« 地震酔いの対策 | トップページ | アロマテラピーでできること »

2011年3月21日 (月)

放射能被曝について

私の住んでいる東京では、今日雨が降りました。
どうか、雨にぬれた時の対策をしっかりと。
チェリノブイリの悲劇を、知らなかったということのないように。
予防に勝る治療はありません。

福島では、水道水の放射性物質が通常の3倍という発表されています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000017-jij-sociより引用

水道水の放射性物質、基準の3倍超=福島・飯舘村で検出―厚労省
時事通信 3月21日(月)5時33分配信

 厚生労働省は21日未明、福島県飯舘村の水道水から1キロ当たり965ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたと発表した。国の原子力安全委員会が飲料水について定めた基準(1キロ当たり300ベクレル)の3倍を超えており、飯舘村は同日朝から、住民に飲まないよう呼び掛け、村内約20カ所の集会所で9.6トン分のペットボトル入りの飲料水を配った。厚労省は「一時的に飲用しても、直ちに健康への影響は生じない」としている。
 福島県によると、村には住民約4000人が残っている。村は1日当たり10~15トンの飲料水の供給を県に要請。県は21日、9.6トン分のペットボトル飲料水を送ったほか、22日以降、1週間から10日分の飲料水として、約150トン分のペットボトルを送る。
 飯舘村の一部は、事故が相次ぐ福島第1原発の30キロ圏内にあり、屋内退避の対象地域。一部の住民は栃木県鹿沼市に集団避難している。
 厚労省水道課によると、基準を超える放射性物質は20日、村の簡易水道で検出された。同課は「代わりの水がなければ飲んでも差し支えない。手洗いや入浴などの生活用水としての利用は可能」と説明している。水道水の放射性物質、基準の3倍超=福島・飯舘村で検出―厚労省
時事通信 3月21日(月)5時33分配信

本当にそうであることを祈りたいものですが、下記情報を紹介します。
私も、このサイトにとても共感を持っています。

武田邦彦 (中部大学)氏のサイト

http://takedanet.com/

下記、ひもろぎ庵下山田先生からの情報です。

3/14のブログでご紹介した、放射線被曝に効果のあるフラワーエッセンスのコンビネーションであるウェストレーク博士の処方(バッチフラワーレメディ)とヤロー・エンバイロメンタル・ソリューション(FES)に加えて、この問題に定評のあるオーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンスのコンビネーションをご紹介します。

◎エレクトロ・エッセンス

地磁気・電磁波・放射線などに関わる恐怖や悪影響を大幅に減少させるオーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンスのコンビネーション
地球の自然なリズムにチューニングすることをサポートし、放射線に対するネガティブな感情とそれによる悪影響を軽減します。

・ブッシュフーシャ
・クロウェア
・フリンジドバイオレット
・ムラムラ
・ポーポー
・ワラタ

未曽有の原発事故が起きて多くの人々が放射能汚染に対する不安や恐怖を感じていることと思います。
エレクトロ・エッセンスは放射能汚染によって生じたマイナス感情を癒し、放射線被曝の悪影響に対してもパワフルな改善をもたらします。

お問い合わせは、ひもろぎ庵までどうぞ。

下山田先生の知人でもあるチェリノブイリ事故に真正面に向き合った広瀬隆さんによると、体内被曝は本当に深刻です。

特に、成長期にある子供たちの甲状腺を守るよう、ベストを尽くしましょう。

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0db89279cf33792c14e4b566aac187d8

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/Henc.html

先日教えてもらったのですが、ニュージーランドには原発がないそうです。

さらに、今回のニュージランドの震災の後、人々の精神的なケアのために、代替療法を推進し、フラワーエッセンスも盛んに取り入れられているようです。(セラピスト編集部の方より、最新号にニュージーランドのフラワーエッセンスが紹介されています)

日本でも、フラワーエッセンスやホメオパシーが今回の天災により、たくさんのニーズが生まれています。仲間がたくさんいるのは心強いですね。

「汝、自らを癒す」。

これほどまで、バッチ博士の哲学が支えになることはありませんでした。

皆様もどうかできる範囲での真剣な防備に取り組んでくださいね。

原発の現場で、命がけで取り組んでいる人たちに敬意を払うためにも。

もう一度、フラワーエッセンスのコンビネーションをUPします。

●ウェストレーク博士の処方

 100ミリリットルの蒸留水に、3.5グラムの海の塩をまぜます。10ミリリットル入りの滴びんに、バッチの花の治療薬である

チェリープラム(ベニバスモモ)
ゲンチアナ
ロックローズ(ハンニチバナ)
スターオブベツレヘム(オオアマナ)
バイン(ヨーロッパブドウ)
ウォルナット(ペルシャグルミ)
ワイルドオート(カラスムギ)

をそれぞれ2滴ずつ入れ、海の塩の溶液をびんの口までいっぱいに加えます。

|

« 地震酔いの対策 | トップページ | アロマテラピーでできること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震酔いの対策 | トップページ | アロマテラピーでできること »