クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

クプクプ ホリスティックアロマテラピーサロン

  • Salon018
    アロマテラピー/Dr.Bachフラワーエッセンス/月経美心/自然療法塾など、植物の恵みと自然治癒力の神秘を体感するサロンです。

フェイスブック facebook

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ホメオパシー パリ編

  • Phamacy_lyon
    ホメオパシーの道が開かれた2004年のパリ旅行。

ホメオパシー ギリシャ編

  • Athene
    2007年6月 IACHギリシャ本校の国際オープンセミナー

« 2017年9月 | トップページ

2017年10月18日 (水)

11/23木 ダンク智子先生の「ホリスティック・アロマテラピー」

Tomokopic03 Tomokopic02

11/23(木)は、英国にお住いのアロマセラピスト「ダンク智子」先生が、クプクプにて、特別に、「ホリスティック・アロマテラピー」の施術を担当してくださる運びとなりました。

ダンク先生は、クプクプとはまた違う、アロマテラピーのアプローチを使いこなす、「魔女」のあだ名がぴったりの35年の大ベテラン。クプクプの樋渡とは、2009年からアロマテラピー仲間として、親しくお付き合いをさせていただいています。

当時から既に、理学美容師、エステティシャンとして、多くのクライアントを持ち、リラクゼーションや肌トラブルだけではなく、現代社会で、難病といわれる主訴に対して、自然療法でサポートされ、クライアントやその家族からも厚い信頼を寄せられています。

今は、日本と英国を拠点に、アロマテラピーやレイキ、風水の英知を融合した、オリジナルの施術する他、癒しの日本画家(上2点は共にダンク先生の作品)としても、知られています。

ダンク先生の、アロマテラピーの施術の特徴は、個々人の主訴に併せた独自のブレンドでセレクトすることです。丁寧で、ホリスティックかつ、ダイナミックな施術は、長続きするだけではなく、肉体的にも精神的にも、さまざまなギフトが伴います。

ご紹介以外では、新規のクライアントを撮っていらっしゃいませんが、今回は、日本への一時帰国似合わせ、特別に、クプクプにて、「ホリスティック・アロマテラピー」を担当してくださることになりました。

ダンク智子先生の
ホリスティック・アロマテラピー120分(施術約90分&コンサル約30分)
21,600円(税込み)
現在受付可能な枠 10時~、13時~、15時半~
●申込先: Tel:090-8582-9292
        Mail:kupukupu@air.nifty.jp

※風水や、日常生活でのセルフケアアドバイス付
※ご予約の際の主訴によっては、事前にお電話にて、10分~30分いただく場合がございます
Cimg0262
ダンク先生がお住まいの英国ブライトンの高台
Cimg0273
英国のルイスの古城にて、ハーブ見学

2017年10月12日 (木)

「2017秋の椿交流会」のお誘い

Dscf3928 

実りの秋、まっただ中の、10月10日の22:21頃、保護の惑星「木星」が、てんびん座から蠍座へ移動しました。

セルフケア&更年期に特化した自然療法・ロータスホメオパシーセンターさんからのメールでは、”蠍座木星期は、人間関係が、それまでの「広く、浅く」から、「狭く、深く」に変わるそう”です。まさに、人間関係も、深く実ってゆく1年になるのだと思います。

さて、植物界が、豊かさと彩を与えてくれるこの季節。
古来から、日本の春夏秋冬を、彩りのギフトを分けてくれる「椿」と戯れる「2017秋の椿交流会」を準備しました。

前回も、植物を愛する輪と縁が広がる会として大絶賛だった、株式会社椿NaO自然療法機構と一緒に、楽しいひと時をご一緒しませんか?

「2017秋の椿交流会」のお誘い
Tsubaki1404_4 Tsubaki1404_3_2 Tsubaki1404_2
※写真はイメージです。前回はレストランでした。
 今回は隠れ家にて、アットホームなメニューです。お楽しみに。

11月1日(水)11時~14時半
会費:3,000円(椿オイルを使用したランチ付)
場所:株式会社椿(東京支店渋谷区富ヶ谷1-42-11)

定員:8人
主催:株式会社椿、NaO自然療法機構、クプクプ

11時~12時 日原社長のお話会「椿のお話し会」
12時半~14時半 国産椿油の贅沢ランチ&交流会

●日原社長のお話会

ポルトガルなどで開催されている国際椿協会のレポートを、椿を愛してやまない日原社長から伺います。

●国産椿油の贅沢ランチ
※今回は、国境なき料理団&自由人の「さとけん」をシェフにお迎えしての椿料理です!

参加ご希望の方は、人数に限りがあるので お早目に♪※残2席

●申込先: Tel:090-8582-9292Mail:kupukupu@air.nifty.jp

お誘い情報は以上です。
クプクプでは、「生の椿油」の生みの親、株式会社椿さんと、2010年に、雑誌の取材を機にお付き合いをいただいています。

国産の椿は、日本人の肌に驚くほどなじみがいいです。

さらに、「生の椿油」は活性炭に濾過しているので、透明で、他には見られない施術の効果を体験できます。(クプクプでも、キャリアオイルに使っています)その椿の原料となる椿油を使ったぜいたくなランチ付です。

下記は、2010年に取材に訪れた時の写真です。

↓一粒一粒の種は、人の手と目によって丁寧に選別されます

 Dscf3863

↓低温圧搾の搾油機で、ゆっくり種を絞っていきます。
Dscf3873

↓そのあとゆっくり濾過されて、こんなに透明に。
 今回の椿交流会では、『食用 生の椿油』を使ってくれます!
 この、すごいぜいたく、本当に贅沢・・。

Syohin00 

↓伊豆大島にある椿の農場、油を搾る作業場は、工場ではなく、椿を産む産場とよびます

Dscf3923 

↓伊豆大島の風に吹かれて気持ちいい!
 フレグランスジャーナル社編集さんと椿のスタッフさんと。

Dscf3935 

寒い冬に凛と咲く「椿」。日本の誇りのひとつです。
それを良質な商品にして届けてくれる株式会社椿さん!
いつもありがとうございます。
これからもずっと応援していま~す。

商品が気になる方はこちらへ↓
https://www.tubaki.co.jp/japoneira/index.html

2011年5月には、気仙沼大島へ、株式会社椿の社長が、流されてしまった搾油機の寄付をする目的で現場を訪れました。国産精油ブランドYUICAさんと共に、アロマ隊の寄付を賜り、クプクプの二人で、アロマ・ボランティアを休暇村で行いました。
Dscf5857

推定樹齢400年以上の大きな椿の木には、沢山の花が咲いていました。
Dscf5878

写真は、津波で流された船の下です。小野寺さんが、こんな機会はめったにないから、と撮ってくださったのですが、水の力というものは本当にすごいです。

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン

妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2017年10月11日 (水)

11/11土 「カンタ!ティモール」 上映会 at 千歳烏山

ドキュメンタリー映画「カンタ・ティモール」上映会 ~人類は一つの兄弟なのさ

2012年に制作され、自主上映だけでしか、観ることのできない作品です。
クプクプでも、2016年から、自主上映を8回行いました。
観る度に、深い深い癒しと気づきをもたらしてくれるこの作品。

多くの方が、
 「3.11以降の日本人の生き方のヒントが、この映画にはつまっている」と感じる作品でもあります。

今回は、3.11をきっかけに、ご縁が生まれた仲間たちと共に、福島、東北、各地への祈りを込めて、千歳烏山で自主上映を行います!

まだの方、もう一度見たい方、ぜひご一緒しましょう。
関連サイトhttp://www.canta-timor.com/

Cantatimor

  【上映日】2017年11月11日(土) 13:30~15:45(会場13:10)

  【場所】 京王線千歳烏山駅徒歩3分 ライブバーTUBO

  【参加料】 2,000円
   「女将の出張岡てつ」さんの東ティモールのオーガニック・コーヒー(又は三年番茶)
   &お塩と黒糖とヘンプシードとコズミック・ヘンプの入ったサーターアンダギー付

  【申込先】
    FBのイベントページ
    電話 03-3326-3226(18時~21時のみ 担当:SEED酒井)
    メール kupukupu@air.nifty.jp(担当:クプクプ)

今回上映する「カンタ!ティモール(うたえ!ティモール)」は、インドネシアの東にある、自由の国「東ティモール」の独立を巡る紛争をテーマにした作品です。

2012年に公開されたこの映画。監督である20代の若い女性が、東ティモールの独立の取材と応援に、出掛けたことがきっかけで生れました。

四国ほどの大きさのこの小さな豊かな東ティモールの独立までに、実に20年以上のちにには、インドネシアだけではなく、日本も深く関与していたことをご存じでしょうか?

この映画は、東ティモールの人々が残酷な代償を受けても、それでもなお、人間としてどう生きるべきかを、教えてくれる、感動の作品です。

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=vQ-e_RNEOoI

【主催】 ヘナ&ヘッドスパ美容室SEED✕つくるプロジェクト✕クプクプ

【ミニカフェ】女将の出張「岡てつ」

小田急線千歳船橋駅で沖縄そば「岡てつ」を営んでおりました女将のあゆみです。今回はお店で出会ったお客様より、お声掛け頂き、出店させて頂きます。

「岡てつ」では、オリジナルブレンドをDayDripCoffeeというコーヒー屋さんに作って頂いておりました。 私がこの映画を観たあとの仕入れで、「今まで使っていた豆が仕入れ終り、丁度、東ティモールのいいお豆を見つけたんです」、というお話があり、偶然が重なりました!今回も、東ティモールのオーガニックのお豆を使ったコーヒーをご用意致します。

この映画を観ながら、きっと身体にしみる一杯になるかと思います。
コーヒーを飲まない方には、身体を温める三年番茶をご用意いたします。

おやつは沖縄の定番サーターアンダギーです。お塩と黒糖とヘンプシードとcosmichempの入ったサーターアンダギーです。(小麦粉、卵は生活クラブを使用です)

以前の感想は下記に。

★★★17/8/10の会は無事に終わりました(協力:東京療術学院8名)

●アレックスから、最期の手紙が紹介された後「ティモールの治安がまた悪くなっているというナレーションが気になった」
●ティモールの子供たちの笑顔、強さ、を子どもに伝えたいと思いました。
平和や、本当の優しさ、家族としてのつながりをとても感じました。
●戦争、争いを起こさないようにする方法。そのヒントが、この作品にあるような気がします。「平和とは何か」を問いかける作品は多いが、「平和の作り方」を学ばせてもらったのではないか、そう感じる作品でした。

★★★16/6/2の会は無事に終わりました(協力:渋谷区 アコースティックライブバー七面鳥15名)

★★★16/5/10の会は無事に終わりました(7名)

●この真実を忘れず、今この瞬間から離れないように、この毎瞬を、丁寧に過ごすことが大事だと改めて思いました。
●軍事制圧を受ける前から、東ティモールをはじめとした、様々なことをサポートしているPARC(NPO法人アジア太平洋資料センター)の活動をずっと支援しています。映画を見て、現状を訴えようとした人たちが迫害された当時のことを思い出し、涙が止まらなくなりました。
●今回が2回目ですが、今回のほうが、心に深く入ってきました。自分たちでも自主上映をしようと思いました。
●この映画で、忘れていたことをたくさん思い出させてもらいました。つい、忘れてしまう。そのことがとても悲しいけれど、忘れないように、この瞬間を大切に過ごしたい。

★★★16/4/29の会は無事に終わりました(6名)

ひびきの杜ポポロ(札幌)さんのご協力で、開催させていただきました。
今回は、本格的なプロジェクターで大きな画面での上映がかないました。
また、会の終わりには、代表の西谷先生より、コメントをいただきました。
先生は、既にバングラディッシュの活動に携わっており、この映画が語る戦争の仕組みは、どこも変わらないと教えてくださいました。そして、今、現在、この瞬間に、この地上で、同じことが繰り返されている真実も。
その奥に在るのは、誰のせいでもなく、私たち一人一人の在り方にあることも、お話しくださいました。
貴重な時間を共有させていただき、本当にありがとうございました。

★★★16/4/20の会は無事に終わりました(8名)

今回は、調布の自然食レストラン&八百屋のみさとやさんのご協力をいただきました。ありがとうございました。今回は、みさとやさんでも取り組んでいる「市民放射能測定みんなのデータサイト」への活動費に、売上の50%を当てさせていただきました。

●いろいろな思いがわいてきて、今すぐには言葉できない気持ちです。
●自分にできることをしていく、そのことを痛切に受け取りました。
 「まずは、東電との契約をやめたいと思います」
●シャナナ大統領が語っていた、「涙を出し切る」というメッセージがシンクロしました。
●今でも世界の各地で、侵略は行われていています。24年という長い期間を経て、ようやく東ティモールは独立できました。今まで知らなかったように、この瞬間にも、まだ戦争のその真っ只中におかれている国もあるのだと思うと、できることは何だろうと、心から考えます。フェアトレードや労働をサポートする仕事についていましたが、実はその支援がひつようになってしまった加担をしていた加害国の可能性もあると思うと、いたたまれなくなりました。
●一度ではわからなかったので、また観たいと思います。

★★★16/3/20の会は無事に終わりました(7名)。

●フェアトレードの東ティモールのコーヒーがとても美味しく、東ティモールにとても興味があった。戦争のことを知り、あらためて、大地の恵みに感謝したいと思った。
●「箒と一緒で束になって取り組まなくてはならない」の言葉通り、実践していきたい。
●認知症になった母が、「報復はいけない。世界は悲しんでいる」と口癖のようにいう意味の答えをきけた気がした。
●独立しても、また失っていくこの世の中。でも、それもすべて、自分の中の問題だと再認識した。
●主婦業と淡々と一生懸命やってきてよかったと、つくづく思った。生きていることに心から感謝を感じる。
●戦争を知っている世代なので、正直を言うと思い出したくないシーンもあったのですが、この映画を見て、何かが浄化されたような気持になりました。

2017年10月10日 (火)

はからめ月のカレンダー2018年版 販売スタート♪

月のリズム、地球のリズム、宇宙のリズム、そして自分のリズムを感じるカレンダー発売です!
クプクプでも大人気の、琵琶湖のヨシをつかったヨシ紙でつくられた、ぬくもり満載の「はからめカレンダー」も、2018年度版の発売がスタートしました♪

使えば使うほど、眺めれば眺めるほど、月と古の知恵が優しく染みわたるような、癒しのカレンダーです。

●気になるお値段(消費税込みの販売価格)

はからめ月のカレンダー A4サイズ=1,850円
はからめ月のカレンダー B4サイズ=2,370円
はからめ月の手帳本体       =4,120円
月の手帳専用カバー        =3,240円

クプクプでも、少量のカレンダーをご用意しております。
お早めに、メールかお電話でご連絡ください。
Calendar_170920b
下記、「はからめ」カレンダーの作り手「月とカヌー」さんからのお知らせを引用してご案内します。

*********************************************************************
●はからめ月のカレンダー2018年版
*********************************************************************

暦とは宇宙の大自然と自分を繋いでくれる物・・・。
地球にあるもの全ては月や太陽、そのほか惑星の持つ大きな力の影響を受けながら時を刻んでいます。
植物や動物はもちろん、水や空気や大地、そして人間も。
その大きな力を今を生きるみんなが味方につける事ができたら・・・という思いで、
月や太陽や地球、そして先人の知恵がいっぱい詰まっているカレンダーを今年も作りました。

月の満ち欠けをはじめ、それを基に先人達が作り出した太陽太陰暦(旧暦)、
その太陽太陰暦と密接な関係がある潮汐、季節を感じる事ができる
二十四節気、雑節、そして月ごとの歳時記などを記載しました。
また、土用と犯土を元にした「土をいじってはいけない日」や一粒万倍日、
そして六十干支、七十二候がわかりやすく記載されています。
昨年からは日々の月が位置する星座が分かるような記載を始めました。

カレンダー、手帳共に全ての紙は琵琶湖水系のヨシ紙を使用。
生成り色でヨシの繊維が入っているのが目で見える、「紙」を感じる事のできる紙です。
(ヨシとは葦(アシ)の事で、この紙を作っている関西ではヨシと呼ぶのでそれに習いました。)
ほか、素材はシルクや竹と土に還るものを使用しています。

月のリズム、地球のリズム、宇宙のリズム、そして自分のリズムを感じることで、
人間も自然の一部だと感じることができると私たちは考えています。
サイズはA4サイズ(210x297mm)と、大きめのB4サイズ(257x364mm)を用意しています。

*********************************************************************
●はからめ月の手帳2018年版
*********************************************************************

日々の生活の中に暦を取り込み、月を自分の味方につける・・・・そんなイメージで
この手帳を作っています。ほとんどの方々の日々の生活であるグレゴリオ暦に、
旧暦を取り込むということ、それを無理なく自然にできるように心がけたのが
「はからめ月の手帳」です。

手帳内に書かれている歳時記は、2017年以前のカレンダーの歳時記も繰り越して記載し
ています。(毎年重ね重ね濃い内容になっていくということです。)

素材はカレンダーと同じヨシ紙、製本の糸としおりの紐は麻100%。1年間毎日手で触って
使う手帳という事を考え、自然素材を使って、とっても丈夫な物に仕上げています。
各ページデザインは、全てのスペースを有効に使えるように心がけています。

もちろん年間ページ、月間ページ、週間ページといったように、
その場に合った使い方ができるようになっています。

その他にも、ボイドタイム、日々の月がかかる星座、日の出日の入時刻の記載、
また新月の願い事については時間、星座、特徴、が分かりやすく各新月の欄に記してあります。

○はからめ月の手帳専用カバー2018年版
今年も、リトルイーグルによる専用の布製手帳カバーを発売いたします。
こちらも手縫いで1つ1つ作っている製品です。
デザインや仕様などWebサイトをご覧下さい。

*********************************************************************
カレンダーや手帳の写真、詳しい内容などは下記Webサイト、
「カレンダー・手帳ページ」をご覧下さい。
http://www.hacarame.com/moon/index.html
*********************************************************************

クプクプ ~アロマテラピー ・フラワーエッセンス・自然療法サロン


妊婦さん&産婦さんのためのアロマテラピー【クプケア】

2017年10月 4日 (水)

祝!50周年:Dr.ハウシュカキャンペーン

20170925_13h04_40700x422

今日は中秋の名月十五夜。
雲で見えないとしても、空の上には美しい月の光が輝いています。
今回は、クプクプでも、フェイシャルコースで大人気のDr.ハウシュカのご紹介です。

みなさまのおかげで、今年で、50周年を迎えましたheart04

ドイツのオーガニックコスメとして、バイオダイナミック農法(有機農法の中でも、優れた技術を誇ります)と自然療法のエッセンスが詰ったハーブの優しさは、欧州だけではなく、世界中で愛されています。

クプクプでも、15年愛用していても、飽きないどころか、使う度に好きになる絶品。
肌が蘇り、本来の素肌が気持ちいい体験を、ご一緒に体験しませんか?

是非この機会に、お試し下さい。
クプクプでも数量限定にて、ご用意しています。


Dr.ハウシュカ50th限定キャンペーン
 <スペシャルサイズアイテム>とロゴ入り<トートバッグ>

Dr.ハウシュカの50周年を記念して、スキンケア・ボディケアより厳選したロングセラー商品のスペシャルサイズを、限定パッケージにて発売!

アニバーサリー特典として、対象の3アイテムのいずれかを購入された方に、50周年ロゴ入りDr.ハウシュカトートバッグをプレゼント!

発売開始:10月1日(日)

<トートバッグ>

原産国:インド ※オーガニックコットン使用
サイズ:W330×H410㎜(手提げ部分のサイズ330㎜)

 
<スペシャルサイズアイテム>

【50th限定】Dr.ハウシュカ ハンドクリーム 100ml ¥3,888(税込)
お得な大容量タイプ(25%OFF)で、一緒に使える容器チューブ絞り付き。
ご家族でたっぷりお使いいただけます。
66479987651e8689e4e23880f9fd5be9

【50th限定】Dr.ハウシュカ クレンズクリーム 100ml ¥4,320

ハウシュカ独特の使用感とテクスチャー。
ファンの多いクレンズクリームのスペシャルサイズが、通常サイズの50mlと比べお得な100mlの大容量タイプ(約20%OFF)で、チューブに使えるチューブ絞り付き。

1387bf5d9136ccde083b797412a7a2d5

【50th限定】Dr.ハウシュカ ローズデイクリーム 50ml ¥6,264

Dr.ハウシュカの創業以来、最も人気の高いアイテムとして世界中の人々に愛されてきたローズデイクリームのスペシャルサイズ。通常サイズの30mlと比べお得な50mlの大容量タイプ(約18%OFF)
046ecf8604ee886ed67dd2252a6db95c

肌は、私たちの体と心を映し出す鏡。
また、肌に載せたクリームやオイルは、5分後には体の血流を循環しています。

健やかな肌、若さ、美しさを実現するためには、食べるものと同じくらいに、品質にこだわってほしいのがお肌にのせるものです。

肌と体を美しくするアイテムは、ボトルやチューブの向こう側に広がる世界は、美しい自然の世界です。

半世紀愛され続け、発展をしているオーガニックコスメ最高峰のDr.ハウシュカのスキンケアを、クプクプのセラピストのゴッドハンドとともに、どうぞ堪能ください♪

クプクプでは、「フェイシャルのトリートメント」 の他、日常のお手入れを体験する「フェイシャルセルフケア」レッスンのコースで体験していただけます。



クプクプも、ハウシュカが好きすぎて、自信を持ってお客様にご紹介する目的で、2009年にドイツの本社で行われた研修で渡独しました。
当時、雑誌「セラピスト」さんに載せてもらった記事を、下記PDFでご紹介します。
ドイツは、ハーブ&フラワーエッセンス&ホメオパシーなどの各種自然療法が根付いています。

「2009年に発売された雑誌セラピストの記事のPDF」ダウンロード

090706wala_151

↑バイオダイナミック農法を 実践している美しいガーデン。
馬ももちろん、農業に参加しています!

090706wala_138  

↑ハウシュカのメーカーWALA社のガーデナーには、若者も多く、日本との違いを感じます

090707wala_39

↑今回の特別サイズでもご用意されているクレンズクリーム。
 ハウシュカ独自の、しっとりとディープなクレンジングは肌が蘇り、透明感が出るのを感じます。

日本でも、ちょっとした不調には、体や自然界に負担の少ない自然療法を気軽に試せるようになりますように。

クプクプは、「自然療法を、もっと身近に、気軽に」をコンセプトに、活動しています。

どうぞ気軽にご利用下さい♪

2017年10月 1日 (日)

kupukupu ホリスティック・アロマテラピー・サロン ホームページのご案内

Kupukupukupukupuのブログにようこそ!有難うございます。

« 2017年9月 | トップページ