クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« クプクプ 11月の秋のお知らせ | トップページ | 乳酸菌づくりワークショップとお話会 »

2012年11月11日 (日)

大腿骨頸部骨折から一年

Dscf8018_2

11月上旬のイベントは、無事に終了しました★
ご参加&ご協力&ご縁をいただいた皆さま、本当に有り難うございました。

秋もすっかり深まって、植物の恵みを一番感じるこの季節。

ついつい体重も増えがちですが、寒い冬に向かっての体の反応ですので、食の質さえよければ、気になる必要はなさそうですw。

さて、今回は私ごとのご報告ブログです。

今現在、私個人は、11月16日まで骨折の治療休暇をいただいています。
(※クプクプの予約は可能ですので、気軽にお声掛けください★)

丁度1年前となった大腿骨頸部骨折。

添付の写真にあるように、100円玉を五枚並べるよりは短いチタンの釘が、私の骨をつなぐ架け橋となり、上半身を支えてくれていました。

先日、怪我から約345日を経た2012年11月7日(水)に、抜釘(ばってい)の手術を無事に終えました。

大腿骨頸部骨折の完治を、1年以内に実行できたケースは、前例のない快挙だと勝手に思ってますが、きっと、上には上がいるんだろうなぁ(笑)

この自ら引き起こしたじばく事故をきっかけに、自己を大きく変えるタイミングを感じています。

入院の際にお世話になった家族や友人たちには、感謝しきれず、改めてこの場を借りて、お礼申し上げます。

今回は、抜釘だけなので、お世話になっている近所の大学病院の先生に「最短で」、と、お願いし、3泊4日の入院生活。

今回の3泊4日のバケーションは3割負担で89856円。
うち手術代は47130円でした。

骨とチタンはほとんどくっついていたそうで、先生は、急がなくて来年でもいいという診断だったので、ホメオパシーとハーブ&アロマテラピーの威力を知らないんだなぁと改めて思いました。

手術の1か月前の面談では、サプリメントなども一切取らないようにという指導だったので、私も嘘ついてしまいましたが(笑)。

骨折など決してする必要はないですし、体験してほしくはありませんが、もしも骨折したときや手術が必要な際に、自然療法を活用したい方がいたら、お任せください(笑)。

今回の体験でつくづく、教えてもらったことは、

私たち一人一人に内在している気、治癒、祈りの力は、無限であるということです。

自分の体験は、自分にとって何の意味があるのか?

頭で考えるのではなく、身体で感じ、その声に耳を傾け行動すれば、私たちは無敵です。

というわけで、私ごとのご報告でしたが、自然治癒力を高める自然療法の素晴らしさを実感できるこの体験を現場で還元できるよう、今後も努めてまいります。

どうか冷やさないようにして、この秋をお過ごしくださいね♪

まだ傷が疼くので、私も一服しますw

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

自然療法のオススメ本

« クプクプ 11月の秋のお知らせ | トップページ | 乳酸菌づくりワークショップとお話会 »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私も昨年10月に大腿骨頚部骨折をして骨接合術、チタンで固定しています。
主治医の話では1年半経過してから、抜釘手術をすることになっています。
しかも主治医は、3月に異動になり、新しい主治医とは、7月のレントゲン検診で初めて会うのですが・・・不安です。
入院は短いとは聞いてたので、少し安易に考えてましたが、術後はどのような状況になるのか、教えて頂きたいです。
今で8ヶ月弱経過してますが、違和感も階段の上りには痛みもあり、これはもう良くならない気がしています。
御経験者のお話をお聞きしたく、コメントさせて頂きました。

コメントありがとうございました。
不安が多いとのこと、ごもっともだと思います。

体に異物が入っているので違和感は当然と思います。
ですので、どうか怖がらずに、必ずよくなると信じて取り組んでください。

主治医が変わってしまうとのことも不安の材料だと思います。
フラワーエッセンスだと、ミムラスがとても気分を和らげてくれるはずです。
また、セルフケアでは、良質なアロマテラピーのオイルでのケアを取り入れてください。
鍼灸や気功などで、エネルギーを整えるのも有効です。

医師もベストを尽くしてくれるはずですが、信頼関係を築きつつ、信頼できないと判断したら、医師を変えてもいいと思います。私も入院中、ほかの患者を担当していた膝専門のドクターの態度や説明を聞いていて、この医者には友達にはなれるけど、手術は任せられないと思った方がいました(笑)。こういう直感はとても大事だと思います。

特に、大腿骨警部の手術はとても難しく専門的な技術が求められます。経験と実績がある医師を探してください。股関節に強い病院や医師もそれなりにいらっしゃるはずです。

私のケースでは、抜釘後、すごく調子に乗ってしまいまして、通常通りの生活をしました。運動も、健康な人と同じように行いました。その結果、抜釘後10か月たって、跛行が始まり、杖が必要となり、2年半がたとうとしています。

釘を抜いたら骨はすかすかしていますので、この時は養生が必要です。
とはいって、カルシウムを牛乳からとるという発想は必要ありません。

術後は、回復期です。休ませなくてはならないときもあります。
ですが、筋肉は弱る一方なので、股関節に負担のかからないヨガや動きは取り入れるといいでしょう。

股関節痛は必ず治せる、という実績を残している医師の本もとても参考になります。

抜釘1年後に、つえが必要になってしまった私の足ですが、さまざまな自然療法に支えられ、今は少しずつ、杖を手放しています。

普通の病院に行ったら、かならず、人工関節を勧められる状態だったにもかかわらず。です。

手術は、肉体への人工的な介入なので、私も回復も難しいかなと疑ったりもしましたが、それも含めて、結局は、病は気からなんだと実感しています。

あきらめず、痛みに耳を傾けてみてください。
痛みや不安の向こう側にある、あるいは症状とかさなる、ご自身の内なるメッセージはありませんか?

ご自身の自発的治癒力をサポートする医学と出会い、回復に向かうよう、お祈り申し上げます。

早速のコメレス有難うございました。
術後が大事なんですね。
早く杖のない生活ができますよう、お祈り申し上げます。
有難うございました。m(__)m

ありがとうございます。

朝、慌てて書き込んでい、長文でしたね、失礼しました。

術後、確かに大事です。

正確には、ありきたりですが、一番大事なのは、今、この瞬間なのだと思います。

どうぞ、後悔のないよう、手術にあたってください。

私も2016.12.10に転倒して、大腿骨ケイブを骨折しました。39歳でなるべく骨を残す方向で骨接合術を12日に施行して1月10日まで左足免荷です。理想は、骨が合併症なくくっついて抜釘すること。今まだまだ不安なのですが、おすすめの自然療養があれば是非教えて下さい。今はミネラル、チーズ、コラーゲン、ビタミンなど食事に工夫しています。骨頭壊死を防ぐための方策があればお願いいたします

大変でしたね!回復を心よりお祈りします。

自然療法でしたら、アロマテラピー&フラワーレメディ&ホメオパシーの組み合わせが最強です。
日々の実践には、マインドフルネストレーニングなどの、ご自身の呼吸に立ち戻れる瞑想を取り入れてみてください。

具体的におすすめのアイテムを下記に紹介します、参考にしてみてください。

・アロマテラピーは、Dr.ハウシュカのムーアラベンダーオイルの足と腰部と腎臓部のマッサージ。
 或いは、ラベンダー、マジョラム、セントジョーンズワートなど含んだ鎮痛作用がある良質なアロマテラピーオイルでももちろん可です。

・フラワーレメディは、その時の感情に合わせて選ぶのがベストですが、
●不安=ミムラス
●環境と状況の変化=ウォルナット
●骨折と手術による疲労=オリーブ

・ホメオパシーは、個人セッションをおすすめしますが、
●骨折には、シンファイタムが一般的です。
他には、様子を見ながら、アルニカ/スタフィサグリアなどを検討してみてください。

わたしは、骨折して一年後に抜釘し、その10か月後に跛行が始まりました。我慢していましたが、その4ヶ月後には、杖生活となりました。

今、杖が必要となってから、約3年が経ちますが、ようやく、ちょっとずつ、杖がなくても、歩けるようになりました。ただ、術後の傷周りの痛みはまだあります。
上記に紹介したもの以外にも、自然療法は沢山取り組みました。

鍼灸も取り入れましたし、患部になるだけ圧はかけないようにしつつ、ヨガや水泳などのリハビリには積極的に取り組みました。メンタル面でも、自分の今までのパターンを見直すような取り組みを今も続けています。

傷が落ち着いたら、我慢できる程度の痛みを付加しないと、筋力は強くはなりません。
ただ、炎症のピーク時は、無理をしてもだめのようです。
焦って損したな感は、振り返ると所々ありますが、早く直したい、という欲も認める必要があるのだと知りました。今は、一歩一歩、歩けることに本当に感謝しています。

体もサイクルがありますので、どうか焦らずに一呼吸を大切にして、取り組んでくださいね。
きっと、よくなりますよ!
ご自身が颯爽と歩いている姿を、景色と共に、はっきりと思い描いてくださいね。

足のけがは、人生の生き方を見つめなおす転機とも言えます。
お近くならば、直接アドバイスできるので、サロンにてもお待ちしています。
どうかお大事にされてください。

SHINOBU様
とても、あたたかいメッセージありがとうございます。
本当に心強く読ませていただきました。

2016年12月10日(土)の事故時のレントゲンでは、かなり離れてしまっており
4段階でいうところの3段階の頚部骨折と言われました。39歳のため、人工関節
ではなく骨結結合の手術を12日(月)施行しました。骨頭の血管がきれていないことを
祈るばかりです。

栄養に加えて、自然療法(呼吸、アロマ)を取り入れてみたいと思います。
サロンはどちらにありますか?東京ですか?

壊死などの合併症がおこらずに
完治することを願っていますが、やれることは最大限
やりたいと思っています。

きっとよくなりますね♪

心配よりも、完全治癒している自分の姿をしっかりと信じることに時間を使えるようになるといいですよね!とはいえ、私は、杖生活が始まったこの3年間、何度か不安や絶望を抱いたのも事実です。
そんな時、フラワーエッセンスとアロマテラピー、各種自然療法、そして家族や友人に、本当に励まされたものです。

クプクプのサロンは、東京都狛江市にあります。
URL→http://kupu92.info

駅からは歩くので、バスか、タクシーになります。
お車でいらっしゃれるなら、近くに駐車場があります。
完全予約制ですが、いつでもお待ちしています。

追伸:
冷えないように、温かくしてお過ごしくださいネ。
自然療法では、回復力に、年齢はあまり関係ないようです。
引き続き、どうかお大事に。

ありがとうございます。必ず良くなるものと思っていきたいと思います。

事故術後1ヶ月で今の不安な点ですが、
1 睡眠中の寝返りが打てないこと。特に左足は自分の足じゃない感じで痛みもあります。
2 骨頭の血管が気になります。shinobuさんはmriは定期的に撮影されましたか?
3 両足のかかと部分が、靴擦れのように赤くなり、痒い症状があります。特に左足の皮膚の色がよくないです。
4 3月まで、骨折した股関節部分に1日20分超音波をあてています。これは一般的な治療ですか

今日両足にフランキンセンス塗ってみました。まだまだ不安もあり、どんなことでも構いませんので是非アドバイスお願い致します。

寒さが続きますね!暖かくして過ごしましょうね~。
信じるのは実に難しく感じますが、全て、私たちの自由意志に委ねられています。

1 睡眠中の寝返りが打てないこと。特に左足は自分の足じゃない感じで痛みもあります。
→つらいですね。。メンタル面ではフォーカシングやマインドフルネス。フラワーエッセンスなら5フラワー、インパチェンス、アロマテラピーならラベンダーなどの鎮静系が役立つと思います。

2 骨頭の血管が気になります。shinobuさんはmriは定期的に撮影されましたか?
→骨は、半年経たないと解らないとのことだったので、拒否しました。定期的にそのことに患わされるのはうんざりだったのもありました。入院中もさんざん撮られたので。
 日本は医療被曝という言葉もあるように、レントゲンやCTによる免疫力低下を訴える医師もおります。MRIは被爆ではありませんが、強力な磁石をむやみに浴びたくない、という素直な本能に従いました。医師には、閉所恐怖症、と伝えました。レントゲンを拒絶したときは、すっごくいやな顔をされました。しかし、治療を受けるのも選ぶのも自分です。
私の場合は、はっきり断らないと、煩わしさに巻き込まれ、結局は自分が後悔すると思ったので、断りました。また、よくなってないと解ったときに、打ちのめされると思ったので、よくなるという確信が持てるまでは、受けない、と決めました。
基本的に、どのような治療も検査も医師のアドバイスもきちんと聞いた上で、受ける受けないは、ご自身の治療方針に従って、決めるとよいと思います。

3 両足のかかと部分が、靴擦れのように赤くなり、痒い症状があります。特に左足の皮膚の色がよくないです。
→あたためて、、マッサージしてあげてください。鍼灸をしてもらうのもとてもいいと思います。湯たんぽも有効です。手術による影響なので、積極的に、血流をよくする必要があります。

4 3月まで、骨折した股関節部分に1日20分超音波をあてています。これは一般的な治療ですか
→一般的かどうかは、わかりかねます。せっかく治療として取り組んでいらっしゃるのであれば、超音波の効能をしっかりと意識されるといいと思います。せっかくあててくださる20分。疑って受けるのと、喜んで受けるのでは、大きな差が出ます。

どうか引き続きお大事に。

本当にあたたかいメッセージありがとうございます。

必ず治るものと信じていろんなことに取り組んでいきたいと
思っています。

お聞きしたいことが2点ございます。
①私は、手術後1か月たち、これから春に向けて部分的に加重していくことに
なっていますが、しのぶ様はチタン合金が入っている間は術後何か月後から
松葉杖や車いすを手放しましたか?負傷した足にとって、ある程度の加重を
かけていった方がいいのでしょうか?それともなるべく杖を使っていった方が
いいのでしょうか?
②口から食べる食事、栄養管理が大事だと思います。
術後に取り入れる飲食物でおすすめのものがあれば
ぜひ教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

しのぶ様

いろいろ温かいメッセージありがとうございました。
治療中ですが、私もブログを立ち上げてみました。
大腿骨頚部骨折で悩む人に少しでも力になりたいと
思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ→http://ameblo.jp/doterra-s/

ご連絡ありがとうございました。


治療中ですが、私もブログを立ち上げてみました。
大腿骨頚部骨折で悩む人に少しでも力になりたいと
思っています。

素晴らしいですね。こちらこそ、励みになります。

私も経験者として、大腿骨頚部骨折で悩む必要は無い、と実感しています。
告白してきたように、毎日そんなわけにも行かないのですがw

この体験を通して、どのような難病であれ、大事なことは、自分が信じる療法を実践する。

につきますよね!

doterraもいい商品だと噂に聞きます。

自然界の贈りものであるハーブを、私たち人間も、恩恵と感謝をもって、使い続けていきたいですね!

回復とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
お近くにいらしたときは、ぜひお立ち寄りください。
大腿骨頚部骨折で悩む、多くの人たちの希望になりますように。
力を貸していただき、有難うございます!

ご連絡ありがとうございます。

教えていただいた自然療法、メディカルアロマ、ホメオパシー、フラワーレメディ
に加えて、超音波治療機器、食事療法、腸腰筋を鍛える、ヨガ、ピラティス
などできることを最大限行っております。

ドテラの70種類以上のミネラルが含有されているミネラル水を摂取して
術後4週目から頚部の痛みがなくなり、今は安定期に入っています。
ミネラルの中でもマグネシウムやケイ素は大腿骨のMBD(骨密度)を高める
効果があるようです。

大腿骨頚部骨折は機能回復まで60週かかるといわれているので、
今は無理せず、半年間は松葉づえをつきながらのリハビリを行うと
決めました。大腿骨頚部骨折で悩んでいる多くの人のために
ブログを更新してまいります。

ぜひ、読んでいただければ幸いです。

ありがとうございました。

http://ameblo.jp/doterra-s/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クプクプ 11月の秋のお知らせ | トップページ | 乳酸菌づくりワークショップとお話会 »