クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

チャリティー絵はがきのご案内 ~西日本から東日本へ

Pr00102084924 アロマテラピスト仲間の紀子さんのご友人の活動です。

チャリティー絵はがきのご案内
~西日本から東日本へ

いわさき千鶴さんは、熊本在住の水彩画家。

静物、風景の水彩画や陶磁器の絵付けなど描く作品のジャンルは幅広く、見る物を引き寄せる心優しい絵で人々を和ませてくれます。

この絵はがきの収益金は、全国社会福祉協議会を通じて、東日本大震災の福祉を必要としている被災者のために使われます。

チャリティー絵はがき:【四季の寺 京都】10枚で1050円です。
http://i-chizuru.jp/given.html

絵本「こころのメモリー」は、ママになる方への素敵なメッセージがたくさん。
いわさきさんの挿絵は、優しく母性を育んでくれます。

ゆっくりと絵本を読む。

トランプや竹馬、凧揚げ、キャンプ、私たちが子供のころ当たり前だった、大人とのふれあい。こういう時間は、赤ちゃんや子供たちは、大人になるにつれ思い出せなくなっていきますが、脳の奥深くに刻まれる大事な記憶の宝物です。

子守歌や絵本の読み聞かせは、その最も原点にあります。

この絵本は、ママになる方たちに贈られる、赤ちゃんたちからのメッセージ。
大人にも、絵本は大事な存在なのですね。

http://cart05.lolipop.jp/LA02762629/

いわさき千鶴さんの絵本や作品との出会いに感謝。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月28日 (木)

「福島のお味噌とお米」と「STOP原子力ポスターコンクール」

Mokke 先日、アースガーデンに立ち寄った際、南相馬市のお米「なちゅらるふぁーむ もっけの幸」さんを発見★玄米とっても美味しかったです!

http://www.mokkeno-saiwai.com/

もうひとつ、福島県福島市の(有)内池平蔵商店さんのお味噌としょうゆです。

http://uchiike.exblog.jp/14477293/

-------------------下記引用------------------

福島の実家の味噌・醤油 (追記:震災後の様子)

 実家が福島県福島市で味噌・醤油醸造業をやってます。

 本日、弟に電話で最近の様子を聞いたところ、海沿いではない中
通り地方なので震災での被害は比較的少なかったとのこと。しかし、
大口のお客さんである給食センターが稼働していないために注文が
減ってしまって大変だと。

 東京の生協にも卸しているのですが、おそらく「福島産」という
ことで今後の注文がどうなるかわからない、と大変心配していまし
た。

追記:やはり東京の生協からの注文がなんの連絡も無しに『ゼロ』
になりました。理由等は無しです。困ってしまいますね。

-------------------引用終わり------------------

困ってしまいますよね。しかも仕込みは、震災前だそうです。

皆様も風評被害で困っている農家さんをご存知だったら教えてくださいね♪

自然の恵みに心から感謝します★

もうひとつ、エネパレ関連のメールで、下記の情報をいただきました。

-------------------下記引用------------------

『原子力ポスターコンクール中止要求署名』のお願いがあります。

http://i-wind.jp/stop_nuke/index.php

すでにご存知で、署名済みの方も多いかと思うのですが、
毎年、文部科学省と経済産業省の共催で、子供たちに“原子力が安全で地球にやさしい”というポスターを書かせるというとんでもないコンクールが行われています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/06/attach/__icsFiles/afieldfile/2010/06/21/1294983_01_1.pdf

-------------------引用終わり------------------

とんでもない、ことがどうどうと、税金をつかって行われているのですね・・。

ポスターという親しみやすい媒体を通じて、原子力や放射線についての理解と認識を深め ていただくことを目的として、文部科学省と経済産業省の共催により第17回原子力 ポスターコンクールを実施します・・

18回目以降はなくなって当然でしょうが、過去にどのようなポスターが受賞していたのか調べていたら、「Web ページがみつかりません」(http://www.jaero.or.jp/poster10/pc/works.php)。

人様から預かった税金で活動したことを、勝手に隠ぺいしないでほしいなぁ、と思っていたら、下記、ユニークなコメント付きのサイトを発見↓

http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20101129/p1

ある意味の真実を描いている子供の感性って、本当にすごいなぁと感心しました。

緑と花のじゅうたんの下に、時限爆弾はいらないものね、1基1基、確実に止めてまいりましょう。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月24日 (日)

エネルギーシフトパレード

代々木公園(渋谷・アースデイ会場)からスタートしたエネルギーシフトパレードも無事に終了。

まるで、そのイベントを祝福するような晴天でしたね!

ご尽力いただいた実行委員の皆さま、参加したひとりひとりのみなさま、その他、各地で行われていたデモにご参加いただいた皆さま、本当に有り難うございました。

改めて、原発さんへのねぎらいと、新たな、個々人が責任を持って管理できるエネルギーシフトへと移り変わることを信じています。

下記、エネルギーシフトパレードの各種記事のご紹介を教えていただきました。

●ヤフーヘッドライン
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20110424-00000018-jnn-soci

●TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4708687.html

また、先日、薬剤師のMIKAさんから下記のサイトを紹介していただきました。

新潮社から出ているマンガ『パエトーン』。

http://www.usio.co.jp/html/paetone/index.html

遠いむかし、神になり代われると思いあがった若者・パエトーンをめぐる悲劇。ギリシャ神話に描かれたこの物語を現代に展開し、原子力発電の是非について世に問いかけた山岸凉子の短編作品『パエトーン』(1988年作品)を、今回Webにて特別公開させていただくこととなりました。

「原子力発電」の必要性や安全性については賛否様々なご意見があると思いますが、本作品をひとつの問題提起と捉え、将来的なエネルギー問題を議論してゆく上での一助としていただければ幸いです。

直接教えていただいたサイトは下記に。
http://www.google.co.jp/gwt/x?hl=ja&client=twitter&u=http%3A%2F%2Ft.co%2FVdDxh2e&guid=on

MIKAさん、いつも情報ありがとうございます。

これからの時代は、一人ひとりの御心のままに従うことです。

みなさまも、ご自身のたった一つの体、たった一つの声を大切にしてお過ごしくださいね。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月23日 (土)

4/24 大集合!エネルギーシフトパレード

Logo 代々木公園(渋谷・アースデイ会場)からスタートする、エネルギーシフトパレードもいよいよ明日。
その他、大きなデモがたくさん予定されています★

http://www.enepare.org/

あいかわらず、メディアに都合の悪い情報は流さない対策は続いていますね。
明日のデモをどう報道するか?一つの見どころでもありますネ。

********************* 以下転載 ***********************

東京

チェルノブイリ原発事故から25年
くり返すな! 原発震災 つくろう! 脱原発社会
4.24集会&デモ

◎日時:4月24日(日)集合14:00 集会14:30 デモ出発15:30
◎場所:東京・芝公園23号地(東京タワー下・地下鉄三田線「御成門駅」5分)
※雨天決行 参加費無料
◎内容:海外ゲスト…ロシアから パーベル・ヴドヴィチェンコさん/福島の現状
報告 澤
井正子さん(原子力資料情報室)/福島現地報告 大賀あや子さん(大熊町住民)
◎主催:原発とめよう!東京ネットワーク

http://www.peace-forum.com/gensuikin/news/110424news.html

-------------------------------------------------------
東京

エネルギーシフトパレード(エネパレ)
2011年4月24日(日曜日)

代々木公園(渋谷)から14時15分出発予定(アースデイ会場から。CCレモンホ
ール近くスタート)

<呼びかけ人>
羽仁カンタ(FLAT SPACE 代表)
南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン 代表)
佐藤潤一(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 事務局長)
http://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/energy/shift/

---------------------------------------------------------
松山

*原発いらない!松山デモのお知らせです! 原発さよなら四国ネットワーク

伊方原発止めよう! 思いを行動に!原発いらない松山デモ!
2011年4月24日(日) 13:00~
集合場所:松山市駅前 坊ちゃん広場
13:00  アピール
13:30  出発(銀天街・大街道・ロープウェイ街)
だれでも参加OK★途中参加ももちろんOK★プラカード・鳴り物OK★
主催:原発さよなら四国ネットワーク
http://genpatsu-sayonara.net/?p=283

---------------------------------------------------------
静岡

*菜の花パレードはまおか | STOP!浜岡原発ブログ
あなたの一歩が、社会をキラリ☆と変えていきます

日時:年4月24日(日)13:300~
場所:静岡市葵区にある青葉公園B2
主催:ふきのとう 連絡先:054-209-5676

13:30 青葉公園で挨拶、訴えを開始。
構成:14:00 パレードを開始。

http://stophamaokanuclearpp.com/blog/?p=352

------------------------------------------------------
広島

*原発なしで暮らしたい100万人アクション in ヒロシマ!
場所:ハノーバー庭園  (旧広島球場北側 広島市中区基町)
10:30~13:30 ノーニュークス・ライヴ&ノーニュークス・スピーチ
14:00~15:30 メイン集会
15:30~16:30 脱原発ピースウォーク&ピースマザーウォーク

http://nonukesaction.jugem.jp/

------------------------------------------------------

名古屋

放射能はイヤン!! 原発お疲れ そろそろ休もう
愛と貧窮の大行進

日時2011年 4月 24日 (日曜日)
集会:12:00頃から
集合場所:若宮大通公園
大行進開始:12:30~13:20(予定)

http://blog.earthday-aichi.net/?eid=1289545
-------------------------------------------------------
福岡

原発とめよう!九電本店前ひろぱ
日時2011年 4月 20日 ~ 30日
場所福岡市中央区渡辺通 九電本店前 (地図)
説明http://genkai-saiban.at.webry.info/201104/article_7.html
九州電力が私たち市民の公開質問・要請に対し、 
誠実な話し合いを開催し回答するまで!

九州の様々な脱原発団体による行動

参考 http://nonukes.exblog.jp/
-------------------------------------------------------

この他に、今日明日、全国各地で講演会・学習会・集会があります。
脱原発系イベントカレンダー
http://datugeninfo.web.fc2.com/

転載終了

下記、過去にもさまざまなデモが行われています。

●脱原発・反原発デモ・パレード(銀座)2011年3月27日
http://www.youtube.com/watch?v=Llr7UTFRTTg

●2011.4.10 全世界一斉・脱&反原発デモがまとめられています
http://nonukesmorehearts.sblo.jp/article/44258695.html

最後に、武田邦彦 (中部大学)「大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・」も必読かと。参考までに↓

http://takedanet.com/2011/04/post_faf5.html

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月21日 (木)

チェルノブイリNOW!

512rq5ad0dl__aa115_ NHKスペシャル「チェルノブイリの真実」。

こんなに貴重な情報を、どうして今、このタイミングで流さないのでしょう?

削除されはじめているので、今すぐご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=PHeq8TfSRBM

http://www.nhk.or.jp/special/onair/060416.html

同業であるSalon de Alchimique(サロン ド アルケミク)さんからのメールをいただき、ブログでも紹介する決心がつきました。

ことは深刻で、恐怖だけ植え付けてしまう可能性もあるのでブログで紹介する気になれずでしたが、実際にウクライナにいらした経験のコメントを拝見し、そんなこと言ってられないなと思いなおしました。


私は高校時代ウクライナのキエフにおりましたが、クラスメイトに白血病や甲状腺がんの子が多く、大人になってから何人か亡くなったと聞いています。

日本の報道では、チェルノブイリとは違うから安全と言っていますが、福島の原発はまだ解決しておらず、今後も放射性物質をまき散らすと思うと、チェルノブイリに匹敵する健康被害が出るかもしれませんね。すでにご存じかもしれませんが、以前NHKスペシャルで放送された
チェルノブイリの20年後です。
http://www.youtube.com/watch?v=PHeq8TfSRBM

しかし、現実的に考えると日本に住む以上放射性物質と共存していかなければならないですよね。もっともっとみなさんに自然の一員であることを自覚して頂かなくてはなりません。

その通りだと思います。

ジャーナリストの仕事は、混乱や恐怖を伝えることではなく、人類発展に役に立つ真実があれば、それを、わかりやすく、発信側、受信側の方々と共有するために伝えることだと思って活動を続けてきました。

自分が作ったチェルノブイリの真実の作品を伝えることもない。だったら、あの番組はウソだったと、公表してしかるべきでは?民間からお金を集めて番組作ってるのですから、責任持ちましょう。

けれど今、日本のマスコミは、原発に対するデモのニュースをごく一部しか流さず、最終的には専門家が出てきて、止めるとはいわない。

マスメディア、ジャーナリスト、司会者、コメンテーター、一部の心ある人々を除いては、ただ面白おかしく伝えるのがお仕事の様です。この国では。

最後に、情報をいただいた皆様、アルケミクさん、有り難うございました。
アルケミクさんの心温まるブログも、己の真実と出会える綴りがいっぱいです。

http://alchimique.blogspot.com/

メディアのヒントは、塾の先生のブログにも書かれています。
情報をいただいた高校時代からのIKUちゃん、いつもありがとうございます。

http://blog.goo.ne.jp/takenokai1031/e/74780a5be37162425585d0be2c5de7a8

下記参考
●母乳から微量の放射性物質 市民団体の独自検査
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042001001060.html

何を信じるのかはもちろん、私たちの自由です。

自分を守るのも家族を守るのも、私たちの選択肢だけです。

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月20日 (水)

調布市の「みさとや」さんと原子力資料情報室

Gomenda500

私自身、調布アースディに参加させていただく、初めのきっかけとなった、食堂「みさとや」さん。

5年程前でしたか、クプクプとして独立する前にお世話になっていた、調布の美容院さんで、「どうしたら、アロマテラピーをもっと多くの方に知ってもらえる?」、と集客に伸び悩んでいた頃、調布で年に一度アースディが開催されていることを、この「みさとや」さんのサイトで知ったのでます。

遺伝子組換問題、薬漬社会、失われる家族や地域の絆、など社会的な問題に、精神的に追い詰められていた時期でもあったので、「みさとや」さんの取組みを知っただけで、心の支えになったことを思い出します。

みさとや」さんは、調布で25年間、玄米や有機野菜の食堂を営んでおり、その愛情と心の詰まったお食事の美味しいこと!植物を愛する方々には、体験していただきたいお味です★

みさとやさんは、地上に起きる格差、遺伝子組換、原発にも取り組んでいらっしゃいます。

中でも、今、特にお伝えしたいのが、

「Right Livelihood賞」を受賞した高木仁三郎さんの『持続可能で平和なエネルギーの未来』

の調布での講演に尽力されたお一人が、みさとやオーナーの藤川さんである事です。

高木さんは、すでに1997年にこの講演を行っており、2000年、62歳で他界されています。

放射能が専門の学者さんで、もともとは、原子力が世の中に役立つと思っていらっしゃいました。

23歳の当時のご自身を、「プルトニウム青年」と名付け、シーボーグに憧れていたとあります。

しかしながら、シーボーグの本の記述に疑問を持ちます。

「原爆を製造したことが輝かしいブリリアント」?!

ナガサキやヒロシマを経験した日本人にとって、輝かしいことと思えるはずがありません。

そして、原子力資料情報室を結成されました。

http://cnic.jp/

そこでの活動が評価されたのです。

1997年に、既にこんなにも地に足のついた提案をされていました。

下記、引用。

2000年10月8日に永眠された高木仁三郎さんの「友へ」と題した最後のメッセージ

 原子力時代の末期症状による大事故の危険と、結局は放射性廃棄物がたれ流しになっていくのではないかということに対する危惧の念は、今、先に逝ってしまう人間の心を最も悩ますものです。

 後に残る人々が、歴史を見通す透徹した知力と、大胆に現実に立ち向かう活発な行動力をもって、一刻も早く原子力の時代にピリオドをつけ、その賢明な終局に英知を結集されることを願ってやみません。

http://www.jca.apc.org/~misatoya/gensuikin/kouentop.html

以上です。

1997年です。私はあの頃、遊ぶことしか考えておらず、何が幸せかすらわかっていませんでした。

エネルギーのことも、自然療法のことも知らず、経済を支え、サラリーマンとして税金を納めることが大人の責任くらいにしか思っていませんでした。

格差社会、アジアに旅行するたびに見るホームレスの子供たちには胸を痛め、税金がなぜそういうことに使われないかに疑問を抱いてはいましたが、それでもやっぱり、税金を納めることで、世の中が良くなると信じて疑わない時代でした。

仕事はそれなりに楽しいけれども、一方でおもしろくなく、毎週、スノボー、テニス、ゴルフ、旅行など、遊ぶことに全てを注ぎました。当時の私を知っている方には、今の私は「違う人」です。

ただ、ひとつ、当時と変わらないこともあります。

お花見をする、自然を感じる瞬間、無になれるという点では、今も昔も変わりません。

植物と触れ合うその瞬間を通して、過去の自分、それだけではなく、ご先祖様が感じた自然を共有しているのではないかと思う時があります。

ここ数日アメリカでは、強烈な台風が、我ら資本主義の人々が信じた「裕福な家庭」を木っ端みじんにしています。

政治家は言います。

「出来る限りのことをします」。

だったら、原子力を止めてくれ。

だったら、格差を生む経済社会を卒業してくれ。

だったら、植物、昆虫、動物、菌に敬意を払い、誰かを奴隷にしたり、犠牲にしたり、殺人を正当化する仕組みがおかしいことに気づいてくれ。

現代の政治という仕組みそのものが、幼稚化し続け、もはや誰がなったって同じに見えます。

無駄な正義感やは捨てましょう。

私も文句言ってないで、種を植えることにします。

話がそれてしまいましたので、最後に、下記にまとめを。

みさとやさんが発行してくれている冊子から、朝日新聞99年3月6日の記事を一部紹介します。

プルトニウム発見・原爆投下は反対「シーボーグ博士が死去」

の見出しの記事にて、1940年にプルトニウムを発見した、ノーベル化学用受賞者のグレン・シーボーグ博士が86歳でカリフォルニア州ラファイエットの自宅で他界された際の記事のコメントです。

下記引用

「科学と政治:を具現

高木仁三郎・原子力資料情報室前代表の話

原子力の開発と、それが世界政治を動かすという二十世紀特有の科学と政治の関係を一人の中に具現した科学者だ。

私が大学卒業後、民間の研究所で核科学の道に入ったのも「人工的に元素を作ることはほとんど無限の価値があり、若い人がやるべき仕事が残っている」といシーボーグ博士の言葉に影響受けたことが大きい。

一方で、原爆開発を「輝かしい創意と工夫」と積極的にとらえる姿勢には反発を覚えるなど、科学が持つ両面を考えるきっかけになった人だ」

引用終わり

http://kogotokoubei.blog39.fc2.com/blog-entry-387.html

1999年の記事です。皆さんの感想もお聞かせくださいませ。

高木さん情報はこちらを↓

http://kogotokoubei.blog39.fc2.com/blog-entry-387.html

「2011アースディ in 調布」は5月7日です、みさとやさんの美味しいランチもいただけます♪
http://www.earthday-chofu.sakura.ne.jp/index.html

「原子力資料情報室」、名前を聞いただけでは怪しいですよね?

まるで、原子力を推進しているかのようにも聞こえるタイトルです。
タイトルや見かけにごまかされないでください。

真実は常に、私たち、ひとり、ひとりの中にあるのですから。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月19日 (火)

「2011アースディ in 調布」は5月7日です

Ad20101 今年も、調布の手作りアースディに参加させていただく運びになりました。

写真は去年の様子です。隣は、月経美心の活動のきっかけを教えてくれた大好きな先輩アロマセラピストのKUMIKOさんです。

2010年に足を運んでいただいた皆様、本当に有り難うございました!

Ad20102_2

また、この写真は、着物を着ながら、三砂ちずる先生の「昔の女はできていた」を熱弁してます。我ながら、たくましいなと思う写真でありました(笑w笑)。(撮影してくれたMEGUMUちゃん、ありがとう!)

詳細は下記に↓
http://www.earthday-chofu.sakura.ne.jp/index.html

今年は、クプクプでは、

・アロマテラピーのハンドトリートメント(10分 500円)
・バッチフラワーエッセンスの体験(10分 1000円)
・石鹸も洗剤もいらないオーガニックコットンの販売

を用意して皆様のご来店をお待ちしています。

なんと、ロータスホメオパシーセンターのホメオパス&アロマセラピストでもある森本千佳さんも応援に来てくださる予定です。ホメオパシーのことなど気軽に相談できる機会をお見逃しなく!

今年は、映画の上映はないのですが、過去には、
●未来の食卓
●ぶんぶん通信
など、鎌仲ひとみ監督がお話に来てくださったこともあります。

お散歩がてら、気軽に遊びにいらしてくださいね♪

ちなみに、月経美心とは、

自然治癒力を高める月のリズムを身につけ、
月経血コントロールと布ナプキンを普及する活動です

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/monthlybeauty/

5月11日は、手作りの布ナプキンを作っていらっしゃる布ナプ職人 La Luna Bonitaさんの主宰で、埼玉の大宮にて開催予定です。

↓★月経美人ワークショップ@さいたま★開催します ↓

http://ameblo.jp/la-luna-bonita/entry-10850551771.html

2名様より随時、開催可能ですので、希望の方は気軽にご予約ください。

★所要時間約90分 一人3000円(2名様以上で開催)

水に関する情報のお問い合わせ有り難うございます。
引き続き、直接お伝えしておりますので、必要でしたらご連絡ください。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a568.html

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月18日 (月)

チベット死者の書とチベット医学絵解き講座

Tibet 今週末は、NHKスペシャル チベット死者の書 のDVDを観る機会をいただきました。

ご縁をいただいた去年から、チベットの情報に触れる機会が増え、この震災で、いち日本人として、多くの死と向き合う現実がある中、このチベットの死者の書に出会えたことに改めて感謝です。

自然療法に取り組まれている方にとっては、とても共感することが多いので、ぜひ手にとってご覧になってくださいね。

下記特徴を要約してご紹介します。

・「もののけ姫」をつくりながら、仕事場の片隅で、何度も何度もくりかえし観ました。
 アニメーション映画監督 宮崎 駿

・今回のDVDはイギリス、カナダとの共同制作で'93年Nスペで放映され第一部と二部に別れているものです。

・一部は死者の書についてのドキュメンタリーで、チベットの死生感や世に出た背景などが、寒風に切れてしまいそうなタルチョ、マントラを唱えながら散歩する最長老などと絡みながら映し出されています。中でも秘儀ポアの撮影は初めてだとか。・

・二部はドラマ仕立てですが、大滝秀治さん吹き替えの老僧が男の子の弟子に話す言葉がなかなか奥深く耳に残ります。

ご紹介いただいた紀子さん、有り難うございました!!

チベット、、それらが未だに地上に存在してくれていることに心から感謝と敬意を表します。

下記、すっごくすっごくおもしろいチベット医学絵解き講座です。

もう、私が言葉で表すのは、もったいないくらい興味深いですね。
直接お話を聞きにいらしてください。この貴重な機会をお見逃しなく↓
あまりも貴重なので、場所は狭くなりますが、あと2席用意しました。

次回は今週22日(金)です。

チベット医学絵解き講座 at クプクプ(狛江市)
   講師:小川アムチさん
   全六回 19時~21時
   参加費4500円

  4月22日(金)第二回 チベット医学の病理と診断
  5月13日(金)第三回 チベット医学の治療法
  6月3日(金)第四回 チベット医学の養生法
              (日常の心得。食事。占星術)
  7月1(金)~2日(土)小諸にて宿泊研修(日本の野草観察会)
   第五回 チベット・ヒマラヤの薬草
   第六回 チベットの精神医学・倫理学

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/at-8540.html

いずれも申込・お問い合わせはこちらまで。

死に向き合う時間。日本赤十字社医療センターの緩和ケア研究会は、下記に↓

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/relief_care/

水に関する情報のお問い合わせ有り難うございます。
引き続き、直接お伝えしておりますので、必要でしたらご連絡ください。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a568.html

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月16日 (土)

バイバイげんぱつ

Energy_parade エネルギーシフトパレードから、げんぱつ卒業の世界を実現しましょう!

下記、国際環境NGOグリーンピースさんのパレードをご紹介します。
行けなくても、大いに応援してあげたいですね!

バイバイげんぱつ、お疲れさまでしたげんぱつ、ありがとうげんぱつ★

このパレードを実現するために、さまざまな立場の方々が、さまざまなことを配慮して企画を練っていらっしゃいます。立場はそれぞれ違えど、原発に代わる、破壊のない自然エネルギーを実現するためのパレードです。

「エネルギーシフトパレードに参加して、今こそ、自然エネルギーの未来へ」

2011年4月24日(日曜日)
代々木公園から14時15分出発予定

大阪方面の友たちへ。

4月16日 ストップザもんじゅ:原発 いらん大阪御堂筋デモ

http://www.page.sannet.ne.jp/stopthemonju/

↓NIさんより、4.10のデモの様子のレポート
-----------------------------------------------
【1-2】盛り上がった東京・高円寺
 「4.10 原発やめろデモ!!!!!!!!!」の様子
------------------------------------------------
昨日東京の高円寺で行われた反原発デモは、1万5,000
人が参加した大規模なデモとなりました。

当日のより詳細な報告は後日アップ予定ですが、まず
はデモの様子が分かる画像と音声ファイル(mp3)を
アップしましたのでご覧ください。

http://www.ni-japan.com/demo110410.htm

以下、原発映画の案内とSHINOBUの手記です。

チェルノブイリの事故から25年。

私たち日本人は、ヒロシマ、ナガサキを体験したにもかかわらず、美しき土地、福島を犠牲にしなければ、学べませんでした。

今こそ、真剣に学びましょう、知りましょう、伝えましょう。

↓下記紹介↓

特集上映 25年目のチェルノブイリ 公開決定! 

■2011年4月23日(土)~5月6日(金)

開催にあたって

ポレポレ東中野では、チェルノブイリ原発事故の発生した4月26日に毎年、原発に関する作品の企画上映を開催しています。単純な賛否ではなく、そもそも原子力発電とは何なのか、なぜ原発を必要とするのか、その背景を見据えることから始めようと、国内外の作品を問わず、劇映画、ドキュメンタリー、原発の建設記録を追った映画なども上映してきました。

1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故から四半世紀が経ち、事故から25年目の今回は区切りの年として規模を拡大し、二週間の特集上映を企画しました。

これまでの“4.26企画”でも恒例の『ナージャの村』(1997)、『アレクセイと泉』(2002)に加え、上関原発建設予定地の目の前にある山口県祝島の生活を捉えた『祝の島』(2010)や、原発の建設記録を追った記録映画、六ヶ所村核燃料サイクルに関してのルポルタージュ、フランスのラ・アーグやイギリスのセラフィールド、ドイツのヴァッカースドルフの原子力関連施設やその近辺に暮らす人々を収めたドキュメンタリー、原発・核実験を扱った劇映画など、バラエティに富んだ作品を上映します。

映画で描かれるさまざまな側面からの原子力発電、核資源を観ることによって、ますます関心を深めて頂ければと思います。

■主催・上映場所:ポレポレ東中野 http://www.mmjp.or.jp/pole2/
■料金:当日 :一般1400円/大・専1200円/中・高・シニア1000円
    前売 : 五回券5000円/三回券3600円(Pコード:462-752)
■上映プログラム(時間等)はこちらからご確認ください。→
http://www.mmjp.or.jp/pole2/426-2011-time.html

私は、パレードには仕事の都合で参加できないのですが、気持ちは100%参加しています。

また、映画は、まだ観ていない作品に足を運ぶ予定です。皆様もぜひ、現場の真実を知りましょう!

話は変わりまして、4月14日は、アロマテラピーの翻訳の巨匠・高山林太郎先生に「アロマテラピー翻訳の秘話」をしていただきました。

私の南相馬市行きのレポートをお伝えし、私は体験したことがないけれど、「戦場のようだったというジャーナリストもいらっしゃる」、という話を伝えたら、「あなたは戦争の追体験をされたんですね、日本に原発がある限り、平和は訪れません。その体験をどうかみんなにシェアしてください」と叱咤激励されました。有り難うございました。

高山先生は、御歳73歳。小学1~3年を、国民学校で過ごされました。

その後、色々あって、アロマテラピー翻訳に取り組まれましたが、そのきっかけは、お母さまの病気だったそうです。そして、アロマテラピーの翻訳の世界へ。

その1冊に取り組む時、高山先生は、著者になりきるために、その土地、文化、歴史の違い、その人の人生、哲学、その時代の世界観などを調べに調べて翻訳にあたるといいます。

だからこそ、1985年前に日本で初めて、「アロマテラピー〈芳香療法の理論と実際〉 」が出た本が、今でも私たちにとっての大事なバイブルとなっているのです。

また、先生は、訳しているそばから、著者の考えそのもについての疑問を感じており、それを、多くの若い世代に、直接伝えることが残された人生の使命だとおっしゃいます。

アロマテラピーも、人が発信する限り完璧ではありません。

自然の法則にそって使ってこそ初めて、アロマテラピーと呼べるのです。

アロマテラピーだけではなく、人生の哲学、人間としての深い話を、直接高山林太郎先生から聞いてくださいね。

高山林太郎先生やフレグランスジャーナル社さんのおかげで、私たち日本人が、日本語で初めてアロマテラピーという文字を共有したのが1985年。

その翌年、チェルノブイリの原発事故が起きました。

その事故から何も学べていなかった私たち。

今こそ、真実を知る勇気を持ちましょう。

そして、高山先生のように、大人になることをあきらめ、燃えましょう、怒りましょう、自分らしさを楽しみましょう。そして、真実を知り、弱さを知り、己を観て世界を観る術を身につけましょう!

皆様のリクエストがあれば、高山林太郎先生を囲む勉強会、クプクプでも実施します★気軽にお声掛けください。

水に関する情報のお問い合わせ有り難うございます。
引き続き、直接お伝えしておりますので、必要でしたらご連絡ください。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a568.html

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月15日 (金)

「自然療法でできること」と原発

Nanohana1 水に関する情報のお問い合わせ有り難うございました。
引き続き、直接お伝えして参ります、必要でしたらご連絡ください。

http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-a568.html

サロンでも、定期的に小さな会を開催させていただきます。
ご参加お待ちしています。【要予約】

さて、その前に原発情報を↓

福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に

原発事故の損害賠償制度を定めた原子力損害賠償法(原賠法)に基づき、電力会社が毎年国に納めた補償料が、1962年の制度開始から2010年度まで累計で約150億円しかないことが12日、分かった。
東京電力福島第1原発事故で、国は最低でも1200億円を支払う必要があるが、これまで受け取った補償料では足りず、不足分は国民負担で賄うしかない。
http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/nuclear/news/20110413k0000m040150000c.html?inb=ra

おかしすぎますよ、この国は。復興税?騙されないでください。

●出版社に勤める友人からの情報です↓

京都大学原子力研究所の小出章裕さんの対談です。
まだご覧になっておられない方はお時間のあるときにご覧ください。

 ①現在の原発事故の状況
 ②脱原発の必要性
 ③日本の原発政策の嘘
 ④日本は原発が無くてもほとんど困らない
 ⑤夏も停電の必要はない
 http://www.ustream.tv/recorded/13897618

下記、本題です。

●●● 震災後「自然療法でできること クプクプ流」 ●●●

日時:4月18日(月) 14時~15時
会費:1000円
テーマ:~レベル7 「水、心、体、自然療法でできること」
※要予約です

自分にとっての真実を見つけましょう。
解決策は必ずあると信じています。

●●● ハーネマン・フォーラム ●●●

~東北地方太平洋沖地震 自然療法でできること~

ホメオパスとして活躍されている、今井美香子さん、森本千佳さんの協力を得て、5月に予定していたハーネマン・フォーラムは、急きょ、内容を変更し、震災から2ヵ月たった今、自然療法でできる実践的なことをご紹介させていただきます。

■日時:2011/5/15(日) 14時~16時 参加費3000円
■場所:調布市文化会館たづくり 1002学習室

 1)震災1ヵ月後の南相馬市原町区(原発から21km)のレポート
 2)震災による症状、原発事故への自然療法での対応方法
  ~自然治癒力、新陳代謝、明確な意識を高めましょう
  ・ホメオパテッィク レメディ
  ・オーストラリアン ブッシュ フラワーエッセンス
  ・バッチフラワーエッセンス
  ・アロマテラピー、ハーブ、炭
 3)被災者の方々に向けて、わたしたちひとりひとりが出来ること
 4)エネルギーシフト、自然との調和

 天災の困難に加え、原発という人災によるさまざまなストレス。
 現地の声や、自然療法で出来ることを、直接お伝えします。

 ※お土産付
 ※売上の50%を震災義援金として使わせていただきます

お申し込みは、
ハーネマン・フォーラム
kupukupu■air.nifty.jp(■を@に変換してください)まで。

皆様のご参加お待ちしています。

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月13日 (水)

生命の水

Bamboo_maze福島原発の影響で、水のお問い合わせが多かったので、下記にまとめました。

まず、ご協力いただきたいことは、今使っている私たちの水道水を、積極的に浄化することです。

私たちが使う水は、既に汚染されています。放射能だけではなく、農薬、化学堆肥、化学染料、シャンプー、洗剤など、普段何気なく使っているそれらのものを見直してください。

それら汚染を出来るだけ除去するだけでも、放射能を浄化する手伝いができます。

お金をかけず、負担のない方法は、活性炭、竹炭、木炭を活用することです。
日本人は古来から、炭を大事に使い、生活に取り入れてきました。

考えるより、行動しましょう。
疑うより、実験しましょう。
炭を入れたお水はまろやかになります。
味比べもしてみましょう。どっちが美味しいかな?
お風呂に入れて、その温かさが保有されるのを実感するのもいいでしょう。

今回は、いよいよ政府も認めたレベル7の重大な事故であり、過去の症例がないだけに情報も拡散していますが、赤ちゃん、子供たちには十分に注意をしてあげてください。

また、水に関するご両親の心配はごもっとものことで、残念ながら、心配しないで、とは言えません。

ですが、子供たちにとっては、ご両親の感情・精神の安定が、何よりも影響するのだということを決して忘れないでください。恐れず、出来る限りのことに取り組みましょう。

水については、妊婦さんや赤ちゃん、子供のいる家庭では、汚染されていないことが明確なお水を取り寄せ、飲んでもらうのも一つの手段です。

私の場合は、子供を授かっていないのと、住んでいる土地の水が飲めないということ自体に、抵抗がありまして整水器を使っています。

クプクプサロンで使っている整水器は、日本トリムさんが出している家庭用トリムイオンNEOです。

3月19日に、いわき市にて、ヨウ素131に対し一定の除去能力があると紹介されています。
日本トリムのHPにあるように、あくまでもこのケースでは有効だったということ、また、放射性物質はヨウ素以外にもありますので、十分に検討してご購入ください。

※購入をご検討の方は、割引でご紹介できるので、ご一報ください。

http://www.nihon-trim.co.jp/pdf/110404kakui.pdf

その他、日本技術を持ってすれば、他にも信頼できる整水器はたくさんあるかと思います。

けれど、、整水器など使わなくてもいいお水が配給できる国づくりをすることが、最も大事な対策であることも忘れないでください。この国を構成しているのは、私たち一人一人です。

用心深い私は、さらに、皆様のご意見と、竹の生命力と浄化力を信じて、竹炭を使うことにしました。

竹は、日本の里山に欠かせない、大事な大事な水の精霊ともいえる植物です。
国産をお選びください、そして、マイレージの少ない、お気に入りの信頼できるメーカーさんをお選びください。

竹の世界に触れると、結構わくわくしちゃいます♪

●東京都西多摩郡檜原村の竹炭・竹酢液の窯元サイト
http://www.take-sumi.com/index2.html

●竹炭工房
http://takarabako-takesumi.com/

竹炭職人直売の白山竹炭専門店
http://www5.kiwi-us.com/~takesumi/

●鹿児島県産の無農薬限定の孟宗竹 かごしま竹炭WEBSHOP
http://www.fmcduo.jp/

●創業明治27年日本の老舗竹専門メーカー 竹虎
http://www.taketora.co.jp/

その他、ホメオパシーのレメディでの対策もあります。

水は、私たちの生命そのものです。積極的に浄化しましょう!

竹炭をお風呂に浮かべると、そのたくさんの気孔から、ぱちぱちぱちぱちと音がします。

炭になっても浄化のためにその役割を果たしてくれる愛しい植物。

彼らの生命力を信じて、私たちにできることに取り組みましょう。

クプクプでは、自然療法で出来ることを、繋がりのある方へ直接、ご説明を加えてご案内させていただくことにしました。これらの情報は、コピーや転送は固くお断りいたします。ご入用の方は、お問い合わせまたは、ご連絡下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月12日 (火)

レベル7

今日はようやく政府もレベル7を認めました。

本日、原子力資料情報室の、賛助会員となりました。

『地震大国に原発はごめんだ vol.2』ごもっともです。

リーフレットを取り寄せてあるので、必要な方はお声掛けください。

下記、もろもろ、仲間達の活動をご紹介させていただきます。

エネルギーシフトパレード

●羽仁カンタ@FLAT SPACEさまより。


全国各地での、STOP原発!の署名サイトを集めたサイトを転載します。

http://matome.naver.jp/odai/2130148259763568501

●<2011/4/12> 国際環境NGOグリーンピースのメールマガジンより

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福島第一原発事故の影響調査報告~食物への影響は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東日本大震災から1ヵ月を経過しましたが、
今も福島第一原発事故による放射能汚染によって、
避難を余儀なくされている方々が多くいらっしゃいます。

東京電力や政府から発表される放射能汚染の情報は、まだ十分とはいえず、
情報内容もわかりにくいと、多くの住民から声が上がっています。

グリーンピースでは4月4日~4月10日に、
放射線専門家を含む8名の調査チームを現地に派遣し、
第2回目の調査を実施。

福島市、飯館村、南相馬市を中心に放射線量だけでなく
野菜や土壌のサンプリング調査も実施しました。

プレスリリースと詳しい資料をこちらへアップしましたので、ぜひご覧ください。
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/34183?20110412sup

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ドイツの原子力政策講演会ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島第一原発の事故をきっかけに脱原発の声が高まるドイツ。
原発についての争点はすでに、「推進か否か」ではなく、
「いつ廃止にするか、5年後なのか10年後なのか」に移っています。

そこで、今回の調査チームにも加わったグリーンピース・ドイツの
気候変動・エネルギー部門リーダー、トーマス・ブリュアーが
今後のドイツのエネルギー政策の行方についてご紹介する
講演会を4月13日(水)に開催します。
ぜひご参加ください。

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/34174?20110412sup

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたにできること!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ すでに12,000人以上の方が賛同。4月24日まで募集中!
人や自然を傷つけるエネルギーはもうたくさん。
オンライン署名「枝野さん、安全な電気がほしいです」
http://www.greenpeace.org/japan/edano3/?20110412sup
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--
-------------------------------------------------------------------
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
気候変動・エネルギー問題担当  高田久代

●薬剤師MIKAさんより

http://www.witheyesclosed.net/post/4169481471/dwd0329

●つぶつぶ郷田未来さまより

一人一人が原発のない暮らしを創造すると宣言する「知ろう!目覚めよう!原発のない日本へ!Consciousness311」という活動をスタートしました。

まだまだ、知らないことばかりですが、本当の意味で人々が豊かな暮らしを実現していく未来を創造していこうと思っています。
HPをご覧頂き、ご賛同いただけたら幸いです。

http://consciousness311.blogspot.com/

2011年4月11日 (月)

うさぎ追いしかの山

Photo 30代くらいまでなら、多くの人が知っている童謡、約100年前にうたわれた日本の童謡、「うさぎ追いしかの山」。


1.うさぎ追いし かの山 こぶな釣りし かの川
  夢はいまもめぐりて 忘れがたき ふるさと

2.いかにいます 父母 つつがなしや 友がき
  雨に風につけても 思いいずる ふるさと

3.志を果たして いつの日にか 帰らん
  山は青きふるさと 水は清き ふるさと

皆様はどんな風景を思い浮かべますか?

私は、もはや15年以上前、長野や福島のリゾートに訪れたとき、数えるだけだけど、目にした、野うさぎが駆け抜ける風景を思い出します。

あの頃、戦争に耐えたご先祖様たち。その後々の世代が、まさか自らが自分たちの子孫を傷つける産業を生み出すなんて、想像もしなかったでしょう。

「羽仁カンタ@FLAT SPACE」さまより↓

全国各地での、STOP原発!の署名サイトを集めたサイトを転載します。

http://matome.naver.jp/odai/2130148259763568501

引用終わり。

私は、未来の子供たちに、地元の水が飲める土壌を残したい。
そのために、出来る限りのことはしようとおもいます。

日本の原風景のひとつ、菜の花。

彼らは、放射能を吸い上げるだけではなく、こんなに偉大なことも私たちがやる気になれば、手伝ってくれるのです。素敵ですね!

菜の花プロジェクト★http://www.nanohana.gr.jp/index.php

2011年4月10日 (日)

南相馬市より戻りました

Souma
写真は、南相馬市にて。津波の影響を受けて崩壊した家と、その庭先に何事もなかったように咲いている、たくましい水仙の映像です。
他界された皆様のご冥福を、心より祈り続けます。

2011年4月9日正午に出発し、ひたすら北に向かいました。
小雨がぱらつく中、南相馬市へ物資を届けたのが午後5時半でした。

一緒に行こうといってくださった森本千佳さま、今井美香子さま、かさねがさね有り難うございました。まず、お二人の協力がなければ、実現できないことでした。

今回の南相馬市行きでは、

●○○○様よりお預かりした南相馬市への物資を届ける
●南相馬市原町区の友人に会いに行く
●原発20km付近をこの目で見る
●津波の痕跡が未だに残るエリアを画像で記録する
●先週、直接物資調達依頼があった梁川高校で避難されている方々にアロマテラピーの施術をご奉仕させていただく他、被災された方との直接のつながりを持ち、今後、アロマテラピーや自然療法で支援するための絆を作る

ことが目的でした。

おかげさまで、全ての目的を達成し、無事に帰途に就くことができました。

ご協力をいただ他皆様、祈って下った皆様、本当に有り難うございました。

現場にいくと、放射能対策のことも、東電の悪口も言ってられないな、と思いました。

放射能や原発の情報について、どう付き合っていくか、それは、人それぞれです。

惜しみなく時間を割いてくれた南相馬市の友人は、6号線沿いの災後、4週間経っても津波の傷跡が生々しく残るエリアを、案内してくださいました。

ご遺体を目にすることはありませんでしたが、高い津波が引き起こした土石がそのままで、
多くのご遺体が下に眠っていることを実感しました。既に、潮の匂いだけではありませんでした。

まだまだ通常の生活に戻るのには時間と惜しみない協力が必要であることを痛切に体感しました。

また、震災後、ひと月たっても手つかずとなっている元凶、原発。
あの光景にまだ言葉が紡げません。しばしお時間ください。

今回の現地取材で、改めて、私は私のできることをコツコツと続けることしかできないことを実感しました。

アロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーを通して、肌を慈しみ、己を愛しむお手伝いをさせていただくことが、私の使命です。

そのために、これからは、これらの自然療法の道具を、自らの意図で、責任を持って使いこなせる術を、直接お伝えし、直接、みなさまとつながっていくことに専念してまいります。

今日はホメオパシー医学の創始者、ハーネマンのお誕生日でした。

彼の意思を継ぐ、多くの素晴らしい仲間たちに出会え、支えられていることに心から感謝します。

どうか、皆様も引き続きご無事で、無理をせずにお過ごしください。

2011年4月 8日 (金)

原発と生物は共生できない

今回の記事は、放射能や原発についてあまり知りたくない方は読まないでください。

私自身、心の準備が必要な情報をたくさん紹介させていただいています。

チェルノブイリの原子炉爆発以降、地上では見かけない奇妙な現象が起きました。

それは、私たちの掛け替えのない財産である、子供たちの方が、早く逝くという世界です。

放射能。

DNAに作用するので、細胞分裂が活発な子供ほど体に影響する毒性があると理解しています。

下記、ひもろぎ案の下山田先生からの情報をUPします。

いつもありがとうございます。

http://himorogian.jp/tayori/

5年前にNHKで放送されたドキュメンタリーです。
すぐに削除されてしまう恐れがありますので、
まだ観ていない方は今のうちに観ておかれるといいかもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=PHeq8TfSRBM&feature=related

知人の反核活動家・山口泉さんのブログを紹介します。

かなり辛口な批評に感じられる方がいるかもしれませんが、実際に起きている事実を直視するならば決して辛口ではないことがわかってきます。

そのくらい私たちを取り巻く現状は暗澹たるものです。

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/203_5avi-you-tu.html

判断停止の、「許し合い」の、加害と被害の歴史的構造を捨象し、悪しき神秘主義の偽善が横行する、いま生きている人間としての責任抛棄の、脳に蕁麻疹の出るような欺瞞に満ちた、この寒ざむしい2011年早春、起こるべくして起こった??と言わざるを得ない、福島第1原発事故の現況をめぐり、かねてオーロラ自由アトリエの遠藤京子さんからも勧められ、気にかかっていた「ブログ」を、昨夕、急遽、始めることにしました。
Blog『帯電した、巨きな雲がうごくように』
http://auroro.exblog.jp/

当面は、《「取り返しのつかぬ今」を
「取り返しのつかぬまま」見つめながら、それでもなお、あのクズどもに殺されないために》

というタイトルで、今般の事態における「政」「財」「官」「学」の癒着と、制度圏「ジャーナリズム」の荒廃の問題、09年晩夏、有権者の多大な付託を受け、自民党長期腐敗政権の“オルタナティヴ”として発足したはずの民主党政権の、度し難い変質の問題を中心に、書いてゆくことになると思います。

諸般の都合で、推敲も不十分な完成度の低い文章のまま、しかも、1日1~2本の記事しか、掲載できないかもしれませんが、継続的にご覧いただくとともに、よろしければ、なるべく多くの方がたに御案内いただけますと、幸甚に存じます。なお、この「ブログ開設」の情報は、どこに転送していただいても構いません。

何卒よろしくお願いいたします。


◎福島原発関連画像
http://matome.naver.jp/odai/2130183600768252701

◎福島原発に関する報道規制及び言論統制状態のまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130183431868236701

◎署名 グリンピース 
http://www.greenpeace.org/japan/ja/form/edano3/

◎署名 福島原発廃炉
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

◎田中優講演 
非常にわかりやすいおもしろい。
食品の管理、農地の回復、新エネルギー、被災者援助、など
http://www.ustream.tv/recorded/13723581

恐れずに、原発のことをもっと知りましょう。

そうすれば、この国がいかに不自然かがわかります。

でなければ、子供たちも植物も未来もないのです。

かわいい子供のためなら何でもする親心を考えれば、借金しても、自分の時間を犠牲にしても、労を惜しまないでしょう。

そうすれば、その元凶となった原発を学ぶ時間もなく、自然療法の情報に触れることもなく、与えられた垂れ流しの情報の枠で生きてゆく恐怖心にさいなまれる日々が始まります。

私とて、身近な家族が自分で病院に行けるほどには健康だから、このような活動ができるのです。もしも入院や通院の家族がいたら、とてもこのような時間は持てないでしょう。

私自身は、植物や昆虫、私たち動物を育んでくれる豊かな土壌を汚染するような間違った方法では、決して、誰一人救われることはないという信念があります。

子供たちが育たないような環境を生むものなど、決していらない。

原発と生物は、共生できないのです。

知らない方ですが、政治的してから紹介されているので、下記、紹介させていただきます。
からくりが少しわかるかもしれません↓

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/203_5avi-you-tu.html

2011年4月 7日 (木)

原発を知りましょう、太平洋のサーファーを守りましょう

25年前、4月26日に起きたチェルノブイリ原発。
それを忘れてはいけないと活動を四半世紀されている方々がいます。

自然災害だけではなく、人災である原発のさまざまな影響。

原発を使っている身としては、絶対反対とは言えないのですが、よくよく勉強し、原発に頼らないエネルギー時代を実現するために全力を尽くします。

日本の植物やアロマテラピーのため、こんなに地球の自然を破壊してしまう原発を許した一国民として、解決策に取り組みましょう。地上に共生する、菌、鉱物、植物、昆虫、動物を、これ以上犠牲にしないためにも。

その為には、まず原発を知ること。

原発のことを知らない方がいたら、ぜひご紹介下さい↓
『祝の島』の監督纐纈さんの映画も含め、現場を知ることが何よりです。

映画監督は、現場に何度も訪れ、さまざまな角度から取材しています。

ドキュメンタリー映画は、メディアでは知ることのできない、現場の声のひとつを教えてくれます。

ぜひ、一度ご覧あれ。

タンポポ舎様のサイトを引用してます。

下記、引用。

http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10851785034.html

4.9(土)「祝の島」上映&トーク@神楽坂2011-04-05 01:02:27

テーマ:お知らせ
_____________________________

 ◆◇◆ 映画『祝の島』上映会のご案内◆◇◆

 緊急決定!神楽坂で上映&トークを開催します!

_____________________________

東京電力福島第1原発の事故に世界中が注目し、
チェルノブイリ原発事故から25年の春を迎える今、
映画『祝の島』の上映会を緊急開催いたします。
上映後トークもあわせて行います。
祝島の人々の営みを通して、
これからの私たちの暮らしについて考えるひとときを持ちたいと思います。
この機会にぜひお誘い合わせの上ご来場下さい。

■日時:2011年4月9日(土)14:30/18:30(各回30分前開場)
■トーク:14:30の回上映後 本橋成一(写真家・映画監督)×纐纈あや(祝の島監督)
     18:30の回上映後 山秋真(ライター)×纐纈あや(祝の島監督)
■会場:NPO法人地球映像ネットワーク 神楽坂シアター
    東西線 神楽坂駅(神楽坂出口)より徒歩3分
    東京都新宿区赤城下町11-1 http://www.naturechannel.jp/access.html
■料金:予約 1,000円/当日 1,200円(限定各30席)
■予約:ポレポレタイムス社 Tel:03-3227-3005 E-mail:houri@polepoletimes.jp

以上引用終わり。

ドイツ政府が調べた 放射線防護庁の調べ

 http://www.priee.org/modules/pico2/index.php?content_id=12

私たちは、国際社会のなかにいるのですから、あらゆる国の方々たちばを 的に譲るわけには行けない。

データはいくらでもお渡ししますが、データを捏造するのが、上手に操作するのが、われらが日本国。

話は変わって、良くお世話になっているオークビレッジの稲本代表と、パチュリさんの高山ツアーの打ち合わせに参加する機会をいただきました。

http://d.hatena.ne.jp/nachos3337/20110329

稲本代表は、宮城の気仙沼で、「森の恋人は海」のコンセプトで活動している方々を全面的に支援していらっしゃいます。

そう、天然住宅バンクが支援している、気仙沼です。

●天然住宅バンクより、「くりこま募金」のお願い
http://tanakayu.blogspot.com/search/label/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%80%81%E5%A4%A9%E7%84%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF

稲本代表は、海と共に生きる我々日本人にとっても、サーファーやひとりひとりの役割は大きいと、おっしゃっていました。

アロマテラピーや自然療法は、これらの自然災害を元に戻すことも、この放射能の影響を治したりすることはできません。

けれど、こんなもんを作っちまった、と反省する、素直な人類愛を思い起こすことが出来る道具なのかもしれない、と、この震災で私は思うようになりました。

また、稲本代表は、阪神淡路大震災で知ったご経験から、住宅ができても、仕事がない、土地がない、子供の生活が心配、と、心配をはせるご年齢の方々の孤独死を懸念されていらっしゃいました。

私たちは、誰一人として一人ぼっちで生きていくことはできません。

例えば、山谷には、山本さんという希望の家を、寄付金だけでまかなっている方々や施設もあるのです。

一番大事なのは、私たちが自ら、よくよく勉強し、行動を起こしましょう♪

季節は春、変容するなら、自然界のバックアップが何よりもある時期です。

2011年4月 6日 (水)

解決策は必ずあります

今日は、地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わるさんの講演会に参加してまいりました。(下山田先生、天野様、情報有り難うございました)

アースディ主宰とだけあって、急な開催にも関わらず、300名近い参加者が訪れていました。

会場には、色々な立場、色々な思いがありましたが、「原発に代わる、よりよい未来を作る」という共通点があるだけに、熱心に田中さんのお話を聞いている姿が印象的でした。

私も田中優さんのお話を直接伺い、多くの方々に、このお話を共有できればと切に願います。

http://tanakayu.blogspot.com/

原子力発電のこと、それに替わるエネルギーをきちんと理解して、日本の技術をもってすれば、「解決策は必ずあります」

田中さんは、ご自身の今までの活動を通して、培ってきた人脈、技術、現場の経験があるので、実績も、前例もないのに、ただ数値を羅列したり、ごまかしたりする評論家ではありません。

実行あるのみ。

活動すれば、人に文句を言ったり、疑ったりする時間はなくなります。というか、そういう暇は、きれいさっぱり失われます。それが、評論家なのか、活動家なのかを見極めるポイントになりますが。

植物、動物、人も含め、私たちの命は、個ではなく、共生するために授かるものであり、誰かの、あるいは、何かの役に立つために生きています。御心のままに、どんどん行動して、人波を起こしましょう。

ニュース断食を行うとよくわかります。限られた命を、物資的な消費欲をかきたてる目的で作られた、垂れ流しの情報に費やすのはやめましょう。

震災後、自然災害に加え、原発や放射能といった、人災に怯える毎日が現実に続いています。

原発を50基以上も抱えている地震国日本。原発がなくなっても、原子力の勉強は永遠に続くでしょう。

正直申し上げますと、なんで、こんなにも戦争や格差のある世の中に生まれなくちゃいけなかったんだろう、と思うことは多々あります。特に、アロマテラピーは、至福の世界ですから、そのギャップは大きいです。

田中優さんの言うように、「解決策は必ずある」からこそ、生かされているのかもしれません。

本日聞いた話の一部を、下記に要約します。

田中優さんの長きにわたる地道な活動や、言葉の端々から感じる思いやりのある態度を、文書だけで、紹介することは到底できません。

ぜひ、ご自身の足で、直接、お話を伺いに行ってください。

「解決策は必ずあります」

「評論家ではなく、行動家になりましょう」

1)放射能対策
 ・まず、マスクをしよう。体内被曝、体外被曝ともに大事ですが、
  それ以上に、呼吸から入る空気は量にするとその5.5倍とのこと
 ・原発からの距離ばかりではなく、風向きが何よりも大事
 ・髪や肌についた放射能はゴシゴシこすると余計中にに入ります
  ↑これは、私の専門分野です、不明点は直接お問い合わせください
 ・洗濯物、風向きに注意しましょう
 ・放射能を一般の人がどのくらい浴びたかを調べることは難しい
 ・屋内退避、木造は貫通するので意味があるとはいえない、適切な判断を
 ・水、1Lのお水に炭を1g、一日放置して、炭は都度捨てます
 ・ヨウ素、ワカメや海藻類をいただいて、常に甲状腺を満たしましょう
 ・マイクロシーベルトは、1時間単位の数値
  一瞬の被曝のレントゲンなどと比較するのは論外、
  毎日レントゲンを24回受けている計算です
  ↑たまに紹介していますが、お国の数字トリックはいたるところで見られます
    なんといっても、頭のいいのですから

2)ドイツ政府が調べた 放射線防護庁の調べ

 http://www.priee.org/modules/pico2/index.php?content_id=12

 ドイツ政府、政府公認の調べです。
 日本はなぜ? これを公表できないのでしょうか?

3)日本が世界に誇る技術で、自然エネルギーに変えることができます

 世界自然エネルギー白書2010年
 http://www.isep.or.jp/library_jsr2010.html

 自然エネルギーを取り入れている国で使われているパーツやエンジンは、メイドインJAPAN!がたくさんあります。

例:秋田県の低速回転風車http://www.mecaro.jp/company.html
例:波力発電http://greenpost.way-nifty.com/softenergy/2010/01/post-d243.html
例:東芝のエリーカhttp://eco.goo.ne.jp/business/csr/ecologue/wave38.html
例:スマートグリッドhttp://www.kankyo-business.jp/topix/smartgrid_01.html

4)チェルノブイリの土壌回復に役立ってくれた植物たち。

 貪欲に放射能を吸い取ってくれるのが、菜の花、ひまわり、しいたけ。
 これらをバイオマスのエネルギーとして使い、汚染された放射能をたくさん吸ってくれる植物たちに感謝の意を示すためにも、原発周辺のこれらの産業を、積極的に支援しよう!

5)プルトニウム

 体内被曝よりも、海に流されている事実の方が危険。
 特に、サーファーの方々は気をつけてください。
 波打ち際に集まりやすい性質をもつので、太平洋側の、特に福島より南の波打ち際は、十分な注意が必要です。

他にも、書ききれない、たくさーんの貴重な情報が盛りだくさんでした。

私は、エネルギーの専門ではありませんが、ここまで明確に、「解決策は必ずある」ことを実感できるセミナーに参加したのは初めてで、あらゆる意味で、素晴らしい時間となりました。

もちろん、問題はたくさんありますし、今回の災害の悲劇は変わりません。

過去を変えることは誰にもできないけれど、未来を変えるのは、「バタフライエフェクト」同様、今、この瞬間です。

下記は、私たちも、具体的なアクションを起こせる、参加型の活動です。

●オンライン署名「枝野さん、安全な電気がほしいです」
http://ameblo.jp/atsusurf/entry-10843743624.html
 ↑わかりやすいですね。

●でんきをえらぶ 選挙でえらぶhttp://www.greenpeace.org/japan/ja/campaign/citizen/election/
 ↑都知事選に向けて、彼らの本性を拝見しましょうw

●天然住宅バンクより、「くりこま募金」のお願い
http://tanakayu.blogspot.com/search/label/%E5%A4%A9%E7%84%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%80%81%E5%A4%A9%E7%84%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF
 ↑5万円の貯金があるなら、今役立てて、被災者の方々が喜び、数年後に帰ってくる、こういうところに預けてもいいんじゃないかな?

以上、要約してお伝えします。
まずは直接、田中優さんという人物のお話を聞くことをお勧めします。

自分で行動すれば、さまざまな情報、評論は、その発信元の妄想でしかないことにきがつきます。現代における、「井の中の蛙」の「蛙」は、「私たち、日本国民」のことですね。

けれど、私たちがひとりひとり勉強して、行動をおこすだけで、必ずより良き未来につながる大きな波が、必ず生まれます。

私たち日本人は、現代では、インドや中国を主とする安い労働、ご先祖様が守ってきた豊かな自然を奪ってきました。

1923年の関東大震災のどさくさにまぎれて、朝鮮人虐殺事件・亀戸事件・甘粕事件が発生した歴史を忘れないようにしましょう。

人の幸せ、生活を奪った国民だからこそ、恐怖が生まれるのです。
これは、奪略側の心理です。奪略したから、仕返しをされるのが怖くて、防衛しなくてはならないのです。
子供は、本来は恐怖心など持ち合わせていません。あるのは、大人や世間に与えられた情報、記憶です。

余談ですが、リビアのカダフィー大佐は、かつて米軍に妻子を奪われた過去はご存知ですか?カダフィー大佐の立場に立ってみれば、国際社会が言ってくることなど聞けますか?

この憎しみが根底にある限り、戦争してもカダフィー大佐の行為も国際社会の行為も解決されません。

人はしょせん、どんな肩書や地位を得られたところで、死んで、土に還るだけです。

私たちは、この豊かな大地を、放射能やプロトニウムで汚しています。

けれども、「必ず解決策はあります」。

この解決策に、私たち一人一人がとりかかる時期なのです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月 4日 (月)

デトックス(解毒)の再認識

先日、ドイツのレホルム製品を扱っている、サンレホルムさんの勉強会を開催していただきました。詳細は直接でないと伝えきれないのですが、下記、簡単にご紹介します。

※ご紹介している文書は、医療に代わるものではありません、自己責任の上で、内容を十分に理解した上で、情報をお役だてください

何度も繰り返しますが、自然療法で、放射能の害を100%逃れることも、エイズやガン、その他の特定の病気そのものを治すことはできません。

ただ、継続して用いることで体のバランスが改善され、人によっては劇的ともいえる治癒を促すケースもありますが、それは個々人の体質によるものです。

過剰な期待をするよりも、良質な食事、運動、睡眠、心からリラックスする時間、腹の底から笑える時間を作ること、つまり、日々の生活が、何よりも大切なことを改めてお伝えします。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、本題です。

デトックス(解毒)という言葉を、もう一度再認識しましょう。

日本では、ダイエットの一種の様なイメージがありますが、その本意は「解毒」です。

私たちの世界には、常にある程度の有害物質が存在しています。
微量であれば、健康な体なら、自然に排泄することができます。

体は、栄養の吸収の他、こういった毒を出してくれているのですね。

春の七草、秋の七草。脂肪を蓄える冬に向けて、また脂肪を落とす夏に向けて、自然の食材で解毒を促す智恵は、理にかなった素晴らしい習慣です。

放射能の心配は続きますが、過去の経験を生かし、何が一番ベストなのか、常に勉強を続け、出来ることに取り組みましょう。

ノイホルムさんのまとめでは、

●運動やお風呂
●毎日の便通
●毒素吸着をさせない食事
●毒素の働きを阻害する成分が含まれた自然食やハーブサプリメント
●ストレスをためない

とあります。

この、ストレス対策は、とーーっても大事ですね。

良質なアロマテラピーオイルの施術は、デトックスだけでなく、ストレスにも有効です。
大切なご家族、友人と、自然の香りに包まれながら、気軽に取り組んでくださいね。

これは体験しなければ分りませんが、するとしないでは全然違います。
論じるより、実行です。

有効なハーブや解毒の再認識を改めて教えていただきました。
ノイホルムさまのサイトは下記に。

http://www.sun-reform.com/index.html

また、私もお世話になっているホメオパシー仲間のブログより、有益な情報を引用させていただきました。

下記、引用。

http://junkopathy.blog118.fc2.com/blog-entry-127.html

クラシカルホメオパシー 「たったひとつの声を探して」より引用

カリフォルニアの友人が送ってきてくれた資料に、
放射能汚染のデトックスに関するハウツー本(e-book)があります。

http://meditationexpert.com/RadiationDetox/

著者はずっと放射線被害の対策について研究していた人で、
このサイトからその対策マニュアルを無料でダウンロードできます。

ヨウ化カリウムの錠剤が必ずしも事後すぐ入手できる状態にあるとは限りませんよね。
そういう時に身近に入手可能なものを使って
自分で実践できるデトックスの方法が紹介されています。

放射能を浴びた際、放射性物質が大気中に飛散している際の
塩と重曹を使った入力によるデトックスや、
長崎で成功した食事療法の紹介、
海草、クロレラに加えて、チェルノブイリで活躍したスピルリナや、
各種クレイやホメオパシー、組織塩、サプリ、ハーブなどなど。
とても情報満載、故に、今の群集ヒステリーに陥りがちな環境下で、
どういうスタイルで紹介するべきか逆に迷ったのですが
著者がコピーを回して記載内容が周知されていくことを望んでいますので、
内容に関する自分の要約、解釈は一切つけずに、
そのままのサイトアドレスをアップすることにしました。
ここでのハウツーを利用しなくてもいいような状況、それが一番の願いではありますが。

引用終わり。

「ここでのハウツーを利用しなくてもいいような状況、それが一番の願いではありますが」

本当にその通りです。一日も早く利用しなくていい状況を実現させましょう。
そのために、現場で対応してくださる多くの方々のご無事を祈ります。

私自身、こうやって、電気を原発に頼って生活しているのが現状で、原発絶対反対!!と言い切れない立場です。

具体的に何ができるのか、己にとっての真実は何なのか、毎日模索しながら行動してまいります。皆さまのご意見やご協力、いつもありがとうございます。

最後に、もう一つご報告です。
先日ご協力をいただいた支援物資のレポートをいただきました。
直接届けてくださった森本千佳さま、今井佳代子さま、本当に有り難うございました。
物流も滞りがなくなり、不足は解消されたとのことです。
皆様のご協力があってのことです、かさねがさね有り難うございました。

http://plaza.rakuten.co.jp/chakra1110/diary/201104040000/

★クプクプでは、必要なフラワーエッセンス調合してレメディをお送りします。
 メール、電話どちらでも受け付けております。詳しくは、HPをご覧ください。
 (ボトル代・送料込 実費1000円をお願いします)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月 3日 (日)

ニュース断食

Manuka1  4月に入り、東京では、新しい月の訪れとともに、あたかも何もなかったかのような雰囲気を漂わせたい、と目論んでいる空気を感じるのは、私だけでしょうか?

確かに、ニュースをみず、新聞を読まず、たんたんと日々を暮らすなら、穏やかな、少し寒さが続く、遅まきの春であることは間違いありません。

狛江周辺の東京では今日、桜の花がようやくほころび始め、少し遅い春の訪れを告げてくれました。

けれど、私自身は、4月が来たからといって、今までと同じような経済の立て直し論、今までと同じような生活を送る気には、到底なれません。

放射能もプルトニウムも、日々のデータをチェックする気もなくなってきました。ゲーテやワイル博士のすすめるニュース断食です。情報操作から離れるためには、マス・メディアに触れないことが何よりもの養生です。

さて、最近は余震があっても、慣れてきてしまい、今日は、ガスを止めることもおっくうになってしまいました。

このように、人間は、その状況に適応していく能力を持っています。

この資本主義という世の中に生を授かり、この社会で生きていくことに疑問を感じなければ、この地上において、これだけ物質的に恵まれた国はないでしょう。

自殺、うつ、慢性病、利己主義、かつての日本人と同じだと思い込んでいる単純性、いい人でありたい病、何でも他人まかせ病が蔓延している面に目をつぶれば、日本は世界で一番ハッピーな国ともいえます。

けれど、この震災が招いた福島原発の事故も、庶民のことを思わず、ただ庶民の血税さえ入ればいいという権力者の微量課金ブラックボックスの仕組みだったと気がけば、全く見方が変わってきます。

1億2500万人の国民が、毎日、1円の消費待機電力を使ってくれたら?
(真夜中でも、電気のスイッチはここにありますよ~。と、あたかも親切に見えるあの光)

1億2500万人の国民が、毎日、100円分のお薬を使ってくれたら?
(1回に3種類以上の薬を出すのは、藪医者の証拠と、ドイツやアメリカの本ではよく見かけます)

そうです。

電力の場合は、1日で1億2500万円の売上。
お薬の場合は、1日で125億の売上。

誰が一番、儲かるでしょう?
誰が一番、健康を損なうでしょう?

何のための命なのでしょう・・

長生きしたいために、私たちは存在しているのでしょうか?

先日のサンレホルム・ハーブの勉強会では、福島県で土壌改良の有機栽培の農家さんが自殺をしたと聞きました。

震災、原発以外にも、便利という名のもとで、誰かが犠牲になっている事実を一人ひとりが受け止めて解決しない限り、この震災の悲劇はずっと続きます。

ニュース断食をしていると、私たちの共通の願いは、意見や宗教、世界観の違いはあれど、互いに死者をだすような戦争など、誰一人望んでいないことが分かります。ごく普通の、家族、友人、隣人と穏やかな生活を送りたいだけです。

それなのに、こんな世の中に生かされている。これは、私たち一人一人の中にある問題でもあるのです。

良い、悪いはない。

在るのは、私たち一人一人が、これから、どんな社会に生きたいのか、誰を守りたいのか、自然環境をどうしたいのか、と考え、実践し、実行に移すだけです。

案ずるより、産むがやすし。

誰かが煽る、心配や不安。その情報の裏にある真実を知っていけば、何も怖いものはありません。あるのは、わたしたちが、何を選択し、どう行動するかだけです。

ニュース断食、みなさんも実践してみてくださいね。

見たくもない広告、見たくもない画像が、垂れ流されるのって、ある種の暴力だと実感します。

引き続き皆様のご無事を、心よりお祈り申し上げます。

次回からは、みなさんのご意見やご質問、自然療法でどのようなことができるのか、まとめていこうと思います。

★クプクプでは、必要なフラワーエッセンス調合してレメディをお送りします。
 メール、電話どちらでも受け付けております。詳しくは、HPをご覧ください。
 (ボトル代・送料込 実費1000円をお願いします)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年4月 1日 (金)

福島県伊達市への支援物資のご協力、本当に有り難うございました

東北地方太平洋沖地震から3週間が経ちました。   
改めて、他界された方々のご冥福をお祈りいたしますと共に、被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。   
   
先日ご紹介させていただきました、福島県伊達市へのご協力をいただいたみなさま、本当に有り難うございました。

※4/4、状況は改善され、食料品の不安も解消に向かっているとのことです。

今後、長期的な避難生活に伴い、洋服や下着、生活用品など、支援物資も変わってくるとのことでした。

その折にはまたご協力をよろしくお願いいたします。

これから、一日でも早く、全員が、当たり前の心安らかな生活を送ることが叶うよう、私たちも具体的に行動して 協力していきたいと願っています。何か協力できることがありましたら、また気軽にご連絡くださいませ。   
   
ご協力戴いた皆さま、沢山の方にお声掛けの協力他、これらの物資や手紙を直接お届けくださる森本千佳さま、今井美香子さまに、改めて、心より感謝申し上げます。   

その他、直接物資を送って下さった方や、他の仲間に伝えてくださった方々、次回の物資支援や他に支援が必要であればご協力したい、とお申出下さる方々にも、心より感謝申し上げます。またどうぞ、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

自然災害に加え、放射能、プルトニウム、といった新たな脅威に加え、世界の向こうで行われている戦争のニュース。いったい何のために?誰のために?

テレビやメディアを見ていると、地球の未来はいったいどこにあるのか? 私たちはどこに行きたいのか? と思うことが多々あります。

考えてみれば、これらのマス・メディアは、利益を上げたい会社の一方通行の情報です。

私たちは、自分らしくありたいとき、大切な人に思いを伝えたいとき、必ず、無になって、自分自身と向き合う必要があります。

自制心を育てるにも、愛情を育むにも、大切なのは、感じること、相手を思いやることです。

考えるのではなく、議論するのではなく、とにかく無になって、行動を起こす。

そうすれば、その行動から、風が生まれ、波が起き、星が動き、空が輝き、太陽が上ります。

私たち人間は、論ずるよりも、体を動かすように、神様が設計してくださったのです。

資本主義、マス・メディアは近年に生まれた社会システムであり、私たち人間の営みは、太古からそう変わっていません。

誰もが、大切な家族や友人と心安らかな普通の日常を送りたいだけ。

けれども、マスメディアの洗脳を許してしまった人々は、何が大切なのかを見失ってしまいます。

案ずるなら、祈りましょう、祈るのが飽きたら、御心のままに行動しましょう。
テレビや誰かの意見を自分の考えと混同するのはやめましょう。

今回、支援物資をお送りさえてもらう手伝い直接させていただいて、誰もが、誰かの役に立ちたいと思っていることを、つくづく知ることができました。

私たちは、資本主義という、マスメディアが作り上げた洗脳から抜け出して、より良い未来を作っていくのだと、確信する出来事でもありました。

この資本主義社会が成立つ、マス・メディアを作り上げた最大のスポンサーのひとつが、製薬会社の他に、電力会社となれば、化かし合いは永遠に続きます。

テレビを持たない、あるいは、極力見ない友人たちは、不安にさいなまれることなく、出来ることを淡々と、日々、精いっぱいこなしています。

物質的な予防に備えるのは当然ですが、同じように備えるべきものは、私たちの中にあるネガティブな感情です。

恐怖や不安に押しつぶされないよう、最善を尽くして、より良き未来を創りましょう。

自粛する気持ちになるのもよくわかりますが、自粛とは、「自分で自分の行いをつつしむこと」。そもそも、普段から、無駄遣いしたり、自分に嘘をついてなければ、自粛なんて、する必要ないですよね。

自粛する気持ちがわかる私は、潜在的に、どこか無駄だったり、贅沢な生活を送ってることを知っている、つまり、罪悪感を感じる生き方をしているのだということを、案に教えてもらいました。

隠し事のできない時代に入る今、私たちはプライベートや自我への認識を変える必要があるのでしょう。

いずれにしても、ご協力のお声をかけて下さった代表の椀澤様、またその声にこたえていただくばかりか、支援やエールお送ってくださった皆様、ブログやツイッターで大切なお仲間に紹介してくださった皆さまに、あらためて感謝申し上げます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »