クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月30日 (火)

潮水をかぶった田んぼの成長

もうすぐ9月。蝉と鈴虫の音のはざまに、秋の夜長を楽しむ季節がやって参りました。

赤とんぼの姿が秋の訪れを告げる日本のふるさと。
その赤とんぼも、絶滅危惧種まで追い詰められているそうです。
産むことも、作ることも出来ないものを破壊するのは、もう終わりにしなくちゃね!

参考サイト:http://snsm.blog54.fc2.com/blog-category-17.html

さて、この週末、ホリスティック医学協会さん主宰のホメオパシー・リバイブin仙台のイベントに参加してまいりました。

●山本百合子先生(山本記念会山本記念病院理事長)の「心と皮膚の知られざる関係~皮膚からの癒しについて」

●「こころとからだのセルフケア~今“ここ”を意識する」竹林直紀先生(ナチュラル心療内科クリニック院長/アイ・プロジェクト統合医療研究所所長)

●クリスタルボールヒーリング

と、三本立ての素晴らしい内容でした。

R0010924s

そして、私にとって仙台といえば、EM菌の鈴木有機農園さんです。

塩をかぶり、塩害にあった、へどろ臭かった田んぼは今・・。
見事に、青々とした若い稲穂をたくわえ、すくすくと育っていました。

何よりも驚いたのは、6月に訪れたときには、ヘドロをかぶりひび割れ、不毛地帯にさえ見えた放棄された田んぼ。そこには、同じイネ科である稗がぎっしりと育っておりました。

仙台市では、塩害にあった田んぼは、今年は市の方針もあり、放棄するケースが多かったそうです。

でも、その塩をかぶった田んぼには、何にもしていないのに、ぎっしりと、イネ科が育っていました。

植物は人間の力など無くても、すくすく育つ。
ええ、私たち人間界の利益なんて関係なくね!

「人間ばかりが余計なことをする」という鈴木さんの言葉が胸に響きます。

生命は循環しています。その営みを断つ生き方をしているのは、人間だけ。

さらにありがたいことに、鈴木さんのところで取り組んでいるEM菌は、誰にでも作れるという優れもの。

どこにでもある素材で、菌は育つのです(信じられない人は千島学説の本や、実際に試験をされてください、それでも信じられないという場合には、一緒に実験付き合いますw)。自然界に搾取はありません。

さて、鈴木さんのところでは、この夏に作ったEM菌を無料で配布してくれています。

「昔ながらの汚染されていない沢の水なら、EM菌も必要なかった。
 ただ、もうそれは失われてしまいました。
 自然界に還る手伝いができるなら、それだけでいいのです」

菜の花畑やれんげ畑が大地を覆っていた古き良き日本の美しさを取り戻すために、思考錯誤の実験に取り組んだ鈴木有機農園ご家族の日々の賜物を分けていただいた気がしました。

私たちの命が生まれる前は、それが例え、望まれかなったように見えようとも、父と母の愛、タイミングの奇跡です。

人間界が忘れがちな、「ただ、生きている」という幸せを、自然界、植物界、そして人々の絆から、改めて学んだ、2011年夏の終わりの仙台旅行となりました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年8月16日 (火)

「希望のゼミ」プロジェクト 岩手・宮城・福島の子供たちを教育でサポートします

Photo 今回は、2011年7月末の南相馬市へのアロマテラピー&フラワーエッセンスのボランティア活動に、惜しみない協力をいただいた永井涼(福島県担当、郡山市在住)さんのご紹介です。(写真は、今回訪れた仲間と、南相馬市鹿島区もっけの幸いの小野田夫妻)

札幌在住アーティストの坂田幸代さん(薬剤師さんでもあります)の高校の同級生である永井君とのご縁をいただいたのは、まさに南相馬に向かう3日前。

この時は、東京から運転できる方が一人しかおらず(私はパニックアタックを経験してから相変わらず、高速の運転ができない、へなちょこドライバーです)、ここは無理をせず、電車で向かおうと思っていたのでありました。

永井さんは、下記に紹介する、「希望のゼミ」プロジェクトに携わるべく、郡山への赴任が決まったばかり。その赴任先に移動する直前に、予定をずらして私たちの活動に同行して下さったのでありました。

イエメンやエジプトなど、中東での活動に携わっていた永井さん。

その海外生活の話は、日本人がいかに、いえ、「驚異的に、掃除を自主的に行う国民であること」や、義理に固い、いや「縛られている民族性であること」など、たくさん充実した話を共有していただきました。

そして、彼は、プロ並みの写真家。

ご本人の許可を頂いて、下記のリンクの許可をいただきました。

震災後の東北5回目(南相馬は3回目)となると、写真を撮るエネルギーもなくなり、活動に専念しておろそかになっていたので、いろいろな意味で感激でした。

普段、取材が多い身だと、客観的に、この様に写真を撮ってもらえるとは、夢にも思っていませんでした。永井さんのフレームを通した視点で、一緒に見ていただけると、私達の活動も救われます!↓南相馬活動記録写真。お祭りの様子も、福の島・南相馬の様子も、私の撮った写真とは一味、、じゃないですね、十味位違います。
https://picasaweb.google.com/110892974910034884492/2011072224?feat=email

イエメン、エジプト、福の島、猫、海、南相馬の景色に映し出される光景は、記憶の奥底に眠っているような、どこか懐かしい風景。

たくさんの国を訪れながら、その国民性、文化、景色の違いと、普遍的な人間の営みの共通点を知っているカメラマンだけが映し出させる風景なのかな。

みなさんはどの写真に惹かれましたか?

さて、前置きが長くなってしまいましたが下記、永井さん方の活動のご案内です。

下記の引用を、被災地の多くの方にお伝えいただければありがたいです。ご協力をよろしくお願いいたします。

岩手・宮城・福島の復興支援、教育面から力になるべく、「希望のゼミ」というプロジェクトに関わっています!

★内容

~被災地の中高生は、これから受験・進学を経験していきます。

震災は各家庭に、精神的ショックは勿論のこと、様々な側面から経済的に打撃を与えています。学習環境も避難先での生活は満足なものではないでしょう。

そこでNPO法人フローレンス(http://www.florence.or.jp/)は、震災の影響で経済的に打撃を受けているご家庭や親御さんを失ってしまった境遇にある中学生/高校生を対象として、無償の教育サポートプログラム、「希望のゼミ」(http://kibounozemi.jp/)を立ち上げることにしました。

岩手・宮城・福島の3県計600名を枠として、進学セミナーやベネッセ「進研ゼミ」の無料受講(2013年3月号迄)等のサポートを実施致します。

応募条件や詳細についてはホームページをご覧下さい。ご自身の家庭に中高生のお子様がいる場合は勿論、もしも近い所にこういった情報を必要としているご家庭をご存知でしたら、ぜひ「希望のゼミ」を教えて下さいますよう、ご協力をお願いします!

★プロジェクト名:「希望のゼミ」
http://kibounozemi.jp/
★概要(プレスリリース):
http://florence.seesaa.net/article/219424276.html
★実施団体:NPO法人フローレンス
http://www.florence.or.jp/

・永井涼(福島県担当、郡山市在住)
 日々の様子や県内出張で撮った写真等をレポートしています(個人ブログ)。
http://ryo-nagai.blogspot.com/

引用終わり

2011年の震災を境に、たくさんの経験をした子供たち。
彼らのこれからの役割は、本当に大きいことと思います。

そういえば、最近、春秋社さんから出ている、松岡正剛先生の17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義 ...を読む機会がありました。

高校生の時に、こんな話を聞けたら、人生もっと変わっていただろうなぁと、もはや20年以上も前の高校時代の記憶に、想いを馳せる機会をいただきました。

「大人はよんではいけない」と、帯にありますが、おとなこそ読んでほしい、編集工学の集大成の逸品です。

永井さん、改めて、ご協力有り難うございました。

そして、これからの日本の未来を担う、中学生、高校生のサポートを有り難うございます。

中学生、そして、高校生、私が言うのもなんですが、学生という掛け替えのない時間を大いに充実して過ごしてくださいね。ハーブやアロマテラピーなどの自然療法に興味があれば、私たちも喜んで、伝授の協力いたします、気軽にお声掛けくださいね!

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年8月12日 (金)

相馬野馬追 2011年7月

Nomaoimiko 2011年7月23日(土) 曇り時々雨。

梅雨が明けて猛烈な暑さが続く中、久しぶりの曇り&雨で、寒いくらいの日和でした。

通年の相馬野馬追は、梅雨明けと重なることが多く、暑さのさなかに開催されることが多いとのこと。馬が熱中症で注射を打つことなどもあるというから、想像を超える過酷な暑さ・・ですね。

折しも、震災から5カ月号の昨日、テレビ東京『カンブリア宮殿』にて、東北の仙台七夕や青森ねぶた祭り、そして相馬野馬追いの取材番組をやっていました。

番組紹介から引用

番組では開催が危ぶまれた福島県・相馬地方伝統の野馬追祭りを取材。「1000年続く祭りを、原発なんかで中止にされてたまるか」と、意気込む染物師。散り散りとなった住民たちは、果たして祭りの日に再びこの地に戻ってくるのだろうか?「祭り」という"復興資源"をキーワードに、震災から5ヵ月の被災地を伝える。

引用終わり

地元のお祭りは、地元の人たちが想いと祈りを込めて、協力して作り上げていく。

失われつつある日本のお祭りの、本来のあり方を取り戻すきっかけにもなった震災後のお祭り。

偶然にも私たちは、南相馬にて、この番組に登場されていた鈴木さん宅にて、野馬追いの準備を拝見するという偶然の機会に恵まれ、取材の様子も拝見していたので、番組は特別なものになりました。

今年の、たくさんの人々の思いが込められた今年のお祭り、感激ですね!

Sakurai 桜井市長をはじめ、参加者のみなさん、凛々しく、かっこよかったです。

Nomaoi せっかくなので、私も素敵な殿方と記念写真を撮ってもらっちゃいました。

馬に従事している方でもないのに、これだけ多くの人々が普通に乗りこなせるっていうの圧巻でした。冒頭の写真は絵に描いたように美しい神主さんの乗馬姿です。一人ひとりの想いが重なる、特別なお祭り。

日本人として、お祭りも東北も、これからもずっと大切にしていきたいですね!

近々、実際の活動についてレポートさせていただきます。

皆様のあたたかいご協力、いつも本当にありがとうございます!

追伸

8月11日、ライトアップ日本プロジェクトで、日本の夏を夜空を彩ったというニュースが賑わいました★南相馬市の友からも、「数千の花火が夜空を彩りました」とメールをいただきました!

発起人は、高田佳岳さん。メイスガーデンスパさん主宰の震災支援交流会で、直接ご挨拶をさせていただいた機会があるのですが、その屈託のない笑顔は、一度会えば忘れられない明瞭な方でした。

多くの人が、この活動に励まされたことと思います、そしてそれを支えているたくさんの方の喜びを感じることが出きて、花火の美しさだけではなく、花火を作り、支える人々の絆を深く感じ入る出来事でした。

利益目的だけではなしえないニッポンのお祭りに、これまた感動のタマヤな夜に、今日もやっぱり、カンパイでしょう♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

2011年8月 5日 (金)

「ミツバチの羽音と地球の回転」と「祝の島」上映会 in 調布 と 「共鳴する心と体」のイベント案内

Banner155_90_03 「ミツバチの羽音と地球の回転」 調布で開催決定!!

いよいよ、明日、8月7日(日)。

調布市文化会館たづくり映像シアター
①10:00~12:15
②13:00~15:15
③16:00~18:15
④19:00~21:15  (各回30分前に会場)

上映協力券  1,000円(中学生以下無料)

Kupulogo 8月より狛江のクプクプの金曜日OPENDAYがスタートしました!
皆様のご来店をお待ちしています!

●8月12日(金) 2時~3時

Photo 子どもと家族のためのかんたん足裏アロマ(参加費1000円)
ベテランアロマテラピスト・紀子さんの楽しいワークショップをご堪能くださいませ。

●8月23日 10時~11時30分

 癒しのナチュラルシャンプー&月の満ち欠けとアロマテラピー
 場所:金子レディースクリニック(調布市)さん
 参加費:2500円(ナチュラルシャンプーのお土産付き)
 http://holy-sky.cocolog-nifty.com/klc/

●8月20日(土)2時~4時

「共鳴する心と体」
~音楽療法の力を客観的に測定しよう!~

 場所:クプクプ(狛江市)
 参加費:3000円

シンギング・リン(楽器)×最新健康測定機器「UHONGI」 at クプクプ

★シンギング・リン「和真音」先生★
http://sion-inc.com/

人間の体は、本来、その細胞や臓器の一つひとつが、振動し調和していますが、病気やストレスなどで、体調を崩すと振動に混乱や葛藤が生じ、不協和音を奏でます。

「シンギング・リン」の振動に共鳴すると、本来の状態にチューニングされて、バランスが整い、落ち着いた状態を取り戻すのを助けます。

★ユホンジ:巫先生
http://www.uhongi.co.jp/

西洋では、私たちの放つ気を使った健康管理の可能性が高まっています。
ユホンジの機会は、経絡から五臓六腑を客観的に計測できる、ロシア初の優れた機械。
未病を防ぐ、次世代の健康測定器です。通常1回5千~1万円もする計測を、巫先生の丁寧な解説付きで体験いただけます。

夏の疲れを、さわやかなシンギングリンの音で浄化しましょう!

シンギング・リンの五感と琴線に触れる体感の他、それを客観的にわかることのできる、右脳と左脳をフルに活用した癒しの時間を、ご一緒しましょう。

9月もイベント盛りだくさんです。

★★★次回の玄米菜食ミキョンカフェ★★★

お待たせしました。9月10日(土)に開催予定です。
秋の食材を使った体に優しいお楽しみメニューと塩麹を指導していただきます。

★★★「祝の島(ほおりのしま)」山口県上関原発をめぐる映画★★★

「祝の島」 だんらんツアー 調布で開催決定!!
  9月22日(木) 調布市 10:00~12:00

皆様のご参加をお待ちしています♪

御予約・お問い合わせメールはいずれもこちらからどうぞ

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

ハーネマン・フォーラム
 ↑ホメオパシーに興味のある方、ホメオパスとして活躍している方、
  自然療法で自然治癒力を高めたい方々との輪を広げるため広場です。

自然療法のオススメ本

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »