クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 女神塾 〜ハワイの教え フラ&ホ・オポノポノ〜(全五回) 7月よりスタートです★ | トップページ | 8/18 環境のための自然療法 ~言霊と水~ »

2016年7月27日 (水)

地球と環境を救う「EM菌」ってなぁに?

『環境のための自然療法 ~生活に役立つ「EM菌(有用微生物)」~』取り組み始めました。
 
3名以上のグループで、随時受け付けています。
 予約内容 10時半~12時 EM活性剤お土産&ランチ&ティ付 参加費2000円
 ご予約の際は、10日前までに、kupukupu@air.nifty.jpあてに、ご連絡ください。
 
下記、クプクプとEMの出会いを紹介します。
 
クプクプでは、2011年東北沖大震災の後、EM活性剤づくりに取り組んでまいりました。
微生物は、自然療法に欠かせない、健康の土壌であり、健康の方向性を決めます。

アロマテラピーやハーブとともに、EMが気になる方の参考になれば幸いです。
生活全般に役立つ実際の活用方法は下記に↓
 
料理、家庭菜園、お掃除、洗濯、お風呂など、毎日の生活がより豊かになるEMを、楽しむ方法をご紹介しています。
 
 
 
「無添加生活」という雑誌の取材で訪れた仙台の「鈴木有機農園」さん。
今から10年以上前になりますが、初めて、EMを教えてもらいました。
 
鈴木さんは、本当に有機かどうかを見極めたいなら、「土を味わいなさい」。
そう言って、実際に、ほんの少し分けてくれました。
・・その土の味は、ほのかに甘く、懐かしい香り。
 
この土壌が、植物の命を育み、それが私たちの命となる。
 
有機農業とは、天地の法則にしたがった命の循環なのだと肌身で教えてもらいました。
その後の、有機農業の取材では、土を味わいたいと申し出て、嫌われることもしばしば。
有機農業といっても、いろいろあるのだと知りました。
今となっては、土は食べない方がいいよ、と言ってくださった、正直な農家さんにも感謝しています(笑)。
 
さて、仙台の鈴木さんのお米のおいしさは、炊いているときの蒸気もご馳走。
仙台の超一流のすし屋、うなぎ屋をはじめ、素材の味との調和は最高です。
 
311の東北の震災の時にも、EM機構をはじめとするさまざまな方の協力で、いち早く復興をした本物の実力農家さん。優しくてかっこいい。これは、自然と調和している人々の共通点だと思います。
 
R0010924_2 R0010893_2 R0010932_2
*震災の年に訪れた7月のたんぼ。
 手をかけた田んぼと、津波の潮にさらわれた田んぼの違いが一目瞭然です。
 同じ大地を、EMと愛と祈りを含んだエリアは異なる顔を見せてくれました。
 
 
 
震災後、EMの家庭での使い方を紹介してくださった高坂早苗さんのサイト。
都内で有機農業に取り組み、家庭での活用法を、とってもわかりやすくまとめた「ようこそEM生活へ」の作者さんでもあります。練馬を中心に、EMに関しても様々な活動に取り組んでいらっしゃいます。EMを身近に活用できるアイディアがたくさん詰まった集いも定期的に開いてくれているので、要チェックのサイトです。
 
Higaa
 
日本の規制されたマス・メディアでは知られていなくとも、ノーベル平和賞をもらうに等しい活動を続ける比嘉照夫先生。それを支えるボランティアの方々もすごいです。
Effective  Microorganisms(有用な微生物たち)の略称として知られる農業のみならず、環境、健康改善を実現するEM菌を開発。
琉球大学の名誉教授でもあり、自らも、農薬と化学肥料に研究をささげた学者時代を経て、循環型農業、世界を救う、EMを取り入れた農業を確立しました。
 
沖縄生まれなので、各地で適用するには、地元の常在菌と馴染む時間は必要です。
どこでもすぐに適用できるかといえば、努力が必要ですが、都会の日常生活においては、沖縄のレシピでも十分に通用します。
 
何よりも共有したいは、福島での活動です。
ロシアのチェリノブイリの放射能対策の軌道があるとはいえ、これだけ放射能に対しての実績があるのですから、ぜひご活用ください。
 
2016年の日本国では、「放射能は国が全責任を持つ」と言い、国民の活動は一切、切り捨てご無用だそうです。だから、まじめに除染対策に取り組んでいる国民の活動は一切取り上げられません。毎度のことながら、プロバカンダにご注意ください。
 
2014年、タイの大洪水の際にも、EMは団子として、汚水がたまった場所に投入され、1か月以内に環境が改善したことから、タイ国王から、表彰もされています。
その様子は下記に↓
http://dndi.jp/19-higa/higa_54.php
 
私も、今年、富士山麓のリトリートで、素敵なタイ在住の男性との出会いがあり、「あの時、僕もEM団子を作り、団子をまいて、その効果に感動しました」と、教えてくれました。
タイでは、国王が「足るを知る経済」に取り組み、治安の悪化は、貧困からくると気が付き、軍隊が、貧しい土地に、循環型農業を教えてる取り組みが始まっています。
 
与えあう経済。
日本のマス・メディアには報道されなくても、日本人でも、とっくに始めている方々がいらっしゃるのです。
革新的で、経済に依存しない画期的なアイディアは、たいていトンデモや新興宗教扱いされます。ホメオパシーも200年その道を歩んできましたが、本当に役に立つものは、残ります。
微生物という、いわば、ご先祖様の素晴らしさを、ご自身の体験で、試してみてください。
 
Img_2914_2 Img_2918_2
*タイからおばさまと一緒に参加してくださったたJateさん
*プラム・ヴィレッジ・タイランドの若いブラザーと日本の宝物と一緒に、富士山の前で
 
 
2015年、比嘉会長の福島での放射能の取り組みをきっかけに、映画化されました。
手っ取り早く知るために、とてもお勧めです。
監督の白鳥哲さんも様々な取り組みの後に出会ったEM。
後からくる人たちのために。
私たちが、今できること。
奇跡の出会いは、無限に広がっています。
 
 
 
具体的な行動を起こすために、とても参考になるサイトです。
みなさまの、唯一無二のビジョンを、ご自身のために。
そのビジョンは、必ず、ご自身に返ってきます。
 
ペイフォワード(よきことは事前に施す)。
それも必ず、帰ってきます。
 
この貨幣制度の社会で、いきなり全部なんてできません。
時折、何かの報酬が、お金でなくてもいいのかも。それが始まり。
●EMの商品をお買い物する
 
ご紹介は以上です。
 
私たちの生活全般を支える微生物は、ご先祖様でもあり、地中を掘る開発や技術は、自らの体力を奪い、健康を痛めつけていることを教えてくれるかけがえのない存在です。
 
クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス
↑アロマテラピー&フラワーエッセンスはバランスを整え癒を促す自然療法です。美容、解毒、体質改善、リラクゼーション、自然治癒力を高めるホリスティックな施術を心ゆくまでお楽しみください。

« 女神塾 〜ハワイの教え フラ&ホ・オポノポノ〜(全五回) 7月よりスタートです★ | トップページ | 8/18 環境のための自然療法 ~言霊と水~ »

環境&自然農法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女神塾 〜ハワイの教え フラ&ホ・オポノポノ〜(全五回) 7月よりスタートです★ | トップページ | 8/18 環境のための自然療法 ~言霊と水~ »