クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 4月&6月 クプクプの「フラワーエッセンス初級1日集中講座」 | トップページ | 4/20 カンタ! ティモール上映会 »

2016年3月27日 (日)

アナスタシアの「水」と「種」

既に読んでいる方も多いと思いますが、ロシアの作品「アナスタシア (響きわたるシベリア杉 シリーズ1) 」をようやく読みました!

【1995年、響きわたるシベリア杉、リンギング・シダーの謎を追う実業家ウラジーミル・メグレは、オビ川のほとりで孤高の美女アナスタシアに出会い、タイガの森の奥深くで不可思議な3日間を過ごす。たぐいまれな美貌と叡智と超能力を備えたアナスタシアが語る、人間と自然、宇宙、そして神についての真実とは…?あなたの生き方を変え、地球を救う一冊。 】

ということで、自然療法家のファンも多い作品。
人間の無限の可能性を教えてくれる興味深い内容でした。

特に、面白かった箇所を下記に引用して紹介します★

●アナスタシアの「水」

水と接する時のわたしたちの想念が大切なことを、とっても素敵な表現で綴られていました。

水の癒しの特性を体験したいなら、自分にとって一番おいしい水がわき出ている泉をみつけるの。

その水を家に持ち帰って、器にいれて、凍らせる。そして毎晩、一日に必要な量の水を、ちょっと見栄えのする器に入れてテーブルの上におく。器の下にはグリーンの布を敷いて。

寝る前に、その水に向かって何か良い言葉をかけてあげるか、あるいは黙ってやさしい思いをそそいであげる。

部屋は暖かすぎないように。水の中に少し氷が残っている状態にする。もし氷がなくなっていたら、寒いところにある氷を少し入れて。
氷を少しお湯に入れたり、熱いお茶に入れるのもいいの。

氷が溶けていくときに、やさしさをもって水のことを考えて。そして素敵な言葉をかけてあげる。生き物に対するように。氷が溶けた水に杉のオイルを一滴たらしてもいい。水の量が多くても少なくても、その一滴で情報が水全体に広がるの。この情報がとても大切。

●アナスタシアの「種」

種。小さな小さな種の中に、宇宙・自然・生命の情報がすべて詰まった天のギフト。植物が育っていく間、種を蒔いた人とのコミュニケーションが大事なのです。動物でも人間でもそうだけど、相手との信頼が深まる交流が、心を温め、エネルギーに変わるのですネ。

種は莫大な宇宙からの情報を持っている。

人間が作った何ものも、そのサイズにおいても正確さにおいても種にかなうものはない。種は自分がいつ発芽すべきか、地中からどんな水分を摂取し、どのように太陽や月や星々からの放射を利用すべきか、千分の一単位の正確さで知っている。どんなふうに成長して、どんな果実を実らせればいいのかも知っている。

果物や野菜などの植物の実は、人間を元気づけて持久力を高める目的で創られている。人間がこれまでつくってきた、そしてこれからつくるどんな薬よりも強力に、植物の実は人間の体組織を襲うあらゆる病と効果的に闘い、しっかりと抵抗する。

ただ、そのためには、実になる前の種にその人の体の状態を知らせておかなければならない。植物の実が、ある特定の人の病気-現在かかっているか、発病間近な状態-を癒すには、種が実の中身になる物質を、その癒しに必要な成分比率で満たしながら熟成していくプロセスが不可欠だから。

キュウリやトマトやその他の、庭で育てる植物の種に、自分の健康に関する情報を伝える基本的な方法は、 蒔く前の種をいくつか口に入れ、舌の下に少なくとも九分は置いておく。

次に、それを口から出して、両手のひらに包んで約30秒間もったまま、その種を植える地面の上に裸足で立つ。

両手のひらをそのまま開いて、そこにある種をゆっくりと注意しながら口のところに持っていき、種に向かって肺から息をそっと吹きかける。あなたの息で温められた小さな種子は、あなたの体の中にあるものすべてを知る。

そのあと種をのせた両手のひらをそのまま開いて空に向け、30秒間種を天体に見せるようにする。その瞬間、種は発芽の時期を決める。そしてすべての惑星がそれを手助けする。あなたのたねに全惑星が新芽が必要とする光を天から降り注ぐ。

こうしてやっと種をまくことができる。種を蒔いてすぐに水をあげてはいけない。種を包んでいるあんたの唾液や、種が取り入れた情報がすべて消えてしまうから。水をあげるのは種を蒔いて三日後がいい。

種まきはそれぞれの野菜に適した時期にしなければならない(人はすでにそれを太陰暦によって知っている)。遅れて蒔くよりは、水なしで本来の時期より早めに蒔く方がまだいい。

種から生まれた新芽の隣に雑草が生えていても、すべて除去してはいけない。少なくとも各種ひとつづつは残すこと。その雑草は抜かないで切ればいい。

他にも、素敵な情報が詰まっているのですが、UFOを動かすエネルギーの正体は、衝撃でした。

上記の引用記事は、東京スクールオブホメオパシーさんのブログよりコピーさせていただきました。見ごたえたっぷりのサイトでお勧めです。去年、出版された「お母さんとこどものためのホメオパシー」も、実践的で充実した内容です。

そして、アナスタシアを貸してくれた、薫さん♪いつもありがとうございます。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

« 4月&6月 クプクプの「フラワーエッセンス初級1日集中講座」 | トップページ | 4/20 カンタ! ティモール上映会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月&6月 クプクプの「フラワーエッセンス初級1日集中講座」 | トップページ | 4/20 カンタ! ティモール上映会 »