クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 9月22日13:30〜 月経美心♡月経血コントロール&温活セミナー | トップページ | 「赤ひげ」と「世界のミフネと呼ばれた男」三船敏郎 映画デビュー70周年記念展 »

2017年9月27日 (水)

すべての武器を楽器に

日本の音楽家、平和活動家、政治家「喜納 昌吉 Kina Shokichi」の歌“花”を教えてもらいました。

ハーブ&フラワーエッセンス&アロマテラピーの世界に魅せられて、その道にいると、自由で在ること、自分らしく在ることは、とても大切なテーマです。

けれど、今の日本で、うかうかマスメディアや、常識とやらに従っていると、自由どころか、わたしたちは、幸せに生きることができないのではないのか?と不安に駆られるときがある。

そんな時、大事なことは、心の奥底で、自分自身が感じていること、本当に望んでいることを思い出すこと。

そのサポートに、音楽の力は、欠かせないと思う。

この歌の、喜納 昌吉(きな しょうきち、1948年6月10日 - )さんは、日本の音楽家、平和活動家、政治家。

教えてくれたのは、福島の支援をずっと続けているつくるプロジェクト『編*花 amihana』 さん。彼女のご紹介で出会った、世田谷区千歳船橋にある沖縄そばや「岡てつ」さんのご主人は、チトフナが地元なのにもかかわらず、沖縄そばや。

その理由は、「すべての武器を楽器に」の喜納 昌吉(きな しょうきち)さんの政治活動の秘書を務め、長年、沖縄にいらしたことだったそう。

ちなみのこの岡てつさん、ものすごく素敵な地に足を付けた活動家の方々に出会えることのできる素晴らしい憩いの食事処でした。わたしは今年の8月に初めて伺い、そして、立て直しのために閉店日にお邪魔しました。こだわりの素材、素朴な笑顔。地球への愛がたっぷりの様々な活動。場所を変えての新たな活動、心から楽しみに待っています!

はずかしながら、私は、喜納さんのお名前を聞いてもピンとこず、、、のありさま。

歌声を聞いて、知ってる!と思った次第ですが、岡てつさんがくれたステッカー「すべての武器を楽器に」の文言にくらり。

12135236_1754459718107736_348740963

本当にごもっとも。

命を一瞬にして失くしてしまう武器だけではなく、権力・権威という武器、無関心という武器。そして、わたしたちは、自分の嘘という武器に悩まされている。

自分に対して嘘をつくエゴは、まさかの自分が生み出している妄想の仕業だと気が付くまでに、わたしたちは、どれだけ遠回りしていることか。

目の前にいる、子供や若い命たちが、武器や核や自然破壊、汚染の恐怖から解放されている「地球」という惑星をめざすなら、どんな名前がついている武器であろうと、その存在を知り、受け入れ、それを手放してゆく覚悟が必要な時代なのだと思う。

沖縄の政治家の「すべての武器を楽器に」。
・・武器が、楽器に変わったらどんなに楽しいだろう!

こういうマニュフェストが、あるのはとても面白い。

面白いだけではなく、未熟だけれども、真剣に、自分自身も実践して、後世に伝えたい。

かつて、日本の武士は、心を整えるために楽器と音楽をたしなんだとある。

自身の息を使った音色は、自らを浄化し、心が冷静になり、自分が、何のために戦っているかを明確にさせる。

わたしたちは、自分がなぜ、人間として生きているのかを、思い出すだけでいい。

音楽を含む自然療法はそれをものすごく助けてくれる。

下記、花の歌詞を引用紹介します。

喜納昌吉 花〜すべての人の心に花を〜(オリジナル・ヴァージョン) の歌詞

川は流れて どこどこ行くの
人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには
花として 花として 咲かせてあげたい

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か
花をさかそうよ

涙ながれて どこどこへ行くの
愛もながれて どこどこへ行くの
そんな流れを このうちに
花として 花として むかえてあげたい

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か
花をさかそうよ

花は花として わらいもできる
人は人として 涙をながす
それが自然のうたなのさ
心の中に 心の中に 花をさかそうよ
泣きなさい 笑いなさい

いついつまでも いついつまでも
花をつかもうよ

泣きなさい 笑いなさい
いつの日か いつの日か
花をさかそうよ

クプクプのフラワーエッセンスの各種メニューも、感情をむき出しに、受け入れることをサポートしています。

Febach_15

だって、わたしたちは、感情によって、この世界を感じて生きている。

フラワーエッセンスでも、全く同じ考えです。

一人が咲いても命は続きません。
私が咲いて、あなたも咲くから、受粉して、変化が起こり、次の何かが生まれるのです。

しがらみを解放し、自らの花を咲かせましょう。

Zan

話は変わり、沖縄繋がりでは、8/2に上映会をした、沖縄のジュゴン「ZAN」の署名も10/5迄。 ジュゴンの力を借りて、72年前に落とされた不発弾の悲劇を、もうこれ以上バラまくていいように。

どうか、皆さまの力を貸してください。

« 9月22日13:30〜 月経美心♡月経血コントロール&温活セミナー | トップページ | 「赤ひげ」と「世界のミフネと呼ばれた男」三船敏郎 映画デビュー70周年記念展 »

各種自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月22日13:30〜 月経美心♡月経血コントロール&温活セミナー | トップページ | 「赤ひげ」と「世界のミフネと呼ばれた男」三船敏郎 映画デビュー70周年記念展 »