クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月22日 (火)

「バイタリズム」 類似の法則と植物レメディの系譜

     

9/25(金)に予定している”フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”

この花、曼珠沙華など、日本のレメディ作りにも取り組んでおられる東先生との打合せ中、バイタリズムの話題となり、とても大切な本なので、読書会も面白いですね、などお話いただきました。私も久しぶりに読み直しているので、再度改めてご紹介します。

ホリスティック医学であるハーブ、フラワーエッセンス、ホメオパシーの実践家にとって欠かせない先人たちがずらり登場↓。西洋の補完医療における系譜を、パラケルススの「類似の法則」との関連から紹介しています。 

●同種療法(ハーネマン)
●臓器療法(ラーデマッハー)
●薬草療法(トムソン)
●折衷療法(スカッダー等)
●ケントの同種療法(ケント)
●花療法(バッチ)

ホリスティック医療のみならず、現代的西洋医学にとっても、礎となる手法を確立した人物としても、パラケルススの存在は重要です。

パラケルスス(1493~1541)が活躍したのは、大航海時代の真っただ中。ヨーロッパ人が新航路・新大陸を発見し、活発な植民活動が起き、西欧の政治・経済に重大な影響をもたらした時代でした。

Keplerworld
↑ヨハネス・ケプラーによる1627年当時の世界地図

詳細は、パラケルスス の専門書にお任せするとして、ここでは、彼のエッセンスを引用して紹介します。

バイタリズム P68より引用 

魂は、薬草と根の外的および内的な物質的構造が
分からなくとも、直感的にその力と効能を認識し、
同時に特徴表示についても認識する。

この特徴表示は、確かに生命体の働きであり、
(人工物と対比したところの)自然的物体を病で
生じた特定の状態に類似させるというものである。

そしてそれにより、疾病部位の病気に健康を
取り戻せるのであろう。

特徴表示は、しばしば物の外的形状にさえ表現されており、
その形状を観察することで内部を観察しなくても、
そのものの内的本質に関するなにがしかを知ることができる。

われわれは、人の内的特性が歩き方や音色といった
外面によく表れることを知っている。

それと同じで、事物の隠れた特性は、ある程度、
外的な形状に表現されている。

人は自然状態にある限り、事物の特徴表示を認識し
真の特性を知る。ところが、自然の道筋から外れるほど、
人を惑わせる外見のとりこになり、この力は失われる。

 

パラケルススにとって、特徴表示説は、薬物学の理論を構築するための原則でした。

そして、彼が活躍した500年後の現代。この間、私たちは、自然の道筋から外れ、魂と心を置き去りにして肉体的なアプローチの腕を懸命に磨いてきました。けれど、今、現代的医療だけでは、限界点に来ています。

さて、どうする?

パラケルススの言う、地球を取り囲む惑星、人体と宇宙、ミクロコスモスとマクロコスモス、魂、気、心の重要性を実践する方法は、既に500年前に生まれています。日本語にも訳され、ヒントはたくさんあります!今生では、どうか、行く先々で喧嘩して、追い出されないようご注意ください(笑)

というのも、彼は、どこに訪れても、患者たちは彼の手助けを求めたのに対して、当局は彼が町から出ていくように求めたそうです。私たちは、「人の振り見て我が振り直せ」の術を使って、先人のエッセンスのいいとこどりを狙いましょう!

バイタリズムは、1993年に米国で発行され、2009年に日本語に翻訳されました。
日本語に翻訳してくださった大槻真一郎先生
澤元亙先生 ご夫妻、出版関係者の皆さまにも感謝です!

バイタリズム (ホメオパシー海外選書)
著者「
マシュー・ウッド(Matthew Wood)  

秋の夜長に、心が温まるお勧めの一冊です♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習

2015年9月21日 (月)

曼珠沙華とご先祖様 ~「バイタリズム」の書籍から~

   

9/25(金)に予定している”フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”

別名、曼珠沙華は例年のごとく、秋分の日辺りが満開かと思いきや、今年は、既にピークを迎えているようです。観察予定のルートにも花が咲いていました。金曜日まで持ってくれますように!

秋分の日のお彼岸は、「祖先を敬い、故人を偲ぶ」という意味をもつそうです。
また、彼岸の墓参りは、日本独特の風習といわれています。
四季の花を愛でる日本文化と、ご先祖さまを敬う日本人の心を表す花のような気がします。

Mangyu

そこで、思い出したのが、バイタリズムいう本。
曼珠沙華のメッセージとつながりがある文献を見つけたので、要約してご紹介します。

暦の上では、「春分の日」と「秋分の日」を中心に前後三日間、合計七日間をさす彼岸の時期に、何らかの参考になれば幸いです。 

~アメリカ・インディアンの精神生活における重要な側面についての紹介~
バイタリズムp33 より要約して引用


ここでは、先祖は、物質的なものであろうと精神的なものであろうと、生命の不可欠な一部であることを述べています。そして、それらの御霊は、決して私たちを脅かしたり怖がらせたりする得体の知れないものではありません。
 

先祖とは、現代の私たちよりも以前に生きていた人たちであり、公平さ、良識、慈しみ、憐み、霊的な知恵といった伝承を生き生きと持ち続けた人たちである。・・・略・・・

先祖側から見るなら、私たちを眺め、導き、守り、教え、愛する。しかし、もちろん彼らは、先祖の人たちと同じように人類の霊的な目的に自分を捧げている人々だけにしか見えない」

●ネィティブ・アメリカンの生活において、意味深長な人間関係に対する奥深い感情、そして、慈しみの情けは、「先祖」あるいは「祖父」と相互交流することから生まれる。これは、最高の超自然的なものである。

●こうした経験は極めて現代的な宗教に共通して見られるものではない

●先祖と呼べる人たちの中には、遺伝的につながり、その人のためになることをしてくれる先祖の人たちがいる

●また、遺伝的に関係があろうとなかろうと、過去においてその人の故国に住んでいた人々とか、当人だけ霊的につながった先行者や守護霊なども含まれる。

●さらに加えて、その人の故国の動植物たちもここに含まれていなけらばならないだろう。いやむしろ、動植物たちは、先祖自身でもある。なぜなら動植物たちは、故国の土壌から私たちの体と先祖の体をつくるのに役立っているはずだと主張しても当然だからである。

●先祖は、物質的なものであろうと精神的なものであろうと、生命の不可欠な一部である。

●インディアンの呪医がかつて言っていた「白人に医学があっても、白人は先祖のことを知らないので決して人を癒すことはできないだろう」

●読者は推測していなかったかもしれないが、先祖が存在してこそ本書も存在する。私は、西洋における代替医学の主要な運動の先駆者たちを集めた。

●私たちは、彼らのことを知り、敬うことを通じて、霊的な治療エネルギーという法則をより有効に伝える伝達者となることができる。 

引用紹介終り

折しも、日曜日のテレビドラマ「ナポレオンの村」という作品を何度か観ました。
唐沢氏演じる主人公の公務員は、ナポレオンの言葉を座右の銘として、自身の人生の指針としていました。まさに、彼の精神にナポレオンという先人が、働きかける好例でした。
目的・ビジョンが明確であれば、不可能はありません♪

わたしは、特別にナポレオンのファンではありませんが、ドラマで用いられる格言・明言はとても共感が持てました。誰もが世間に左右されず、内なる声に従って、自分のやるべきことができれば、世界は激変するでしょう。

わたしも、特に、フラワーエッセンスのバッチ博士の文献を何度も読み返します。
そこから受け取るメッセージの強さは、並ならぬパワーがあります。

大好きな先駆者と繋がるだけで、より一層、豊かで力強い時間を過ごすことができるのですね。あなたにとって、力をもらえる先人は誰ですか?

フラワーエッセンス体験&観察会「彼岸花」”は、先祖とのつながりを思い出す貴重な時間となりそうです。ご興味のある方はご連絡ください★

バイタリズム 類似の法則と植物レメディーの系譜
パラケルスス、ハーネマン、ラーデマッハー、
トムソン、ケント、バーネット、バッチ」

の著者「
マシュー・ウッド(Matthew Wood) 」について 

Matthew_woodherbalist2 

アメリカ、ミネソタ州出身。アメリカのハーバリスト。
1982年以来、数万人のクライアントを治療する。
全米ハーバリスト協会(American Herbalists Guild)の登録メンバーであり、機関紙『Journal of the American Herbalists Guild』の定期寄稿者。
1982年当初、実践経験の無いハーバリストが多く、書物上の理論や意見を言う著者や講師ばかりで、インドや中国の伝統医学へ方向を変える者もいたが、彼は、伝統的な西洋の薬草学の実践治療家であった。
ウッド氏は、他の療法の長所を認めながらも、彼自身は、ヨーロッパ、イギリス系アメリカ人、ネイティブアメリカンから受け継がれた伝統的薬草学を学び、保護し、実践している。
その教授活動は、アメリカ合衆国各地だけでなく、カナダ、スコットランド、イギリス、オーストラリアなど、諸外国にも及び、植物療法の教育者としても世界的に有名。

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2015年9月14日 (月)

アンケート:医療現場でアロマテラピーを処方するためのガイドライン

1205awaji_2 1205awaji_3_2 1205awaji_4_2

あなたの行うアロマケアが、“医療現場のアロマセラピー導入”の手助けとなります!
 

「アロマセラピーの活用」に関するアンケートご協力のお願い
※2015年9月末日まで実施

クプクプもお世話になっている、メディアの仕事仲間、BABジャパンの「セラピスト誌編集部」からのお知らせです。

3~5分程度で済む内容です。広く関係者のご意見を頂けたら幸いです。

下記、引用編集してご紹介します

↓↓↓↓ 

日本医療研究開発機構 「統合医療」に係る医療の質向上・科学 的根拠収集研究事業主催の「アロマセラピーの活用」に関するアンケートをすすめています。

「アロマセラピーに関するエビデンス収集及び新たな科学的知見の創出」(研究代表者:大阪大学大学院医学研究科准教授 前田和 久)というものなのです。

「医師が、医療現場でアロマを処方するためのガイドラインを作る」というのがその目的です。

そのガイドラインを作るために、「では、アロマセラピストや医療従事者、アロマ愛好家が、実際にどうアロマを活用しているのか調べましょう」ということで、アロマケアのアンケートを実施しています。

セラピスト編集部としては、この研究事業によって、アロマの認知度・信頼度が一般にももっと広がってほしいという思いがあります。アロマが広がることで、自分のまわりの大切な人たちにも(自主的に)アロマを使う機会が増えれば、と、この研究事業に賛同協力をしています。

お忙しいこととは存じますが、ぜひ、アロマセラピーに携わる樋渡さん や、そのまわりの方に、このアンケートへのご協力をお願いしたく、 メールをさせていただきました。

氏名やメールアドレス等は不要のアンケートですので、プライバシーは守られますし、目的外での使用や公表は一切いたしません。ご協力いただければ幸いです。

アンケートへのリンク先:
http://www.therapylife.jp/aroma-chousa/

↑↑↑↑↑

引用終り。皆様のご協力よろしくお願いいたします。

わたしたちも、医療現場にて、アロマテラピーをリラクセーションで提供させていただいています。最近、アロマテラピーという言葉は聞いたことがあっても、その実態、その恩恵を知らない、若い世代が増えていることを実感しています。

ハーブ、アロマテラピーは、自然治癒力を高め、呼吸と生活の質をよくし、人生を豊かにします。

さらには、地球の大地に、美しい里山を創造し、未来の子供たちに豊かな大地を残すことにも貢献しています。

第一線で活躍する先生方や愛好家の皆さまによるさまざまな協力のおかげで、アロマテラピーが、より一層発展していくことに感謝します。

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。  

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2015年9月13日 (日)

花のエッセンス体験&観察会「彼岸花」 15/9/25

Higanbana

フラワーエッセンスをこよなく愛す東昭史先生を迎えて、
秋のお彼岸に毎年花咲く彼岸花(Lycoris radiata)の
体験と観察会を行います。

彼岸花は、赤い花を意味する
曼珠沙華(マンジュシャゲ)ともいわれ、多年生の球根性植物。
アルカロイドを含む全草有毒。6枚の花弁が放射状につく。

花が咲いた後に葉をつけ越冬する珍しいタイプ。
ご先祖様との魂との交流を深くできる秋分の日に、
毎年けなげに咲く花。この秋、彼岸花を通して、
植物と交流する時間を体験してみませんか?

開催日:9/25(金)  13時半~16時

 晴れたら野川散策、小田急線喜多見駅で集合
 雨ならクプクプに直接集合
 ※雨天ならサロンでの観察会になります、ご了承ください。

参加費:3,500円 ※定員6名まで

 服装:歩きやすい靴、服装、(両手の空く)リュックなど、タオル、筆記用具
 ※必要に応じてカメラ、スケッチブック、画材、ルーペ
 ※会費は事前振込です、基本的にキャンセルはできません、ご了承ください

講師:東昭史先生

 植物の特徴表示を研究し、花のいのちを伝えるべく、
 各地で講座や個人セッションを行う。
 日本のエッセンスの開発にも取り組んでいる。
 「花と錬金術」著者
 

Azuma 

【お問合/お申込】

 クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 kupukupu@air.nifty.jp 090-8582-9292

 ※「彼岸花申込希望」と下記内容と明記の上、共にお申し込みください
  (1)お名前、(2)当日の連絡先、(3)申込経緯

晴れた秋の散策をご一緒できますことを楽しみにしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2015年9月 3日 (木)

9/8 柚子胡椒づくりとランチ会

Yuzu

いよいよ、来週、9/8に柚子こしょう作りを開催します★
※残席、あと2名さまでーす

講師には、ハマナスの会でもお世話になった東雪子先生。
日本のハーブを現代に蘇らせる、ハーブをこよなく愛すプロフェッショナル。

今回は、新鮮&旬の徳島の木藤の柚子【学名:Citrus junos】を取り寄せて、 野菜スティックにも、お鍋にも、お料理の隠し味にも、なんにでも使える柚子こしょうを作ります。ゴーグルや手袋をつくる、ちょっと激しい?!スパイスを、みんなで楽しく作りましょう♪

~柚子胡椒作りとランチ会~

開催日:9/8(火)10時半~13時

参加費:4,000円(柚子胡椒のお土産&手作りお弁当込)

10時半~13時半
10時半~11時半 柚子胡椒作り
11時45分~13時 お弁当&交流会

講師:東雪子先生

持ち物:筆記用具、エプロン、ゴーグル、マスク

※刺激の強い植物を扱いますので、敏感体質の方はご注意願います

Rosa_rugosaholly

↑東先生プロデュース「HOLLYGARDEN」の「HOLLYちゃん」
http://hollygarden.net/guide.html

柚子。この日は、柚子の素晴らしいお話も聞けますよ~★
柚子をちょっと入れるだけで、和食の味の幅が広がりますね!
柚子酢は、万能の調味料。1本手元にあれば心強いですよ。
クプクプでも、柚子酢を色々なものにかけて楽しんでいます。

柑橘ファミリー最高!大地と自然の恵みに感謝★

←おすすめの柚子本

【ワークショップへのお問い合わせ/お申し込み】

kupukupu@air.nifty.jp
クプクプ>*<ひわたり志のぶ

件名に、「柚子胡椒申込希望」とご記入の上、お名前、連絡先を本文に添えて、上記アドレスへお送りください。
※会費は当日払いです、キャンセルの場合、材料費代がかかります、ご了承ください

折って、3~5日以内に返信いたします。
お問い合わせをお待ちしております。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。  

マタニティ&女性のためのアロマテラピー  

 妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー教室

2015年9月 2日 (水)

祝☆クプクプ7周年

Kupulogo 

お蔭様で、クプクプは7周年目を迎えることができました。

●7周年記念の施術キャンペーン 10月末迄

 ★月木土の10:30~13:00の特別オファー

  フェイシャルボディ120分 14000円 → 12000円
  ボディ90分         9000円 → 7500円

 ★アロマテラピー&フラワーエッセンスのメニュー 10%オフ

 
★木花咲和(このはなさくわ) トリートメント 20%オフ

Kp7 1506_0 0802_5 1506_3

2009年より開業して以来、たくさんのご縁をいただき、そのおかげで今があります。ありがとうございます。今後も、アロマテラピー、フラワーエッセンス、月経美心を軸に、自然療法をより身近に感じられるようスタッフ一同、努めてまいります。

また、この秋も、自然療法をより身近に感じていただけるイベントを用意しております。ご参加お待ちしています

● 食事から味わう自然療法 ●

  
9/8 ★柚子胡椒づくりとランチ会
 9/26 ★秋のローフード風ランチ会

● 体験から感じる自然療法 ●

  
9/25 ★花のエッセンス体験&観察会「彼岸花」
 10/28 ★「フラワーエッセンス初級1日集中講座」

● 読書会や映像から学ぶ自然療法 ●

  
9/26 ★ロシアドキュメンタリー映画「WATER」上映会
  ★『ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)』読書会

● マタニティ向けアロマテラピーマッサージ&お教室 ●

産後のアロマテラピーを担当させてただいている金子レディースクリニックさんのブログの納涼会にて、アロマテラピーも参加させていただきました♪いつも愛にあふれるお産に努めている院長はじめスタッフの皆さまにも感謝申し上げます。

まだまだ、改善が必要な未熟なサロンですが、これからも、自然療法を体験していただける、愛されるサロンとして努めてまいります。感謝&合掌

 

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。  

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピーマッサージとお教室 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »