クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

10/19 フランスから!民族植物学者「ロハンス・シャベール」先生の講演会

< 特別セミナー 詳細決定致しました!>

『 民族植物学の世界 ~ハーブと人が織りなす歴史~ 』
 
かつて人々は、身近に生えている植物を食事や病の治療という形で日々の衣食住の中にとりいれていました。あらゆる文明が発達した現代でも、その文化は途絶えることなく受け継がれており、そしてこれから先も伝え続けていく必要があるのではないでしょうか。
 
人とハーブが織りなしてきた世界、そしてこれからの世界。
 フランスの民族植物学者ロハンス・シャベールさんにお話頂きます。自然療法機構(NaO)の秋のイベントが東京で開催されます!

今年は、フランスから、世界で有数の民族植物学者である、「ロハンス・シャベール」先生をお招きしての講演会です。

民族植物学、と聞いてもあまりなじみはありませんが、ハーブを使う上ではもちろんのこと、普段使っている植物とのつながり、、例えば、木でできている家具も、私たち人間と深ーいつながりがあるのです。それらは当たり前すぎて、学ぶ機会はありませんが、民族植物学では、どのような植物をどのように利用するかを、私たちの暮らしの中から研究しています。

そして、民族と植物の関係は、世界各地で違いがあり、文化の構成要素の基盤ともなっています。ロハンス・シャベール先生が、どのようにそれらをリサーチし、学びを深めていったかのお話も伺える、貴重な機会です!

フランスの広大な自然と植物とのつながりを、味わい尽くしたいですね!

他にも、スペシャルセミナーとセットの、盛りだくさんのイベントです。

「植物療法を学ぶ 植物の力、人の力」
  薬学博士 自然療法士      村上 志緒さん

「野菜と向き合い、エネルギーを頂く料理」
 料理勉強家         サトケンさん

2013年の秋、植物と人とのつながりがより一層深まる勉強会、楽しみです!

詳細→http://blog.japannaturopathy.org/?eid=15

『 民族植物学の世界 ~ハーブと人が織りなす歴史~ 』

かつて人々は、身近に生えている植物を食事や病の治療という形で日々の衣食住の中にとりいれていました。

あらゆる文明が発達した現代でも、その文化は途絶えることなく受け継がれており、そしてこれから先も伝え続けていく必要があるのではないでしょうか。...

人とハーブが織りなしてきた世界、そしてこれからの世界。
フランスの民族植物学者ロハンス・シャベールさんにお話頂きます

第2回となる今年は、さらに充実した内容を目指し、
「ロハンス・シャベールによる植物学の世界」と
「自然写真家 森本二太郎氏 作品展」を同時開催致します。

東京都の都会の中心でありながら、自然療法と自然世界のこれからを感じ、
共に考える1日になるとことと思います。ぜひ、ご参加ください。

==================

<日程> 2013年10月19日(土)12:30~16:00

<会場> エッサム神田ホール
       東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2

<参加費> 5000円

<定員>130名

お申込み、お問い合わせは事務局まで
0797-38-7717
info@japannaturopathy.org


Laurence Chaber(ロハンス・シャベール)

ジャーナリズム専攻の大学を卒業後、有機農法農場を開設。...
25年間にわたり、大学生や農場関係者を研修に迎えて農場を経営する。

その傍ら、フランス南部のトゥールーズ・モンペリエ・ニースの各大学にて
植物のセミナーを開講。現在は民族植物学者、巨樹のスペシャリストとして活躍。

巨樹を守るグループ「Epi」を設立。保全活動にも力を入れている。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月25日 (水)

骨折の後遺症:靭帯と筋肉の癒着

111214_132103

今回は、最近ずっと痛みを抱えていた症状をご紹介します。
※25日にUPしましたが、早合点でした、異所性骨化ではありませんでした

今から2年前、2011年の11月に自転車事故で骨折し、大腿骨頸部を骨折してしまいました(写真はその時のです)。整骨の手術を行い、無事に回復していたのですが、2013年の7月頃から、歩く度に痛が走り、9月に入ると、しばしば我慢ができないほどの痛みを生じるようになってしまいました。

仕事には支障はないのですが、素早い動きはできませんし、踏ん張ることができないので些細なことでよろけたり、階段の上り下りがとてもしんどくて、太ももは、まるで板が入っているような、どんよりとした重みがありました。

傷口の深部が痛むので、自己流で自然療法を試したものの、効果は弱く、温めて、ストレッチをしつつ、痛みをごまかしている、という状態だったので、観念して、整形外科の先生に診てもらうことにしました。

友人が紹介してくれた、麹町のとある整形外科での診断は、レントゲンを撮るのではなく、Bモードという、体表から「筋」「腱」などの形態診断と機能診断を行う医療機器を使っています。

そこでの診断は、骨折の際、骨に触る手術をした方に多く見られる症状で、骨が幹細胞を作り、それが骨とも筋肉ともなりかねて癒着し始める、ということでした。

おからだ様って本当にすごい!

骨を守るために、まだ働いてくれていただなんて!と感動するのはいいのですが、痛みは治まらず、痛みが疲れを呼び、仕事も家事もままらないまま、約4日間は、疲れ果てて、仕事以外はただひたすら眠る、を繰り返しておりました。

早速調べてみたら、異所性骨化という症状に近く、骨と筋肉がくっついてしまう症状らしく、骨折をした後遺症としては、生活を制限するほどの痛みを伴う方もいるとか。

骨の問題だとわかったので、もう一度、手持ちのレメディの中から、基本中の基本であるレメディを試してみたところ・・・骨の激痛が強くなり、びりびりびりびりと感じたのちに、骨が強くなったのを感じました。その日はたっぷり寝て、翌朝、案の定、骨の痛みは、7月初旬ごろの初期の痛みほどに軽くなっていました。

そして、最新のときは先生にたっぷり時間をいただこうと、自費診療にしてもらいました。

異所性骨化・・かと思っていたら、そこまで症状は進んでいないとのことでした。

また、私の手術のケースでは、数%の可能性の症状といわれ、早合点してしまいました。

レメディが聞いたのは、骨に、というよりは、骨が動くたびに発生するカルシウムに関係があったようです。

異所性骨化・・は、原因もわかっておらず、治療法も特にないようですが、ホメオパシーのレメディでも、サポートできるのではないかと思います。とはいえ、骨になってしまった部分は、ホメオパシーでなんとかしなくてはいけない問題なのかどうかは、解りかねますが・・。

最近、骨折の痛みをすっかり忘れて、カルシウムを意図して摂る生活をしていなかったなとも反省しました。

さて、長くなりますが、2年前の入院の話に戻ります。

大腿骨頸部という場所柄、ドクターには、「もしかしたら人口関節になるかもしれません」と脅され、本当に順調に治るのだろうか?と萎えてしまうことも多々ありました。

そんなとき、一つのニュースが、希望をもたらしたのを今でも鮮明に覚えています。

パラリンピックの車いすの銀メダリストの女性リモニク・ファンデルホルストさんが、練習中の自転車にはねられた後、下半身のマヒを克服して歩けるようになったというニュースです。

13歳の時に下半身麻痺をして、アクシデントからの復活というニュースでした。

111212_112339私も、事故をする前の傷のない状態(写真は術後の傷跡)には戻れないけれど、入院して、手術して、リハビリして、後遺症を患って、怪我だけではなくたくさんのことを学ぶ経験となりました。支えとなる家族や友人、同僚の存在の偉大さも身に染み入りました。痛みは辛くて大変だけど、必ず解決はあると信じています。自然療法を知らなかったときは、こんなこと、言えませんでしたが。

痛みはサインです。どうか皆様も、心の痛みも含め、小さな痛みでも無視せずに、ご自身の体に耳を傾けてあげてください。クプクプでも、この経験を活かして、セルフケアコースを用意しています。※医療行為に替わるものではありません、長引く痛み、強くなる痛み、可動範囲が狭くなるなどの症状の悪化には、適切な医療機関をご利用ください

下記引用

(2011年12月10日) 【中日新聞】【夕刊】【その他】 この記事を印刷する

健常者としてリオ五輪目指す

 2008年北京パラリンピックの車いすを使った競技で2つの銀メダルを取ったオランダの女性の下半身まひが、昨年、練習中に遭った交通事故をきっかけに奇跡的に回復。このほど健常者として同国のプロ自転車チームと契約し、16年のリオデジャネイロ五輪出場を目指すことになった。

 ロイター通信などによると、この女性はモニク・ファンデルフォルストさん(27)。来年のロンドン・パラリンピック出場に向け、車いすで練習中、自転車と衝突した。治療を受けているうちに、次第に足に痛みを感じるようになり、やがて少しずつ足を動かせるようになった。

 その後、数カ月のリハビリで両足を自由に使えるようになり、13歳から患っていた下半身まひを克服した。奇跡的な回復の理由は医師にも説明できないが、事故の衝撃が体の機能を取り戻させたとの説もあるという。

 ファンデルフォルストさんは同通信に対し、歩き始めた時の気持ちについて「空に跳び上がりたいほどうれしかった」と話している。 (共同)

http://matome.naver.jp/odai/2132341894606501101

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月17日 (火)

月経美心 2013秋

日中はまだ残暑が厳しいですが、虫の音が心地よい夜が続きますネ★

この秋も、月経美心の活動に力を入れていますので、布ナプキン、月経血コントロール、女性の魅力、体の神秘、自然療法を知りたい方などなど、皆さまのご参加お待ちしています。2回目、3回目も大歓迎です★

●「満月の布:湯文字」発表会

Mangetu

日時:9/21(土) 13時~16時半
場所: 恵比寿

温故知新が生んだ雅なランジェリー「満月の布:湯文字」発表会が恵比寿にてあります。
私は、月経血コントロールと骨盤のお話を担当します★

着物ジャーナリストの中谷比佐子さんのお話を直接うかがえる、またとない機会です、お見逃しなく。

詳細→http://holy-sky.cocolog-nifty.com/monthlybeauty/2013/09/921-2b23.html
※クプクプの紹介があると、特典があります、詳しくは、お問合せ下さい。


月経美心シェアセミナー
 ~月経トラブルフリー&ナプキンフリーで笑顔UP

Fornao1

日時:2013年10月12日&13日 10時~17時
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
参加費:15,750円(税込) 計12時間

シェアセミナーでは、すぐに活かせる自然療法の実践、皮膚、骨盤底筋、月の神秘、からだの神秘など、月経美心ライフに必要なことをたっぷり学べる、盛りだくさんの内容です。自然療法を学び、10年以上培ってきた自然療法のエッセンスをシェアしています☆皆様のご参加お待ちしています★

月経美心×ヨガワーク 2013年10月

Yogamanamin

日時:2013年10月10日&17日 10時半~13時
場所 :クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン(東京都狛江市)
参加費::8400円(税込) 計5時間

ハンモックヨガの第一人者である万菜美さんから学ぶ骨盤底筋を育てるヨガワークです。
自分の体と向き合う、ぜいたくな時間です。
月経血コントロールを身につけて、一生美しく過ごしましょう!

※月経美心とは、女性の月経期間を、楽しく過ごすための経血コントロールや布ナプキンや女性の役割などを学び、快適な月経ライフを実現するためのセミナーです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月11日 (水)

クプクプの新メニュー「エ・オラ・アロマテラピー トリートメント」

Photo ようやく秋らしい爽やかな一日になりましたね。
夜は虫の音が心地よく、彼岸花も咲き始め、四季を感じる気持ちのいい季節です。

写真は、先日訪れた栃木県鹿沼市の麻畑にて。大麻の雄木に、小さな小さなお花が美しく咲いていました!こちらはまた追ってレポートします。

今回、皆さんにお知らせしたいのは、世界でたった一つの、クプクプ*オリジナルメニューです!

ベテランのアロマセラピストが、自らの個性を活かし、心を込めて施術します。

Eora2

今回ご紹介するのは、ハワイアンスピリットの言霊に触れる「エ・オラ・アロマテラピー トリートメントです。

“ola”(オラ)とはハワイ語で「癒し・健康・生命・人生」。
心と体をゆるめ温めるアロマテラピーと、ハワイアン・フラの祈りが体の中の細胞を癒し、開放し、目覚めさせるスペシャルコースです。

ハワイの祝詞とアロマテラピーの美しいハーモニーを担当してくれるのは、アロマセラピストの矢田薫さん。

介護、親子のアロマテラピーなどでも幅広くご活躍の、とても優しい、それでいて、芯のあるかっこいい女性です。薫さんは、数年前から、古典フラといわれる、カヒコのフラダンスをはじめ、そこで感じたのが、フラとアロマテラピーとの共通点でした。

フラは、自然への敬意と感謝を森羅万象の神々に捧げる踊り。
アロマテラピーもまた、自然への敬意と感謝がなくてはならない療法です。

古典フラの祝詞と、アロマテラピーの施術を融合させた、体の細胞が波を打つような施術を体験くださいね。受けた後は、アロマテラピーだけの施術とはまた違う、新しい自分を発見できますよ!

ハワイアンスピリットの言霊に触れる「エ・オラ・アロマテラピー トリートメントは、クプクプの新メニュー、世界でたった一つのあなたとセラピストが奏でる特別なコースです。

今月は、9月21日のみ受付可能です。
予約はメールかお電話にて受け付けています。

●トリートメント時間/価格

  120分(90分ボディ)/12,000円
  150分(120分フェイシャル&ボディ)/15,000円
  ※初回のみ、10%オフでお受けいただけます

●内容

  カウンセリング(フットバス付) ~ チャント ~ トリートメント  ~ チャント ~ アフターケア&ハーブティ

クプクプはおかげさまで、無事に5周年を迎えました。
ひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。

5周年を迎え、アロマテラピーやフラワーレメディの素晴らしさを、より一層共有できるよう、新メニューに加え、月経美心や各種セミナーにも力を入れてまいります。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

クプクプの新メニューのご紹介

●ハワイアンスピリットの言霊に触れる「エ・オラ・アロマテラピー トリートメント
●親子で作る「香りで描く絵本の世界
●あるがままの自分と再会する「SCIO 奈緒美セッション

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月 4日 (水)

うちの老猫が言うことにゃ

宮崎駿監督の引退が話題になっていますね!

わたしももちろん、昭和40年代生まれの例にもれず、アルプスの少女ハイジ、カリオストロの城、風の谷のナウシカ、となりのトトロ、などなど、たくさんの影響を色濃く受けて育ってきた世代です。

風の谷のナウシカに関しては、記憶には初めて残っている映画館で見た作品です。この仕事を始めて、DVDが普及して10年近く、今では、年に1回は必ず観ています。

初めて観た当時(小学生でした)は、ファンタジー物語の一つとしか思っていなかったので、サラリーマンをやめてあの当時に信じていたいろいろなこと(笑)を卒業し、ナウシカの活動に深く共鳴する仕事に就く人生になるとは、思ってもみませんでした(笑)。

ナウシカの求める世界観、例えば、自分の怒りや悲しみを受け入れ、この地上で暮らす人々全てが、家族や地域の人たちと共に幸せに過ごすこと、は、この地上に住んでいるものすべての願いです。

ですが、現実はそうではないことを、全く理解していませんでした。

そんなあほな子供にも、アニメでわかりやすく伝えてくれた宮崎駿監督は偉大です。
今後、大作は退いても、現場で(三鷹で!)子供たちの本来の資質を引き出してくれる現場の偉大な人として活躍してくれたらいいなぁと、心から願います。生身の師への触れ合いが、何よりも次世代への記憶につながりますから。

さて、今回は、宮崎駿さんと同じように尊敬する漫画家のひとりである「ふじの はるか」さんの作品をご紹介します。

自然療法への理解の深い漫画家さんで、「今日もベランダで―ふじのはるかのスローガーデニングライフ や「うちの老猫の言うことにゃ など、心温まる作品をたくさん出していらっしゃいます。

最近出た、「うちの老猫の言うことにゃは、人間界と、動物界のつながりを改めて思い出させてくれる作品でした。

私の月経美心の活動にも興味を持って下さり、オーガニックコットンの愛用者で、狛江市出身だということで、共通点も多く、すっかり意気投合。

私は、アロマセラピストとして、自然療法ジャーナリストの活動していますが、まだまだ微力で、漫画家さんとして立派に活動していらっしゃる姿に、とても感銘を受けました。

うちの老猫の言うことにゃは、猫に限らず、ペットと暮らす多くの方に、お勧めしたいです。

ペットは、人間ではない役割で、私たちの人生に登場してくれる、家族そのもの。

それは、ねずみであれ、ことりであれ、うさぎであれ、猫、犬、牛、馬、豚、虎、でも変わらないと、自然療法を学んだ今は思います。動物たちに、改めての敬意を感じます。

9月は、鎌倉のホメオパシー仲間からのお知らせで、動物のためのホメオパシーの勉強会もあるそうです、ぜひチェックしてみてくださいね!
http://queue-cat.com/news/lesson0929/

余談ですが、最近、久しぶりに、知らない方からのツィートなどあり、ちょっとだけ、デジタルな世界を追ってみました。

まず、ツィートに関して、その情報を発しているご本人、あるいは組織でも構わないのですが、5分使っても追えず、興味のあるタイトルを追っても、中身の文書にはたどり着けず、で、浦島太郎状態になってしまいました、これらを使いこなしている人たちはすごいなと思いました。

もし、ツィートしてくださる場合には、一言で構いません、連絡をいただけたら、こちらも安心です、どうぞよろしくお願いいたします。全く知らない方で、しかも、自然療法を実践したことのない方と思われるツィートは、若干、警戒してしまいますw。アナログな私が、そのツィートのフォローや削除の仕方を知らないだけなのですが。

ITメーカーに勤めていたのはもはや20年も前。当時は、携帯電話も、パソコンも普及しておらず、データの媒体は、フロッピーディスクが最新でした。それらの記憶媒体は、もう過去の遺産で、MDだって、今の子たちは、知らないかもしれない。ましてや黒ダイヤル電話なら、もっとわからないよね!

ノスタルジックな記述が長くなってしまいましたが、中高年となった今、わからない情報を追うよりも、解りあえる人たちとつながるために、残された時間を使おうと、決心する有難い体験になりました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年9月 2日 (月)

絆の井戸 in 仙台

R0010875s_2
↑2011年8月末、立派に稲穂をつけるササニシキ(仙台・鈴木有機農園)

旧暦文月も9/4まで、9/5は葉月の始まりの新月ですね!
虫の音と、日陰と、風が心地いい季節、皆さまはいかがお過ごしですか?

さて、今回は、東日本大震災に関して更新します。

昨日、グリーンピースジャパンさんから電話がありました。

東京電力の放射能汚染の影響を受けている水の問題と、以前著名した理由について、そして活動寄付金のお願いの電話でした。

とても感じのいい女性で、色々と情報交換もしました。私も、この秋に震災後6回目となる南相馬に足を運ぶ予定でいますが、モンスターのような組織のしがらみを想像すると、無力感に襲われる自分を思いだしました。

けれど、友人の「”汚染水”という表現は正しくない、水はきれいだけど、汚染物質が混じっているだけだよね」の一言に、水の威力、一人一人の人間の力、を信じていれば、決してあきらめることも無力感に襲われる必要もないことを改めて思い出しました。

私たちが本来持っている力を発揮するために、私ができることといえば、本業であるアロマテラピーやフラワーレメディの実践を直接お伝えして、その人の本質をサポートしながら、ともに歩むことです。

私自身も、骨折をして入院したり、その傷が今になってすごく疼きはじめていたり、体力は全快ではない状態なので、自分のことも労わりながら、皆さまと一緒に癒されます(笑)!

さて、前置きが長くなってしまいました。

タイトルのお話です。

R0010924s
↑2年前、豊作の鈴木さんのたんぼ。

今から10年近くも前になりますが、自然農法の農家さんを取材したときからのご縁である、仙台の鈴木有機農園さんから、嬉しいお知らせが届きました。

2年前の震災の年、インフラに壊滅的な被害を受けた仙台市宮城野区は、田んぼに水を渡すことをあきらめ、お米が生産できない状況になりました。

それでも、鈴木有機農園さんは、培ってきた技術を実践し、震災のその年に、見事な稲穂を育て上げ、放射能の汚染も受けない、立派なお米を作りました。

あの年、津波で汚泥の被害を受けた田んぼで、農業なんてできない、と考える方が普通でした、あの被害を見れば、当然のことともいえます。

けれど、農業本来のやり方を間違わず、多くの人の協力を得て、あきらめなければ、実現できるのです。その勇気と、自然農法の底力を鈴木さんはおいしいお米で証明してくださいました。

震災で水の供給が止まったため、自力で水を確保する必要がありました。
その時に、ボランティアをはじめとしたたくさんの人の力を借りて、良質な水を畑に運ぶために誕生したのが、「絆の井戸」です。

震災から二年半の時を経て、ようやく、この「絆の井戸」の記念石碑と建屋が無事、竣工されるそうです。

竣工式は、9月14日(土)に行われます。

式典には、EM菌(EffectiveMicro- organismsを万人にわかりやすく普及している琉球大学名誉教授である比嘉輝夫さんや、石碑作詞者である出口俊一さんも列席予定です。

以前、仙台の鈴木有機農園さんの田んぼを訪れた記事はこちらから。

ひとつひとつ、「植物と土壌の神秘」の証である記念碑が増えていくことに、励まされます。

この秋もおいしいお米をいただけることに感謝しながら、心から除幕式の喜びをお祝い申し上げます。

R0010903s R0010910s
↑震災の年、手を付けることのできなかった田んぼや畑は、粟が密集していました。
自然農法では、この自然に生える草を決して雑草とは呼ばず、神草と呼びます。
彼らは、その土壌に足りない成分を含むので、漉き込めば肥沃な土が戻ってくるのです。

R0010893s
↑左が豊かに実った田んぼ、右は、手を付けることができなかったけれど、きれいに片づけられた土地

原発の問題は終わっていないどころか、どんどん情報はマスキングされ、過去のものにしようという意図が働いています。

この夏、これだけの猛暑でも、東京は、原発なしで乗り越えました。
電気は火力、水力で十分足りています。
震災の年、私たちは節約を心がけ、原発が稼働しなくても生活できることを証明しました。

消費電力やIT端末、タブレット携帯の無駄遣いは結構罠ですよ~(笑)

節電商品といっても、容量が多すぎたりするので、実は節電になっていないケースもあります。LED電気もここにきて、ドライアイを引き起こすことが証明され始めました。
ほどほどに、ありがたく使い、人間らしく、生身の人間と絡みながら生きることが大事です。

EM菌原子力資料情報室グリーンピースジャパンなどの活動にも興味を持っていただける方は、小さな寄付で構いませんので、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

※このブログは、自然療法ジャーナリストでもあるアロマセラピストが、知りえた自然療法の知識を共有する目的で情報発信しています。

※ブログの記事に関して、現在所属しているいくつかの団体からも、いくらのお金もいただいていません。

※いくらかの自然療法を実践し恩恵を受けている身として、出逢った素晴らしい各団体を支援しているだけで、万人に効く薬や療法を紹介しているわけではありません。自然療法に限らず、万人に効く医療が存在していたら、この世の病気、治療にまつわる論争は消滅していると考えております。
素晴らしい師や恋に出会ったら、薬などいらないのと同様に、自然療法もタイミングがとても大事です。

※このブログに関するツィートやコメント、紹介に関しては、当方は責任を負いかねます。一つの意見として自由に論じていただくのは構いませんが、お互いの認証や記載がない場合には、当ブログとは何の関係もないことを、ご了承のうえで、ご覧ください。そのうえで、ご意見をいただける場合には、直接ご連絡をいただければ幸いです。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す
  自然療法です。
  美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高める
  ホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

マタニティ&女性のためのアロマテラピー

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »