クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 12/14 ロシアドキュメンタリー映画「WATER」上映会 | トップページ | 「アロマテラピーのハンドマッサージ」atにいむの杜 »

2015年12月15日 (火)

バッチ博士の心の軌跡をたどる読書会 2016

~Dr.Bachのフラワーレメディーと言葉でセルフヒーリング~
  バッチ博士の心の軌跡をたどる読書会

~Dr.BachのFlowerRemedyでセルフヒーリング~
植物のかたちとはたらき」&四大元素と光のメッセージ
は無事に終了しました。ありがとうございました。
レポートは、下記よりご覧ください。
http://holy-sky.cocolog-nifty.com/memory/2015/12/post-8d31.html

2016年は、バッチ・フラワーレメディー研究家“ジュリアン・バーナード氏“の編集本
エドワード・バッチ著作集―フラワーレメディーの真髄を探る を、日本語訳者の
谷口みよ子さんと一緒に読み進めます。

バッチ博士の言葉に深く触れることで、癒しの波紋が心の内外に優しく響きわたり、フラワーレメディーの効果を高めます。

レメディー選びとシェアタイムを共有できる、セルフヒーリングを兼ねた特別な読書会です。

フラワーレメディが生まれた背景には、バッチ博士の心の軌跡があります。
バッチ博士が、何に影響を受け、心を動かし、自然界の美しい野辺の中に、私たちの徳性を活かすヒーリングハーブがあると確信するに至ったか、は、人を癒したいと願うすべての人にとってのメッセージでもあります。

●講師● 谷口みよ子さん

東京生まれ。1997年フラワーエッセンスに出会い、フラワーエッセンスの講座や勉強会、個人セッション等を行う。訳書に『エドワード・バッチ著作集』(BAB出版)、『バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき』(英国フラワーレメディー・プロプラム)。

●場所● 狛江市 クプクプ ホリスティックアロマセラピーサロン

●料金● 31,000円(7回分、単発の場合1回5,000円)※テキスト代別途2,700円 
※マイボトル作成希望の場合は、都度実費500円

●講座予定日程と時間● 2016年 毎回14時~16時半

1月17日(日) 第一回 12&13章 「汝自身を癒せ①」
3月13日(日) 第二回 12&13章 「汝自身を癒せ②」
5月15日(日) 第三回 11&14~19章 「汝自らによって病む、ホメオパシー」
7月10日(日) 第四回 10章 「汝自身を解放せよ①」 &7章「旅人の物語」
9月11日(日) 第五回 10章 「汝自身を解放せよ②」
11月13日(日) 第六回 4&5章 「レメディーの完成」
2017年1月15日(日) 第七回 1~3章 「晩年のメッセージ」

●申し込み方法●

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444 Mail:kupukupu@air.nifty.jp
 下記の内容とともにお申込み下さい。
 ①お名前
 ②当日連絡がつく電話番号
 ③本セミナーの紹介者又はきっかけ

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。 

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピーマッサージとお教室 

« 12/14 ロシアドキュメンタリー映画「WATER」上映会 | トップページ | 「アロマテラピーのハンドマッサージ」atにいむの杜 »

フラワーエッセンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/14 ロシアドキュメンタリー映画「WATER」上映会 | トップページ | 「アロマテラピーのハンドマッサージ」atにいむの杜 »