クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 原発と生物は共生できない | トップページ | うさぎ追いしかの山 »

2011年4月10日 (日)

南相馬市より戻りました

Souma
写真は、南相馬市にて。津波の影響を受けて崩壊した家と、その庭先に何事もなかったように咲いている、たくましい水仙の映像です。
他界された皆様のご冥福を、心より祈り続けます。

2011年4月9日正午に出発し、ひたすら北に向かいました。
小雨がぱらつく中、南相馬市へ物資を届けたのが午後5時半でした。

一緒に行こうといってくださった森本千佳さま、今井美香子さま、かさねがさね有り難うございました。まず、お二人の協力がなければ、実現できないことでした。

今回の南相馬市行きでは、

●○○○様よりお預かりした南相馬市への物資を届ける
●南相馬市原町区の友人に会いに行く
●原発20km付近をこの目で見る
●津波の痕跡が未だに残るエリアを画像で記録する
●先週、直接物資調達依頼があった梁川高校で避難されている方々にアロマテラピーの施術をご奉仕させていただく他、被災された方との直接のつながりを持ち、今後、アロマテラピーや自然療法で支援するための絆を作る

ことが目的でした。

おかげさまで、全ての目的を達成し、無事に帰途に就くことができました。

ご協力をいただ他皆様、祈って下った皆様、本当に有り難うございました。

現場にいくと、放射能対策のことも、東電の悪口も言ってられないな、と思いました。

放射能や原発の情報について、どう付き合っていくか、それは、人それぞれです。

惜しみなく時間を割いてくれた南相馬市の友人は、6号線沿いの災後、4週間経っても津波の傷跡が生々しく残るエリアを、案内してくださいました。

ご遺体を目にすることはありませんでしたが、高い津波が引き起こした土石がそのままで、
多くのご遺体が下に眠っていることを実感しました。既に、潮の匂いだけではありませんでした。

まだまだ通常の生活に戻るのには時間と惜しみない協力が必要であることを痛切に体感しました。

また、震災後、ひと月たっても手つかずとなっている元凶、原発。
あの光景にまだ言葉が紡げません。しばしお時間ください。

今回の現地取材で、改めて、私は私のできることをコツコツと続けることしかできないことを実感しました。

アロマテラピー、フラワーエッセンス、ホメオパシーを通して、肌を慈しみ、己を愛しむお手伝いをさせていただくことが、私の使命です。

そのために、これからは、これらの自然療法の道具を、自らの意図で、責任を持って使いこなせる術を、直接お伝えし、直接、みなさまとつながっていくことに専念してまいります。

今日はホメオパシー医学の創始者、ハーネマンのお誕生日でした。

彼の意思を継ぐ、多くの素晴らしい仲間たちに出会え、支えられていることに心から感謝します。

どうか、皆様も引き続きご無事で、無理をせずにお過ごしください。

« 原発と生物は共生できない | トップページ | うさぎ追いしかの山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発と生物は共生できない | トップページ | うさぎ追いしかの山 »