クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

会津の旅「奥会津博物館」、「大内宿」、「御薬園」

Dscf8701ハーブ仲間、南相馬の友人たちと、福島会津の旅に出かけました。
目的は、会津地区の古を展示している奥会津博物館と、かやぶき屋根に使われているカヤと大麻を見学するためです。

奥会津は、郡山から車で、約3時間。
田んぼや山並みが続くのどかな美しい風景のドライブは、とても気持ちよかったです★

さて、「奥会津博物館」は、「奥会津地方歴史民俗資料館」から名称が変更されたので、ガイドブックには、昔の名前のまま残っているものが大半でした。

藍染め体験などもできるそうですが、事前予約が必要なようです。

http://www.minamiaizu.org/kyouiku/cat/000013.php

Minzoku01

Dscf8626

ここでは、かやぶき屋根、囲炉裏をはじめ、すべてが循環していた暮らしの展示がありました。

もう、それはそれは、本当にすごいことです。

全てにおいて、使い捨てのものなどないし、衣服も自然素材。
歌舞伎衣装は、もともとは、武家社会の女性が身につけていたものを衣装屋が買い取ってレンタルしていたというだけあって、どれも美しい芸術品でした。

シルク、大麻、木綿のぬくもりは、機械で折られたものとは全く違うあたたかさでした。
衣に命が宿っていることを実感できる場でもあります。

ここで展示されているものは、本当に、ほんの50年~100年前の私たちのご先祖様が使っていたものばかり。手の器用さ、ものを大切に使う心の美しさ、そのすべてに圧倒されてしまいました。

そして、宿も素敵だったので紹介します!

南相馬の友人の一押し紹介で、湯野上温泉の星の井さんに泊まりました。お湯はもちろんのこと、それはもう、「まごころの宿」というだけあって、素晴らしいサービス!

特に、大内宿のナイトツアーと、中山風穴の入り口案内です。
私たちは、今年のスーパームーンの前日、つまり14日夜に宿泊し、星の井のマスターがさっそく私たちの滞在中のツアーもアップしてくれていました。
お酒のチョイスはもちろんのこと、写真の腕前もさすがです!

http://hoshinoi.blog103.fc2.com/blog-entry-1567.html
http://hoshinoi.blog103.fc2.com/blog-category-48.html

Dscf8525

大内宿は、江戸時代からのかやぶき屋根を維持している集落で、今では、南会津随一の観光スポットです。こんなところで、恋人と蛍なんかを一緒に眺めちゃったら、時代劇の主人公の気分です★
https://www.facebook.com/ooutiguide

Dscf8516

カヤぶきの屋根の下に敷き詰められる、美しい白い素材が大麻の茎です、わかりますか?
涼しくて、自然ですが、それを保つためには囲炉裏に火を入れて、いぶす必要のある手間暇がかかります。ハチの巣や鳥の巣やコケや草も生えていて、まさに、生きている屋根です。

もうひとつ、ご紹介したいのは、会津若松の御薬園。
http://www.tsurugajo.com/oyakuen/

Dscf8709

薬草園には、表の顔と裏の顔(笑)があると思うのですが、ここの表の顔は、保科正経が、貧しい領民を疫病から救い、病気の治療を施したい、という願いから園内に薬草園を設け各種薬草栽培を試みたのが薬用植物標本園の始まりとのこと。

http://www.tsurugajo.com/history/kakin.htm

最後に、この旅にもご一緒してくれた友人の起き上がりこぶし体験会をご紹介します。

友人は、東北支援の一環で、起き上がりこぶしを新しい形で紹介したい!という目的なのですが、そのアイディアが本当に素晴らしい!

私も便乗して、一緒に作ったのですが、もうこれが、まれにみる真剣さ。
みまさまも旅の思い出づくりに、わが逸品をお試しくださいね!

Dscf8499こちらは見本。クラシックタイプはもちろん、どらちゃんも、あんぱんまんも、ぴかちゅうもいますよ。

Dscf8503こちらは私たちの作品。どれも個性的で、観れば見るほど笑えます。

今回は、下見を兼ねての取材旅行でしたが、来年の秋には、福島のハーブや文化を学ぶ勉強会と交流会を兼ねて、皆で楽しめるツアーを組む予定です!ぜひ、ご一緒しましょう★

写真はこちらから

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月27日 (木)

月経美心布ナプ&シェアセミナー

Dscf8575 写真は、福島県南会津の夜の大内宿からのスーパームーン前夜の14日夜月です。

さて、梅雨に入り、湿度が高い日が続きますね!
体調不良、心の疲れも出てきやすい時期なので、どうかご自愛ください。

私も1年半前と半年前の骨折の手術の際の傷口がうずき、挙句に、骨折をかばっていた股関節が痛みだし、リハビリはこれからもずっと必要なんだな、と実感しています。

今回は、夏の月経美心のお知らせです。

月経美心の2日間のシェアセミナーも、もうすぐとなりました。
7月13日&14日 計12時間 (両日とも10:00~17:00)

そして、「月経美心×布ナプキン作り」は、今週末。
6月29日 15時~17時30分(お茶、手作りナプキン布付)

いずれも、まだ2席空きがあります、皆様のご参加、お待ちしています♪
詳細はこちら↓
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-756f.html

おかげさまで、今年から取り組み始めた「月経美心×ヨガワーク」も、好評です!

自分の身体を肉体的(骨格、筋肉、血管など)に体感することはもとより、エネルギーの動きまでも体感しているヨガの先生って本当にすごいです。

そして、月&手作りのナプキンといえば、月経美心の活動で知り合った、埼玉の菅村典子さんのサイト:「オーダー布ナプキン*La Luna Bonita*」も必見です!

世界に1つだけの布ナプキンオーダーメイドで制作してくれるのです。
ちくちくが苦手だけど、自分のお気に入りを使いたい♪

そんな方にお勧めなのが、La Luna Bonitaお手製の布ナプキン。
サイト:http://ameblo.jp/la-luna-bonita/

手作りナプキンの会や、子宮美人ヨガも主催していらっしゃいます。
私も近かったら通いたいです!
子宮を大切にする人は、みーんな、あっという間に、美人になりますネ♪

ではでは、月経美心にても、お待ちしています。

下記は、奥会津博物館に飾られていた、江戸時代からの着物。
これはビロードですが、大麻の作品もありました。
日本人が古来から大切にしてきた、植物由来の衣。
圧倒的なぬくもりでした。こちらに関してはまた後日改めてUPします。

Dscf8620

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月21日 (金)

「ブラックボックス」

久しぶりに長編小説にふけっておりました。

その名も、ブラックボックス

先日、千島学説の勉強会に出た折に、ぜひ読んで、と紹介されていました。
早速、本屋さんで購入して、ようやく読み終わりました。

内容は、

サラダ工場のパートタイマー、野菜生産者、学校給食の栄養士は何を見たのか?食と環境の崩壊連鎖をあぶりだす、渾身の大型長編サスペンス。週刊朝日連載の単行本化。

自然療法にかかわっていると、食の問題についてはある程度の情報が入ってきます。

もっとも、この本に登場するそれらの情報は、胡散臭い扱いされておりましたが(笑)。

化学農薬と化学堆肥、太陽を使わずに人工照明&無菌で育つ植物、遺伝子組み換えなどが、解りやすくサスペンス調に書かれていて、ハラハラしてしまいました。

けれども、この本はそれだけにとどまらず、外国人研修生(自給300円の労働者)の問題や、偽装雇用など、日本経済が明るみに取り出さない、深刻な社会も見事にストーリーに組み込まれていました。

そして、とっても嬉しいのが、自然循環農法をさりげなく、さわやかに描写しているシーンでした。

それにしても、小説、という形でしか、社会の不正を表現できなくなってしまったのでしょうか・・。

皆さまも手にとって、一気にこのサスペンス小説を読み上げてみてください。

綿密な取材と、登場人物の多彩な感受性を表現しながら、私たちに本当に必要なものを問いかけてくれます。

個人的に、印象的だったのは、お米1㎏500円が高いのに、嗜好品のコーヒーには平気で500円以上かける、というようなフレーズでした。

大手コーヒーチェーンカフェを利用することはめったにないのですが、いつも定食と同じ、あるいはそれ以上高い金額というのに抵抗があります。農家がうんと苦労して育てた稲のお茶碗一杯は、コーヒー1杯よりうんと安い、ということになる。

※「稲3株(お茶碗1杯分)の周りに. は、オタマジャクシ35匹が生き.ている」と聞きます。

最後に余談ですが、「動物体内でヒトの臓器作り容認」というニュースを目にしました。

食の問題も、もはや想像の域を超えているのですが、医療問題も本当に人智を超えていると思うのは私だけでしょうか。

「ヒトに近い霊長類を利用した研究や、
動物の体内でヒトの精子や卵子、それに脳の神経細胞などを作る研究については、
別途だそうです。

つまり、
人に近くない、犬や猫や豚や牛や馬ならよくて、
人間の臓器でも、心臓や、肝臓や、腎臓などはいい。
ということでしょうか。

臓器は、いつから、動物の体を犠牲にして製造される、部品になってしまったのだろう・・。

参考サイト:臓器移植法改正を考える
http://www.lifestudies.org/jp/ishokuho.htm

下記、引用してコピーさせていただきました。

動物体内でヒトの臓器作り容認へ
6月18日 19時42分

 

動物体内でヒトの臓器作り容認へ    
K10053967211_1306181940_1306181949.mp4

京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞を使い、動物の体内でヒトの臓器を作り出す研究を国の専門委員会が認める方針を固めました。
今後、移植用の臓器作りに向けた本格的な研究が進むと注目されています。

研究は、京都大学の山中伸弥教授が開発したヒトのiPS細胞などを特定の臓器になる細胞に変えた後、一定程度成長したブタなど動物の受精卵に入れ、子宮に戻して妊娠、出産させることで、ヒトの臓器をもった動物を作り出すものです。
移植用の臓器づくりなどさまざまな再生医療の実現につながる可能性があると注目を集めています。
生殖医療や生命倫理などの専門家でつくる国の生命倫理専門調査会は、18日開かれた会合で、欧米など海外では、すでに研究が進められており、将来、医療への応用も期待出来るなどとして研究の実施を認める見解の案をまとめました。
一方、動物の体内でヒトの臓器を作る研究は、人の尊厳を傷付けるおそれなど倫理的な問題も指摘されていることから、ヒトに近い霊長類を利用した研究や、動物の体内でヒトの精子や卵子、それに脳の神経細胞などを作る研究などについては一定の制限を設け、個別の研究ごとに認めるかどうか国が判断する態勢が必要だとしています。
専門委員会では、18日示された案を基に来月にも最終的な見解を公表し、ヒトのiPS細胞などを動物に移植することを禁じている現在の指針を見直すよう国に求めることにしています。

「動物の体内に入れ確かめること必要」

生命倫理に詳しい東京財団の※ぬで島次郎研究員は「ヒトの臓器が本当に作れるのかどうか研究を進めるためには、実際に動物の体内に入れて確かめることが必要になる。今回容認される方向が示されたことで移植用の臓器づくりの技術が進むことは間違いない」と話しています。
そのうえで「こうした研究は、生命を操作するという側面が強い。ヒトの精子や卵子、それに脳の神経細胞をつくるとすればどこまで認めるのか、倫理面で厳格に制限し、一般の人の理解も得られるよう明確な歯止めをかけるべきだ」と話しています。
※「ぬで」は「木」へんに「勝」

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月13日 (木)

がんと最近の治療方法と自然療法

130612_180623
日赤緩和ケア研究会の「がん放置療法から見えてきたこと」に参加してまいりました。お話し手は、近藤誠先生 (慶応大学医学部放射線科講師)です。

近藤誠先生は、長年の経験から、ガンだからと言って、むやみに恐れたり、医師の指示を鵜呑みにしないように、と、医療を利用する私たちに警告を発しています。

現場の医師ですので、決して全ての抗がん剤や放射線治療に反対しているわけではありません。

抗がん剤に関しては、固形がん(白血病のような血液の癌を除く癌、例えば胃癌、肺癌、乳癌、大腸癌など)には、ほぼ効かない、とのことでした。

興味深かったのは、先生が、アメリカの医学論文の数字のマジックに目覚めたお話。

ご自身が試している抗がん剤が、決して有効だといえる結果を出せない中、その医学論文には良好であったと述べられていました。

腑に落ちない中、あるとき、論文のがん治療患者の半数生存期間を計算することを思いつきます。すると、1800年代の、今のような治療法が確立していない時代の方が、生存期間が長かったことに気が付いたのです。

つまり、その論文は、無治療、治療、抗がん剤の3つのパターンを比較することなく、盲目に、「抗がん剤はいいだろう」という、思い込みによって使われていたことを示していたのです。

それからは、論文ではなく、目の前の患者さんの症状に合わせて治療を、臨機応変に対応し、今のような方法論に至ったそうです。

常に、現場の患者の主訴を見ながら、何がこの患者さんに必要なのかに応えてくれる医師がいるのは、とても頼もしいことだと思いました。

「子宮頸がんワクチンと呼んでいるのは日本だけで、正確には、HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンです」という発言も、とても大事なキーワードでした。

参考:http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

「症状がないのに、むやみに治療、定期的な健診は必要はない」、というメッセージも印象的でした。

近藤誠先生が出演されている映画、「命を楽しむ~容子とガンの2年間」も、好評上映中なのでチェックしてください。

とにかく、医師、という仕事は本当に日々大変なんだなと、つくづく感じた勉強会でもありました。

下記は、私の感想です。

Photo


自然療法でも、あくまでも本人の知覚に基づいてケアを施すので、無理やり検査する必要はないと考えます。

人は、必ずいつか死にますし、病気にならない人もいませんから、運命、寿命を素直に受け入れることも自然療法を実践する人には必要です。

自然療法からみれば、病気は、力であり、本人へのメッセージです。

自然療法仲間に教えてもらったのですが、アメリカのサイトには、手術の後、特にリンパ節を取ったケースにおいては、ワイヤー入りブラは避けましょう、とありますが、日本のサイトには見つけることができません。

日本の乳がんピンクリボンと、アメリカのピンクリボンのサイトを下記に紹介します。

http://www.j-posh.com/

http://www.pinkribbon.org/Lifestyle/Fashion/Bras/tabid/84/Default.aspx

検査をすることだけが、乳がんを予防することにはならないのですが、とにもかくにも、マンモグラフィーを受けるよう推奨しているように私には見えますが、偏見でしょうか。

何かがおかしい・・と、思いますよね。

自分たちで予防できることはたくさんあります。

基本ですが、衣食住を自然の素材にし、自然のリズムを取り入れます。
睡眠、食事、運動の質は、私たちの基礎となる営みですので、馬鹿にはできません。

布ナプキンに変えること、アロマテラピーやハーブを積極に利用することも、とっても有効です。

また、各臓器にはそれぞれのメッセージがあります。特に、生殖器系は、性に関係するテーマを学ぶための警告ともいえるのです。

戦後、私たちは物質的にとても恵まれて生活しています。
けれども、がん患者、成人病は増え続け、うつ、自殺も減ることを知りません。

医師任せになればなるほど、医師たちも、忙しすぎて、本来の仕事をすることができません。医師という他人に、自分の健康を任せるのはやめて、病気になっても、自分の意志で選択していける情報を、もっと共有していきたいと思います。

結局は、わが身を守ることができるのは、自分だけなのですから。

写真は、大きな木にツタが這っています。まるで、あたかもその木の葉っぱのようでした。

大きな木は、ツタ化の植物に、負けてしまうのでしょうか?

人間の視点で見れば、競い合ってるように見えるかもしれませんが、実は、共生するためにお互いの命を支えあっている、ことを知れば、この世の中の見方は全て変わってきます。植物の神秘生活を、もっと身近に楽しみたいですね!

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月 7日 (金)

「家族のためのホメオパシーケア講座@クプクプ」とお知らせ

090709mun_115クプクプにて、ようやくホメオパシーのセルフケア講座を、開催できる準備ができました!リクエストをいただいた皆さま、本当に有り難うございました。

今回は、東京スクールオブホメオパシーの講師である今井美香子さんを講師に迎え、ホメオパシーの基礎と、家族のためのホメオパシーの勉強会です!

3人の子育てと、海外でホメオパシーを実践していた美香子先生。
子育てのちょっとした悩みや、ホメオパシーの使い方に関する質問など、何でも聞ける気楽な会です。皆さまのご参加、お待ちしています。

家族のためのホメオパシーケア講座@クプクプ

6月21日(金)10時30~12時30分

参加費:4200円(税込)※テキスト(1050円分込み)、ハーブティ付

場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

●ホメオパシーとは
●家族のためのホメオパシー(怪我、風邪、腹痛など日常的な症状に)
●セルフケアのコツ
●ホメオパシーでできることとできないこと
●なんでも質問コーナー

※4名以上のグループであれば、予約制で開催できます、お問い合わせください

*ホメオパシーは、自然治癒力を高めることのできる、自然療法の一つです。
 ドイツで体系づけられた医学で、200年以上の歴史があり、ドイツ、フランス、インドなど、世界中の多くの国で普及していますが、日本では認められておらず、医療に代わるものではありません。

もうひとつ、東京スクールオブホメオパシーからのお知らせです。

この夏は、森本千佳さんが、上京され、特別公開セミナーが開催されます。
特別公開セミナー 森本講師担当

7月20日(土)、21日(日)

20日(土・午前)「ティッシュソルトの使い方」、
20日(土・午後)および21日(日・全日)「妊娠・出産・授乳とホメオパシー」

時間:10~17時

会場:渋谷区文化総合センター大和田2F 学習室7

参加費:半日(午前または午後のみ)5000円
1日のみ参加 9000円
2日間参加 18000円

<セミナー概要>

ティシューソルトは、基本となるミネラル(鉱物)から作られた低ポーテンシーの錠剤型の
レメディーです。とても使いやすいので家庭でのセルフケアに向いています。
それぞれどのような役割があり、どのようにすれば安全に安心してお使いいただけるかを分かりやすくお伝えいたします。

「妊娠・出産・授乳とホメオパシー」では、ホメオパシーをどのように役立てるか、専門性を
求められる分野の中でホメオパスがどうクライアントさんに向き合うかを含めてお伝えいたします。
レメディーの紹介、そしてケーススタディーを通してすぐに使える実践的な構成になっています。

皆さまのご参加、お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

2013年6月 3日 (月)

6月 月経美心×ヨガワーク

0402_kpyoga1_2より積極的に月経血コントロールができるように、ヨガの先生ともコラボしたイベントを企画しました!

月経美心×ヨガワークでは、ハンモックヨガの第一人者である万菜美先生の特別指導を受けながら、月経血コントロールを可能にする骨盤底筋を体感しながら習得します。

骨盤の血流が良くなれば、月経トラブルやストレスも解放され、周期も整っていきます。

下記は、前回、万菜美先生のご指導をいただいた参加者のみなさまのご意見と、万菜美先生からのアドバイスです★

写真は、気持ちヨーク骨盤を緩めているポーズの写真です♪

●Yさん

ヨガは久しぶりに筋肉を意識して動かす事が出来たので多少筋肉痛になりましたが
リフレッシュ出来ました。継続しなきゃと思います。

 →Yさま
 大変真剣に身体と向き合っていただき、ありがとうございました。
 継続する上で何か気がついたことがございましたら、また教えてください。
 
 ご感想、ありがとうございました。

●Kさん

骨盤底筋の存在を少し感じた感じでした。
面白かった。

 →Kさま
 存在を知っていただけて、なによりです。
 楽しんでいただけてありがとうございました。

●Mさん 

先生にわかりやすくサポートして頂くことで、普段意識しづらい筋肉をイメージしやすかったです。
終わったあとは最初より姿勢がきれいになったと思いました。体も軽くなりました。

慣れてないので体の深い部分の筋肉を意識して動かすのはまだ難しいですが、教えて頂いたポーズを続けることで、体の芯や骨盤低筋を実感しやすくなる気がします。

あとは、呼吸法がいかに頭をスッキリさせ気持ちを楽にさせるのかを実感しました。
無理なく進められる内容で、楽しかったです。

 →Mさま
 身体の中の、"普段意識しづらい筋肉"はたくさん存在しますね。
 ご自身にとって今意識が必要な箇所へ意識を向けていくことで、
 今必要としている自身のエネルギーを高め、心地よさとなっていくことを願います。
 セルフケアの途中で分かりづらい点がありましたら、ご質問ください。
 呼吸法も身体のエネルギーを中心から高める、大切な効果があります。
 気持ちの解放からも、骨盤周囲の解放へと繋がることを信じております。
 
 ご感想、ありがとうございました。

●Nさん


内容が盛りだくさんで一つづつの時間がもう少しゆっくりだと体が覚えられると思う。

呼吸のと、最後のはうちでも出来そうです。
ヨガが初めての人は少し難しいかな~、段階を分けるといいかもしれないです。
まなみさんの話、例えばシャバアーサナの後次のアサナに移る前が実は大事、などといった話も聞きたい。しっかりやるととても良いですよね。

 →Nさま
 おっしゃる通り、少し盛りだくさんにしてしまったな、と感じました。
 1つ1つじっくり感覚を見ていくことが骨盤周囲の奥の筋肉を感じるには、
 最も重要になることもよりみなさまとのワークを通じて感じました。
 初めての方への流れをもっと分かり易くしようと思います。

 途中でお話した、ヨガ哲学やヨガのポーズの必要性やポーズの効果の感じ方など、 私の経験からお話できることも多くあるのですね。私はこういった細かいことが
 大好きです。話を深めていくこともヨガの1つ(ギアナヨガ)です。
 お話の時間も作ってシェアできたら嬉しいです。
 
 ご感想、ありがとうございました。

 
参加していただいた皆さま、万菜美先生、ありがとうございました。

万菜美先生の指導を直接手ほどきいただける貴重な機会をお見逃しなく!

club 月経美心×ヨガワーク club

0402_kpyoga

全二回
 6/20木 & 6/27木 14時~16時半
※3名以上のグループであれば、予約制(火・木)で随時開催できます

参加費:8400円(税込) 計5時間 (両日とも 14時~16時半)
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
予約方法:要予約(お電話メールでお問い合わせください)

●月経美心シェアセミナー概要&コンサルテーション
●ヨガの基礎知識&ヨガワーク
(呼吸法、ストレッチ、セルフケアのアサナ)
●月経血コントロールを可能にする骨盤底筋郡の役割
●布ナプキン、ナプキンフリー
●シェアタイム(美味しいお茶付)

※クプクプにて、ハンモックヨガは体験できません、ハンモックヨガに関しては、万菜美先生のサイトをご覧ください↓

講師 万菜美さん (ハンモックヨガ主宰)
http://www.hammockyoga.jp/

ゆっくりと自分の体に向き合い、体の声を聞くことは、快適な月経だけではなく、充実した毎日を送る基礎となります。体は素直で賢い存在。ヨガワークを通して、より一層、自分の体を理解し、慈しみましょう。

女性らしさも幸せも健康レベルもUPするヨガのポイントを存分にお楽しみください。

※月経美心とは、女性の月経期間を、楽しく過ごすための経血コントロールや布ナプキンや女性の役割などを学び、快適な月経ライフを実現するためのセミナーです。

★表参道の生活の木でも、レクチャーを担当しています。
 6月は8日と29日の土曜日に開催されます。
 お申し込みは直接、 下記、生活の木のサイトからどうぞ
 http://hlc.treeoflife.co.jp/goods/?g=6101337800

皆さまのご参加、お待ちしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »