クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月23日 (火)

『アースディin調布』と映画「内部被ばくを生き抜く」

201207_72 『アースディin調布』の詳細が決まりました。

今年もテーマは福島です。
※写真は2012年夏の南相馬のひまわりです

福島大学の学生さんたちを招いて、「福島の今」を話してもらうトークイベントも予定しています。

時間は、「内部被ばくを生き抜く」の上映の後、14時20分~15時10分です。

直接、学生さんたちと話せる機会なのでこちらに参加していただくことも、東北支援に繋がります!

また、鎌仲ひとみ監督の「内部被ばくを生き抜く」を2回上映予定です。
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

「内部被ばくを生き抜く」上映会 in 調布市

【会場】文化会館たずくり8階 映像シアター
    /東京都調布市小島町2-33-1
【プログラム】
10:45~ 『内部被ばくを生き抜く』
13:00~ 『内部被ばくを生き抜く』
14:20~ 『スタ☆ふく』(福島の学生ボランティアによるディスカッション)
15:15~ 『サッカーの町、調布』(福島の少年サッカーチームを調布に招く)
【参加費】無料 ※1階の会場で寄付金をお願いします
【主催】2013 アースディ in 調布
【ウェブ】http://www.earthday-chofu.sakura.ne.jp/

内部被ばくを診てきた4人の医師たちのそれぞれの経験談やメッセージは、放射能を理解するいい機会になります。

私の所感ですが、肥田先生の生き抜くことの命に対する暖かくも厳しい意見と、福島に残る決断をしたご両親方が共有している罪悪感が心に残りました。

まさに、アロマテラピーやフラワーエッセンスがとても役立ちますね。
共有できる時間を持てたその瞬間、しっかり、寄り添うことができれば、もう、それは奇跡だと、最近思います。

クプクプでは、オーガニックコットンの販売の他、下記で出店しています。

●アロマテラピーハンドトリートメント(10分500円)
●フラワーレメディコンサルテーション(20分1000円)

気軽に遊びに来てください♪

★ハンドトリートメント・ボランティア募集(1名)終了しました★

ご協力有り難うございました。

参考:福島の教訓を生かさない安全基準
http://www.avaaz.org/jp/nuclear_unsafety/?tta

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年4月21日 (日)

認知症に寄り添う1 ~認知症を理解する

Dscf8151 日本に限らず、世界中で増え続けている「認知症」。

例にもれず、私の周りにも、認知症の症状を抱える人が何人かいます。
それは、他界した晩年の祖母を含め、とても身近な大切な人です。

自分の身の回りに起きていることが、本人が元気だった頃と同じように、認知できない、というのは、いらだちも大きく、感情が高まることも多いようです。

私も、8年も前になりますが、パニックアタックを経験し、運転や電車に乗ることなど、それまで、何でもなかったことに恐怖を感じました。

昨日まで、できていたことが、できなることの無力感は、とても悲しく、自信も喪失する出来事でした。

幸い、自然療法を学んでいたので、後には、自分にとって必要なことだったと受け止め、前進することができましたが、今でも、大きな道や高速を運転する勇気がありません。

認知症にも、自然療法を実践していますが、認知症そのものを治癒させるのは、とても難しいことだと思います。

というのも、そもそも、なぜ、認知症が急増しているか、の背景には、生活習慣を含む、私たち人類の方向性が違うということを、認知症の方々は、身を呈して教えてくれていると実感するからです。この時代に生きている私たち一人一人と、この背景はつながっています。

認知症に限らず、さまざまな症状は、私たちに、よりよくなる道を歩むように示してくれているのだと、今ははっきりとわかるようになりました。

そういった問題には、自然療法であれ、現代西洋医学であれ、外から治すことは、できません。

とはいえ、完治は難しくとも、認知症の方々が抱えるパターンには、共通事項も多く、理解することで、大きく変わりますし、ホメオパシー、フラワーエッセンス、アロマテラピーも即戦力として役立ちます。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は、心の支えと勇気をもたらしてくれた本を紹介します。

川島 隆太先生の、認知症の方々に対する取り組みは、希望を与えてくれます。

簡単な計算、読み書き、音読、他人との楽しいコミュニケーション、散歩、簡単な動作で、改善するケースもたくさんあるのです。

下記は、認知症という病気を理解する助けになるので、とても役立ちました。

まずは、その病気の症状を理解することはとても大切です。
1年前、認知症を認めたくなく、向き合いたくなかった私がいました。
今は、1年を経て成長し、私と同じように苦しんでいる人たちに、自然療法での対応法を共有したいと思っています。

精神的に追い詰められて、とてもつらかったとき、支えてくれた友人や家族、そして皆さまに、改めて感謝したいです。

また、最近は薬も効く、ということをよく耳にします。
薬が効いて、症状が改善すれば、それはとても運がよいことだと思います。

しかし、薬が合わないというケースは、薬が効いた人の何倍も存在します。
そういったときに、自然療法は大いに頼れます。

何よりも、自分の身に起きている現実を理解し、自分にとって本当に大切なことと向き合う勇気をサポートしてくれるのが、自然療法の醍醐味だと、自分の経験から思うのです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年4月12日 (金)

調布アースディと千島学説東京セミナー

201204_1 移りゆく新緑の景色を眺める時間は、心を穏やかにしてくれます。
皆さまはいかがお過ごしですか?

さて、今回は、調布アースディと千島学説東京セミナーのご案内です。

調布アースディ

2013年5月11日(土)時間:10:00~16:00
会場:調布市役所前広場前
イベントテーマ:「福島(FUKUSHIMA)」
http://www.earthday-chofu.sakura.ne.jp/home.html

今年は、内部被ばくを生きるの上映の他、
福島の学生さんたちに、福島の今、をおおいにしゃべってもらう時間もあります。
http://www.jasp311.sakura.ne.jp/

※JASP福島プロデュースによる福島を感じて考えるスタディ・ツアー=「スタ☆ふく」の学生さんたちをお迎えする予定です

私たちは、ただ単に、普通に、日々を送りたいだけ。
その、当たり前の権利について、声を上げ続けなくてはいけないことに、疑問を感じることもありますが、福島の現状を忘れず、小さなコツコツを、積み重ねていきたいです。

写真は、去年の菜の花プロジェクトと南相馬に訪れた際の、福島県須賀川の鯉のぼりです。原発に近い地域に進むにつれ、子供たちの姿が少なくなるのが印象的でした。

千島学説研究会セミナー 2013年5月18日、19日

2013年5月18日(土)、19日(日) 東京都池袋にて、千島学説研究会主催セミナーが開催されます。

タイトルは、「千島学説東京セミナー 日本文明から農・医(療)・出産を観る」です。

詳細&お問い合わせはこちら→http://www.chishima-gakusetu.com/

19日の第4部 お産を語る 13:40~16:45は、自然分娩に興味のある方は、特におすすめします。

●特別講演 『お産の達人だった日本人』
   三砂ちづる (津田塾大学教授) (50分)
●「自然分娩と向き合って」
  助産師の想い−−自宅出産の感動−−
   齊藤純子 (助産院バスハーモニー) (40分)
●吉村先生から学んだこと
  −−若い女性に語りたい−−
   島袋伸子 (吉村医院・お産の家・院長補佐) (40分)

会場で皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

最後に、クプクプの自然療法の本の中でも、大槻真一郎先生関連のライブラリを、小さく開設しました。もうちょっと本を紹介で来てから、きちんとご紹介する予定です。本の書評やコメントなどで、皆様のご協力、どうぞよろしくお願いいたします★
クプクプ*ライブラリ

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

自然療法のオススメ本

2013年4月 5日 (金)

月経美心×ユホンジ×女神サークル 5月16日木

Dscf8107 女神サークルさん主催の、女神まつりが無事に終わりました。
ご来場&ご声援いただいた皆さま、本当に有り難うございました。

次回は、11月に開催予定とのこと、今から楽しみです!皆さまもぜひ、肩の力を抜いて遊びに来てくださいね♪

今回は、月経美心とユホンジ測定のコラボイベントのお知らせです。

満月の布(ヘンプとコットンの織物)」と、ユホンジ測定2回、巫さんの解説、月経美心シェアセミナーがついた、とっても盛りだくさんのコースです。


女性が30年以上付き合う月経に布ナプキンを取入れて、もっともっと月経美心になりましょう!

時間:2013年5月16日(木) 13時30分~16時30分
 場所:ユホンジ本社(東武東上線成増駅徒歩3分)
  定員8名:参加費4000円(満月の布ハンカチSS付き)

●13時半~15時
 月経美心シェアセミナー 布ナプキンと月経血コントロール

●15時~16時
 ユホンジ測定体験と巫さん(ユホンジ専門家)によるアドバイス
 ※ユホンジ計測は、セミナーと同時進行となります。

●16時~16時半 シェアタイム(お茶付き)

ユホンジ測定器とは、経絡の電流を感知する測定器です。センサーを皮膚の上から24の経絡を測定できます。

・エネルギー状態(元気状態)・陰陽(代謝状態)・上下(精神活動状態)・左右(神経筋肉骨格系統、気血の状態)・自律神経系統(ストレス)がわかります。

それぞれの数値によって、正常範囲と外の身体の状態を把握することができます。

そして、それだけではなく、人間関係や自分の長所短所を知ることもできます!
「紙ナプキン」と「満月の布」をつけた状態で、どれだけ変化が起こるかを体感できる楽しい体験になります。

お申込は、住所氏名連絡先電話番号をご記入の上、下記までファックスください。
申し込みFAX 050-3488-8533 (満月の布)
お問い合わせ 03-6909-9126(ユホンジ本社)

http://www.npohemp.org/news/20130516/

文字ではご紹介しきれないのですが、本当にためになります。
3年前に測定にご協力いただいた方々の感想も、近々ご紹介します!
ご自身の健康状態もわかるユホンジ体験、この機会にどうぞご堪能くださいね。

編集後記

初の女神まつり、でしたが、型にとらわれない、自由な女神を思わせる、お祭りでした~★主催者の皆さまにもあらためて感謝申し上げます。

印象に残ったのは、中津川で自然療法の体質改善に取り組んでいらっしゃる「めだかの学校」。

自然療法による社会復帰応援に取り組んでいます。

特に、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方の改善例は、「信じられない」と思いました。

が、信じるも何も真実はそこにありますね(笑)、アトピーでなくても、半断食合宿に参加できるということなので、私も訪れてみようと思います。その折にはまたご報告します!

ご興味のある方は、直接お問い合わせしてみてくださいね。

http://www.medakanogakkou.jp/

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

自然療法のオススメ本

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »