クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月28日 (木)

8/18 環境のための自然療法 ~言霊と水~

   
 
わたしたちが住んでいる地球は、水、空気、太陽、大地、緑、月のリズムを、惜しみなく、無償で与えてくれる母なる星です。
 
今回は、私たちの生命の源、「水」について学びます。
 
穏やかな水面は、すべてを映し出します。
 
まるで、鏡のように、美しい空。白い雲。緑深い山々。そこに生きる様々な生命の営みをすべてを、ありのままに、捻じ曲げることなく。
 
そして、水は、私たちの言霊をも記憶します。
 
人間の70%は水。
 
毎日とりいれる水の質は、健康を左右し、生きる方向を決定づけます。
水に関する理解を深め、よりシンプルに、ナチュラルに生活しませんか?
 
●●●ママとこどもの為のナチュラルケア講座●●●
 
「環境のための自然療法
 ~言霊と水 WATERの上映会 ~」
 

約10年前に製作された作品ですが、何度見ても、必要なメッセージがちりばめられています。まだご覧になっていない方、もう一度見たい方と共有できたら幸いです。

★★★ロシアドキュメンタリー映画「WATER」上映会★★★

日 時:8/18(木) 10時半~13時
参加費:2,000円 ※資料代込、ランチ&ハーブティ付

Water

★2006年ロシア制作ドキュメンタリー・フィルム「ウオーター」★

概要:
23名の科学者・研究者・宗教者が登場し、それぞれの実験結果や人生体験、直観  的な叡智に基づいて、「水の神秘」「水の新しい科学」を語っています。映画が一貫して主張していることは、「水は情報を記憶する」「人の意識によって水の構  造が変わる」ということです。

“ウォーター”は、2006年のロシア映画。日本では、株式会社 アイ・エイチ・エムのプロジェクトの元、2008年秋から日本語字幕版の製作が生まれ、「日本語版“ウォーター”を通して、できるだけたくさんの日本人の皆様に“水の真実”を伝えていきたい」という想いが、故江本勝氏の水への愛と共に受け継がれています。

http://masaru-emoto.net/jp/memory/movie.html

【お問い合わせ/お申し込み】

kupukupu@air.nifty.jp
クプクプ>*<ひわたり志のぶ

ご参加、お待ちしています。
小さなサロンでの上映会になります。
専門的な施設ではない旨、ご了承願います。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピーマッサージとお教室

2016年7月27日 (水)

地球と環境を救う「EM菌」ってなぁに?

『環境のための自然療法 ~生活に役立つ「EM菌(有用微生物)」~』取り組み始めました。
 
3名以上のグループで、随時受け付けています。
 予約内容 10時半~12時 EM活性剤お土産&ランチ&ティ付 参加費2000円
 ご予約の際は、10日前までに、kupukupu@air.nifty.jpあてに、ご連絡ください。
 
下記、クプクプとEMの出会いを紹介します。
 
クプクプでは、2011年東北沖大震災の後、EM活性剤づくりに取り組んでまいりました。
微生物は、自然療法に欠かせない、健康の土壌であり、健康の方向性を決めます。

アロマテラピーやハーブとともに、EMが気になる方の参考になれば幸いです。
生活全般に役立つ実際の活用方法は下記に↓
 
料理、家庭菜園、お掃除、洗濯、お風呂など、毎日の生活がより豊かになるEMを、楽しむ方法をご紹介しています。
 
 
 
「無添加生活」という雑誌の取材で訪れた仙台の「鈴木有機農園」さん。
今から10年以上前になりますが、初めて、EMを教えてもらいました。
 
鈴木さんは、本当に有機かどうかを見極めたいなら、「土を味わいなさい」。
そう言って、実際に、ほんの少し分けてくれました。
・・その土の味は、ほのかに甘く、懐かしい香り。
 
この土壌が、植物の命を育み、それが私たちの命となる。
 
有機農業とは、天地の法則にしたがった命の循環なのだと肌身で教えてもらいました。
その後の、有機農業の取材では、土を味わいたいと申し出て、嫌われることもしばしば。
有機農業といっても、いろいろあるのだと知りました。
今となっては、土は食べない方がいいよ、と言ってくださった、正直な農家さんにも感謝しています(笑)。
 
さて、仙台の鈴木さんのお米のおいしさは、炊いているときの蒸気もご馳走。
仙台の超一流のすし屋、うなぎ屋をはじめ、素材の味との調和は最高です。
 
311の東北の震災の時にも、EM機構をはじめとするさまざまな方の協力で、いち早く復興をした本物の実力農家さん。優しくてかっこいい。これは、自然と調和している人々の共通点だと思います。
 
R0010924_2 R0010893_2 R0010932_2
*震災の年に訪れた7月のたんぼ。
 手をかけた田んぼと、津波の潮にさらわれた田んぼの違いが一目瞭然です。
 同じ大地を、EMと愛と祈りを含んだエリアは異なる顔を見せてくれました。
 
 
 
震災後、EMの家庭での使い方を紹介してくださった高坂早苗さんのサイト。
都内で有機農業に取り組み、家庭での活用法を、とってもわかりやすくまとめた「ようこそEM生活へ」の作者さんでもあります。練馬を中心に、EMに関しても様々な活動に取り組んでいらっしゃいます。EMを身近に活用できるアイディアがたくさん詰まった集いも定期的に開いてくれているので、要チェックのサイトです。
 
Higaa
 
日本の規制されたマス・メディアでは知られていなくとも、ノーベル平和賞をもらうに等しい活動を続ける比嘉照夫先生。それを支えるボランティアの方々もすごいです。
Effective  Microorganisms(有用な微生物たち)の略称として知られる農業のみならず、環境、健康改善を実現するEM菌を開発。
琉球大学の名誉教授でもあり、自らも、農薬と化学肥料に研究をささげた学者時代を経て、循環型農業、世界を救う、EMを取り入れた農業を確立しました。
 
沖縄生まれなので、各地で適用するには、地元の常在菌と馴染む時間は必要です。
どこでもすぐに適用できるかといえば、努力が必要ですが、都会の日常生活においては、沖縄のレシピでも十分に通用します。
 
何よりも共有したいは、福島での活動です。
ロシアのチェリノブイリの放射能対策の軌道があるとはいえ、これだけ放射能に対しての実績があるのですから、ぜひご活用ください。
 
2016年の日本国では、「放射能は国が全責任を持つ」と言い、国民の活動は一切、切り捨てご無用だそうです。だから、まじめに除染対策に取り組んでいる国民の活動は一切取り上げられません。毎度のことながら、プロバカンダにご注意ください。
 
2014年、タイの大洪水の際にも、EMは団子として、汚水がたまった場所に投入され、1か月以内に環境が改善したことから、タイ国王から、表彰もされています。
その様子は下記に↓
http://dndi.jp/19-higa/higa_54.php
 
私も、今年、富士山麓のリトリートで、素敵なタイ在住の男性との出会いがあり、「あの時、僕もEM団子を作り、団子をまいて、その効果に感動しました」と、教えてくれました。
タイでは、国王が「足るを知る経済」に取り組み、治安の悪化は、貧困からくると気が付き、軍隊が、貧しい土地に、循環型農業を教えてる取り組みが始まっています。
 
与えあう経済。
日本のマス・メディアには報道されなくても、日本人でも、とっくに始めている方々がいらっしゃるのです。
革新的で、経済に依存しない画期的なアイディアは、たいていトンデモや新興宗教扱いされます。ホメオパシーも200年その道を歩んできましたが、本当に役に立つものは、残ります。
微生物という、いわば、ご先祖様の素晴らしさを、ご自身の体験で、試してみてください。
 
Img_2914_2 Img_2918_2
*タイからおばさまと一緒に参加してくださったたJateさん
*プラム・ヴィレッジ・タイランドの若いブラザーと日本の宝物と一緒に、富士山の前で
 
 
2015年、比嘉会長の福島での放射能の取り組みをきっかけに、映画化されました。
手っ取り早く知るために、とてもお勧めです。
監督の白鳥哲さんも様々な取り組みの後に出会ったEM。
後からくる人たちのために。
私たちが、今できること。
奇跡の出会いは、無限に広がっています。
 
 
 
具体的な行動を起こすために、とても参考になるサイトです。
みなさまの、唯一無二のビジョンを、ご自身のために。
そのビジョンは、必ず、ご自身に返ってきます。
 
ペイフォワード(よきことは事前に施す)。
それも必ず、帰ってきます。
 
この貨幣制度の社会で、いきなり全部なんてできません。
時折、何かの報酬が、お金でなくてもいいのかも。それが始まり。
●EMの商品をお買い物する
 
ご紹介は以上です。
 
私たちの生活全般を支える微生物は、ご先祖様でもあり、地中を掘る開発や技術は、自らの体力を奪い、健康を痛めつけていることを教えてくれるかけがえのない存在です。
 
クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

2016年7月24日 (日)

女神塾 〜ハワイの教え フラ&ホ・オポノポノ〜(全五回) 7月よりスタートです★

2015_1221_124143dsc03929
 
この夏、クプクプでは、新セミナー「女神塾」がスタートしました。
通常のトリートメントやセッションとはまた違う、深い癒しと気づきを体験する時間をご一緒できる、セルフケアセミナーの内容になっています。
次回は、8/27(土)。
単発でもご利用いただけますので、ぜひご利用ください。
 
そして、7/31(日)は、癒しフェアにて、薫さんとトム先生に会うこともできます!
 
第一回目に参加していただいた方の感想です
 
薫さんのロミロミヒーリングを受けた時に、今まで受けてきた施術と違ったヒーリングの要素が、私には必要だったんだと気付きがあったので、今回参加しました。

『女神』の単語すら、意味がわかっていなかったけれど、第一回目の女神「ラウエカヴァイ」の話を聞いて、人にはそれぞれ物語があるんだと、その『人間らしさ』という部分を温かくも感じました。

ハワイの言葉は、単語は少ないけれど、意味がたくさんある。

フラという舞いを習う時の、歴史的な背景からの記述式ではない時間。

祈りや、伝える事がフラという舞いになった。

フラの舞いの意味を知る事は、とても豊かな事で、とこまでも続いていき、繋がっていく事なんだって事を感じて。

そんな舞いを見ていたいし、自分でも出来るようになったらいいなって思いました。

指先まで美しいフラ。

全五回で、どんな事を感じる時間になるのか、楽しみです。

アロマセラピスト歴10年以上の矢田薫さんが、セルフヒーリング(自分自身の癒し)のために、時間をかけて温めてきた、特別な内容です。
 
セルフケアに欠かせない、呼吸、チャクラ、体の使い方、心の鎮静などの癒しの源を、ハワイ文化に継承される女神「ライエイカヴァイ」を通して、身につけます。
 
女神「ライエイカヴァイ」の生涯を通じてヒーリング(自身を癒す・愛す)を学び、女性性が花開く。全5回を通して、下記を身につけます。
♦自身を癒す・軽やかに強くなる・天と地のバランスがよくなる
♦呼吸、メディテーション
♦癒しのハワイ語
♦ハワイ伝統の祈りである「フラ」1曲
♦「チャント」1〜3曲
 
7/23(土) 1回目 ※終了しました
  女神「ライエイカヴァイ」の物語/チャントについて
   「マナ」の意味/フラの基礎ステップ
8/27(土) 2回目
  「E Ho Mai(エホーマイ)」チャント/「アロハ」の意味
   現代フラ(ライエイカヴァイのアウアナ)の舞とハワイ語1
9/24(土) 3回目
  チャント/チャクラについて/「レフア」の意味
   現代フラ(ライエイカヴァイのアウアナ)の舞とハワイ語2
10/22(土) 4回目
  チャント/「レイ」の意味
   現代フラ(ライエイカヴァイのアウアナ)の舞とハワイ語3
11/20(土) 5回目
  チャント/「フナ」の意味/「ホ・オポノポノ」/
  現代フラ(ライエイカヴァイのアウアナ)の舞とハワイ語4(完!)
 
♦2016年7月~毎月第4土曜日 1時半~16時♦
 
♦参加費 18,000円 単発4,000円
♦ナビゲーター:矢田薫さん♦
 アロマロミロミヒーリング担当、カヒコ(古典フラ)ダンサー
2014_1116_080149dsc03028
♦お申し込み・お問合わせ♦
 クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444 Mail:kupukupu@air.nifty.jp
 下記の内容とともにお申込み下さい。
 ①お名前 ②当日連絡がつく電話番号
クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。
 

2016年7月14日 (木)

7/19 『カンタ(歌え)!ティモール』上映会 at クプクプ

02_tirashi

自然療法にも通ずるメッセージが込められた『カンタ(歌え)!ティモール』上映会。

次回は、16/7/19。リクエストがあり、14時半~より上映予定です。

日時 16/7/19(火) 14時半~16時半
会費 1000円(ワンドリンク付き)
場所 クプクプ
定員 6名

【お問い合わせ/お申し込み】
Mail:kupukupu@air.nifty.jp
Tel:090-8582-9292

下記の内容とともにお申込み下さい。
①  名前 ②当日連絡がつく電話番号 ③本セミナーの紹介者又はきっかけ

●映画紹介●

舞台は南海に浮かぶ神々の島、ティモール。
ひとつの歌から始まった運命の旅が、音楽あふれるドキュメンタリー映画となった。
この島を襲った悲劇と、それを生き抜いた奇跡の人びと。その姿が、世界に希望の光を投げかける。

当時23歳だった日本人女性監督は、...人びととの暮らしの中で現地語を学び、彼らの歌に隠された本当の意味に触れてゆく。そして出会う、光をたたえるまなざし。詩のようにつむがれる言葉の数々。

それは観る者の胸をそっと貫き、決して消えない余韻となる。
日本が深く関わりながら、ほとんど報道されなかった東ティモールの闘いをとりあげた、国内初の長編。自主映画ながらも感動は国境を越え、5カ国100カ所以上の試写会で会場が心を震わせた、愛すべきエチュード。

関連サイトhttp://www.canta-timor.com/

去年、父島のネイチャーガイドさんが教えてくれた映画。
自然への想い、植物への想いを共有している中で、教えてくれました。
縁あって、クプクプでも、上映させていただくことになりました。
ご参加、お待ちしています。

「平和とは・・
 お金で買えるものではない
 演説でもない
 政策でもない
 平和とは暮らしそのもの」

映像が語りかけてくる優しさと美しさ。
当時23歳だった女性監督も魅力です。

東ティモールは、2002年5月20日に、独立した21世紀最初の独立国です。
四国よりも小さい面積の国土に、100万人強の国民が暮らしており、首都のディリに、そのうちのおよそ20万人が集中しています。

バリ島からも飛行機で1時間。
美しい島々の一つ「東ティモール」に、国際社会はどうかかわったのか。
彼らの生き方は、私たちが失いかけているものを教えてくれます。

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI

ご参加いただいた方の感想を、一部下記にご紹介します。

★★★16/5/10の会は無事に終わりました(7名)

●この真実を忘れず、今この瞬間から離れないように、この毎瞬を、丁寧に過ごすことが大事だと改めて思いました。

●軍事制圧を受ける前から、東ティモールをはじめとした、様々なことをサポートしているPARC(NPO法人アジア太平洋資料センター)の活動をずっと支援しています。映画を見て、現状を訴えようとした人たちが迫害された当時のことを思い出し、涙が止まらなくなりました。

●今回が2回目ですが、今回のほうが、心に深く入ってきました。自分たちでも自主上映をしようと思いました。

●この映画で、忘れていたことをたくさん思い出させてもらいました。つい、忘れてしまう。そのことがとても悲しいけれど、忘れないように、この瞬間を大切に過ごしたい。

★★★16/4/29の会は無事に終わりました(6名)

ひびきの杜ポポロ(札幌)さんのご協力で、開催させていただきました。
今回は、本格的なプロジェクターで大きな画面での上映がかないました。
また、会の終わりには、代表の西谷先生より、コメントをいただきました。
先生は、既にバングラディッシュの活動に携わっており、この映画が語る戦争の仕組みは、どこも変わらないと教えてくださいました。そして、今、現在、この瞬間に、この地上で、同じことが繰り返されている真実も。
その奥に在るのは、誰のせいでもなく、私たち一人一人の在り方にあることも、お話しくださいました。
貴重な時間を共有させていただき、本当にありがとうございました。

★★★16/4/20の会は無事に終わりました(8名)

今回は、調布の自然食レストラン&八百屋のみさとやさんのご協力をいただきました。ありがとうございました。今回は、みさとやさんでも取り組んでいる「市民放射能測定みんなのデータサイト」への活動費に、売上の50%を当てさせていただきました。

●いろいろな思いがわいてきて、今すぐには言葉できない気持ちです。

●自分にできることをしていく、そのことを痛切に受け取りました。
 「まずは、東電との契約をやめたいと思います」

●シャナナ大統領が語っていた、「涙を出し切る」というメッセージがシンクロしました。

●今でも世界の各地で、侵略は行われていています。24年という長い期間を経て、ようやく東ティモールは独立できました。今まで知らなかったように、この瞬間にも、まだ戦争のその真っ只中におかれている国もあるのだと思うと、できることは何だろうと、心から考えます。フェアトレードや労働をサポートする仕事についていましたが、実はその支援がひつようになってしまった加担をしていた加害国の可能性もあると思うと、いたたまれなくなりました。

●一度ではわからなかったので、また観たいと思います。

★★★16/3/20の会は無事に終わりました(7名)。

●フェアトレードの東ティモールのコーヒーがとても美味しく、東ティモールにとても興味があった。戦争のことを知り、あらためて、大地の恵みに感謝したいと思った。

●「箒と一緒で束になって取り組まなくてはならない」の言葉通り、実践していきたい。

●認知症になった母が、「報復はいけない。世界は悲しんでいる」と口癖のようにいう意味の答えをきけた気がした。

●独立しても、また失っていくこの世の中。でも、それもすべて、自分の中の問題だと再認識した。

●主婦業と淡々と一生懸命やってきてよかったと、つくづく思った。生きていることに心から感謝を感じる。

●戦争を知っている世代なので、正直を言うと思い出したくないシーンもあったのですが、この映画を見て、何かが浄化されたような気持になりました。

ご参加いただいたみなさま、NaO(自然療法機構)の平垣さま、狩野さま、ありがとうございました。NaOでも、関西での上映を検討したい、とのことでした。クプクプでも、定期的に開催していく予定です。タイミングの合う時にお越しください。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー教室

2016年7月 9日 (土)

7/21 環境のための自然療法 ~生活に役立つ「EM菌(有用微生物)」~

   

今月の「ママとこどもの為のナチュラルケア講座」は7/21(木)。

今回は、謎の微生物(笑)⁈「EM菌」を作ります。

EMとは、有用微生物群(ゆうようびせいぶつぐん、Effective Microorganisms、EM)のこと。おいしい野菜も、健康な土壌から作られます。
健康も、健全な腸内細菌の環境からもたらされます。
わたしたちは、微生物や菌なしに生活することはできません。
微生物と菌の健全は、私たちの体と地球の健康に直接結びついています。
 
健康と環境の浄化に役立つ「EM菌」を生活に取り入れて、よりシンプルに、ナチュラルに生活しませんか?
 
●●●ママとこどもの為のナチュラルケア講座●●●
 
「環境のための自然療法
 ~生活に役立つ「EM菌(有用微生物)」作り~」

開催日: 2016年 7/21(木)
時  間: 10時半~12時
受講料: 2,000円 ※EM菌ボトル1Lのお土産、ランチ&ハーブティ付
会  場: クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
講  師: 樋渡志のぶ(自然療法ジャーナリスト)

お申し込み・お問合わせ
 クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444 Mail:
kupukupu@air.nifty.jp
 下記の内容とともにお申込み下さい。
 ①お名前 ②当日連絡がつく電話番号 ③ご紹介者

託児はありませんが、お子さま連れでもご参加いただけます。

お誘いあわせの上、お気軽にお越しください。

自然療法やハーブの魅力、子育て、旦那育て(⁈)の情報交換として、子育て世代同士の集いとして、セルフケアタイムとしてもご活用ください。  

Abc_riho_4 Abc_riho_3_2

6月の虫よけスプレー(↑)は、楽しく終了しました。 ご参加いただき、ありがとうございました★ 1歳になったばかりの、かわいい盛りの女の子も参加してくださいました。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

2016年7月 5日 (火)

第四回「バッチ博士の心の軌跡をたどる読書会」

Dscf0392 Dscf0404
夏至も過ぎて、植物たちの実を確認できる季節になりました。
こんなに暑いのに、ちょっとずつ、日が短くなっていると思うと、不思議でたまりませんネ。
 
さて、今回は、クプクプで定期的に開催している、フラワーエッセンスの読書会のご案内です。
 
フラワーエッセンスのバイブルともいえる「エドワード・バッチ著作集―フラワーレメディーの真髄を探る」を、日本語訳者の谷口みよ子さんと一緒に読み進める貴重な読書会です。
 
さらに、この会では、みよ子さんのガイドで、自分自身に必要なエッセンスを選び、響かせる、とても貴重な体験も含んでいます。
 
今週末、7月10日(日)第四回は、「フラワーレメディー」の要である
10章「汝自身を解放せよ①」&7章「旅人の物語」です。
 
次回の9/11とセットで受けると、フラワーエッセンスを体系づけたバッチ博士の信念に深く触れる、自分自身を癒す体験となるでしょう。
 
バッチ博士の「汝自身を解放せよ」「汝自身を癒せ」は、
ヒーリングに携わるすべての人と共有したい、癒しの書でもあります。
 
「旅人の物語」は、16のレメディーたちが一緒に旅に出かけるお話です。
1934年に、物語として、私たちの気質とそれに対応するレメディーを、子供にもわかるように述べられています。
 
専門用語を使うのでなく、誰にでもわかるように配慮されたバッチ博士の優しさがあふれている作品でもあります。
 
みなさまと、バッチ博士の優しさに触れる時間を共に過ごせますこと、楽しみにしています。
 
 ◆バッチ博士の心の軌跡をたどる読書会◆
 ◆第四回 10章 「汝自身を解放せよ①」 &7章「旅人の物語」◆
 ◆7/10(日) 14時~16時半 1回5,000円 ※残2席あります◆
    詳細→http://homepage3.nifty.com/kupukupu/menu_reading.html#bach
 
 ●申し込み方法●
  クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
  Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444 Mail:kupukupu@air.nifty.jp
  下記の内容とともにお申込み下さい。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー講習 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »