« 原発を知りましょう、太平洋のサーファーを守りましょう | トップページ | 南相馬市より戻りました »

2011年4月 8日 (金)

原発と生物は共生できない

今回の記事は、放射能や原発についてあまり知りたくない方は読まないでください。

私自身、心の準備が必要な情報をたくさん紹介させていただいています。

チェルノブイリの原子炉爆発以降、地上では見かけない奇妙な現象が起きました。

それは、私たちの掛け替えのない財産である、子供たちの方が、早く逝くという世界です。

放射能。

DNAに作用するので、細胞分裂が活発な子供ほど体に影響する毒性があると理解しています。

下記、ひもろぎ案の下山田先生からの情報をUPします。

いつもありがとうございます。

http://himorogian.jp/tayori/

5年前にNHKで放送されたドキュメンタリーです。
すぐに削除されてしまう恐れがありますので、
まだ観ていない方は今のうちに観ておかれるといいかもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=PHeq8TfSRBM&feature=related

知人の反核活動家・山口泉さんのブログを紹介します。

かなり辛口な批評に感じられる方がいるかもしれませんが、実際に起きている事実を直視するならば決して辛口ではないことがわかってきます。

そのくらい私たちを取り巻く現状は暗澹たるものです。

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/203_5avi-you-tu.html

判断停止の、「許し合い」の、加害と被害の歴史的構造を捨象し、悪しき神秘主義の偽善が横行する、いま生きている人間としての責任抛棄の、脳に蕁麻疹の出るような欺瞞に満ちた、この寒ざむしい2011年早春、起こるべくして起こった??と言わざるを得ない、福島第1原発事故の現況をめぐり、かねてオーロラ自由アトリエの遠藤京子さんからも勧められ、気にかかっていた「ブログ」を、昨夕、急遽、始めることにしました。
Blog『帯電した、巨きな雲がうごくように』
http://auroro.exblog.jp/

当面は、《「取り返しのつかぬ今」を
「取り返しのつかぬまま」見つめながら、それでもなお、あのクズどもに殺されないために》

というタイトルで、今般の事態における「政」「財」「官」「学」の癒着と、制度圏「ジャーナリズム」の荒廃の問題、09年晩夏、有権者の多大な付託を受け、自民党長期腐敗政権の“オルタナティヴ”として発足したはずの民主党政権の、度し難い変質の問題を中心に、書いてゆくことになると思います。

諸般の都合で、推敲も不十分な完成度の低い文章のまま、しかも、1日1~2本の記事しか、掲載できないかもしれませんが、継続的にご覧いただくとともに、よろしければ、なるべく多くの方がたに御案内いただけますと、幸甚に存じます。なお、この「ブログ開設」の情報は、どこに転送していただいても構いません。

何卒よろしくお願いいたします。


◎福島原発関連画像
http://matome.naver.jp/odai/2130183600768252701

◎福島原発に関する報道規制及び言論統制状態のまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2130183431868236701

◎署名 グリンピース 
http://www.greenpeace.org/japan/ja/form/edano3/

◎署名 福島原発廃炉
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

◎田中優講演 
非常にわかりやすいおもしろい。
食品の管理、農地の回復、新エネルギー、被災者援助、など
http://www.ustream.tv/recorded/13723581

恐れずに、原発のことをもっと知りましょう。

そうすれば、この国がいかに不自然かがわかります。

でなければ、子供たちも植物も未来もないのです。

かわいい子供のためなら何でもする親心を考えれば、借金しても、自分の時間を犠牲にしても、労を惜しまないでしょう。

そうすれば、その元凶となった原発を学ぶ時間もなく、自然療法の情報に触れることもなく、与えられた垂れ流しの情報の枠で生きてゆく恐怖心にさいなまれる日々が始まります。

私とて、身近な家族が自分で病院に行けるほどには健康だから、このような活動ができるのです。もしも入院や通院の家族がいたら、とてもこのような時間は持てないでしょう。

私自身は、植物や昆虫、私たち動物を育んでくれる豊かな土壌を汚染するような間違った方法では、決して、誰一人救われることはないという信念があります。

子供たちが育たないような環境を生むものなど、決していらない。

原発と生物は、共生できないのです。

知らない方ですが、政治的してから紹介されているので、下記、紹介させていただきます。
からくりが少しわかるかもしれません↓

http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/203_5avi-you-tu.html

|

« 原発を知りましょう、太平洋のサーファーを守りましょう | トップページ | 南相馬市より戻りました »

【自然療法】が好き♪民主化を願って書いてる記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発を知りましょう、太平洋のサーファーを守りましょう | トップページ | 南相馬市より戻りました »