« クプクプ 初夏のイベント 「樹木医さんと深大寺」「月経美心」 | トップページ | 破砕帯の検討と現地調査を求める緊急要望 »

2012年6月 4日 (月)

2012年6月6日ヴィーナス・トランジット(金星の太陽面通過)

Dscf7355

5月も瞬く間に過ぎて行ってしまいました!
アースディ、千島学説、帯津良一先生の養生塾in芦屋など、盛りだくさんの月でした。
ご参加いただいた皆さまや、主宰者の皆さま、いつも有意義な時間を有り難うございます。

さてさて、タイトルの件ですが、ひもろぎ庵の下山田先生から、とても分かりやすいヴィーナス・トランジット(金星の太陽面通過)のサイトを教えていただきました。

今日はフルムーン。雲の向こうにぼんやりと見える月の右手が少しくらいのは、地球の影かな。天体ショーは、いつでもわくわくしちゃいますね!

下記、いただいたメールの引用です。

◎虹色の空 ~Nijiiro no Kuu~

http://thoth.blog33.fc2.com/blog-entry-567.html

(転載開始)

今年も早いもので、もう5月になってしまいました。 
なんだか、ついこの間、新年を迎えたばかりのような気がするのですが。。。
時々、毎日がマンネリになっていると、時間が経つのが早く感じるということを耳にすることもあるのですが、私の周りでは、今年に入っても、バタバタといろんなことが起こっていたというのに、やっぱり時間が経つのは早いです。時間を感じる感覚って、マンネリな日常だからとか、そうでないとかいうようなそんな単純なものではなく、もっと、別の次元の意識の感覚のようにも感じたりするのですが、実際はどうなのでしょうね。
ところで、そんな時間の流れの中で今月は、空の上では、金環日食というイベントがあるようです。

正確には、5月21日の朝7時前後、日本全国で部分日食が見られる他、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方などの広範囲で金環日食を見ることができるのだとか。

この日食、権威の象徴である太陽を、民衆の象徴である月が隠すため、日食の後には政変が起こるとも言われています。

前回の奄美大島で日食が起こった後は、自民党から民主党へと政権交代が起こりました。
そして、前回の日食は、日本の国土をかすめた程度だったものの、今回は、首都を含め、たくさんの地域で日食が見られます。
これは、もしかしたら、とても大きな変容が訪れる示唆のひとつなのかも。
そして、今回の変容は、政変に関わるものだけとは限らないようにも感じます。

それは、今年の2月に、魚座の主星である海王星が実に百何十年ぶりに、その本拠地である魚座に戻ってきたこととも関係している気がきます。
魚座の海王星は、とてもスピリチュアル。
夢や無意識の領域に、深い影響を与えてくれる配置です。
そして、奇しくも、5月21日に起こる日食の始まりの時には、日本では、太陽と月がともに、第12ハウスという魚座に関係する質に位置していることになります。

東京に至っては、太陽と月の他にも水星、金星、木星という10個の天体のうち5つまでが第12ハウスに位置することになります。

このように、魚座と海王星の影響を強く受ける今回の日食は、普段から、心の浄化や魂の成長というようなことを意識し心がけてきた人にとっては、とても大きな変容が訪れるチャンスとなる可能性になりそうです。
逆に、精神性は二の次にして、エゴを背景に、物質的なものばかりを追い求めていたとしたなら、強い浄化の力によって起こる変容に対して、混乱だけしか見出せないということにもなりかねないかもしれません。そして、もうひとつの大きなイベントが、2004年6月から8年にわたって五芒星を空に描き続けてきたヴィーナストランジットというものが来月の6月6日に完成します。

ヴィーナストランジットというのは、太陽と金星と地球とが一直線に並ぶ現象のことで、地球から見上げると、金星が太陽面を通過していきます。
そして、2004年6月8日にピッタリ重なった金星と地球はまた少しずつずれていき、次にピッタリと出会うのが、その1.6年後。
そして、その次が3.2年後、4.8年後、6.4年後に出会い、そして最後に、今回の8年後の出会いを重ねていくのですが、その出会った点を結んでいくと、見事な五芒星が描かれることになるのだそうです。

そして、このヴィーナストランジットは日食や月食よりも、はるかに珍しく、とても貴重な現象と言われています。
このヴィーナストランジットが起こると、大きな変容が起こるとされ、前回の1874年~1882年に起こったヴィーナストランジットでは、江戸幕府から明治政府へと大政奉還が行われた後、西郷隆盛、伊藤博文、大隈重信、板垣退助といった方々の活躍により現代への基礎が作られた激動の時代だったと言われています。

明治7年(1874年) 警視庁発足  
三宅島噴火 
自由民権運動 

明治 9年(1876年) 廃刀令 神風連の乱、秋月の乱、萩の乱

明治10年(1877年)
西南戦争  西郷隆盛ら敗れて自刃

明治11年(1878年)
大久保利通、紀尾井坂で暗殺

明治14年(1881年)
国会開設、板垣退助が自由党を結成

明治15年(1882年)
大隈重信が立憲改進党結成

つまり、ヴィーナストランジットの起こる8年間は大変容の時であり、それまで当たり前だったことが覆されて、新しい何かが始まるときとなるのです。

そして、今回のこのヴィーナストランジットの8年間は、資本主義の限界、物質主義の限界をイヤでも感じる出来事が多かったようにも思います。

このまま、多くの人が、物に支配された生活を続けていくとしたならば、もっともっと致命的な破壊が待っているように感じてなりませんが、逆に、これまでに起こった出来事を謙虚に受け止め、そこから精神性というものを見つめていくことができれば、私たちは、これから訪れるであろう新しい時代へと開いていくことができるのかなと、そんなことを感じたりもしているのでした。

以上

(転載終了)

変容のとき、本当にその通りだと実感しています。
10年前の出来事ですら、もはや違う惑星の出来事のような気すらします(笑)

写真は、、帯津良一先生の養生塾in芦屋のお手伝いのついでに観光してきた淡路島からみた夕焼け小焼けです。

海にゆったり沈んでいく夕日を眺めるなんて、何年ぶりのことだろう・・。
こういう時間、本当に大切ですね。

それにしても淡路島、、、。
http://www.awaji-navi.jp/

伊弉諾神社
お香の生産割合は70%のお香発祥の土地
ハーブガーデン

などなど、一泊二日では、到底もったいないところでした。
せめて1週間くらいかけて、ゆっくりめぐるのがお勧めです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

自然療法のオススメ本

|

« クプクプ 初夏のイベント 「樹木医さんと深大寺」「月経美心」 | トップページ | 破砕帯の検討と現地調査を求める緊急要望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クプクプ 初夏のイベント 「樹木医さんと深大寺」「月経美心」 | トップページ | 破砕帯の検討と現地調査を求める緊急要望 »