クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月27日 (金)

松江豊寿の武士の情け(徳島)

Dscf9257

2013年も残すところあと5日になりました。 

今年も、たくさんのご縁のお陰様で、ご紹介したいところはまだまだ残っているのですが、残り5日となってしまいました。年内は無理でも、死ぬまでにはご紹介しますので、楽しみにしていてくださいね。

今年は、日本人と麻という植物のつながりを知るための取材に多くのエネルギーを費やしました。

中でも、徳島県吉野川市で開催された「日本麻フェスティバル in 吉野川 2013」は、感動の連続。初の徳島の旅でしたが、自然療法の友人の力強いサポートもあり、徳島、という土地が、うんと身近になりました。

私だけではなく、日本にゆかりのある人たちみんな(国境など関係なく)が、徳島とつながっている歴史も知りました。

それについては、いつか阿波歴史民族研究会の記事にてご紹介するとして、今回は、私が今年最も感銘を受けた、ある武士をご紹介します。

大麻という植物は、縄文時代から私たちの生活を支えてきたかけがえのない存在です。それらをどのように、育て、寄り添えば、金にも勝る宝になることを、私たちのご先祖様は知っています。

それが日本でできたのは、各地で内戦はあったにせよ、麻に限らず、稲作をはじめとした農耕に取り組む庶民の暮らしを、守り抜いた国だったからのこと。たまたま、島国だったから、鎖国してたから、、、いろんな事情があるにせよ、今2013年の現在もまだ、かろうじて50軒の農家が、世界では例を見ない麻の栽培方法を代々守ってくれています。

これは、日本人だから偉い、とかではなく、ここまで受け継いできてくれて、それを惜しみなく次世代に共有してきてくれたこの土地と人の奇跡。ハーブの歴史を学ぶと、実はどこでもかしこでも、地球上のあちこちで、こういう奇跡は起きている。(もちろん、人間の欲が生んだスパイス戦争など反面教師もあります)

 

この価値観を育んできた日本という国の役割は、経済社会においてはうんと大きいのです。強調しておきたいのですが、これは、日本人だからではなくて、植物と寄り添う生活に気が付いた人たちはみんな、ギブ&ギブ以上のことを実践していらっしゃいます。

そして、ここ徳島には、その面影、いえ、証拠がたくさん残っていました。

その一つは、自然療法仲間の友人が連れて行ってくれた「鳴門ドイツ館」にありました。

このドイツ館は、一人の武士によって、生まれました。名は、松江豊寿。
第一次世界大戦中、武士の情けを貫いた、会津藩出身の本物の男。

その物語は、映画にもなっていて、2006年に、「バルトの楽園 」という作品がDVD化されています。

私は、全く知りませんでした。ドイツ医学を学んでいる者として、ドイツ人がたくさん出演していて、日本とドイツの歴史に関係する、見習うべき武士と義勇兵との交流に触れることのできる、この史実を知らないことは、とてもショックでしたが、今年知ることができて、本当に良かったです。

Dscf9262←写真は、ドイツ人の技術を伝授した明石のめがね橋の上で。

・・時は、さかのぼること約100年。

1914年に勃発した第一次世界大戦中、東洋の真珠と謳われていた青島での対戦で堕ち、捕虜(当時は俘虜と呼ばれていました)となった4791人のドイツ人たち。

俘虜となった「祖国のために戦った義勇兵たち」を、ハーグ宣言にあるように人道的に待遇するように貫き、捕虜たちの生活をより快適なものとすべく普請し続けた板東俘虜収容所の所長、松江豊寿という人が、この国にいたこと。

彼を支える軍人たちと、ドイツ人俘虜たちとの交流は、本来の人間らしい生き方を教えてくれます。

対戦国への怒りや憤りの感情にとらわれず、人間として、尊重しあい、交流したご先祖様たち。

彼らの功績が教えてくれるのは、私たちは、絶対に、私利私欲という低レベルのエゴの奴隷となって、他者を殺すという愚行を、卒業する勇気ではないかと思う。

日本で初めて、ドイツ人による演奏で、ベートーヴェンの歓喜の歌「第九」が演奏された地が、鳴門市大麻町坂東だったこと、そしてここは、阿波国一の宮、大麻彦神社がある日本人にとっての魂の故郷であること。

阿波という地にたどり着いた、阿波忌部の先祖たちが、二度と人を不幸にする争いを繰り返さにために和を持った国としたのが始まりだとするならば、松江豊寿の存在は、阿波忌部の遣いとみることもできますね。

実際の俘虜の言葉は下記に紹介されています。

http://www.jiyuushikan.org/jugyo/jugyo55.html

引用

●ポールクーリー(リューデンシャイト市在住)

「私は、今度の第二次世界大戦にも召集をうけ、運わるくソ連の捕虜となり、1956年に解放されましたが、ソ連のラーゲルで冷酷と非情をいやというほど知らされたとき、私の脳裏に浮かんできたのは、バンドウのことでありました。バンドウにこそ国境を越えた人間同士の真の友愛の灯がともっていたのでした。…私は確信をもっていえます。世界のどこにバンドウのようなラーゲルが存在したでしょうか。世界のどこにマツエ大佐のようなラーゲルコマンダーがいたでしょうか。

引用終り

「祖国のために戦った」義勇兵たちの生活を、より、快適なもの、とすべく尽力した一人の武士。

私にも、その武士の情けの血が一滴でも流れているのなら・・

ハーブ療法という素晴らしい技術で、幸せになるために必死で頑張っている私たち現代人の生活を、より、快適なものとすべく、尽力したいと思うのでありました。

かなり有名な方なので、多くの方はご存知かと思いますが、まだの方は、年末、あるいは年明けに、松江豊寿 という魂を揺さぶるサムライの智・仁・勇の人生に触れてみてくださいね!

Dscf9581

↑徳島ツアーで、徳島の自然療法仲間の友人と。その節は本当にお世話になりました★すっかり徳島ファンになってしまいました、これからもよろしくお願いいたします!

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

 マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月26日 (木)

2014年1月のご案内「絵本」「月経美心」と「緩和ケア研究会」

141221_51

2013年も冬至を迎え、後は年末年始の準備をするだけ・・とは言えない私ですが、もはや今年も残り5日。こうなったら、太陰暦のお正月に向けて準備するしかないですね・・(笑)。 

写真は、縁起のいいことに、先日のコスモス舎さんの記念のお祝いの席にて、平安聖子さんとご一緒させていただきました。

さて、早速ですが、2014年1月のセミナーや集いをご紹介します。
新年早々にお会いできる日を楽しみにしています!

★月経美心×ヨガワーク 初級者編★

2014年1月25日(土) 14:30~17:00
参加費:3500円

定番の月経美心のセミナーに、積極的に月経血コントロールを体感できるセミナーです。

月経のトラブルのある方、布ナプキンにトライしたい方、月経血コントロールを体感したい方にお勧めの、気軽な内容です。

※月経美心とは、女性の月経期間を、楽しく過ごすための経血コントロールや布ナプキンや女性の役割などを学び、快適な月経ライフを実現するためのセミナーです。

内容
●月経血コントロールを可能にする骨盤底筋の役割
●布ナプキン、ナプキンフリー
●ヨガの基礎知識&ヨガワーク
(呼吸法、ストレッチ、セルフケアのアサナ)
●シェアタイム(美味しいお茶付)

講師
ヨガ:万菜美さん (ハンモックヨガ主宰)
http://www.hammockyoga.jp/ 

月経美心担当:樋渡志のぶ(アロマセラピスト)

~予約方法~

メールか電話( 090-8582-9292  クプクプ予約受付専用番号)

 

★絵本読み聞かせ~「香りで描く絵本の世界」★

~2014年開催予定日~

1月15日10:30~ トムとピッポさんぽへおでかけ
2月5日10:30~ ウクライナ民謡 てぶくろ
3月5日10:30~ ぐりとぐら

※第三水曜日は、 お気に入りの絵本をご持参ください

子供達はお気に入りの絵本を繰り返し読んでもらうことが大好き!!
いつもの絵本の時間を、オリジナルの香りでより豊かに演出しませんか?

自然の植物の香りはお子様の五感を刺激し、想像力の扉を開きます。
自由に香りを重ねて作る工程もまた、お母さんの気分転換に最適です。

Dscf8478←アロマセラピストが丁寧に対応します

~参加費~
  1組さまの場合のみ 60分 4000円
  2~4組さま      90分 3000円

~予約方法~
メールか電話( 090-8582-9292  クプクプ予約受付専用番号)

★マタニティ向け アロマ講習会
 「お産当日リラックスオイル&アロマテラピーで花粉対策」★

日時:2014年1月28日(火) 10:00~11:30
場所:金子レディースクリニック
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/klc/

 

★在宅での緩和ケアとターミナルの実際★

第205回日本赤十字社医療センター 緩和ケア研究会のお知らせ
日時:2014年1月8日(水) 17:30~20:00くらい

自然療法に携わる方、必見の取り組みです。

白い病室でなく、思い出のいっぱい詰まった住み慣れた自宅で、人生を少しゆっくり振り返る時間を過ごしてほしいと思います。

死に場所を考えてみるのも、生きている証ですね!
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/relief_care/2013/12/20141-50af.html

以上です。

2014年も、フラワーレメディ、アロマテラピー、月経美心に取り組み、皆様とともに歩んでまいります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします★

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月20日 (金)

1月から ~女性限定:女性のための女性を知るための講座

Photo
今年は、東京を出て、関西、徳島にても月経美心を開催させていただきました。
つくづく感じたのは、「知らなかった」というだけで、これ以上、体に負担をかけたくない、という思いです★

2014年は、整体の専門学校である東京療術学院にても、特別篇のセミナーを担当させていただくことになりました。こちらは特別に、受講修了後に、東京療術学院の講座修了認定書授与があります。ご活用ください。
※18日の入門編は無事に終了しました、ご多用の中ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


女性限定:女性のための女性を知る特別集中講座
    ~no woman no cry実践セラピー~

≪開講日時≫2014年1月15日(土)~2014年4月2日(土)
場所 東京療術学院
講師 樋渡 志のぶ
受講料 60,000円 ※認定書、教材付

講義内容
1月15日 ①女性のための講座概論/自然療法・自然治癒力等
2月 5日 ②紙ナプキンと月経コントロール/経皮毒・月経トラブル解消等
2月19日 ③月経の役割/月経時の快適な過ごし方・月経の役割等
3月 5日 ④感情を癒すフラワーレメディ
3月19日 ⑤妊活/お産の歴史・体を温める・妊婦のためのハーブとアロマ
4月 2日 ⑥お肌の秘密/セルフケアのアロマテラピー

Photo_2
【講師プロフィール】

 樋渡 志のぶ

「kupukupu」ホリスティックアロマテラピーサロン代表、IFA認定アロマテラピスト、バッチフラワープラクティショナー、自然療法師、東京療術学院講師

いずれもお申込・お問い合わせは、直接、東京療術学院のフォームもしくは電話にてお問い合わせ(0120-017-146)ください。

以上ご紹介です。

初心者でもわかりやすい内容になっていますが、プロフェッショナルの方にもおすすめのアドバンスコースです。特典の教材もかなり魅力的です♪

月経美心は、私自身、自然療法を学ぶ前は、知らないことばかりの情報を、お伝えしています。もっと早く知っていたらよかったのに!と思うこともしばしばあります。

そして、今も知らないことばかりで、様々な体験を通して、教えてもらっている身ではありますが、先に知りえた、生涯役立つ情報を、皆様と共有できたら幸いです★

また、帯津良一先生を名誉学院長に迎える東京療術学院は、学ぶのに最適な環境です。

この機会に、ご一緒に学べる機会を楽しみにしています。
貴重な機会をいただいた東京療術学院の皆様にも改めて感謝申し上げます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月17日 (火)

1本草プロジェクト:2,013年12月

Ennmeisou888


幼い頃、お腹が痛くなると、
母が作ってくれた薬草酒。

飲むとピタリと痛みがなくなる
不思議なこの薬草を、母は
「イッポングサ」と呼んでいた。

まずは、東北支援活動となるように稼働した「1本草プロジェクト」。

クプクプでも応援しています!

12月は、こんなにかわいい起上り小法師がお生まれになりました。

11 14
12

12/2 6人の起上り小法師が誕生しました。
勢ぞろいでかわいい!

Dscf9842 Dscf9840

12/8 5人の起上り小法師が誕生しました!
みんなの絵心が刺激されます♪

ご協力&ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

ここで、単なる言い訳にはなりますが、この9月から古傷の影響で、常に足に痛みを抱えております。動くときも、ぐきっと、痛みが走るもので、どんどん出不精になってきております・・。

本当は、もっと上手に写真を撮って、美しく見せたいのですが、記録として写真を撮るのが精いっぱいになっています・・どうかお許しを。

もし、もっといい写真があったら、ぜひ使用させてください。

なお、クプクプでは、来年も、起上り小法師を通して「1本草プロジェクト」を応援する予定で、絵具やペンを揃えました。

もしお近くの方で、イベントなどでお使いになりたいときは、気軽にご連絡ください。
(貸し出しは無料ですが、送料などがかかる場合はご負担ください)

クプクプでの一本草プロジェクトのご紹介はこちらから。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月16日 (月)

クプクプ*年末スペシャルイベントが無事に終わりました

Kumi
クプクプの年末スペシャルイベントが無事に終わりました。
ご参加いただいた皆様、講師の皆様、本当にありがとうございました。

ご報告の前に、ちょっと、補足をさせていただきます。

クプクプのサロンでは、主に、アロマテラピーとフラワーレメディのセッションや月経美心や自然療法塾を含むセミナーを提供しています。

そして、私たちも常に、自分たちの専門である自然療法の理解を深めるために、他の療法を勉強をしたり、取材をしたり、体験しに出かけます。(正直に告白すれば、この世界が大好きで、出かけずにはいられないのですが・・)

そのような中で、特に、ご紹介したい!と思った先生方や療法を、クプクプでも可能な限りセミナーやイベントとして開催しております。

来年も、皆様のリクエストにこたえられるよう、楽しいセミナーやイベントを企画しますので、気軽にご参加くださいね!


★フラワーレメディをバッチ博士を通して理解する

13

お話をいただいたのは、「バッチフラワー 花と錬金術 」(東京堂出版)の著者である東昭史さん。いつも優しくて穏やかで、一緒にいるだけで心が落ち着きます。 

東さんはフラワーレメディの出会ってから、体系だったスクールすべてに参加されたそうです。最初から、フラワーレメディに入り込んだのではなく、使ってみたら、よく効いたので、もっと知りたくなったというエピソードも。

そして、実際に森の中に入り、植物を観察する合宿に参加してから、フラワーレメディに対する気持ちが切り替わったといいます。

バッチ博士は、アロパシー医学を学び医者になり、腸内ワクチン、ホメオパシーを実践し、最終的には、フラワーレメディだけで実践した医師。人間は、魂という存在であることを見抜き、フラワーレメディを体系づけました。

東さんのお話を伺って、改めて、そのことのすごさを思い出しました。

その他、バッチ博士の生命の大原則や植物の観察の仕方など、貴重なお話を伺いました。ありがとうございました。

『アフリカン・ツリー・ミスト』体験会

250209_478205718864463_628040537_n1

ホリスティックセラピールーム atelier**asteriskを主宰している『ナチュロセラピスト 中川久美』さんをお迎えしての体験会でした。

普段は、ヨガのインストラクターや国産精油YUICAの森ツアーなどを主宰されている大阪でご活躍のセラピストさんです。はるばるお越しいただき、本当にありがとうございました。

アフリカの太古の森「プラットボス」のエッセンスは13種類。そのすべてを体験できる欲張りな会でしたが、ご参加いただいた皆様のその後はどうでしたか?

私自身は、すご~~~~く浄化になってしまいまして、統合された感を否めません。各種チャクラに併せた響きと、深くノックされたような感覚。

他の療法にもれず、体験しないことには説明がしがたいですが、パワフルでありながらとても繊細で深いところに触れるエッセンスだと思います。

香りを楽しめるのもこのミスとの特徴です。香水代わりにもなるので、ぜひ試してみてくださいね!

http://ancientforest.jp/treemists/
http://www.ancientforest.jp/?mode=grp&gid=682687

チベット医学にふれる「芳香(スパイスとお花)」

Dscf9843

久しぶりにクプクプでお話をいただいた、小川アムチ(チベット医)さん。

個人的には、2010年の秋に出会い、実践に実践を重ね伝承され続けているチベット医学という世界に衝撃を受けました。あれから、3年。さらにパワーアップされている小川さんのお話は、本当に楽しくためになります。

今回は、お香やハーブの粉砕など実践的なことをたくさん盛り込んで下さいました。

薬草は、日本では圧倒的に女性が多いというイメージが強いですが、アムチの話を聞いていると、狩猟能力と体力、つまり、男性の力が欠かせないことを実感します。

来年からは、再び長野を拠点に、薬草とともに暮らしながら、ご活動の予定です。ぜひ、一緒に参りましょう!アムチさん、いつも貴重なお話を、ありがとうございます★

Dscf9832 Dscf9834 Dscf9838

↑ハーブのプロたちが挑みます!実践お香&お灸づくり

Tibet

アムチは、来年の2月、大和市にも登場します。
お近くの方はぜひ、足を運んでみてください。遠方でも価値があります!
http://www.yamato-kokusai.or.jp/index.htm

以上です。

来年の1月25日は、ハンモックヨガの万菜美先生と、月経美心のコラボイベントを企画中です。詳細が決まり次第UPします♪楽しみにしていてくださいね。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月 8日 (日)

パラケルススとアロマセラピー!~『パラケルススと魔術的ルネサンス』刊行記念トークイベント

Bhsoshopara2
自然療法のお仲間から教えていただいたイベントをご紹介します★

パラケルススとアロマセラピー

12月21日(土)の3時
新宿の紀伊国屋でトークイベント

参加は無料だそうですが、座席数に限りがあり、予約してほしい、との連絡をいただきました。

詳細↓

http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/store/Shinjuku-Main-Store/20131127144941.html

下記、上記サイトから引用

【新宿本店】 2013年12月21日 bibliotheca hermetica 叢書『パラケルススと魔術的ルネサンス』刊行記念トークイベント 賢者の石・ホムンクルスからアロマテラピーまで――パラケルススの魔術的世界

bibliotheca hermetica 叢書『パラケルススと魔術的ルネサンス』

刊行記念トークイベント

賢者の石・ホムンクルスからアロマテラピーまで

 

――パラケルススの魔術的世界

『パラケルススと魔術的ルネサンス』  菊地原洋平 著  勁草書房発行
2013年12月中旬発売予定  予価5,565円(税込)
※刊行を記念して、叢書監修者のヒロ・ヒライさん選書、コメント付きのミニフェアを3階にて開催予定です。

哲学と歴史を架橋し、近代以前の"知のコスモス"に分野横断的に迫るインテレクチュアル・ヒストリー。その魅力を紹介する「bibliotheca hermetica(ヘルメスの図書館)」叢書の刊行が夏から始まりました。
第二回配本『パラケルススと魔術的ルネサンス』では近代医学の父とも、賢者の石を持ちホムンクルスをつくった錬金術師ともいわれるパラケルススについて、魔術・占星術とキリスト教の融合という観点から迫ります。
今回は、叢書監修者のヒロ・ヒライさん、『パラケルススと魔術的ルネサンス』著者の菊地原洋平さん、ハーブ文化研究家の長谷川弘江さんに、パラケルススとはどんな人物だったのか、当時の魔術・占星術や錬金術とは何だったのか、現在のアロマテラピーやハーブ活用につながる面はあるのかなどについて縦横に語っていただきます。

日時:2013年12月21日(土)14:30開場 15:00開始 16:30終了予定

定員:40名

場所:新宿本店8階イベントスペース

入場:無料

ご予約方法:
12月 1日より、紀伊國屋新宿本店3階売場カウンター、もしくはお電話にてご予約を承ります。
※ お電話でのご予約は、専用番号にお願いいたします。 
  予約受付番号(3階直通) : 03-3354-5703
※ 定員になり次第受付を終了させていただきます。

登壇者:菊地原洋平×ヒロ・ヒライ×長谷川弘江

サイズ小菊地原写真.jpg
菊地原洋平(きくちはら・ようへい)
科学史・科学論。九州工業大学、九州産業大学ほか非常勤講師。比較社会文化博士(九州大学、2010年)。論文に「記号の詩学:パラケルススの徴の理論」ヒロ・ヒライ編『ミクロコスモス』(月曜社、2010年)、「ルネサンスにおける架空種族と怪物:ハルトマン・シェーデルの『年代記』から」ヒロ・ヒライ&小澤実編『知のミクロコスモス』(中央公論新社、近刊)ほか。

小サイズヒライ写真.jpgヒロ・ヒライ
ルネサンス思想史。Early Science and Medicine 誌副編集長。1999年より学術ウェブ・サイト bibliotheca hermetica(略称 BH)を主宰。同年にフランスのリール第三大学にて博士号(哲学・科学史)取得。その後、欧米各国の重要な研究機関における研究員を歴任。現在、オランダ・ナイメーヘン大学研究員。著作に Le concept de semence dans les theories de la matiere a la Renaissance (Brepols, 2005); Medical Humanism and Natural Philosophy (Brill, 2011)。編著に『ミクロコスモス:初期近代精神史研究』(月曜社、2010年)。ほかに英仏伊語による共著・論文多数。2012年に第九回日本学術振興会賞受賞。

長谷川写真.jpg
長谷川弘江(はせがわ・ひろえ) 
日本アロマ環境協会・認定インストラクター。薫物屋香楽・認定香司。ヒルデガルトフォーラム・ジャパン副代表。KCS熊井明子ポプリの会講師。ハーバリストクラブ会員。生活の木ハーバルライフカレッジ講師。ハーブ医学とパラケルスス研究の大槻真一郎先生に師事。自らと家族の癌治療体験から、伝承と身近な植物のルネサンスをテーマに活動中。監修に『癒しのお香』(産調出版、2004年)、共著『日本のハーブ辞典』(東京堂出版、2002年)、著作に『絵師で彩る世界の民族衣装図鑑』(サイドランチ、2013年)など。

『パラケルススと魔術的ルネサンス』  菊地原洋平 著  勁草書房発行
2013年12月中旬発売予定  予価5,565円(税込)

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

2013年12月 7日 (土)

元気を送るアロマ隊★年末アロマボランティアのお知らせ

Dscf9744
あっという間に12月も中旬になろうとしていますが、いかがお過ごしですか? 

イチョウの葉が黄金に色づき、乾いた冷たい風があたると、身を引き締められるような気持になりますね★

さて、今回は、311の震災後にご縁をいただいた、「元気を送るアロマ隊」からのお知らせです。今回は、伊豆大島の支援のボランティアにも取り組んでいます。

ご都合が合う方はぜひ、ご協力お願いします。

★アロマ&タッチより
 白百合きらきらクリスマス会でのボランティア募集★

都内で避難生活中の母子や、そのご家族へのアロマハンドトリートメント。
Xmasイベント会場で行います。

白百合きらきらクリスマス会
12月21日(土) 9時45分『九段下駅』集合 
       16時頃解散予定
●場所:聖パウロシャルトル修道院 
●募集人数 3~4名
申込(代表・
山口さんまで

 

★伊豆大島支援
 チャリティハンドトリートメント ボランティア募集★

台風被害の大きかった伊豆大島を応援!
気仙沼大島の椿オイルや国産精油yuicaを使ったハンドトリートメントをワンコインで行い、
年内に集まった募金を届けます。
ボランティアとして、お客さまとして、ぜひご参加ください!

12月28日(土)12~14時
         14~16時 
※16~18時はアロマ隊交流会を予定(会費制)

12月29日(日)12~15時
         15~18時

●場所:積雲画廊(原宿駅竹下口)
●募集人数 各回2~3名
申込 アロマ隊事務局(希望日時を明記してください)
genkiaroma2011@gmail.com

よろしくお願いいたします。

元気アロマ・ネット
http://genkiaroma.blog90.fc2.com/

ご紹介は、以上です。
お近くに行かれる場合は、ハンドトリートメントを受けていってくださいね♪
現代人は、目と腕を酷使していますから、気持ちいいですよ~。

編集後記:

ブログの更新がすっかり久しぶりになってしまいました。

11月末にお邪魔した、芦屋、京都の月経美心にご協力&ご参加いただいた皆様に、改めてお礼を申し上げます。今回の旅も、運命的な出会いに恵まれました。お伝えしたいことばかりなので、先方の意向も確認してから、取材を通して皆様にお伝えできるまで、しばしお時間くださいませ。

また、クプクプの年末スペシャルイベントの第一弾が無事に終わりました。バッチ博士の哲学から始まり、植物と人間とのかかわりを再確認する貴重な時間となりました。東先生、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

昨日は、ナイト・コスモスの会で、若き風水の先生のお話を伺いました。

一言でまとめれば、「徹底的な自己改革を通して自信をつけていくこと」。

現世利益、自己利益ばかりが強いと、結局は本人が痛い目に会うそうです。

また、午年というのは「火」の要素なので、火災、噴火、飛行機事故などが増える傾向に。

自然界は様々な形で私たちにメッセージを送ってくれていますが、その自然界からのメッセージを受け取れない場合には、徹底的な淘汰がなされていくそうで、それは、今よりももっと容赦なくなっていくとのことでした。

 お話を伺っていて常々思うのは、フラワーレメディの活用です。

人は、緊急時に本性が出ます。いかにも、きれいごとではない自分と出会う、辛辣な出来事ではありますが、それを通して、己の感情を知り、受け入れるチャンスでもあります。

人として魂の成長を促すために、感情が動く(e-motion)のです。
言い換えれば、感情は、私たちに気づきを促すために、自分の魂を成長させるために、出てくるのです。

とはいえ、感情と向き合うというのは、とてもしんどいものです、コントロールはできないし、自分では認めたくない、怒りや嫉妬、狭心、恐怖・・。心拍数や血圧にも影響が出ます。数え上げればきりがないほど、私自身も現在進行形で様々なものが噴火してきました(笑)。

けれど、人間である限り、逃げ道などなく、解決策はたった一つ自分自身で己の感情を受け入れていくことです。

こういう時に、価値を発揮する自然療法のひとつが、まさにフラワーレメディなのです。
どんな時も穏やかに、ぶれずに、あるがままをうけいれ、今ここにいる。

私たち一人一人に相応しい生き方、感じ方、できることを、花のエッセンスが導いて教えてくれるのです。

いったんそれを受け入れることができれば、人生は楽しく感動に満ちた、かけがえのない時間の連続になります。自分の人生を俯瞰して見えるようにもなってくるので、心にゆとりも生まれてきます。

新しい島の誕生に伴う噴火や、続くどころか高まるばかりの原発の線量。

自然界への畏敬の念を深めつつ、人と植物との関係をもう一度心に刻みながらの巳年の終わりとなりそうです★

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
 ↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

マタニティ&女性のためのアロマテラピー 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習会

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »