーズラボラトリー(GSL)

●上映会&トーク
日時:2011年3月12日(土)13時~16時(開場12時半)
場所:日本キリスト教会館4F 会議室
      東京都新宿区西早稲田2-3-18
      地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩5分
会場費:1,000 円

上映:「統制が強まる中、アイスランドは情報天国を
        めざす」(デモクラシー・ナウ! DVD より)
トーク:「ウィキリークス以後」のメディアの10 年
         に向けて 津田大介さん
ゲスト:津田大介さん+重信メイさん
※現在の中東情勢から、重信メイさんは緊急海外取材で参加できない可能性があります。

主催:デモクラシー・ナウ!ジャパン

------------------------------------------------
【3-2】教材体験FESTA
------------------------------------------------
・ワークショップ版・世界がもし100人の村だったら
・コンビニから考えるわたしたちの暮らし
・おしゃれなアフリカシリーズ
・授業づくりのヒント「水」の授業から
・もっと話そう!平和を築くためにできること
・ケータイの一生
・「ホームレス」と出会う子どもたち

等々、このほかにも多数ある開発、貧困、環境、食、人権などの教材を使ったワークショップを体験し、教材のねらいや実践のこつをつかむことができるイベントです。

日時:2011年3月26日(土)・27日(日)
   各日10:00~18:00
場所:東京YMCA社会体育・保育専門学校
参加費:2日間¥8,000(会員¥6,000)
    1日¥4,000(会員¥3,000)
主催:特定非営利活動法人 開発教育協会(DEAR)

事前申し込みが必要です。
http://www.dear.or.jp/festa2011/index.html

------------------------------------------------
【4】エジプトのムバラク元大統領関連の記事
------------------------------------------------
チュニジアから始まったうねりは、人口がアラブで最大のエジプトを飲み込み、ムバラク政権崩壊にまで発展しました。

盤石な体勢で息子のガマルへの権力委譲を着々と進めてきたムバラク。しかし堰を切ったように流れ出した人々の抑圧されていた思い、要求、希望は、ムバラクの即時辞任以外の選択肢を許しませんでした。

6回もの暗殺を生き延びてきたムバラクがいかにして体制固めを行ってきたのか。そして、今回現地で民衆は、彼に対してどんな思いでどのような行動をとってきたのか。NIの記事とブログで振り返ってみましょう。

Hosni Mubarak
http://www.newint.org/columns/worldbeaters/2009/04/01/hosni-mubarak/: the father of all killjoys
http://www.newint.org/features/web-exclusive/2011/02/04/mubarak-the-father-of-all-killjoys/

Mubarak

≪また来月もお楽しみに≫

■ニュー・インターナショナリストについて■

「New Internationalist(NIエヌアイ)」は、南北問題について広く世界に問いかけるために、英国の非営利団体(オックスファム、クリスチャン・エイド、キャドバリー財団、ラウンツリー財団)の支援によって1973年に創刊された英文国際情報月刊誌です。1980年代より協同組合として独立して活動しています。

NIマガジンは、欧米主要メディアとは異なる切り口と、南の国々、草の根、社会的弱者などの視点から世界情勢を報道・分析するオルタナティブなメディアです。

NI日本版は、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に構成し、日本の情報を加えて発行しています。

詳しくはこちら
http://www.ni-japan.com/jintro.htm

************************************************
ニュー・インターナショナリスト・ジャパン
 〒182-0035 東京都調布市上石原1-36-6-303
   TEL/FAX:042-498-3126
        http://www.ni-japan.com

【当メルマガやNIマガジンに関する
        ご意見、ご感想をお寄せください】
  mlmag■ni-japan.com(■を@に変更)
************************************************
◎NI-Japan <オルタナティブニュースマガジン>
  のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000096598/index.html

以上引用おわり。

発送ボランティアに参加すれば、色々と直接生の情報を知ることができるので、都合が合えばぜひ足を運んでみてください♪直接のつながりは何よりも大事です。

大多数、マジョリティが悪いとは決して思いません。ただ、もし現実にある情報に葛藤が生まれたとき、まことしやかに出回っている世間一般の情報に、自分の魂を明け渡してしまわないように。真実に触れることのできるNIのような雑誌の記事で、良心の栄養を培ってあげてくださいね。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年2月11日 (金)

チベット医学絵解き講座 全六回 at 狛江&小諸

Dsc02399 去年ホメオパシー仲間と訪れた小諸での出会いから、不思議なご縁をいただいている小川アムチさん。

この春から、狛江のクプクプにて、チベット医学絵解き講座(全六回)を開催していただける運びとなりました★

下記案内です

チベット医学絵解き講座(狛江市&小諸) 全六回

八世紀、神秘の国チベットで編纂されたというチベット医学聖典・四部医典は17世紀に80枚の絵解き図として表わされ、民衆にとってより分かりやすく親しみやすいものになりました。

本講座では絵解き図をテキストに用いて四部医典を一通り学ぶとともに、仏教、歌、風習など多様なチベット文化の世界にみなさまをご案内します。

講師: アムチ小川 (アムチとはチベット語で、お医者さんという意味です)

富山県出身。1970年生まれ。東北大学薬学部卒。薬剤師。
2009年3月、10年間に及ぶ現地での修業を終え正式なチベット医・アムチとして認められる。帰国後、薬草が豊かな小諸に魅せられてアムチ薬房を開設。

会場: 狛江市 クプクプ ホリスティックアロマセラピーサロン
時間: 19時~21時
料金: 4000円×6回(単発4500円) 定員5名迄
     ※小諸での宿泊研修では、交通費・宿泊費・野草観察会が別途かかります

講座予定:

※状況により前後に変更になる可能性もあります、ご了承ください

4月1日(金) 第一回 チベット医学の基礎概念
4月22日(金)第二回 チベット医学の病理と診断
5月13日(金)第三回 チベット医学の治療法
6月3日(金)第四回 チベット医学の養生法。(日常の心得。食事。占星術)
7月1(金)~2日(土)小諸にて宿泊研修(日本の野草観察会)
第五回 チベット・ヒマラヤの薬草
第六回 チベットの精神医学・倫理学

案内終わり。

今回は、レイキとフラワーエッセンスで深いつながりを持つ、ソウルメイトのような友人の強いリクエストと、アムチさんのおっしゃるように、この時代に残された奇跡のような「チベット医学」に好奇心をそそられ、実現する運びとなりました。

余談になりますが、ホメオパシーの勉強を通して、良くも悪くも(笑w笑)、大きく成長した私は、今まで学んできたものを還元すべく、新しい勉強会は控えようと思っていたので、つくづくご縁とは、ありがたく不思議なものです。

「チベット医学って、昔ながらなのに、今の医学で忘れられてしまった大切なものが詰まっていそう」

「チベット医学に、何かヒントがある氣がする☆」

とは、友人の言葉。私もその通りだと思います★

ご興味のある方はお早めにどうぞ。
☆申込方法:クプクプkupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

自然療法を、もっと身近に感じるお手伝いができれば幸いです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年2月 4日 (金)

春の玄米菜食mikyung cafe【2011/3/26】

Mikyon 久しぶりに、玄米菜食お料理教室mikyung cafe(ミキョンカフェ)を開催していただけることになりました★

ミキョン先生を迎えてのお料理教室は、

・食材を選ぶこと
・お料理を作ること
・命をいただくこと

の大事さを改めて学び、自然循環農法やマクロビオテックの哲学がちりばめられた「お料理」の時間です。

自然療法の基礎となる食事の在り方を、菜食料理研究家のミキョンさんを囲んで一緒に楽しく学びましょう♪

今回は、春らしいメニューとして、お腹とお肌に優しいメニューを用意してくれました!

ぜひこの機会に、ミキョン先生を囲んでの楽しいひと時をお過ごしくださいネ。

「春の野菜とサンドイッチランチ」

☆テンペの照り焼き風サンド(手作りピタパン)
☆新人参とくるみのサラダ
☆押し麦と春野菜のスープ
☆豆乳いちごプリン
☆飲み物つき

手作りのピタパン(みんなで作ります)に野菜と照り焼きテンペをはさみ、豆腐マヨネーズでいただくサンドイッチをご紹介します。

まだ肌寒い春のスタートに、ほっこり暖かい野菜たっぷりのスープを添えて、冬から春へ草木が芽をだし伸びていくように、私たちの体と心も少しずつ伸びをしていきましょう♪

☆2011年3月26日【土】 11時~14時

☆参加費:3500円

☆持ち物:エプロン、筆記用具

☆定員:4名

☆申込方法:クプクプkupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

天気がよかったら近くの公園で、太陽の下で頂きましょう!

~ミキョンさんの紹介~

麻布の学童で子供たちのために手作り料理を提供する傍ら、フランスでの料理修業やマクロビオティックを学び、お野菜中心の優しい癒しの味をわかりやすく紹介してくれます。

『mikyung cafe』のお料理ノート

くりもと地球村や、ナズナの会を紹介してくれたミキョンさん。

実は、私との関係は中学生の頃から・・。男女だったら間違いなく、結婚していたくらいの仲だと思います(笑w笑)

3月12日は、ミキョンさんと一緒にくりもと地球村に日帰りで農業体験に行く予定です。
ご興味のある方は、連絡くださいネ。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年2月 1日 (火)

上関原発の中止を求め、若者がハンガーストライキを行いました

Chisiritu 去年、「祝の島」の映画で紹介した上関原発について、待ったなしの状況になりました。

どうか皆様の応援をよろしくお願いいたします。

【速報】山口県庁前で上関原発の中止を求め、若者5人がハンガーストライキを行ってます!

↑参考サイト:http://greenz.jp/2011/01/27/hungeryboy/

STOP:みんなの力で中国電力の「上関原発建設計画」を白紙撤回させよう!

↑参考:http://stop-kaminoseki.net/

何世代にも渡り、瀬戸内海の恵みで漁業を営み、岩山を開墾して農業を行ってきた地元の方々の同意が取れないまま「上関原子力発電所」の計画が進めば、海、森、海も死に向かい、生物もみんな失われてしまいます。

もうこれ以上、破壊に関することにお金や労力を使わないでください。

今、手元に在るものを大事に使い、命を尊重し合って生きる道を、今こそ日本人が先頭を切って、次の世代に残していかなくてはいけないのです。

未来の子供達に残すのは、お金をかけないと維持できない人工的に作られた設備ではなく、命の共生に満ちた自然です。どうか、上関の美しい自然を、全ての地球に住む人、宇宙のために、残してください!そのために、今一度、再検討を、切に願います。

何でもいいです、皆様のできることを何か行動で、彼らに、未来の日本のために力を貸してください。

ドキュメンタリー映画、「ミツバチの羽音と地球の回転」は、渋谷のユーロスペースで2月19日より4週間、劇場公開されます。真実を知ることは、インターネット社会に生きる私たちにとって、大切な使命です。

画像は、STOP:みんなの力で中国電力の「上関原発建設計画」を白紙撤回させよう!のサイトからお借りしました。

上関原発で大事故が起こった場合の急性死の発生確率予測
上関町  約100%
田布施町・平生町  約95%
光市・柳井市  約80%
下松市  約30%
京都大学原子炉実験所の資料より

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »