クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月20日 (木)

本年も有り難うございました★

Iach_5 


本年も、大変お世話になりました、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

この一年は、「土壌」をテーマに、EM菌、微生物、酵素ジュース、大豆畑、こんにゃく作り、などたくさんの体験を共有させていただきました。

この地球には、初めから土があったわけではないそうです。

地上で、植物が育つ土の1cmが出来上がるのに、実に、100年がかかるといいます。
私たち動物の命は、すべてを植物に依存しています。
その植物も、多くは土に依存しています。
母なる大地の偉大さを、何も知らないということを改めて思う一年となりました。

ただ一つ、アロマセラピストとして大発見だったのは、土壌と皮膚は似ている、ということです。

人間の身体を守ってくれている皮膚をむやみに掘ったりしてはいけないと、改めて思うのです。

例えば、注射。

やむを得ないケースもありますが、入院中の患者からむやみに採血する必要はないでしょう。

フラワーエッセンスを体系づけた医師、エドワードバッチ博士は、患者に注射をしなくてもいい方法を模索しました。患者の皮膚細胞を傷つけてしまう注射は、患者に痛みを与え、体力を奪うからです。

今の日本の医学は、病気を探すことにばかり気を取られ、目の前の患者が、注射や尿カテーテルですごく痛くて辛い思いをしていることには気が回らないようです。

ここで、自然療法のバイブル本でもあるアンドルーワイル博士の

癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか

のはじめにの一部を紹介します。

それにしても現代医学は、いまや先進諸国の経済の重荷となり、また途上国に住む多数の人々の手の届かない高価なものになってしまった。

多くの国では、政治家たちが、歴史を通じて行われてきた医療の本質そのものにまつわる哲学的な議論に耳を傾けることもなく、いたずらに医療費の捻出法について政治論争を重ねている。

日本の多くの政治家たちも、狭い密室でのおしゃべりはやめて、外に出て、土、とは言わないけど、何かを耕しながら会議したらいいのに。と思うのは、私だけではないはず。

私も、去年の骨折と今年の抜釘の手術を通し、自然療法を学んできた一人として、私たちにとってとても大切な皮膚の役割を共有できるよう、現場に還元していきたいなと、と思っています。

というわけで、来年のテーマは、「身体の声を聴く」です。

フラワーエッセンスのボディマップ、月経美心のシェアワークなど、クプクプのオープンディ、そして施術を通して、取り組んでまいります。

皆さまのご参加をお待ちしています。

最後に、冒頭の2013年のイラストの説明です。

ギリシャのホメオパシーの学校インターナショナル・アカデミー・オブ・クラシカルホメオパシーからのお便りに添付されていました。もはや今は日本校はありませんが、私の母校です。ビソルカス教授から、私たち生徒への素敵なメッセージが載っています。(右クリックして、別ウィンドウで開いてご覧ください)

ケーススタディが日本語になっているので、興味のある方は下記リンクへどうぞ。

http://www.vithoulkas.com/images/stories/Case_Study/japanese/case_study1_jp.pdf

今、この瞬間に生きている一人一人の物語を、ホメオパシーでは大事にします。解毒を促し、霊性を高め、エネルギーバランスを取り戻すホメオパシーのレメディは、まさに、これから、求められていくのでしょう★

現実の人生は山あり谷ありで、本当にいろいろなことが起きますが、それらの物語の全てが、穏やかで平和な道への行程でありますように。

そして、2013年がみなさまにとって、より一層輝きを増す一年でありますように。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

自然療法のオススメ本

2012年12月10日 (月)

アロマテラピーで大掃除!

Photo
紅葉も一層美しく赤と黄色に染まり、師走らしくなってきましたね♪

2012年もいろいろありましたが、一年を爽やかに締めくくるには、やっぱりお掃除。

大掃除をする時間がなくても、毎日のこまめな積み重ねが、きれいをキープするのですね。お肌のお手入れと同じです。

さて、今回は、クプクプの今年最後のオープンディとアロマテラピー講習会のご案内です。

★クプクプのオープンディ★

●12/14(金) アロマテラピーで大掃除

 アロマテラピーの香りに包まれながら、楽しくお掃除をしませんか?
 寛ぎを提供してくれる、我が家に感謝の気持ちを込めて。
 おうちに眠っている精油があれば、積極的に活用しましょう★

 時間 14時~15時
 参加費 千円
 ※要予約です

クプクプのオープンディでは、気になるハーブやフラワーエッセンス、自然療法に関する相談など、気軽にご利用ください。自然療法が大好きのクプクプのアロマセラピストが、常駐して対応します。




★アロマテラピー講習会(主にマタニティ・産後ケア)★

 ↑金子レディースクリニック(調布市)にて第4火曜日開催中

 12月25日 冷え性さんのバスソルト&アロマテラピーで風邪対策(産前・産後)

そして、密かに、クプクプ専用の自然療法だよりのサイトを用意しました。

http://kupu92.cocolog-nifty.com/

ぜひ、遊びに来てくださいね!

09eu213最後に、いつもお世話になっているホメオパシー仲間から、とっても興味深いホメオパシーのセミナーを教えていただきました。残念ながら、終わってしまっているのですが、事前に知っていたら、行きたい!内容でした。

しかも、国立民族博物館にて、タイトルは、「ヒーリング・オルタナティヴス―ケアと養生の文化」。なんと、ドイツのボッシュ財団(The Institute for the History of Medicine of the Robert Bosch Foundation in Stuttgart)のマルティン・ディンゲス先生が来日されたとのこと。2009年に訪れた際に、200年前のハーネマンの直筆本を、大事そうに紹介してくださいました。過去の取材記事はこちら。写真は、ディンゲス先生とのツーショットです♪

ホメオパシーの専門家によらない、ホメオパシーの紹介。

ホメオパシーバッシングから約2年が経った今、ようやく新たなステージに向かっている気がして嬉しいです。

来年からは、東京ホメオパシースクールの講師をお招きして、クプクプでもホメオパシーの初歩勉強会を開催予定です。皆さまのご参加お待ちしています★

自然療法に関してですが、先日、フラワーエッセンスが今一つよくわからなかった、という方がいらっしゃいました。

自然療法は確実に効きますが、タイミングや本人との相性で、効果が異なってしまう現実があります。紹介者である、私の力量不足や伝え方にもあります。

そして、人によって違いがあるこの事実が、人間が、気で生きていることの証しでもあるのです。

ご自身が、「これイイな」、「これヤダな」と思う直感を大事にして、興味があれば、大いに試してみてくださいね。(ただし、危険のないように!自然療法だからといって、多すぎたり間違った摂り方をすれば、逆効果になります)

出来ない、と頭で決めるのではなく、やってみて、体に聴いてみて下さいネ。
毎日、多忙な現代人ですが、その全てを支えてくれているのは、体です。どうかお大事に!

予告・・
月経美心のワークショップの全バージョンをシェアする勉強会に取り組みます。

●月経美心シェアセミナー at クプクプ

  ~月経トラブルフリー&ナプキンフリーで笑顔UP♪

   2日間 計12時間 (両日とも10:00~17:00)
   参加費:15,750円(税込) 

   第一回 1月26日&27日
   第二回 4月6日&13日 ※土曜日開催です
   第三回 7月13日&14日
   第四回 10月12日&13日

女性だけに与えられた毎月のお勤め月経。
この大切な営みに、悩みも痛みも不要です。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

自然療法のオススメ本

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »