クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月30日 (日)

愛猫にもアロマテラピー!~トイレ編

1707ryugu_27

クプクプは、2年前から、猫の保護活動に取組み始めました。小さな活動なので、ブログにご紹介する機会がなかなかなかったのですが、1年前に、3匹になったことをきっかけに、動物愛が止まりませんw。

8/2の沖縄ジュゴンと珊瑚礁のドキュメンタリー映画「ZAN」の上映をする運びも、その一連の流れです。かけがえのない自然が、失われないよう、日々努めている方々の活動を知りながら、何もしないことは、アロマセラピストとしても、自然療法ジャーナリストとしても、一番辛いこと。今回は、上映会というかたちで、皆さんとシェアできたら幸いです。動物や魚、沖縄、海、そして、自然が大好きな、みなさまのご参加お待ちしていま~す!

さて、今回は猫飼い歴の長い方々にも好評の、猫ちゃんのトイレについてご紹介します。

一緒に住む人間が、

★トイレ掃除の匂いとお手入れのストレスが激減

★断然コスパが安い

★猫たちの健康にも配慮

★環境にも配慮(改善点はいくつかあり!)

用意するアイテムは3つ。

【1】システムトイレ

Img_5615

 例えば、ユニチャームのデオトイレ など。

 これは、新聞紙サイズなので掃除がしやすいです。

 *猫と飼い主の快適ポイント

 (1)専用砂やマットやシーツは使いません

 (2)トレーには新聞紙を使います

Img_5607

 (3)新聞紙(2ページ8つ折り)は、毎日、1回でいいので取り替えます

 (4)ウンチは、都度つまんで、トイレットペーパーにくるんでトイレに流します

 (5)おしっこしたところは粉粉になるので、スコップでかきまぜて、下のトレーに落とします

Img_5617

 清潔好きな猫のトイレは、頭数+1台と言われています。
 やむを得ず外出の時以外は、毎日、取り替えましょう。
 
 人間も、一日中トイレを流さないのは不快です。猫も同じで~す。
 猫のトイレを1週間変えない、ということは、結局は、同じ部屋に
 それだけ、のモロモロが浮遊しているということなのです。

【2】新聞紙

 もし、定期購読されていない場合は、職場やご近所さまなどから分けてもらいましょう。
 これから新聞を購入される方は、東京なら個人的には、東京新聞がおすすめです。
 夕刊をパスすれば、より安いコストになります。

【3】国産ヒノキ(またはスギ)のペレット

 検索 → 「ペレット ひのき 猫」 で、沢山出てきます。

 *猫と飼い主の快適ポイント

 (1)猫専用になっていて小分けのものは割高になります

 (2)20kg前後(東京宛て送料込)で2,000円前後で販売している商品を選びます

 ※各県で、間伐材対策で、ひのきやスギのペレットの燃料用が販売されています
 ※輸送負荷のかからない近くのペレットか、愛着のある土地のペレットがいいでしょう

  参考:自作でペレット作れるそうです いつか作ってみたいです。

以上です。

うちは、3匹、女の子がいますが、22kg、2300円前後(送料込)で買ったものが、1年持ちました。

お掃除は毎日することになりますが、トレーの新聞紙を取り換える時以外は、トイレのにおいが全く気にならなくなりました。

それまでは、過去約15年間、猫専用のヒノキやらオカラの入った砂を近所のスーパーで購入していました。人工的な成分も入っているためなのか、必ずアンモニアの匂いが強くなり、夏は、トイレ掃除が修行でした。

今は、おしっこやうんちのにおいが、取り換える時だけありますが、それ以外は、ヒノキのいい香りすらします。愛ペットたちの排泄物は、健康のバロメーター。予防のためにも、しっかりチェックしてあげましょう。

お掃除のアイテムには、酵母やEM、そして竹炭を薄めて使うと、においも優しく、雑菌の繁殖も防げるのでお勧めです。

★システムトイレの解説:

システムトイレの説明によると、下記のようにありますが、

【トイレ容器の構造と専用砂やマット/シーツの使用により、猫尿の掃除が数日~2週間に1回で済む猫トイレのことを言います (猫1頭の場合)。 尿、または、尿を含んで粉に砕けた猫砂は、すのこ下に落ちる。】

これらのマットやシーツ、使い捨てナプキン(ポイナプ)と同じで、ポリマーや漂白剤が揮発します。クプクプで12年以上取組んでいる「月経美心」の活動でお伝えしている、使い捨てナプキンと同じ素材です。

当然、小さな猫の体には、その化学薬品の影響は大きいので、やむを得ないとき以外は使わずに、新聞紙を使います。もちろん、新聞のインクも問題はありますが、トイレ用シートよりはましです。

もし、お庭があるのなら、新聞紙も使わず、直接土に破棄するか、コンポスト(肥料)に使うといいそうです。

地域猫を保護する猫仲間のサイト↓

イラストレーターの日向あいさん 動物啓発活動や毛皮STOP等にも取り組んでいます

特定非営利活動法人 どうぶつの福祉を考える会

うちの中の野猫にっき  猫を真剣に家庭に迎えたい方に、愛らしく幸せを運んでくれる猫ちゃんたちとの出会いあります

クプクプの猫 時折クプクプにも現れ、子供や動物好きなみなさまにだっこしてもらっています。

Img_5587

「蝶々の本」を枕にして眠る「ミュウ」ちゃん。

こういうどうでもいい写真を、とりまくってしまう、猫生活、悪くないですね~w!

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2017年7月22日 (土)

8/2 NEW!「ZAN ジュゴンが姿を見せるとき」上映会

Tirasi_pic_1499790679

 急な企画ですが、狛江の西河原公民館にて、沖縄・辺野古湾に現れる「ジュゴン」が主役の映画「ZAN」(ザン=沖縄語でジュゴンの意味)を上映します。

 リリース前のプレ上映会にて、監督やプロデューサーの方々のトークの中で、なぜか、主流の映画館では上映が出来ない映画となったと知りました。この映画もまた、私たちの愛する自然、命を大切に思う気持ちから生れた美しい作品にもかかわらず、どういうわけか、このクニでは、公に上映されない映画があるのです。

 ジュゴンと美しいコーラルリーフの映像が伝えてくれる、沖縄の今を知る映画を伝えたく、メインストリームで流されないのなら、私たちも市民上映会を地元でやろう! というわけで、いち早く、リリース翌日の上映会となりました。

 沖縄の豊かなサンゴ礁や海の生命が、私たちの知らないところで、失われないように。ジュゴンが再び、南の島々で生活できるよう、私たち一人一人の「祈り」と「行動」の力が必要です。北アイルランド出身の、静かで穏やかな「リック・グレハン」監督による、自然を愛する皆さまへのメッセージが詰った作品です。

※海の草場を食糧として生きる全長3メートル、体重450キログラムの海の人魚ジュゴン。沖縄では、古から、その不思議な力が知られ、大事にされてきた海の生き物です。沖縄は、彼らの生息の北限でもあります。日本哺乳類学会のレッドリストでは、「南西諸島のジュゴン」を、絶滅危惧種に指定しています。かつては、本州・四国・九州にまで漂着されていたとされる記録が残っていますが、現在、沖縄で確認されているジュゴンの頭数は、3頭・・。

美しい映像はこちらのリンクから

新作!8月公開最新ドキュメンタリー映画

「ZAN ジュゴンが姿を見せるとき」上映会

~沖縄では絶滅したと思われていた伝説の生き物、ジュゴン。このジュゴンが住む海で、いま何が起きているのか。

上映日:2017年8月2日(水)

上映時間:午後の上映 14:00~15:30
       夜の上映 19:00~20:30

参加費:大人1,500円(寄付含)、大学生500円、高校生以下無料

場所:狛江市 西河原公民館  学習室1

地図

 
 より大きな地図で 西河原公民館 を表示

(所在地)狛江市元和泉2丁目35番1号

予約方法:担当(クプクプひわたり)

 電話:090-8582-9292
 申込アドレス:kupukupu@air.nifty.jp

下記の内容と共にお申し込み下さい:

 ①お名前
 ②当日連絡のつく電話番号

主催 さかぐち鍼療所✕クプクプアロマテラピーサロン

沖縄の辺野古湾でしか観ることの出来ない美しい映像は、暑い夏にぴったりです!

どうぞお気軽にお問い合わせください。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

 

2017年7月21日 (金)

「ママに見えない」ママたちがすごい結果を出している「黄金の組み合わせ」!!

クプクプでも大人気のクプクプのオリジナルメニュー「骨盤調整」を担当している「中山あゆみ」さんの記事のご紹介です★

夏に気になるスタイルも、骨盤から美しく!サポートします。
この夏に是非お試し下さい♪

産後でもきれいな人たちが実践している!!

「ママに見えない」ママたちがすごい結果を出している「黄金の組み合わせ」があります。

ご自身も「ママに見えない」きれいな人になれるんです♪

    施術前                   2ヶ月後

この骨盤の整い方と小尻への変化後は!!ママに見えません!!

(ちなみに4人のお子様をお持ちのママさんです)

Q、たとえば、こんなお悩みはありませんか?

・毎日毎日、なんとなくからだがだるいのをやり過ごしている。
・昔からの腰痛は仕方ないのかな、と思っている。
・パソコン作業が多く、肩こりはずっと続いている。
・ついつい猫背になる。
・生理不順がある。
・実は尿もれする事がある。
・ホルモンバランスのせいか、イライラしたり痩せにくくなったのを感じる。
・もう少しキレイになりたい、やせたいけれど、めんどくさくてなかなか行動に移せない。
・子供はかわいい、仕事は楽しいけれど、自分だけのための心から癒される時間を持てずにいる。

 

 

もし一つでも当てはまるものがあるなら!
今のお悩みをいつかは解消したいと前々から思っていらっしゃったのなら!

「黄金の組み合わせ」はとってもおすすめです。

 

*「黄金の組み合わせ」とは!

「施術」と「ホームケアアドバイスの実践」の二つのコンビネーションによってキレイが生み出される仕組みの事です。

今、骨盤調整をする目的も、以前と比べかなり色々な理由が見受けられますが、ただ、骨盤を正せば全て解決するわけではありません。

大切なのはからだは繋がっているので、全体像を把握することなのです。

 

image

そもそも、ご自分の骨盤を含めたからだ全体のバランスについて、把握された事はありますか?

元をたどれば、「不調が出る生活スタイルをしている」から不調が出るのであって、「不調が出ない生活スタイル」に変えることが、お悩みの根本解決に繋がります。

そういうわけで、私たちが提供する「骨盤調整」は施術をして終わり、ではありません。

施術時間以外の大多数の時間を占める、家庭や職場での過ごし方、体の使い方が重要なのです。

したがって、まずは骨盤だけではない「全体像」をしっかり見させていただき、その上で今一番ご自身のお体に必要な筋肉やストレッチ、姿勢のとり方をプロの目から見てお伝えしています。

 

 

image

ぜひ一度、ご自身のお体を把握しにいらっしゃってください。

癒されていただきながらも、お悩みはしっかり解消していく施術と手立てを、お伝え致します!

施術後のお客様にはよく

「自分がキレイで元気でいる事は、シンプルに嬉しく、生きている喜びが実感できます!」と言っていただけます。

そしてそんなママの姿は、ご家族や周りも幸せにしますよね!

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2017年7月15日 (土)

『ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)』 2017年7月~

2

『ア・コース・イン・ミラクル(ACIM)』の読書会のお知らせです。

この読書会では、私たち人間の想念を、色々な角度で体感します。

人間ならだれでも、自分の思い込みがあります。
私たちが体感しているこの世界は、私たちの心が自らが創り出している・・。

その思い込んでいる心の角度が変わると、世界感が変わります。
その角度を変えるのは、神でも誰でもなく、あなた自身です。

ガイドに、りえこさんをお迎えし、自らの素直な気持ちに出会う、癒しの時間を共有します。

ヒーリングの必読本といわれるACIM読書会。単発の参加も大歓迎です。

今後の予定(毎月1~2回、主に月曜日)

8/7(月)
9月休み
10/2(月)
11/30(月)
12/4(月)

時間:13時~16時
価 格:3,000円 ※お茶&お菓子代込
定 員:5名迄 ※途中・単発での参加も可、大歓迎です。
ガイド:りえこさん(花魔法の会)

●必要図書 中央アート出版『奇跡講座 テキスト編』。
 ※初回は、コピーを準備しますので、なくても大丈夫です。

【ACIM読書会 at クプクプのお問合せ/お申込み】
kupukupu@air.nifty.jp
クプクプ>*<ひわたり志のぶ

私たちの想念には、いいも悪いもありませんが、判断なくして、それをただ見ることは至難の業です。一人で取り組むより、読書会や他人の感想や体験談がとても役立ちます。
気になる自分のパターンを客観的に見る時間としてお使いください。

アメリカで1976年に出版された、この本は、世界中で翻訳され、日本では、「奇跡講座」、「奇跡のコース」等と訳され、多くの人々が実践し始めています。

私たちの周りの状況を変えるにあたっては、自身の心を知ることから始まります。

既存の概念は、過去の遺産。それらをも大切にしながら、今、私たちは、霊性や感情を、もっと身近に体験する能力を養う必要があります。

特に、自分の心と体に向き合う時間のない、忙しい現代人にとって、時間を割いて、心の声を聴く時間を静かにもつことをお勧めします。

主催者のクプクプも、自発的自然治癒力を信じる者として、それを痛感しています。
心身症や、うつ、中年クライシスや、更年期など、特に心や魂の問題に、一定期間の静かな時間を持つことは、何よりもの薬になります。

わたしたち人間は、アルケミーやフラワーエッセンスで教えてくれるように、「人間体験をする、霊的な存在です」。

私たちにできることは、自分をゆるす愛と勇気を持つこと、そして、徹底的にそのことを理解するよう努めることです。私たち人間の本質に触れる、奇跡の時間を、ご一緒しましょう!しんどいこともありますが、奇跡の連続も、たくさん体験できますよ♪

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス

2017年7月12日 (水)

夏ばてにも日差し対策にも「アロマテラピー」夏のキャンペーン

Hauschka_body

クプクプの夏のキャンペーンは、数量限定の水出しでも美味しいハーブティをプレゼントしています!※数に限りがあります、ご了承ください

ボディ・ベーシック 120分(施術90分)
 
→ ¥12,000と日本産「ハーブと緑茶」のプレゼント付

●お申し込み・お問合わせ●

 クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン
 Tel:090-8582-9292 又は 03-3480-0444
 Mail:kupukupu@air.nifty.jp

 下記の内容とともにお申込み下さい。
 ①お名前 ②当日連絡がつく電話番号

夏至すぎ、梅雨入りしたというのに毎日、太陽が降り注ぎ、真夏の暑さが続く東京。
クーラーの部屋と外の温度差は15度以上在る過酷な毎日は、身も心も疲れてしまいます。

そんなときは、やっぱり、アロマテラピー。

生命に息吹きを与える癒しのハーブオイルを、全身にたっぷりマッサージするアロマテラピーは、夏も大活躍です。

夏はオイルのべとべとがオイルが気になる、方もご心配なく。クプクプで使っている、オーガニックの最高品質のアロマオイルは、すぐに肌になじみます。また、きちんと拭き取りもするので、べたべたの心配もありません。

Harbtea

夏こそ、アロマテラピーとハーブティの植物の滋養をご堪能下さいね♪

クプクプスタッフ一同、お待ちしています。

 

2017年7月11日 (火)

8月夏休み特別セミナー at 新宿

02_tirashi Chom

この夏は、フラワーエッセンスのプロフェッショナルコースと女性コースを担当講師をさせて頂いている、東京療術学院(新宿)にて、夏休み特別セミナーを開催させていただく運びとなりました★

クプクプの専門である、自然療法の

8/14(月)午後 皮膚トラブルの自然療法ガイド
8/16(水)午前 フラワーエッセンス&惑星のエッセンス~花と惑星の癒し 

のスペシャルセミナーの他、今回は特別に、「知ることの癒し」をテーマに、ドキュメンタリー映画を上映予定です。

私自身、アロマセラピスト、自然療法のジャーナリストとして、とても強いインパクトのある作品のうち、今回は2本を、都内のアクセスのいい場所で、上映します。どちらも貴重なフィルムです。

ドキュメンタリー映画「カンタ・ティモール」上映会

 ~自然療法の癒しとシェアリング

21世紀に入り、一番最初に独立を果たした小さな国「東ティモール」の映画を通して、自然療法への理解を一緒に深めませんか?

この映画には、アニミズム、シャーマン、祈り、自然のメッセージがたくさん詰まっています。皆さまとも共有したく、夏休みに特別に上映会を企画させていただきました。 

【上映日】日 時:8月14日(月) 10:00~12:30

【参加料】 1,000円

案内&申込→「170814カンタティモール.pdf」をダウンロード

ドキュメンタリー映画「チョムスキーとメディア

~ マニュファクチャリング・コンセント ~」上映会

生成文法や言語生得説で著名な言語学者の米国人、ノーム・チョムスキー氏は、アメリカという一国家を超えた「世界の良心」と呼ばれる存在。

今から25年以上前に創られた作品ですが、クライアントの治癒を助けることにもつながる貴重なヒントが詰まっています。このフィルムの日本語字幕のDVDは完売し、入手できない貴重なものです。

チョムスキー氏は言います。
 「大切なのは、自分で考え、伝えること。 ひとりひとりがメディアになれる。」

インターネットという便利なツールが、一人一人が情報を発信する時代だからこそ、見なおしたい名作です。

【上映日】日 時:8月16日(水) 13:10~16:30 ※休憩あり

【参加料】 1,000円

案内&申込→「170816チョムスキーとメディア.pdf」をダウンロード

予告編:

自然療法はとてもとても役立ちます。

知られていない自然療法や情報があるなら、伝えたい。

その思いで、この15年間、アロマセラピスト、フラワーエッセンスの仕事の他、自然療法のジャーナリストとして取材し、記事を書き続けてきました。

その記事が書けるのも、すべてが、その情報を教えてくれる先人たちと、仲間やクライアントたちのおかげです。

この映画は、専修大学の長谷川宏先生にご紹介いただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

わたしは、このノームチョムスキーの作品を見て、初めて、東ティモールのことを知りました。その映像と真実にショックを受けて、すぐには受け入れることができませんでした。

その後、東ティモールのドキュメンタリー映画があることを、小笠原の父島のネイチャーガイドに教えてもらい、拝見する機会をえました。

女性監督によって作られた「カンタティモール」は、何度見ても涙なしでは観ることのできない、癒しと許しがテーマの作品でした。

戦後、72年を迎える日本。

まだまだ、学ぶこと、やらなくちゃならないことはたくさんあります。戦後、日本が得た日本国憲法の9条は、もう二度と、人間同士が殺しあう愚か戦争を繰り返さないために、世界に誇れる平和を誓った、先人たちの残した大切なメッセージが詰まっています。「共謀罪」や改憲の動きがある、不安定な日本ですが、もはや、私たちは、誰も、戦争を望んでいないこと、殺しあう必要はないことを知っています。

自然療法は、わたしたちの自然治癒力をいかに高めることができるか。
ただそれだけです。

そのためには、私たちが住んでいるこの国が、平穏と希望にみちていることが大事だと考えます。

マス・メディアでは知り得ない現実を知り、そして、自分がどう感じるかを、真剣に感じる時間をご一緒しませんか?

「チョムスキーとメディア」は、もはや日本では入手できないDVDです。既に日本での上映権が切れているにもかかわらず、カナダの配給先に、快く許可をいただきました。感謝。

「カンタ・ティモール」は、最新版のリニューアルバージョンを、広田奈津子監督と長谷川先生の計らいで、上映する準備ができました!感謝★

最新作「Requiem for the American Dream (2015)」をご紹介いただきました。日本語訳早く観たいですね!

2017年のお盆の時間をご一緒できることを、楽しみにしています。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス

2017年7月 7日 (金)

日本国憲法「第9条」に恋しよう!

2017/7/2、自民党が、歴史的大敗をしたと報道される【東京都議選2017】。

小池ゆり子の希望塾1期生として、「自然療法を都政に」の思いで参加していた者として、同じ塾生の方々の選挙当選の努力に、心からエールを送りたいと思います。

そして、本当に東京が変わるのかは、これからです。

誰かに任せっぱなしでは、何も変わりません。

自ら変わらなければ、何も変わらないのが、この世の法則です。

東京は、東京都議会委員で成り立っているのではなくて、東京都民一人一人で成り立っています。

批判をするのではなく、彼らの活躍を行動で支えつつ、違うと思うことは伝え、私たちが夢見る、緑が豊かで、微笑みと優しさに溢れた人間が暮らし、子供たちや多種多様な動物たちがのんびりとできる自然が要所にある街になるかどうかは、これからが本番なのだと思います。

去年、舛添要一前都知事の政治資金使途の公私混同報道による、無駄な経費続出の「再都知事選挙」が行われました。

前都知事、といえば、石原君も、字も読めない職業作家という面白い病気になって、主治医をつけたりして、本当に、たくさんの利権を、都知事として得たのではないか、と思うのは私だけではないはず。サラリーマンや自営業は、主治医を報道の場に同行させたり、腕のたつ弁護士を雇うお金なんて、持ってません。

とはいえ、人間は誰だって欲望まみれだし、失敗もする。さまざまな経験が、無駄にならないよう、他人からも学ぶために、歴史の情報があります。

さて、話は憲法に戻ります。

去年の無駄な都議会選挙の前に、「不思議なクニの憲法」の上映会をクプクプでも行いました。そして、この憲法が、戦後の日本を支えてきたかを、改めて知りました。誰に投票するのがベストなのか、日本や政権を知るのに、各々の立場の人々の取材を通して、とてもわかりやすくまとめられている素晴らしいドキュメンタリー映画なのです。

この映画の上映を機に、その後、時折、「憲法を自由に語る日」として、クプクプカフェや、読書会を有志達と集いをしています。

選挙の7/2当日、わたしは鍼灸師の先生方や自然療法の仲間たちと、日本国憲法「第9条」を学び、暗記するために集まりました。

約2時間、お茶やお菓子をつまみながら、憲法9条を読み込んで感じたことは、

この憲法9条は、1945年の敗戦を体験し、その前にも多くの戦を体験していた日本人が、心から反省し、もう二度と、戦争が起きないように、祈りを込めて生まれたものだということです。

改めて、クプクプのブログにも、憲法9条を紹介します。

日本国憲法

第2章 戦争の放棄

第9条


日本国民は、
正義と秩序を基調とする

国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、

武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。


前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

残念ながら、日本は、もはや、戦争の放棄などしていないですし、報道もされているように、金融機関等の融資で、武器を作ったり売ったりしています。

本当に情けないことですが、今の日本は、表では9条をうたっていても、実際にやっていることは違うのです。さらに、共謀罪などをとおして、改憲を速やかに行いたいともくろむ政治家たちが、この日本のリーダーとなっている。

直接、日本のリーダーに話を聞いたわけではないけれど、憲法9条をかえたり、安易に追加したり、という企てがあるのなら、日本国民の一人として、言いたいこと。

憲法9条は、戦争を放棄をする、と書いてある。
日本人として、戦争を放棄するための努力をしたい。
国民だけが、憲法改正を可決できることを、決して忘れないで。

憲法9条を生み出してくれた、1946年の日本のご先祖さまに感謝します。
何度も読み込んでいくと、時折、胸が熱くなるのを感じる。本当に恥ずかしく思うし、この現状を変えて、世界の紛争に加担せず、憲法第九条にあるように、国際平和を誠実に希求したい。

私たちの仕事、自然療法は、安心して暮らせること、信頼できる人々と暮らせる土地に住んでいること、これなくては、個人の健康もなりたちません。

ちなみに、世界の歴史では、日本の終戦記念日は、1975年8月15日ではないそうです。

↓元外交官の孫崎亨さんの本はとても参考になります。

1945年、9月2日、日本が、「米国の言うことには何でも従います」という条件で、降伏をしたサンフランシスコ講和条約に調印したその日まで、毎日、この日本国憲法9条を、読み続けようと思います。

Img_5467_2

鍼灸師の友人が、たくさん本を借りてきてくれました~!

↓おまけ

去年上映をした松井久子さんのドキュメンタリー映画「不思議のクニの憲法 声をあげる私たち」の上映会の案内。リニューアル版が出ているそうです。

出演者&スタッフ→http://fushigina.jp/cast

http://fushigina.jp/

下記、映画の紹介です。

憲法には「私はどう生きるべきか」が書いてある。
この映画は、憲法論議が政治によって進められるのでなく、主権者である私たち国民の間に広がることを願ってつくられたものです。 

国のかたちをきめる憲法に、誰もが当たり前に関心を持ち、正しい知識を得、 そして理解を深めるために、歴史的事実を重んじながら「意見」よりも日常に根ざした「人びとの声」に耳を傾けます。 

怒りや憎しみから出発する議論は広がっていきません。 対立よりも冷静な選択を—。 私たち一人ひとりが個として大切にされる自由な社会を守りたい。 映画にメッセージがあるとすれば、その一点の「希い」のみです。

<映画の内容>

●立憲主義って何?
●歴史に学ぶ(敗戦から日本国憲法の成立まで)
●Peopleを主役に(国民主権) ●侵されてはならぬもの(基本的人権の尊重)
●封建的家族制度からの解放(男女平等) ●進む憲法の空文化(9条・戦争放棄をめぐって) ●戦後の日米外交史
●沖縄は憲法を手にしているか
●未来に向けて—18歳選挙権と若者の政治参加 ●そしてあなたは何を選ぶのか?(自民党の改憲案・護憲派の主張・護憲的改憲派からの提案)

まだご覧になっていなかったら、ぜひご利用ください★

今日は満月に近い新暦の七夕。

東京からは星が見えないけれど、私たちの頭上には、彦星と織姫をふくむ美しい星々がいつも輝いている。

お互いの目の輝きを見つめて、その誤解と恐れを知り、許しあうことさえできれば、戦争はなくなる。世界平和は、自分の内側から始まるのだから。

クプクプ ホリスティックアロマテラピー&フラワーエッセンス

2017年7月 2日 (日)

「Dr.ハウシュカのフェイシャル60分」※新メニュー

7月になりました!

梅雨どきに、時折さす太陽の光は、恵みそのものですね♪

7/2は、「半夏生(はんんげしょう)」。

夏至から11日目のことを意味するそうで、梅雨の終期に当たり、どんな気候不順な年でも、この後は田植えをしない、と言う風習があるそうです。

農家さんたちは、梅雨時に、既に田植えを終えています。 秋に向けてぐんぐん実る稲穂と共に、わたしたちも、この身近く儚い真夏を楽しんで過ごしたいですね♪

さて、クプクプから、お知らせが二つあります。

●HPをリニューアルしました!

 クプクプ アロマテラピーとフラワーエッセンスの自然療法サロン

Kupukumi Kupukupulogo

みなさまに愛され、かわいがってもらっているクプクプの「アロマテラピー」&「フラワーエッセンス」のメニューをメインに、より見やすくなりました。

これからも愛用されるサロンでありますよう、スタッフ一同努めて参ります。


● Dr.ハウシュカのフェイシャル60分(施術45分) 6,000円


 ※月・木・土の午前中のみ受付の特別なコース

クプクプでは12年以上愛用している、ドイツの自然療法コスメのブランド「Dr.ハウシュカ」を気軽に体験していただける新メニューをご用意しました。時間がとれない方にも体験していただける、とってもお得なハーバルケアのフェイシャルコースです。 どのような肌でも、健康になるお手入れを、ハーブとオーガニックコットンでサポートしています。

Photo

↑ハウシュカの製造元WALA者のハーブガーデンの写真

Dr.ハウシュカのコスメは、BIOの畑で、自然のリズムに沿って生きている生薬が原料です。

使う度に呼吸が深くなり、癒しのハーブが私たちの肌と心に、優しく浸透します。

素肌が健康であることは、私たちの幸せの条件の一つです。

肌は、私たちの心や自律神経にも影響を与え、免疫そのものも司っています。

また、当たり前のことですが、美肌には、普段の生活(食事・睡眠・ストレスレベル)が、ダイレクトに関係しています。

ライフスタイルを一変に帰ることはストレスですが、出来ることからやるだけでも、肌は確実に変わってきます。

かくいう、わたしたちアロマセラピストも、この職業に就く以前には、ジャンクフードを好み、たばこも吸ったり、徹夜で遊んだり、肌に優しい生活など、知りませんでした~。という人も多いですw。

そんなわけなので、20代の肌よりも、40代の今の方が整っているなと思うときがあります。

それは一重に、自然療法の叡知と、自然のリズムを知っている植物たちのサポートがあるからこそ、と実感しています。

人生で、もっと早く出会いたかった♪

と思う、選りすぐりのハーバルケアと自然療法をお届けできるよう、わたしたちも、より学びを深め、皆さまとシェアできたら嬉しいです。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »